FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

(冬の夜空文庫・SF&ファンタジー3/6)天の光はすべて星/フレドリック・ブラウン (著)、田中融二(訳)

kage

2016/02/23 (Tue)

流れ星文庫

キラリ輝く星は、実は何万光年も遠くにあるという。

見えているものがすべてではなく、見えていないもののほうが時に大切だったりします。

あなたの大切なものは何ですか?

あなたの大切なものはそこに見えますか?

そんなことを教えてくれるSFファンタジーな文庫を毎日1冊ずつ計6冊を紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

SFファンタジーな文庫3/6
 天の光はすべて星/フレドリック・ブラウン (著)、田中融二(訳)

天の光はすべて星 (ハヤカワ文庫 SF フ 1-4)/早川書房

¥842
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1”星屑の仲間”たちは、大いなる宇宙へ、夢を抱き、今を生きる
マックスは57歳。1960年代の後半に一等宇宙飛行士として月や火星で活躍していた。しかし現在は、弟の家にやっかいになっている。ある日、木星探査計画を公約に立候補した女性上院議員候補の存在を知り、いても立ってもいられなくなり議員を応援するうちに、彼は宇宙への情熱をとりもどしていく‥‥。もう一度、宇宙へ―― 彼の人生の歯車は再び動き始める。男のロマンと夢が交錯する古典的SF。あなたが一度でも、夜空を見上げ、宇宙に思いをはせたことがあるなら是非、本書を手に取るべき。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック