FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(11月の特集)時代小説・歴史小説その2〈この世の謎と不思議と面白さの3冊 〉

kage

2015/11/28 (Sat)

2015年11月のテーマ特集本
Arika時代小説

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


時代小説といえば「江戸時代」。

鎖国された社会でありながら文化に富み、循環社会でもあったことから環境面でも注目されています。

漢字や侍にあこがれを抱くのは欧米の若者というイメージでしたが、日本人も江戸にさまざまな思いを馳せているのです。

凛としながら温かい江戸人情・・・・・・・作家にもご注目ください。




「この世の謎と不思議と面白さ」の3冊


意味深な少女連続殺人事件に、堅物の同心と癖ある脇役たちが挑む。
謎解きも楽しい江戸時代ミステリー

 猿若町捕物帳― 巴之丞鹿の子/近藤史恵(著)

巴之丞鹿の子―猿若町捕物帳 (光文社時代小説文庫)/光文社

¥514
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1戸で起きた人気歌舞伎役者の名のついた帯揚げで絞殺された若い娘の連続殺人事件を追うのは、女も酒もダメな堅物同心・千陰。相棒の下男や謎多き女形、男勝りの花魁、粋な色男の千陰の父ら強烈な個性の脇役たちの魅力と二転三転する物語の謎解きも楽しめる、先が時代ミステリー小説シリーズ第1弾。





人間嫌いな古道具屋と、生意気な迷子の妖怪。 凸凹コンビの愉快な妖怪譚
 一鬼夜行/小松エメル(著)

一鬼夜行 (ポプラ文庫ピュアフル)/ポプラ社

¥670
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1間嫌いで顔は怖いが根はやさしい古道具屋の喜蔵。百鬼夜行の行列からはぐれて喜蔵の店の庭に転がり落ちてきた生意気な小鬼・小春。明治初期を舞台に凸凹コンビが、河童や天狗をはじめとする妖怪や個性あふれる脇役たちとトラブルに巻き込まれていく愉快でハートフルな妖怪譚シリーズ第1弾。





特技は三味線、相棒は化け猫。 怠け者の若旦那・代三郎が、江戸の魔物を退治する!
 ふぬけうようよ/中野ワタリ(著)

ふぬけうようよ~猫手長屋事件簿~(招き猫文庫)/白泉社

¥691
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1屋の大家・代三郎はいつも三味線を鳴らしてばかりの怠け者。しかし本当の勤めは、昔、自分を救ってくれた故郷の氏神・大猫様から授かった使命、江戸の魔物を退治すること。江戸で妙な伝染病の噂を耳にした代三郎が不穏な空気漂う屋敷で目にしたものは? 新感覚のファンタジ-時代小説。




F03-b104.gif 
■当ブログを「厳選!書籍全般レビューブログ」の1つとして紹介させて頂いております。


■新書・文庫本に関する人気のおすすめ感想ブログ・書評レビューまとめランキングサイト
新書・文庫本マニア

あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?

新書・文庫本マニアは、おすすめ情報・感想ブログ・書評レビュー・Twitter・ニュース・Q&Aなど、話題になっている口コミ・記事をまとめた本の人気ランキングサイトです。

様々な切り口から、あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?








関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック