FC2ブログ
2021 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 04

2016年冬、木曜ドラマ『スペシャリスト』

kage

2016/03/17 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★1月14日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:09)

 スペシャリスト

Arika注目1h元受刑者で異能の刑事が事件に挑む!
京都府警から警視庁に異動した宅間が、自身の取り巻く陰謀にも迫っていく。
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:戸田山雅司/監督:七高剛/プロデューサー:横地郁英/プロデューサー:船津浩一/プロデューサー:川島誠史/プロデューサー:目黒正之/プロデューサー:和佐野健一

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•宅間善人(草彅剛)
元・京都府警特別捜査係の刑事。京都府警広報課に勤める事務職の警察官だったころに冤罪で逮捕され、服役中に犯罪者の心を知り尽くしたスペシャリストとなった。特別捜査係の解散後、警視庁に新設された、ボーダレス化する凶悪犯罪に総合的に対応するためのチーム・総合事犯対応係(仮称)に異動。さらなる難事件と自身をめぐる大きな陰謀に切り込んでいく。

•姉小路千波(南果歩)
元・京都府警特別捜査係の主任。同僚だった夫が殉職して以降、女手一つで娘を育てるため、男ばかりの刑事部で地味な裏方仕事を黙々とこなしてきた。性格は生真面目かつ几帳面で、被害者の心に寄り添うスペシャリスト。

•松原唯子(芦名星)
元・京都府警特別捜査係の刑事。数カ国語に堪能で頭の回転も早く、どんなに忙しくてもスタイリングやメークを怠らない“いい女”。だが、あまりに隙がなさ過ぎて、男たちからはかえって敬遠されてしまっている。

•野方希望(和田正人)
警視庁刑事部捜査一課の刑事でありながら、上からの指示で総合事犯対応係(仮称)に事件の調書などを持ち込んでくる。一課と総合事犯対応係とのパイプ役。

•我妻真里亜(夏菜)
警視庁刑事部総務課から総合事犯対応係(仮称)に転属されてきた元ミス警視庁。伯父が警察庁長官という異色のバックグラウンドの持ち主で、他にもまだ秘密を抱えていそうな気配も。

•堀川耕平(平岡祐太)
元・京都府警特別捜査係の刑事。根は優しいが、コミュニケーションが苦手なため誤解されやすく、以前、SPとして所属していた警備部では孤立していた。仕事は確実にこなす努力家で、格闘技全般に長けている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
草彅剛が異色の刑事に扮して活躍するミステリーが待望の連続ドラマ化! 
無実の罪で10年間服役した過去を持つ異色の刑事・宅間善人(草なぎ剛)の活躍を描くスペシャルドラマシリーズを連続ドラマ化。冤罪(えんざい)で服役中に、犯罪者の心理や手口に精通した京都府警特別捜査係の刑事・宅間と、警察官だった夫を殉職で失った経験から被害者の心に寄り添う優しさを持つ刑事・姉小路千波(南果歩)のコンビが、難事件解決に奔走する。本格的な謎解きと奥深い人間ドラマが好評を博し、過去4度放送されたスペシャルドラマでは、いずれも高視聴率を獲得。連続ドラマでは、京都から東京の警視庁に舞台を移して、物語がさらにスケールアップ。宅間を取り巻く陰謀が絡んだ緊迫のストーリーが繰り広げられる。




----------------------------------------------------------------------------------------
【1月6日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
宅間善人(草彅剛)は殺人未遂容疑で逮捕され、実刑判決を受けて刑務所に服役していたが、実は冤罪(えんざい)であったという異例の経歴を持つ刑事。宅間は、服役中に受刑者たちの犯行の手口や技能、心理的傾向などをデータとして記憶に焼き付けており、「罪を犯す人間の切実な心理」を知り尽くしたスペシャリストとなっていた。そんな能力を生かし、京都府警特別捜査係で日々、事件の捜査に当たっていた宅間だが、後ろ盾だった高倉本部長が殺害され、同係は解散。自分を取り巻く大きな陰謀を暴くには“本丸”に乗り込むしかないと決意した宅間は、警視庁に新設された「総合事犯対応係(仮称)」に異動し、さらなる難事件に挑んでいく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月13日更新】
■ あらすじ(第1話 1/14放送 ※午後9:00~午後10:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
冤罪で10年間服役している間に犯罪心理に精通した刑事・宅間(草彅剛)。京都府警を離れた宅間は、なぜか東京刑務所で再び囚人となっていた。その10カ月前、警視庁に新設された名称未定の部署に異動になった宅間は、元ミス警視庁の真里亜(夏菜)と組み、滝道(吹越満)が持ってきた事件を担当。それは、ある名家の主人・直兎(金藤洋司)が密室で首つり遺体となって発見された事件で、遺体の背中にはナイフが刺さっていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月20日更新】
■ あらすじ(第2話 1/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
犬の散歩中の男性・板野(辻つとむ)が道路工事中の穴に落ちて死亡する事故が発生。野方(和田正人)に呼ばれ、唯子(芦名星)や堀川(平岡祐太)らと現場にやって来た宅間(草彅剛)は、防犯カメラの映像を目にし、誰かが棒を犬に当てて事故を引き起こした傷害致死事件だと見抜く。そこで真里亜(夏菜)と共に、板野の勤務先である玩具会社を訪れた宅間は、この会社が作った「いろはカルタ」をなぞった連続事件が起きていると気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月27日更新】
■ あらすじ(第3話 1/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
父・公昭(羽場裕一)が爆死した10年前の事故のファイルを見た真里亜(夏菜)が、パソコンで予備校の動画と見比べ、慌てて外出した。それを見ていた宅間(草彅剛)は、ファイルに挟んであった写真に公昭と写る女性・奈津美(鶴田真由)が、動画の中の事務員と同じ人物だと気付き、千波(南果歩)らに真里亜は奈津美に会いに行ったと断言。そのころ真里亜は、かつて自分の家庭教師だった奈津美を訪ね、あることを聞くが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月3日更新】
■ あらすじ(第4話 2/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
加瀬(山田悠介)という男が自宅で殺された。加瀬の名前を聞き顔色を変えた千波(南果歩)は、真里亜(夏菜)と現場へ行き、屋根裏から2千万円の預金通帳を見つける。実は加瀬は5年前に京都で起きた強盗事件の関係者で、千波が逮捕したその犯人・矢橋(眞島秀和)は出所していた。千波の行動を怪しんで事情を聞き出した宅間(草彅剛)は、加瀬を矢橋が殺したのではと疑う。ところが、矢橋をかばう千波は宅間と衝突する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月10日更新】
■ あらすじ(第5話 2/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
人気俳優・藤村(神尾佑)が主演した20年前の未公開映画の試写会に出席した宅間(草彅剛)と千波(南果歩)。だが、その試写室には出口を開けたら毒ガスが発生する装置が仕掛けられていて、2人は藤村やスタッフ、観客たちと閉じ込められてしまう。通話抑止装置で携帯電話も使えない中、千波の忘れ物を届けに来た唯子(芦名星)はトイレで映画監督・武田(山崎大輔)の遺体を発見。一方の宅間は、犯人がこの中にいると見抜く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月17日更新】
■ あらすじ(第6話 2/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
殺人現場に世界的ピアニスト・薫(矢田亜希子)が作曲した曲のサイン入り楽譜が置かれていた。勝手に「ドレミファ殺人事件」だと名付けた宅間(草彅剛)は、楽譜に隠された暗号を解明。それが薫の親友で、自殺したピアニスト・麗香の死を示していると突き止める。そんな中、被害者が音楽教室の元アルバイト講師・桑原(菊池均也)で薫を教えていたと判明。薫は自分を狙うストーカーが桑原を殺したと宅間らに告白する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月24日更新】
■ あらすじ(第7話 2/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
宅間(草彅剛)と真里亜(夏菜)は野方(和田正人)に連れられ、7通連続で怪文書が届いた病院へ。一方、唯子(芦名星)らは宅間が怪文書と関係があると推理した殺人事件を調べ、被害者のシステムエンジニアがその病院のセキュリティーを担当していたことを突き止める。そんな中、6通目までの怪文書が病院でささやかれる‘七不思議’通りだと知った宅間は、これが病院内に潜む犯罪を暗示していることに気付き、調べ始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月2日更新】
■ あらすじ(第8話 3/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
同窓会で上京した元妻・美也子(紺野まひる)と再会した宅間(草彅剛)。その後、署に戻った宅間は、野方(和田正人)から3件連続射殺事件の捜査資料と妙な遺留品を見せられる。宅間は、殺人事件が続くと予言。すると唯子(芦名星)らが調べていた殺人現場でも同じ特徴の遺留品が見つかる。やがて宅間は、過去に殺人を疑われながら相応の罪に問われなかった人間が裏サイトにリストアップされ、次々と殺されていると気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月9日更新】
■ あらすじ(第9話 3/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
美也子(紺野まひる)のことでショックを受ける宅間(草なぎ剛)の精神状態を心配する千波(南果歩)。だが、普段通りに振る舞う宅間は、人の命を奪いながら罪に問われていない人間8人に殺し合いをさせた事件の経緯を振り返り、‘犯罪脚本家’佐神(上川隆也)が黒幕ではと疑う。そんな中、最初の犠牲者の第一発見者である交番巡査が殺され、拳銃が奪われる。さらに、死んだはずの真里亜(夏菜)の父・公昭(羽場裕一)が現れて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月16日更新】
■ あらすじ(第10話 3/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
‘殺人トーナメント’を逃げ切った最後の一人がビルの屋上から転落死し、その死に関与したと疑われる宅間(草なぎ剛)が逃亡した。捜査一課が宅間を追う一方、手出しを禁止された千波(南果歩)らは、滝道(吹越満)に促され、独自に宅間を追う。そんな中、宅間はインターネットのサイトに自分を捕まえた人には賞金1億円、逃げ切ったら一連の事件の情報を開示すると書き込み、一般人をも巻き込んだ大がかりな追跡ゲームを仕掛ける。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック