FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

(2016年メディアミックス作品)3月土曜日・冬ドラマ化される原作&コミック「精霊の守り人」

kage

2016/03/19 (Sat)

さる1

2016年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■3月日曜日・冬ドラマ化される原作&コミック

【3月19日(土)放送スタート!】
・精霊の守り人/上橋菜穂子(偕成社)

ドラマを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!




【3月19日(土)放送】
 精霊の守り人/上橋菜穂子

精霊の守り人 (新潮文庫)/上橋 菜穂子

¥637
Amazon.co.jp

■ドラマタイトル:「精霊の守り人」

■放送日:3月19日スタート NHK総合 毎週土曜 午後9:00~午後10:00(初回は午後9:00~午後10:15)

■原作/原案…原作:上橋菜穂子「精霊の守り人」(偕成社)

■スタッフ
脚本:大森寿美男/演出:片岡敬司/制作統括:海辺潔/制作統括:加藤拓/制作統括:越智篤志

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
バルサ(綾瀬はるか)
カンバル王国出身の用心棒。短槍の使い手で、ニノ妃の依頼を受け、新ヨゴ国の第二王子・チャグムを守る旅に出る。

チャグム(小林颯)
新ヨゴ国の第二王子。水の精霊の卵を宿したため、父である帝から命を狙われる。母・ニノ妃の依頼でバルサに守られながら旅をする。

タンダ(東出昌大)
新ヨゴ国の薬草師。先住民・ヤクーの血を引き、幼いころから呪術師・トロガイの元で修業を積む。バルサの身を案じている。

ジグロ(吉川晃司)
バルサの育ての親。カンバル王国最強の武人だったが、バルサの父親に頼まれ、幼いバルサを連れて国を脱出する。

トロガイ(高島礼子)
先住民・ヤクーの呪術師。当代一の呪術力を持つタンダの師匠で、バルサからも尊敬される。新ヨゴ国の帝を冒とくする者として命を狙われる。

聖導師(平幹二朗)
新ヨゴ国の聖導師。星読博士の最高位で、帝を補佐して政治を司る。

帝(藤原竜也)
新ヨゴ国の君主。水の精霊の卵を宿した息子のチャグムが異能者になっていくことに恐怖心を抱き、狩人たちに殺害を命じる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介…
綾瀬はるか主演でファンタジー大作「守り人」シリーズを実写化
----------------------------------------------------------------------------------------
人と精霊が共生する世界を舞台にしたファンタジー大作を綾瀬はるか主演で実写ドラマ化し、全編4K映像で制作する。用心棒で短槍の使い手であるバルサ(綾瀬)が、精霊の卵を宿した新ヨゴ国の幼い王子・チャグム(小林颯)を、帝(藤原竜也)の命を受けた王宮の狩人たちや異界の魔物から守りながら冒険の旅を続ける。上橋菜穂子の同名小説シリーズ全10巻を原作に、3年にわたり全22回で放送する予定。仲間との絆や、チャグムが帝に成長し、国々を巻き込む戦乱を乗り越えるまでを壮大なスケールで描く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
≪原作内容紹介≫
数多くの受賞歴を誇る名作、ついに文庫化! 痛快で新しい冒険シリーズが今始まる。
老練な女用心棒バルサは、新ヨゴ皇国の二ノ妃から皇子チャグムを託される。精霊の卵を宿した息子を疎み、父帝が差し向けてくる刺客や、異界の魔物から幼いチャグムを守るため、バルサは身体を張って戦い続ける。建国神話の秘密、先住民の伝承など文化人類学者らしい緻密な世界構築が評判を呼び、数多くの受賞歴を誇るロングセラーがついに文庫化。痛快で新しい冒険シリーズが今始まる。

東洋の土着的精神に基づいた本格ファンタジー!
Arikaアイコン(小)1久しぶりに読んだ本格ファンタジー。短槍の使い手にして女用心棒のバルサに託されたのは新ヨゴ皇国の二ノ妃の子、皇子チャグム。初めはバルサの活躍が全面に出たアクションを楽しむ作品かと思いましたが、読み進めるとチャグムの成長とバルサの考え(気持ち)の変化を見守るように読むのが正しい姿勢かと思えてきた。著者は文化人類学の准教授。ファンタジーとしての世界観を確立しつつ実社会に共通する葛藤や理不尽を描き、出てくる人間はその中で力強く生きています。建国の歴史や伝承を頼りに謎解きをしていくあたりは、さすが文化人類学者だと納得させる。無論、刺客や魔物と対峙するバルサのアクションも見物。海外にはハリーポッターがあり指輪物語に通じる日本版本格ファンタジー「守り人」シリーズ。矜持すら感じさせる壮大な物語。 完全な「悪人」は出てこなかったり、先住民と国家の関係、戦いを生業にする主人公が女性で、彼女を見守り帰る場所を守っているのが男性というあたりもおもしろい。 もし一つ難をつけるとすれば、もう少し旅や冒険をする要素があれば物凄い作品になっていた気もします。



NHKでドラマ化される本作品だが、実は以前にTVアニメ化されていたので映像が浮かびやすかった。綾瀬はるかさんはともかく、トロガイを高島礼子さんが演じるそうでびっくり!オフィシャルページの写真見てさらにびっくり!(笑)同名小説シリーズ全10巻を原作に、2016年3月に第1部は4本、2017年に第2部を9本、2018年に第3部9本、という3年がかりで全22作を放送するという壮大な企画になっており気になります。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック