FC2ブログ
2020 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 12

(冬の夜空文庫・SF&ファンタジー6/6)銀河鉄道の夜/宮沢賢治(著)

kage

2016/02/26 (Fri)

流れ星文庫

キラリ輝く星は、実は何万光年も遠くにあるという。

見えているものがすべてではなく、見えていないもののほうが時に大切だったりします。

あなたの大切なものは何ですか?

あなたの大切なものはそこに見えますか?

そんなことを教えてくれるSFファンタジーな文庫を毎日1冊ずつ計6冊を紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

SFファンタジーな文庫6/6
 銀河鉄道の夜/宮沢賢治(著)

新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)/新潮社

¥464
Amazon.co.jp





Arikaアイコン(小)1美しく幻想的で、はかなく、もろく、そして強い、宮沢賢治の名作
ジョバンニとカムパネルラが夜空を翔ける「銀河鉄道の夜」、醜いからと嫌われ星に願いをかける鳥「よだかの星」の他に、「オツベルと象」「セロ弾きのゴーシュ」など計14編を収録。宮沢賢治の童話は、大人になってから読むと、心のヒダに優しくチクリと絡みつく。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック