FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

2016年冬、日曜ドラマ『プレミアムドラマ 嫌な女』

kage

2016/03/27 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★3月6日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週日曜 午後10:00~午後10:50

 プレミアムドラマ 嫌な女

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:桂望実「嫌な女」(光文社)/脚本:吉田智子/演出:田中健二/演出:村橋直樹/制作統括:中村高志

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•石田徹子(黒木瞳)
荻原法律事務所の新人弁護士。大手銀行勤務のキャリアを捨て、37歳で弁護士になった。夏子の依頼を受け解決へと奔走する中で、弁護士としても人としても成長していく。

•小谷夏子(鈴木保奈美)
徹子の遠縁の親戚でトラブルメーカー。男を虜にして生きる生粋の詐欺師だが、詰めが甘く、何かとトラブルに巻き込まれる。

•坂口博之(勝村政信)
荻原法律事務所の弁護士で、徹子と同い年の先輩。やがて独立し、自らの弁護士事務所を設立する。徹子に対して恋愛感情を抱く。

•磯崎賢(塚本高史)
徹子の同僚。事務のアシスタントをしながら、司法試験の勉強をしている。弁護士の役割は世の中を救うことだと考えている熱血漢。

•石田琴(松原智恵子)
徹子の母親。明るく朗らかな性格だが、独り身である徹子を心配している。かつて、離婚して生活が困窮した際に徹子を手放そうとした過去を持つ。

•荻原道哉(古谷一行)
荻原法律事務所を経営する弁護士。徹子にとって理想の上司。手っ取り早く結論を急ごうとする徹子を、優しく諭しながら真実へと導いていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
黒木瞳と鈴木保奈美が初共演。腐れ縁の弁護士と詐欺師役で! 
作家・桂望実によるベストセラー小説を、黒木瞳主演で連続ドラマ化。弁護士と詐欺師という、水と油のような正反対の2人の長年にわたる腐れ縁と、さまざまなトラブルを乗り越えていくさまを描く。生真面目な性格で人助けに生きる弁護士・石田徹子を黒木が、自己中心的な生き方で人の好意を金に換える詐欺師・小谷夏子を、黒木とは初共演となる鈴木保奈美が演じる。そのほか徹子の勤務する弁護士事務所の先輩弁護士・坂口博之に勝村政信、所長である荻原道哉に古谷一行が扮し、脇を固める。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2月24日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
遅咲きの新人弁護士・石田徹子(黒木瞳)は、荻原法律事務所で、坂口博之(勝村政信)や磯崎賢(塚本高史)らと働いていた。そんなある日、徹子の元に1本の電話がかかってくる。徹子の遠縁の親戚でトラブルメーカーの小谷夏子(鈴木保奈美)が、元婚約者との間で起こったトラブルの解決を、徹子に依頼してきたのだ。子供のころに会ったきりだった夏子について、徹子が調べを進めると、男を手玉に取って生きる詐欺師であることが判明する。図らずもその代理人になってしまった徹子は、どこか憎めない夏子に振り回されながらも、お金や裁判の勝ち負けより大事なものに気付かされていく。


----------------------------------------------------------------------------------------
【3月2日更新】
■ あらすじ(第1話 3/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大手銀行でのキャリアを捨て、37歳で弁護士に転身した徹子(黒木瞳)は、荻原(古谷一行)の法律事務所で働いている。ある日、彼女の元に、子どものころに会ったきりの同い年の親戚・夏子(鈴木保奈美)から依頼が入る。その内容は、元婚約者・西岡(山中崇)とのトラブルを解決してほしいというもの。調べを進める中で、夏子が男性を手玉にとって生きる詐欺師であることが分かる。徹子は図らずも夏子の代理人を務めることになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月9日更新】
■ あらすじ(第2話 3/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
夏子(鈴木保奈美)の夫を名乗る大学教授・熊田(梶原善)が現れ、徹子(黒木瞳)にまた夏子の代理人をしてほしいと依頼する。近所の美容院のオーナー・岩井(今井朋彦)から覚えのない借金返済を迫られているという。夏子と熊田が夫婦ということに疑問を抱く徹子は夏子を問い詰めるが、やがて、夏子が岩井の保険金詐欺の仲間だと判明。だが、徹子は熊田の夏子への思いに気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月16日更新】
■ あらすじ(第3話 3/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
夏子(鈴木保奈美)が未払いの弁護報酬と新たな依頼を持って徹子(黒木瞳)の元へ。最期をみとった恋人・敬一郎(原田大二郎)が「夏子に全財産を残す」と遺言を残したが、息子の敬介(岡田義徳)が無効を主張しているという。徹子は敬一郎が入院していた病院の関係者に話を聞く。そして、敬一郎と同室だった近藤(片岡鶴太郎)と出会った徹子は、彼自身の遺言の作成を依頼される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月23日更新】
■ あらすじ(第4話 3/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
徹子(黒木瞳)は夏子(鈴木保奈美)から「若い男にだまされた」と連絡を受ける。夏子は会社社長・嶋(でんでん)の下心につけ込み絵画を高く売り付けたが、価値がないことがばれて返金を要求されていた。夏子は若い恋人・俊介(大東駿介)の役に立とうと働いたというが、当の俊介は夏子のような年増が恋人のわけがないとあざ笑う。そんな俊介に対し、徹子の怒りが爆発する。そして、問題の絵画の意外な価値が明らかになる。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック