FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

化物で楽しむ江戸狂歌~『狂歌百鬼夜狂』をよむ〜/江戸狂歌研究会(編)

kage

2016/01/16 (Sat)

今日の棚の一冊1




 化物で楽しむ江戸狂歌~『狂歌百鬼夜狂』をよむ〜/江戸狂歌研究会(編)

化物で楽しむ江戸狂歌: 〜『狂歌百鬼夜狂』をよむ〜/笠間書院

¥1,620
Amazon.co.jp


Arika報告書v1アイコン天明5年(1785年)、写楽のプロデューサーとして名高い版元・蔦屋重三郎が企画した狂歌会をもとに刊行された「狂歌百鬼夜狂」。その各歌の原文と現代語訳、語釈、そして140点あまりの化け物の挿絵を収録し、江戸の絢爛たる狂歌の世界が楽しめる一冊。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック