FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2016年冬、木曜ドラマ『特集ドラマ クロスロード』

kage

2016/03/31 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★2月25日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週木曜 午後9:00~午後9:50

 特集ドラマ クロスロード

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:金子成人/作:大川俊道/作:高橋美幸/演出:藤井裕也/演出:村田忍/制作統括:篠原圭/制作統括:藤田裕一

♪主題歌:リフレクト リフレイン「愛は止められない」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•尾関辰郎(舘ひろし)
青梅中央警察署の警務課に勤務。58歳。東京都北区で15年前に起きた強盗殺人事件と、青梅中央署の管轄内で発見された人骨に関連性があることから、久々に大きな事件に関わる。

•板垣公平(神田正輝)
西東京のローカル紙「たま多摩新聞」記者。57歳。以前は大手新聞社の社会部の中心に立ち、ジャーナリズムの最前線で活躍していた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
舘ひろしと神田正輝が、前線を離れ再会を果たす因縁の二人を熱演! 
長年にわたる因縁がある警察官と新聞記者が、25年ぶりの再会を果たしたことから起こる物語を描く骨太なヒューマンドラマ。捜査過程をすっぱ抜かれたことが原因で左遷され、現在は所轄署の警務課に勤務する主人公・尾関辰郎を舘ひろし、その記事を書いた元大手新聞社の社会部記者・板垣公平を神田正輝が演じる。舘と神田が共演するのは、2007年放送の「マグロ」(テレビ朝日系)以来約9年振り。今回がNHKドラマでの初共演となる。脚本は、「魚心あれば嫁心」(テレビ東京系)などで知られるベテランの金子成人らが手掛ける。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2月24日更新】
■ あらすじ(第1話 2/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
東京・青梅中央署警務課の尾関(舘ひろし)は、駅前でストーカーに襲われた友美(大浦千佳)を助けるが、友美の家族から逆に責められてしまう。そんな中、管内で白骨遺体が発見され、署長・殿村(徳重聡)と管理官・貝谷(西村雅彦)らは捜査本部を設置。一方、徳枝(中村玉緒)が経営する地元新聞社の記者・板垣(神田正輝)は、白骨遺体の事件の取材で署を訪れ、旧知の尾関に出くわす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月2日更新】
■ あらすじ(第2話 3/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
尾関(舘ひろし)は服役を終えた山中(ダンカン)に遺品整理の仕事を紹介。孤独死した老人の遺品を処分していた山中は、老人が独立戦争後にインドシナから持ち帰った銃を偶然見つける。そしてそれを手に、捜していた妻・真奈美(芳本美代子)の元へ向かう。知らせを受けた尾関は、真奈美が働くスナックへ。一方、板垣(神田正輝)は元刑事・太田(小野武彦)から意外な事実を聞く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月9日更新】
■ あらすじ(第3話 3/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
尾関(舘ひろし)は数年前に解散した準暴力団のメンバーが再集結するという密告の真相を探るため、捜査に駆り出される。元メンバーの西村(萩野崇)らは最近、資金源を手に入れたようだ。一方、板垣(神田正輝)は新聞社のオーナー・徳枝(中村玉緒)の要望で「貧困女子を守る会」の代表・彩(東風万智子)を取材することになる。そんな中、西村たちの資金源が「貧困女子を守る会」の会員の売春によるものという疑惑が浮かび上がる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月16日更新】
■ あらすじ(第4話 3/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
刑事課の応援で傷害事件の捜査をしていた尾関(舘ひろし)は、加害者の男がタクシーの車内に置き忘れた大金入りのバッグを盗まれたと知らされ、そのタクシーに次に乗ったエリート商社マン・松川(羽場裕一)の動向を調べることに。一方、板垣(神田正輝)は「多岐川事件」の被害者遺族・千鶴(大後寿々花)から話を聞こうと彼女の仕事場を訪ね、直接、取材交渉をする。だが、徳枝(中村玉緒)は、その取材をやめるよう板垣に告げる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月23日更新】
■ あらすじ(第5話 3/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
尾関(舘ひろし)は捜査本部に乗り込み、元刑事の太田(小野武彦)からの証拠品を提出。だが、貝谷(西村雅彦)、殿村(徳重聡)ら幹部の間で議論になる。一方、多岐川事件の取材を諦めきれない板垣(神田正輝)は徳枝(中村玉緒)に辞表を出す。板垣の留守中、恭子(高島礼子)と泉(北乃きい)は重要な証人・千鶴(大後寿々花)の訪問を受ける。やがて、尾関の捜査で鍵となる男の正体が明らかになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月30日更新】
■ あらすじ(第6話 3/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
「多岐川事件」のキーマン・衛藤(山内秀一)の身元が割れ、捜査本部は彼の行方を追う。尾関(舘ひろし)は西多摩地区の担当として捜査を行う。板垣(神田正輝)は混迷する警察機構にメスを入れる特集記事の準備を進めるが、出版社から方向性を変えるよう連絡が入る。管理官・貝谷(西村雅彦)は多岐川事件は単独犯だと主張。しかし、複数犯の可能性も高まる。やがて、尾関のつかんだ手掛かりから、事件の捜査が急激に進展する。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック