FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

2016年、大河ドラマ『真田丸』

kage

2016/12/18 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月10日スタート 

NHK総合 毎週日曜 午後8:00~午後8:45(初回は午後8:00~午後9:00)

 大河ドラマ『真田丸』

Arika注目1h弱小領主から希代の名将!
戦国時代の覇者・徳川家康をも恐れさせた伝統の武将・真田幸村こと信繁の生涯を描く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:三谷幸喜/演出:木村隆文/演出:田中正/演出:小林大児/演出:土井祥平/制作統括:屋敷陽太郎/制作統括:吉川邦夫/プロデューサー:清水拓哉/プロデューサー:吉岡和彦/制作主任:家冨未央

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•真田信繁(堺雅人)
「日の本一の兵(つわもの)」と称えられた戦国武将。若き日は上杉景勝、豊臣秀吉の人質として過ごす。関ヶ原の戦いでは西軍につき、高野山に幽閉されるが、大坂の陣で真田丸と呼ばれる砦を築き、徳川家康を相手に果敢に戦う。

•真田信幸(大泉洋)
信繁の兄。弟とは対照的な性格ながら、互いに深く信頼し合う。関ヶ原の戦いでは東軍につき、父・弟と敵味方に別れてしまう。信州松代藩初代藩主。

•きり(長澤まさみ)
真田家臣・高梨内記の娘。青春時代から大坂の陣まで信繁に寄り添い、生涯のパートナーになる。

•松(木村佳乃)
信繁の姉。織田信長の人質になるなど数奇な運命をたどる。

•梅(黒木華)
真田の郷の地侍・堀田作兵衛の妹。信繁の初恋の女性で、最初の子を産む。

•薫(高畑淳子)
信繁の母で、昌幸の正室。公家の出身で、松、信幸、信繁の3人を産み育てた。

•本多正信(近藤正臣)
徳川家康を天下取りに導いた名参謀。真田家に翻弄される家康を支え、策を練る。

•徳川家康(内野聖陽)
信繁の宿敵。終生信繁の前に立ちはだかり、天下取りの最終決戦・大坂の陣で、信繁に絶体絶命の窮地に追い込まれる。

•真田昌幸(草刈正雄)
信繁の父。知略軍略に優れ、豊臣秀吉に「油断ならない“表裏比興の者”」と言わしめた天才武将。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
堺雅人主演、三谷幸喜脚本で戦国の名将・真田幸村の生涯を描く! 
堺雅人主演、三谷幸喜脚本でおくる2016年の大河ドラマ。“戦国一の兵(つわもの)”と称えられた真田信繁(堺)を主人公に、乱世を生き延びようとする信濃(長野県)の小大名・真田家の家族愛を描く。信繁に生涯寄り添った女性・きりを長澤まさみ、関ヶ原の戦いで敵味方に分かれてしまう兄・信幸を大泉洋、最大の宿敵・徳川家康を内野聖陽が演じる。三谷が大河ドラマの脚本を手掛けるのは、04年放送の「新選組!」に続き、2作目となる。




----------------------------------------------------------------------------------------
【1月6日更新】
■ あらすじ(第1話 1/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
天正10(1582)年。武田家は当主・勝頼(平岳大)の下、絶体絶命の危機に直面していた。重臣の裏切りをきっかけに織田信長(吉田鋼太郎)の大軍勢が領内に侵攻し、諸城が次々に陥落する事態に陥る。武田に仕える真田昌幸(草刈正雄)は上野国にある自らの居城・岩櫃城(いわびつじょう)で織田を迎え撃つよう進言し、準備のために一足先に出発する。残された昌幸の息子・信幸(大泉洋)と信繁(堺雅人)の兄弟の元に勝頼がやって来て、「岩櫃には行かない」と告げる。兄弟は甲斐の岩殿城へと逃げる武田の本隊と別れ、父の待つ岩櫃に向かうことを決断する。そして、敵が目前に迫る中、家族を守りながらの決死行が始まる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月13日更新】
■ あらすじ(第2話 1/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
信幸(大泉洋)、信繁(堺雅人)ら真田家の一行は、武田家の本拠地・新府から父・昌幸(草刈正雄)の待つ岩櫃城(いわびつじょう)へ落ち延びようとしていた。道中、岩殿城へ逃げた武田家当主・勝頼(平岳大)が裏切りに遭ったとの知らせが一行に届く。武田家の滅亡を受け、事態は一気に流動化する。東海の有力大名・徳川家康(内野聖陽)も旧武田領を虎視眈々(たんたん)と狙う。主家を失った真田家は、北条につくか上杉につくかの判断を迫られる。やがて昌幸は、息子たちの前で思いもよらぬ決断を下す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月20日更新】
■ あらすじ(第3話 1/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
織田信長に下ると決めた昌幸(草刈正雄)は、一家を率いて故郷・信州小県郡の真田の里に帰ってきた。信長は、武田の残党を厳しく処分している。昌幸は何とか従属を受け入れてもらうため、小県郡の武将・室賀正武(西村雅彦)を利用した大胆な策を巡らせる。信繁(堺雅人)は思いを寄せる地侍の娘・梅(黒木華)に土産を届けるが、2人の幼なじみである真田家の重臣の娘・きり(長沢まさみ)はそれが面白くない。3人がぎこちない再会をしていると、真田の農民と室賀領の農民との間で小競り合いが起きたという知らせが入る。真田の農民たちを助けるために駆け付けた信繁の前に、意外な人物が現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月27日更新】
■ あらすじ(第4話 1/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
織田信長(吉田鋼太郎)との謁見(えっけん)のため、昌幸(草刈正雄)は信繁(堺雅人)を連れて諏訪へ向かう。謁見を許されたとはいえ、その場で捕らえられ殺されることもあり得る。織田の本陣で落ち着かない信繁の前に、徳川家康(内野聖陽)が現れる。家康はかつて昌幸によって苦い敗戦を喫していた。昌幸と信繁は臣従を受け入れてもらうため信長との対面に臨むが、家康が同席し、真田家を裁くことになる。一方、真田の里では信幸(大泉洋)が留守を任されていた。信幸は姉の松(木村佳乃)が武田を裏切った夫・小山田茂誠(高木渉)をひそかにかくまっていることを知り、激怒する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月3日更新】
■ あらすじ(第5話 2/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
織田信長死去の知らせに日本中が大混乱に陥る。信繁(堺雅人)が滞在する織田勢の本拠・安土にも、何か大事件が起きたと伝わる。信繁は織田の人質である松(木村佳乃)を残し、事件の詳細を確かめるため京へ向かう。そのころ、京からは明智光秀の軍勢が人質を奪うため安土に向かっていた。織田方を討とうとする明智勢は堺にいる徳川家康(内野聖陽)の元にも迫る。必死で生き延びようとする家康は、あえて険しい伊賀山中を抜けて逃げることを決断するが、その道中を野盗の群れが襲う。一方、信濃に居ながらいち早く情報をつかんだ昌幸(草刈正雄)は、織田の次に身を寄せる相手として上杉景勝(遠藤憲一)に接触を図る。 

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月10日更新】
■ あらすじ(第6話 2/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「本能寺の変」直後の混乱が続く中、信繁(堺雅人)は明智勢に占拠された城から松(木村佳乃)を連れて脱出を図る。城下に出て逃げ切ったかにみえたが、街道で敵兵に囲まれる。絶体絶命の危機に、松は思わぬ行動を取る。信長が死に、昌幸(草刈正雄)は次に打つ手を考えあぐねる。そんな時、道理を重んじる信幸(大泉洋)の「真田は信長公の敵討ちをすべき」という提案を聞き、奇策を思い付く。本能寺の変の知らせを受け、織田の勢力下であった信州や上州への侵攻を狙っている北条氏政(高嶋政伸)に対し、昌幸は思いとどまるよう説得を試みる。そんな中、信繁が真田の里に戻ってくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月17日更新】
■ あらすじ(第7話 2/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大名たちに翻弄(ほんろう)され、苦い思いをしてきた昌幸(草刈正雄)は、逆に彼らを操って生き残りを図ることを決意する。織田家の司令官・滝川一益(段田安則)をたきつけて北条氏政(高嶋政伸)と対決させた昌幸は、その隙にかつての居城だった沼田城と岩櫃城を一益から奪還する。信繁(堺雅人)は一益に人質に取られている祖母・とり(草笛光子)と幼なじみ・きり(長沢まさみ)を救出するため、小諸城に潜入する。信繁は二人を連れ出すことに成功するが、昌幸の裏切りを知って激怒する一益に見つかる。信繁まで人質として捕らえられる中、戦国をたくましく生き抜いてきたとりが一肌脱ぐ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月24日更新】
■ あらすじ(第8話 2/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
度重なる失敗に落ち込む信繁(堺雅人)に、昌幸(草刈正雄)は新たな任務を与える。昌幸は北条氏政(高嶋政伸)と上杉景勝(遠藤憲一)にそれぞれ取り入り、両者を川中島で激突させようとしていた。信繁は昌幸に命じられ、開戦前に上杉方の武将・春日信達(前川泰之)を北条方に寝返らせようとするが、景勝に恩義を感じる信達は信繁の調略に応じない。上杉と北条の間の緊張が高まり、戦が目前に迫る中、信繁は信達の心を動かすには何が必要か考える。一方、昌幸は信達を使った大きな仕掛けをたくらむ。それは、信繁の想像をはるかに超えるものだった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月2日更新】
■ あらすじ(第9話 3/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
春日信達を暗殺した真田は、北条と上杉を信州小県郡から撤退させることに成功した。昌幸(草刈正雄)は信濃から大名たちを追い払い、国衆たちの力で国を治めたいと考える。だが、そのためには互いに反目する国衆・室賀正武(西村雅彦)の協力が不可欠だった。一方、信繁(堺雅人)は、信達の死を巧妙に利用した昌幸への思いが消えずに悩む。信濃を諦めて南下を始めた北条軍は、甲斐で徳川家康(内野聖陽)と対陣する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月9日更新】
■ あらすじ(第10話 3/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
北条を裏切り徳川と手を組んだ昌幸(草刈正雄)だったが、突如、北条と徳川が和睦する。信幸(大泉洋)と信繁(堺雅人)は徳川の本拠地・浜松城に乗り込み、勝手に北条と和睦した償いに真田のための城を造るよう家康(内野聖陽)に要求する。家康はそれを快諾する一方、沼田領を北条に渡せと言い出す。真田家の生命線である沼田領を守るべく、昌幸は上杉を動かすことを決意。信繁はその使者として越後へ向かう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月16日更新】
■ あらすじ(第11話 3/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
真田が沼田領を手放さないことに手を焼いた家康(内野聖陽)は、真田と並ぶ有力国衆・室賀(西村雅彦)を浜松に呼び、昌幸(草刈正雄)を暗殺するよう持ち掛ける。そのころ上田では、信繁(堺雅人)が自分の子を身ごもる梅(黒木華)を妻に迎えようとしていた。だが、信繁の母・薫(高畑淳子)は、梅の身分が低いことを理由に反対する。きり(長沢まさみ)は大きなショックを受けながらも、幼なじみの信繁と梅の結婚を必死で受け入れようとする。一方、室賀がたびたび浜松の家康を訪ねていることを察知した昌幸は、信繁の祝言を利用することを思い付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月23日更新】
■ あらすじ(第12話 3/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
家康(内野聖陽)との対立が決定的となり、昌幸(草刈正雄)は再び上杉を頼ろうとする。だが、その支援を受けるため、信繁(堺雅人)を人質として差し出すことになる。信繁は結婚して間もない梅(黒木華)を残して越後に旅立つ。そんな中、梅はきり(長沢まさみ)に意外な事実を明かす。越後に着いた信繁は、景勝(遠藤憲一)に温かく迎えられる。養父・謙信譲りの名君ぶりを見せる景勝だったが、実は戦続きで疲弊した領国経営に四苦八苦していた。 

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月1日更新】
■ あらすじ(第13話 4/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ついに家康(内野聖陽)の大軍が上田に押し寄せてきた。越後から戻った信繁(堺雅人)を加え、真田家は一丸となって昌幸(草刈正雄)の計略を実行、徳川軍を迎え撃つ。梅(黒木華)の機転をきっかけに、信繁は真田家の家紋「六文銭」の描かれた旗を戦場に高々と掲げる。数倍の人数の敵を相手に昌幸の策は次々と成功し、真田家は痛快な番狂わせを演じるが、最後にたった一つの誤算が生じる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月6日更新】
■ あらすじ(第14話 4/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
天下をほぼ手中にした秀吉(小日向文世)は、全国の大名に服従を求める。景勝(遠藤憲一)はこれに応じてやむなく上洛(じょうらく)し、彼に信繁(堺雅人)も付き従う。家康(内野聖陽)や北条氏政(高嶋政伸)も、強大な秀吉の前に決断を迫られる。やがて、大坂城に入った信繁は茶々(竹内結子)や石田三成(山本耕史)らと出会う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月13日更新】
■ あらすじ(第15話 4/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀吉(小日向文世)は初めて出会った信繁(堺雅人)をなぜか連れ歩く。実は秀吉は、昌幸(草刈正雄)が上洛(じょうらく)の命令に従わないことにいら立っていた。家康(内野聖陽)が再び真田を攻めようとしていたが、秀吉は景勝(遠藤憲一)に昌幸を助けてはならぬと命じる。信繁は、自分の故郷と一族を秀吉が窮地に追いやろうとしていることに気付かない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月20日更新】
■ あらすじ(第16話 4/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀吉(小日向文世)が景勝(遠藤憲一)に真田への支援を禁じたと知った信繁(堺雅人)は衝撃を受ける。秀吉は信繁を自らの護衛役である馬回衆に加える。信繁は秀吉と行動を共にするうち、秀吉が熱を上げる茶々(竹内結子)に気に入られる。一方、家康(内野聖陽)は、真田攻めの準備を終えようとしていた。昌幸(草刈正雄)は上杉に援軍を求めるが、断られる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月27日更新】
■ あらすじ(第17話 5/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
信繁(堺雅人)は秀吉(小日向文世)が家康(内野聖陽)の真田攻めを許したことを知り、取り消すよう必死に頼む。だが、秀吉は取り合わない。真田は、家康を臣従させようとする秀吉と、それに抵抗する家康の根比べの重要な駒となっていた。昌幸(草刈正雄)は家康以上に秀吉への警戒を強める。一方の秀吉は、茶々(竹内結子)に仕えるよう命じるなどして信繁を翻弄(ほんろう)する。やがて、家康の上洛(じょうらく)が決定する。油断ない秀吉は、家康に面識のある信繁を使い策を施す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月4日更新】
■ あらすじ(第18話 5/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
家康(内野聖陽)が上洛(じょうらく)したことで、ついに昌幸(草刈正雄)も秀吉(小日向文世)に臣従することを決意する。戦国武将として実力で生き抜いてきた自負を抑え、渋々上洛した昌幸を、秀吉は軽く扱う。昌幸が隙あらば秀吉を攻めるつもりだと察した信繁(堺雅人)は、父の無念な思いを晴らすため秀吉に直談判する。一方、苦い上洛を果たした昌幸と信幸(大泉洋)には、その苦労を一気に忘れさせる、うれしい再会が待っていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月11日更新】
■ あらすじ(第19話 5/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
信繁(堺雅人)は茶々(竹内結子)にせがまれ、大坂城の中を案内する。茶々が過酷な運命を生き抜いてきたことを知った信繁は、奔放に振る舞う彼女に好意を抱く。九州平定を目前にした秀吉(小日向文世)は、茶々を側室にしようと考える。秀吉の周囲は、信繁と茶々の仲を不審に思い始める。一方、家康(内野聖陽)は徳川家重臣・本多忠勝(藤岡弘、)に、忠勝の娘・稲姫(吉田羊)と信幸(大泉洋)との政略結婚を持ち掛ける。 

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月18日更新】
■ あらすじ(第20話 5/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀吉(小日向文世)の側室となった茶々(竹内結子)は子を身ごもる。そんな中、有頂天になる秀吉をやゆする落書きが城下で発見される。信繁(堺雅人)は三成(山本耕史)や大谷吉継(片岡愛之助)と共に、落書きの犯人捜しに乗り出すが、難航する。怒りが収まらない秀吉は、犯人が見つからなければ門番や町人たちまでも処刑すると言い出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月25日更新】
■ あらすじ(第21話 5/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
待望の嫡男誕生で勢いに乗る秀吉(小日向文世)は、氏政(高嶋政伸)に上洛(じょうらく)するよう迫る。秀吉に臣従すべきという家康(内野聖陽)の勧めにも耳を貸そうとしない氏政は、逆に秀吉に条件を突き付ける。それは、真田が治める沼田領を引き渡せというものだった。自らの領地を勝手に交渉の道具にされ、昌幸(草刈正雄)は「戦も辞さぬ」と激怒する。戦国の世を終わらせようとする秀吉とそれにあらがう父の間で、信繁(堺雅人)は板挟みとなる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月1日更新】
■ あらすじ(第22話 6/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
真田は、氏政(高嶋政伸)による沼田城明け渡し要求を断固拒否する。北条を上洛(じょうらく)させたい秀吉(小日向文世)の前で、北条と真田との論戦の幕が上がる。徳川方の本多正信(近藤正臣)も加わり、一瞬の隙も許されない中、信繁(堺雅人)は真田の代表として弁舌と胆力の限り、北条に挑む。やがて、秀吉が裁定を下す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月8日更新】
■ あらすじ(第23話 6/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀吉(小日向文世)は20万を超える兵を集め、小田原を包囲する。だが、関東の覇者としての自尊心を捨てられない氏政(高嶋政伸)は、絶望的な状況になっても降伏を拒否する。一方、昌幸(草刈正雄)と信幸(大泉洋)は北条方の拠点、忍城(おしじょう)を攻めあぐねる。そこへ、秀吉から武功を立てるよう命じられた三成(山本耕史)が乗り込み、昌幸らと対立する。そんな中、信繁(堺雅人)は、家康(内野聖陽)と吉継(片岡愛之助)に呼び出される。 

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月15日更新】
■ あらすじ(第24話 6/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
信繁(堺雅人)は沼田裁定で競り合った正信(近藤正臣)、板部岡江雪斎(山西惇)から頼まれ、氏政(高嶋政伸)の説得に向かう。降伏するように説くが、氏政は容易には受け入れない。やがて、家康(内野聖陽)、景勝(遠藤憲一)、そして昌幸(草刈正雄)が氏政の元をひそかに訪れる。彼らは東国でしのぎを削った強敵同士として、秀吉に許しを請い、生き延びることを氏政に勧める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月22日更新】
■ あらすじ(第25話 6/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
北条の滅亡によって、秀吉(小日向文世)は天下統一を成し遂げた。だが、秀吉の愛児・鶴松が重い病を患い、その症状は日に日に悪化する。一方、信繁(堺雅人)や三成(山本耕史)は、秀吉によって切腹に追い込まれた千利休(桂文枝)のことが頭から離れない。秀吉の周囲が利休の呪いを恐れる中、家康(内野聖陽)は鶴松亡き後の天下の行方を思い描く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月29日更新】
■ あらすじ(第26話 7/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
鶴松を失った秀吉(小日向文世)は、秀次(新納慎也)に関白の座を譲る。隠居するかに見えた秀吉だったが、新たに朝鮮への侵攻を始める。信繁(堺雅人)らが真意を測りかねる中、茶々(竹内結子)が再び男の子を産む。秀吉が有頂天になる一方、立場が危うくなった秀次は恐怖を募らせる。朝鮮出兵の前線基地である肥前名護屋城で、出陣を待つ大名たちによる仮装大会が開かれる。そこへ、とり(草笛光子)の重篤を伝える知らせが届く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月6日更新】
■ あらすじ(第27話 7/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀吉(小日向文世)と茶々(竹内結子)の間に再び男児が誕生する。秀次(新納慎也)は秀吉が自分を邪魔に思っていると疑う。彼は理解者であるきり(長沢まさみ)を側室に迎えようとするが、信繁(堺雅人)への思いが断ち切れないきりは、答えを出せない。寧(鈴木京香)に励まされた秀次は、信幸(大泉洋)と信繁に朝廷の官位を授けるなど関白らしさを見せる。しかし、再び秀吉との間でささいな行き違いが起こる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月13日更新】
■ あらすじ(第28話 7/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大坂城に潜んでいた秀次(新納慎也)を信繁(堺雅人)ときり(長沢まさみ)は真田屋敷にかくまう。そんな中、公家と付き合いの深い秀次との会話をきっかけに、薫(高畑淳子)の出自が疑わしいものとなり、稲(吉田羊)と真田家の間の溝が深まる。一方、信繁は秀吉(小日向文世)と秀次をとりなそうと奔走するが、秀次は想定外の行動に出る。秀次の思いを受けた信繁は、大商人・呂宋助左衛門(松本幸四郎)に会う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月20日更新】
■ あらすじ(第29話 7/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
信繁(堺雅人)は秀吉(小日向文世)の肝いりで、吉継(片岡愛之助)の娘・春(松岡茉優)を正室に迎える。春の人柄の良さは、きり(長沢まさみ)までも魅了するが、三成(山本耕史)は春のそれとは違った一面を信繁ににおわせる。信幸(大泉洋)にも稲(吉田羊)、こう(長野里美)それぞれとの間に子どもができ、真田家は幸せに包まれる。一方、秀吉の老いは、誰の目にも明らかなほど進行していた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月27日更新】
■ あらすじ(第30話 7/31放送 ※午後7:15~午後8:00)
----------------------------------------------------------------------------------------
大地震によって、伏見城は落成を前に倒壊する。秀吉(小日向文世)から普請を命じられていた昌幸(草刈正雄)は生きがいを失い、ふさぎこむ。老いによって酷薄さを増した秀吉は、バテレンへの弾圧を強める。さらに、再び朝鮮へ攻め込むと言い出し、きり(長沢まさみ)が親しくなった細川玉(橋本マナミ)らキリシタンにも危機が迫る。信繁(堺雅人)は、信幸(大泉洋)や家康(内野聖陽)から秀吉の余命を問われる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月3日更新】
■ あらすじ(第31話 8/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀吉(小日向文世)の死期が近づく中、三成(山本耕史)と家康(内野聖陽)は遺言状の内容を巡り対立する。寧(鈴木京香)は、あけすけな権力争いに心を痛める。秀吉は、意識がもうろうとする中でも秀頼(石田星空)のことを心配する。だが、茶々(竹内結子)は秀吉を秀頼に会わせようとしない。信繁(堺雅人)は茶々を説得し、秀吉と秀頼の対面を実現させようとする。一方、家康の排除をもくろむ三成は、昌幸(草刈正雄)に家康暗殺を依頼する。 

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月10日更新】
■ あらすじ(第32話 8/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
絶対的権力者であった秀吉が亡くなり、景勝(遠藤憲一)、宇喜多秀家(高橋和也)、前田利家(小林勝也)ら有力大名たちの合議による政権運営が始まる。家康(内野聖陽)と三成(山本耕史)は互いにうたげを開いては、自分の陣営に味方を増やそうと躍起になる。加藤清正(新井浩文)や伊達政宗(長谷川朝晴)も徳川に傾き、次第に三成側の形勢は不利になる。信繁(堺雅人)や刑部(片岡愛之助)がいさめるのも聞かず、三成は暴挙に出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月17日更新】
■ あらすじ(第33話 8/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
家康(内野聖陽)は亡き秀吉の遺言をことごとく無視し、自らの影響力を強めていく。三成(山本耕史)は家康を討つため、伏見城下の徳川屋敷を急襲することを決意する。だが、暗殺計画は本多正信(近藤正臣)に漏れてしまう。正信は諸大名に危機を訴え、屋敷の守備に駆け付けるよう呼び掛ける。そして、徳川に付くかどうか見極めようとする。一気に形勢不利となった三成を救うため、信繁(堺雅人)は昌幸(草刈正雄)の元を訪ね、思いもよらぬことを提案する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月24日更新】
■ あらすじ(第34話 8/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
三成(山本耕史)は家康(内野聖陽)暗殺に失敗し、謹慎することになる。それでも怒りが収まらない清正(新井浩文)ら反三成派七将は、三成襲撃を計画する。信繁(堺雅人)は伏見城下での武力衝突を恐れ、きり(長沢まさみ)に上田へ帰るよう指示する。だが、きりはそれを断り、玉(橋本マナミ)の元に身を寄せ、伏見にとどまる。七将による石田屋敷急襲が迫っていることを察知した信繁は、徳川方と目されている信幸(大泉洋)と協力して危機に立ち向かう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月31日更新】
■ あらすじ(第35話 9/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
上杉討伐を前に徳川から離反すると決めた昌幸(草刈正雄)は、家康(内野聖陽)を討つ機会を探る。だが、家康が大坂を出陣した直後に三成(山本耕史)が挙兵し、日本全国を巻き込む大戦になる可能性が浮上したため、昌幸の計画は狂う。真田が生き残るために豊臣と徳川のどちらに付くべきかで、戦国の世を協力して乗り切ってきた昌幸、信幸(大泉洋)、信繁(堺雅人)の意見が割れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月7日更新】
■ あらすじ(第36話 9/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
昌幸(草刈正雄)と信繁(堺雅人)は信幸(大泉洋)と別れ、秀忠(星野源)を迎え撃つために上田城へ向かう。途中、一行は沼田城に寄るが、稲(吉田羊)は信幸の徳川への忠義を疑われないよう昌幸たちを追い返す。一方、信幸は家康(内野聖陽)から上田攻めの先鋒(せんぽう)を命じられる。真田家は親子同士の直接対決を強いられるが、信幸と信繁は一計を案じる。そんな中、徳川の大軍が撤退し、昌幸らが勝利に沸く中、関ケ原から衝撃の知らせが届く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月14日更新】
■ あらすじ(第37話 9/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
関ケ原での西軍敗北により、昌幸(草刈正雄)と信繁(堺雅人)は徳川に降伏した。信幸(大泉洋)は忠勝(藤岡弘、)と共に、家康(内野聖陽)に昌幸と信繁の助命を嘆願し、代わりに「信幸」の名を捨てる。罪人となった昌幸と信繁は徳川に大坂へ呼び出される。そこで、三成(山本耕史)と刑部(片岡愛之助)の最期について知ることになる。やがて、二人は真田への怒りに燃える家康と対面する。そして、家康は処罰に込める真意を明かす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月22日更新】
■ あらすじ(第38話 9/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
昌幸(草刈正雄)、信繁(堺雅人)ら一行は、紀伊国九度山村に流罪となった。昌幸は信之(大泉洋)を通じ、何度も釈放を願い出るが、家康(内野聖陽)はそれを無視して着々と天下取りを進めていく。一方、きり(長沢まさみ)と春(松岡茉優)は一つ屋根の下で共に暮らすことになった。信繁ときりの信濃での思い出話を聞いた春は、思い悩む。徳川に許されず、落ち込む昌幸の元に、九度山の人たちが「戦い方を教えてくれ」と訪ねてくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月28日更新】
■ あらすじ(第39話 10/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
昌幸が死去し、信之(大泉洋)が九度山を訪れる。父に惨めな思いをさせないよう、生活に無理をしてきた信繁(堺雅人)は、兄に支援を求める。だが、徳川に監視されている信之にはそれができない。信繁はきり(長沢まさみ)と協力し、「真田紐(ひも)」を考案して商売を始める。春(松岡茉優)は、信繁に頼られるきりに嫉妬する。九度山村での貧しいながらも穏やかな日々に、信繁が幸せを見いだしていた時、運命を永久に変える使者が訪れる。 

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月5日更新】
■ あらすじ(第40話 10/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
九度山での生活を楽しんでいた信繁(堺雅人)の元へ、宇喜多秀家の家臣だった明石全登(小林顕作)が訪ねて来る。大坂城で徳川家康(内野聖陽)を相手に戦ってもらいたいと信繁に懇願する。信繁は断るが、豊臣秀頼(中川大志)と茶々(竹内結子)が苦境に立たされていることを知って心が揺れる。大きな決断を迫られた信繁は、息子の大助(浦上晟周)を呼び、くじを引けと告げる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月12日更新】
■ あらすじ(第41話 10/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
幸村(堺雅人)は、秀頼(中川大志)に味方することを決意する。しかし、牢(ろう)人たちが大坂城に集まっていることを知った家康(内野聖陽)は、九度山の見張りを増やすよう命じる。幸村は、脱出のための策を練る。一方、信之(大泉洋)には家康からの出陣命令が届く。信之は、二人の息子の初陣にしようとするが、稲(吉田羊)から、ある提案がなされる。一方、大坂城に向かった幸村は、茶々(竹内結子)と再会する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月19日更新】
■ あらすじ(第42話 10/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
幸村(堺雅人)は、久しぶりに茶々(竹内結子)との再会を果たす。一方、家康(内野聖陽)は、幸村が大坂方に加わったことに恐れを抱き、出陣を急ぐ。大坂城に集まった牢(ろう)人たちの中には、後藤又兵衛(哀川翔)、毛利勝永(岡本健一)、長宗我部盛親(阿南健治)らがいた。秀頼(中川大志)は幸村に総大将になってもらいたいと願っていたが、又兵衛や勝永たちは激しく異議を唱える。そこで、幸村は一つの策を提案する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月26日更新】
■ あらすじ(第43話 10/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
徳川軍が大坂城に迫る中、茶々(竹内結子)は幸村(堺雅人)とひそかに会い、ある願い事をする。一方、秀頼(中川大志)の御前で五人衆を集めての軍議が開かれ、幸村は家康(内野聖陽)のいる京へ攻め込むことを主張する。しかし、皆は反対する。勝永(岡本健一)は次第に幸村の意見を認めるようになるが、又兵衛(哀川翔)だけは籠城すべきだと反対し続ける。そして、ついに秀頼が決断を下すときが訪れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月2日更新】
■ あらすじ(第44話 11/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
幸村(堺雅人)は、大坂城の最大の弱点となる南側に出城を造ることを思い付く。だが、同じことを考えている人物がもう一人いた。一方、織田有楽斎(井上順)と大蔵卿局(峯村リエ)は、牢(ろう)人衆を信じようとしない。豊臣家の態度に業を煮やした又兵衛(哀川翔)と勝永(岡本健一)は大坂城を出ると言い出す。その頃、松(木村佳乃)は信之(大泉洋)の命を受け、大坂に向かっていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月9日更新】
■ あらすじ(第45話 11/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
幸村(堺雅人)が築いた砦(とりで)「真田丸」に家康(内野聖陽)は大きな脅威を感じる。徳川軍の中には、信之(大泉洋)の息子たちや、景勝(遠藤憲一)らの姿もあった。幸村は、大助(浦上晟周)らと共に徳川軍を挑発する。いら立った一部の徳川兵は一気に真田丸を落とそうと攻めかかる。しかし、そのことを知った家康は激しく憤る。真田丸では、又兵衛(哀川翔)や勝永(岡本健一)、盛親(阿南健治)らの牢(ろう)人衆が待ち構えていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月16日更新】
■ あらすじ(第46話 11/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大坂城内は、真田丸の戦いでの大勝利に沸く。家康(内野聖陽)は内通する有楽斎(井上順)を操り、和睦に持ち込もうとする。幸村(堺雅人)は和睦に傾く秀頼(中川大志)を叱咤(しった)し、徹底抗戦を主張する。信之(大泉洋)は、兵糧を幸村に届けるため江戸を脱出しようとするが、出浦昌相(寺島進)が立ちはだかる。幸村は茶々(竹内結子)を諭し、戦い抜くよう豊臣方をまとめあげる。しかし、その結束を打ち砕く一発の砲弾が、徳川の陣から放たれる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月23日更新】
■ あらすじ(第47話 11/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
茶々(竹内結子)は、幸村(堺雅人)の反対を押し切って家康(内野聖陽)との和睦に傾く。和睦交渉での家康の側室・阿茶局(斉藤由貴)の寛大な態度に、きり(長沢まさみ)は大きな不安を感じる。結局、大坂城の外堀を埋め、真田丸を破却することが決定してしまい、幸村は激しい衝撃を受ける。もはや戦うすべを失った又兵衛(哀川翔)や勝永(岡本健一)らの、豊臣家への怒りが頂点に達する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月30日更新】
■ あらすじ(第48話 12/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
豊臣と徳川の和睦の後、真田丸は取り壊され、大坂城は堀も埋め立てられてしまった。幸村(堺雅人)は起死回生を狙い、家康(内野聖陽)をわなにかけるよう、忍びの佐助(藤井隆)に命じる。佐助は、もし家康暗殺に成功したら夫婦になってほしいときり(長沢まさみ)に告げ、徳川の陣に向かう。家康との頭脳戦が展開する中、幸村は不思議な型の銃を手に入れる。一方、幸村からの書状を読み、その真意を悟った信之(大泉洋)は大坂へ向かうと言い出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月7日更新】
■ あらすじ(第49話 12/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
幸村(堺雅人)が築いた真田丸砦を攻めあぐねる家康(内野聖陽)は、幸村に10万石の領地を約束するなどさまざまな調略に乗り出す。有楽斎(井上順)らの強い勧めで秀頼(中山大志)は和解を決意するが、幸村は有楽斎の言動には裏があるとあやしむ。幸村は、意を決して茶々(竹内結子)へのじか談判に挑む。一方、家康の陣にはイギリスから取り寄せた大砲が到着。運命の大砲が、大阪城に向かって放たれる!

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月14日更新】55分拡大版
■ あらすじ(第50話 12/18放送 最終回は午後8:00~午後9:40 )
----------------------------------------------------------------------------------------
豊臣と徳川の決戦が始まった。大阪城を出て、野戦に持ち込む幸村(堺雅人)だったが、形勢は圧倒的に不利。死を覚悟する茶々(竹内結子)に、幸村は「望みを捨てなかった者のみに、道は開ける」と諭す。やがて勝永(岡本健一)らの活躍により戦況は一転、豊臣方は徳川軍を次々と撃破する。だが秀頼(中川大志)のもとに、幸村が寝返ったという噂が広がる…。幸村は、家康(内野聖陽)ただ一人に狙いを定め、一騎で突き進んでいく!


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック