FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2016年冬、金曜ドラマ『スミカスミレ 45歳若返った女』

kage

2016/03/25 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★2月5日スタート 

テレビ朝日系 毎週金曜 午後11:15~深夜0:15

 スミカスミレ 45歳若返った女

Arika注目1h桐谷美玲演じる65歳の女子大生が青春をやり直す!
少女漫画が原作のラブストーリー。桐谷美玲が見た目は20歳だが、中身は65歳という異色ヒロインを演じる。
【第1話】65歳の澄(松坂)は、青春を謳歌することなく年を取ってしまったことを悔いていた。あう日、澄は屏風に封じ込めていた化け猫・黎(及川光博) によって20歳の姿にされる。
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:高梨みつば「スミカスミレ」(集英社)/脚本:古家和尚/演出:今井和久/プロデューサー横地郁英/プロデューサー:大江達樹/プロデューサー:神通勉

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•如月すみれ(桐谷美玲)
如月澄が20歳となった姿。若返ったことで、澄ではなく“すみれ”として椿丘大学で学生生活を送ることになり、もう一度青春をやり直していく。大学では大好きな映画について学び、同じゼミに所属する真白に恋心を抱くようになる。

•黎(及川光博)
澄の家にある屏風に封じ込められていた化け猫。不思議な力で澄を20歳の姿へと若返らせる。主と定めたすみれを怖がらせることなくサポートするため、人間の姿となっている。

•如月澄(松坂慶子)
厳格な父の方針で、子供のころから遊びよりも花農家と生花店を営む家の手伝いを優先。大学進学も事故に遭った祖母の介護のために断念した。その後も家族の面倒を見続け、恋愛経験がないまま60代に突入。青春を経験できなかったことを悔やんでいたある日、20歳の姿に若返る。

•真白勇征(町田啓太)
椿丘大学の2年生で、すみれと同じ黒崎ゼミに所属。明るく誠実な好青年で、バスの中で母の骨箱を落としそうになった澄を助けたことがある。父親は地元の名士だが、2人の間にはある確執がある。

•天野早雲(小日向文世)
如月家の墓を管理している「天楽寺」の住職。霊感が強く、如月家を訪れた際に、普通の人間は分からない匂いを感知。如月家に何か秘密があると気付く。

•小倉富子(高橋ひとみ)
如月家の隣人。澄の飼い猫のことで言いがかりをつけるなど厄介な存在だったが、澄の遠縁の者だと名乗るすみれと黎に会った直後から、態度が好意的になる。

•幸坂亜梨紗(水沢エレナ)
椿丘大学・黒崎ゼミの2年生で、真白に思いを寄せている。女王様気質の持ち主で、真白との距離を縮めるすみれに嫉妬し、嫌がらせをする。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
桐谷美玲が65歳のヒロインに!? 人気漫画「スミカスミレ」を連続ドラマ化! 
少女漫画誌で連載中の高梨みつばの人気漫画「スミカスミレ」を基にしたファンタジックなラブストーリー。桐谷美玲が、見た目は20歳だが中身は65歳のヒロインを務め、松坂慶子が同一人物役で異色の共演を果たす。ドラマでは、原作にない新キャラクターなど独自の要素を加えながら、ミステリアスで大人の恋物語を展開。幼いころから家業の手伝いや家族の介護に追われ、一度も彼氏を作れないまま老境に入った如月澄(松坂)が、化け猫・黎(及川光博)の謎めいた力によって20歳の女子大生・如月すみれ(桐谷)として若返り、人生をやり直していく姿が描かれる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【1月6日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
如月すみれ(桐谷美玲)は20歳の女子大生だが、実は彼女は、如月澄(松坂慶子)という65歳の女性が若返った姿。幼いころから家の手伝いや祖母の介護に追われ、恋愛経験も男性経験もないまま老境に入った澄が、「もう一度若さを取り戻して、人生をやり直したい」と願ったところ、20歳の姿になるという奇跡が訪れたのだ。すみれとして生きていくことになった澄は、信じられない現実に戸惑いながらも、行きたくても行けなかった憧れの大学生活や、同じゼミに通う好青年・真白勇征(町田啓太)との恋などを通して青春を取り戻していく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月3日更新】
■ あらすじ(第1話 2/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
家業の手伝いや家族の介護に追われ、恋愛や大学生活も未経験のまま65歳になった独身の澄(松坂慶子)。母をみとり天涯孤独となった彼女は、ある日納戸で黒猫が描かれたびょうぶで指を引っかき、血で汚してしまう。すると、その血を吸った黒猫の封印が解かれ、びょうぶから飛び出した。黎と名乗る黒猫は男(及川光博)に変身し、「人生をやり直したい」という澄の望みをかなえるため彼女を20歳の姿(桐谷美玲)に若返らせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月10日更新】
■ あらすじ(第2話 2/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
化け猫・黎(及川光博)の術で若返り、20歳のすみれ(桐谷美玲)として人生をやり直すことになった澄(松坂慶子)。だが、術が不完全だと気付いた黎は、すみれが幸せになれば術が安定すると話し、1週間後のバレンタインデーを利用して恋人をつくるよう迫る。大学で真白(町田啓太)と話したすみれは、黎の言葉を思い出し緊張する。そんな中、すみれは、同じゼミの千明(秋元才加)が大学を休み続けていると知り、家まで会いに行く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月17日更新】
■ あらすじ(第3話 2/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
すみれ(桐谷美玲)は真白(町田啓太)からデートに誘われるが、驚いて返事ができない。黎(及川光博)に励まされたすみれは、自分から真白を遊園地に誘う。そのころ、早雲(小日向文世)は黎の退治作戦を練っていた。そんな中、すみれは千明(秋元才加)らの勧めで買った今どきの服装で出掛け、真白と初のデートを楽しむ。ところがそこに黎や亜梨紗(水沢エレナ)が合流する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月24日更新】
■ あらすじ(第4話 2/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
早雲(小日向文世)に若返りを知られ不安を抱くすみれ(桐谷美玲)。黎(及川光博)から、幸せを感じた瞬間に‘鍵’となるある言葉を自然に言えば願いがかなうと聞いたすみれは、真白(町田啓太)のため携帯電話を買ったり、千明(秋元才加)が働く飲食店で初めてアルバイトをしたり、人生を積極的に楽しもうとする。そんな中、バイト先に真白や亜梨紗(水沢エレナ)らが現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月2日更新】
■ あらすじ(第5話 3/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
真白(町田啓太)の自宅にあったびょうぶの封印が解け、黎(及川光博)の婚約者・雪白が現れた。雪白は子作りを黎に迫るが、黎はすみれ(桐谷美玲)が自分の主人だからと拒絶。実は封印は完全に解けておらず、黎はすみれが心から幸せを感じるまで見届けるという。そんな中、すみれは真白から1泊2日のスノーボード旅行に誘われる。夜の2時間だけ澄(松坂慶子)に戻ってしまうすみれは迷うが、黎の助言を受け、行くことにする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月9日更新】
■ あらすじ(第6話 3/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
重病で入院中の真白(町田啓太)を救うため、黎(及川光博)からもらった生気を彼に与えると決めたすみれ(桐谷美玲)。それはすみれが65歳の澄(松坂慶子)に戻ってしまうことを意味するため、黎は自分の幸せを考えるよう彼女を諭す。だが、短い間でも大学生活を体験できた喜びをかみしめたすみれは、病に苦しむ真白を見舞い、あらためて黎に感謝と決意を伝える。そして深夜、黎の指示に従い、真白の病室を訪れたすみれは…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月16日更新】
■ あらすじ(第7話 3/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
黎(及川光博)が姿を消してから5年。大学卒業後、念願の映画宣伝会社に就職したすみれ(桐谷美玲)は、相変わらず深夜だけ澄(松坂慶子)に戻ってしまう生活だが、黎にもらった新しい人生を精いっぱい生きていた。ある日、すみれが会社の先輩・河野(西原亜希)に誘われ合コンに参加すると、イギリス留学後に高校の教師となった真白(町田啓太)が現れる。だが、真白はすみれの元恋人であることを隠し、悲しむすみれは悪酔いする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月23日更新】
■ あらすじ(第8話 3/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
5年ぶりに真白(町田啓太)と再会したのに浮かない顔で帰ってきたすみれ(桐谷美玲)。家で待っていた雪白(小西真奈美)は、澄(松坂慶子)に戻った彼女から事情を聞き、真白だけでなく自分の本当の気持ちからも逃げていると指摘する。そんな中、仕事で気まぐれな大物女優の買い物を言い付けられたすみれは、その途中で、日中にもかかわらず澄に戻ってしまう。そこへ、黎(及川光博)が助けに現れ、姿を消していた理由を明かす。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック