FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2016年冬、昼帯ドラマ『嵐の涙~私たちに明日はある~』

kage

2016/03/31 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★2月1日スタート 

フジテレビ系 月曜~金曜 午後1:25~午後1:55

 嵐の涙~私たちに明日はある~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
演出:杉村六郎/プロデューサー:市野直親/プロデューサー:沼田通嗣

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•石原里子(佐藤江梨子)
施設で育ち、苦学の末に夢だった小学校教師に。同僚だった雄介と結婚し、長女・春子を出産してから義父母と5人で暮らしていたが、不慮の事故で雄介と生後半年の春子を失う。失意の中、育児放棄されている赤ん坊と出会う。

•石原雄介(宅間孝行)
里子の夫。美術教師として勤務する小学校に赴任してきた里子に一目ぼれし、結婚。学校行事中の川の事故で、娘の春子とともに濁流に飲み込まれてしまう。

•枝川まき(遠藤久美子)
大造の娘で、茶道枝川流・次期家元。高校時代に父の車に同乗していて事故に遭い、母を失う。自分もその事故で失明した上、不妊の後遺症を抱えることになり人生に絶望していたが、ある出来事から希望を見出し結婚を前向きに考えるようになる。

•枝川大造(竜雷太)
名古屋に拠点を構える茶道枝川流の17代家元。8年前、自らが運転する車の事故で妻を失い、高校生だった娘・まきが失明。その罪悪感から、まきの幸せのためならば何でもするようになる。まきの「家族を持ちたい」という希望をかなえようとする中で、悪魔の所業とも呼べるような行動に出てしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
佐藤江梨子、出産後初の連続ドラマ主演で数奇な運命をたどる母親に挑戦!
突然の事故によって家族を奪われた女性が、血のつながらない娘との絆をかてに、もがき苦しみながらも幸せを求め続ける物語。家族とは何か、親子とは何かを問い掛ける濃厚な人間ドラマを、東海地方の風光明媚な風景をバックに描く。愛する夫と幼い娘を事故で失った絶望の中で、育児放棄された赤ん坊と出会うヒロイン・石原里子を、第一子出産後初の連続ドラマ主演となる佐藤江梨子が演じる。妻と生き別れて記憶喪失になりながらも、新たな夫婦愛に生きるけなげな夫役に宅間孝行が扮するほか、盲目の茶道家を遠藤久美子、娘を思うがゆえに昼ドラ史上類を見ない悪人へと堕ちていく茶道の家元を竜雷太が演じる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【1月27日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
施設育ちの遠藤里子(佐藤江梨子)は、苦学の末、夢だった教員になり、職場で出会った石原雄介(宅間孝行)と結婚する。長女の春子も誕生し、幸せの真っただ中にいた里子だったが、そんなある日、ゲリラ豪雨による鉄砲水で、雄介と幼い春子を同時に失ってしまう。優しかったはずの義母から2人を見殺しにしたと言われ、学校からも事故の責任を押し付けられて追放され、絶望のどん底にいた里子は、育児放棄されている赤ん坊と出会う。自分の境遇と重ね合わせ、その赤ん坊と共に生きる道を選ぶ里子だったが、そこへ更なる困難が降りかかる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2月3日更新】
■ あらすじ(第1週 2/1~2/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
東京の小学校教師・里子(佐藤江梨子)は、夫で同僚の雄介(宅間孝行)、娘の春子らと幸せに暮らしていた。ある日、里子は河原でバーベキューをする雄介と春子を残し、同居男性から暴力を受ける親友の順子(宮地真緒)の様子を見に彼女の家へ。その間、豪雨で川が氾濫し、雄介らは行方不明となってしまう。一方、名古屋では、茶道家元の大造(竜雷太)が自分のせいで目が不自由になった娘・まき(遠藤久美子)の縁談が決まり安心していた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月10日更新】
■ あらすじ(第2週 2/8~2/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
家元就任パーティーを控えるまき(遠藤久美子)は、茶器を依頼するため、剛太郎(宅間孝行)と「宮崎工房」を訪問。その工房で働く里子(佐藤江梨子)は旧知の女性と再会し、育児の悩みを打ち明けていた。そんな中、人前での点茶が怖くなったまきは大造(竜雷太)に就任辞退を申し出る。大造は剛太郎と共にしばらく彼女を見守ることにするが、枝川家に仕える照(いしのようこ)は納得できない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月17日更新】
■ あらすじ(第3週 2/15~2/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
剛太郎(宅間孝行)は自身が記憶喪失だと、大田原(大石吾朗)に明かす。大造(竜雷太)は、まき(遠藤久美子)の婿として別人を剛太郎と偽って迎えたことに関し、これ以上隠せないと観念する。一方、工房で里子(佐藤江梨子)らと陶芸をする中、まきに家元就任の覚悟が芽生える。就任披露パーティーが開かれ、その席でまきがある決断を発表。だが、それが娘のすみれ(舞優)を苦しめることになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月24日更新】
■ あらすじ(第4週 2/22~2/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
春子(ほの花)は里子(佐藤江梨子)に嫌いだと言ったことを後悔する。里子はそんな春子の思いを受け止め、抱き締める。2人に感化されたまき(遠藤久美子)はすみれ(舞優)と向き合い、次期家元として重圧をかけたとわびる。里子は春子が不就学のため友達がいないことを気にしていたが、春子は思わぬことを口にする。一方、まきを以前から知る加代(深谷美歩)が枝川家を訪ねて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月2日更新】
■ あらすじ(第5週 2/29~3/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
春子(ほの花)が責任者を務める児童会の陶芸学校に多くの人が集まった。その会場で、里子(佐藤江梨子)は剛太郎(宅間孝行)に声を掛けられ仰天する。10年前に死んだはずの夫・雄介だからだ。再会に感涙する里子だが、剛太郎には彼女の記憶はない。順子(宮地真緒)は、剛太郎に全てを話すべきだと里子に迫る。だが、里子はまき(遠藤久美子)たち一家の幸福を壊すことになると苦悩する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月9日更新】
■ あらすじ(第6週 3/7~3/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
里子(佐藤江梨子)は剛太郎(宅間孝行)とエレベーターに閉じ込められる。怖がる里子を剛太郎が励まし、里子は彼が夫だったころを思い出す。一方、まき(遠藤久美子)は、春子(ほの花)が里子の実子ではないと知る。まきは自分とすみれ(舞優)も同様だと明かすが、里子は自分が春子を産んだと言い切る。そんな中、春子は枝川家の食事会で歌を披露。それを聴いた剛太郎は違和感を覚える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月16日更新】
■ あらすじ(第7週 3/14~3/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
自分が雄介だと思い出した剛太郎(宅間孝行)は壮一(柄本明)に背中を押され、枝川家に戻る。里子(佐藤江梨子)は剛太郎から自分たちの境遇を他人に置き換えた話をされて驚きつつも、自身の思いを伝える。さらに剛太郎は大造(竜雷太)に記憶が戻ったと明かすが今の生活を壊すつもりはないと告げる。一方、順子(宮地真緒)の店に、10年前に生き別れた娘を捜す岩上(乃木涼介)が現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月23日更新】
■ あらすじ(第8週 3/21~3/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
剛太郎(宅間孝行)と大造(竜雷太)の会話から、里子(佐藤江梨子)が実母ではないと知った春子(ほの花)は衝撃を受けながらも自分がすべきことを考える。完全に記憶を取り戻した剛太郎は、真相を明かさなかった里子の配慮をくみ、今後もまき(遠藤久美子)と夫婦生活を送ると大造に告げる。一方、春子は自分がいなければ皆が幸せになると思い、実父だという岩上(乃木涼介)の元に身を寄せる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月30日更新】
■ あらすじ(第9週 3/28~3/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終週】
まき(遠藤久美子)は夫・剛太郎(宅間孝行)が、実は里子(佐藤江梨子)の夫・雄介だと知り、大造(竜雷太)に剛太郎が入れ替わった理由を聞く。それは娘を思うが故だったが、まきは許せる行為ではないと大造に訴える。まきは里子に入れ替わりの真相を告白。里子は驚きながらも、まきと共に、春子(ほの花)とすみれ(舞優)にとっての幸せを最優先することに。そこへ2人の会話を盗み聞きした岩上(乃木涼介)が現れる。そのころ、剛太郎は娘たちが全てを知っていると確信し、すみれに父親としての希望を暗に告げる。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック