FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

2016年春、木曜ドラマ『警視庁・捜査一課長』

kage

2016/06/23 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月14日スタート 

テレビ朝日系 木曜 午後8:00~午後8:54

 警視庁・捜査一課長

Arika注目1h”土曜ワイド劇場”の人気シリーズが待望の連ドラに!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:石原武龍/監督:猪原達三/監督:濱龍也/プロデューサー:関拓也/プロデューサー:秋山貴人/プロデューサー:島田薫

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
大岩純一(内藤剛志)
警視庁捜査一課長。“ヒラから成り上がったたたき上げの刑事”として、部下たちからの信頼も厚い。一人娘を病気で失った過去があり、月命日には娘の好物だったカレーとプリンを食べることに決めている。

平井真琴(斉藤由貴)
警視庁捜査一課・現場資料班主任。優れた洞察力と直感力で大岩をサポートする。犯人逮捕のゲン担ぎで大福をよく食べることから、大岩から「大福」と呼ばれている。小山田管理官とは凸凹コンビ。

小山田大介(金田明夫)
警視庁捜査一課・庶務担当管理官。真琴と共に、大岩の右腕として活躍する。直感的な推理を展開する真琴に対して、持ち前の粘り強さを生かした地道な捜査が得意。恐妻家で、妻には弱い。

天笠一馬(鈴木裕樹)
大岩が乗る公用車の運転を担当する若手刑事。刑事の端くれとして大岩の役に立ちたいという思いから勝手な捜査に走ることがあり、そのたびに小山田から叱責されるが、彼の独自捜査が事件解決の手掛かりとなることもある。

武藤広樹(矢野浩二)
警視庁・鑑識課主任。現場検証で瞬時に状況を見極め、大岩ら捜査一課メンバーに事件解決の糸口を与える。

笹川健志(本田博太郎)
警視庁刑事部長。捜査で重大なリスクが生じる場面でも、その責任を決して部下には負わせず、自らがすべてをかぶろうとする男気の持ち主。

大岩小春(床嶋佳子)
大岩の妻。娘の死を乗り越え、いつも笑顔で大岩を支えている。小春との何気ない会話から、大岩が事件解決のヒントを得ることも多い。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
内藤剛志主演の人気ミステリーシリーズが待望の連続ドラマ化! 
内藤剛志が主演を務め、「土曜ワイド劇場」枠でこれまでに5作放送されて人気を博した刑事ドラマシリーズのレギュラー化。内藤は警視庁の捜査一課長・大岩純一に扮する。一課長は400名以上の精鋭刑事を統率し、東京都内で起きたいくつもの凶悪事件の捜査本部を同時に指揮する重要なポストだが、キャリア組が占めるほかの警察要職とは異なり、いわゆる“たたき上げ”が務める特殊な役職。ドラマでは、卓越した推理力とリーダーシップを持つ一方、決してスーパーマンではない等身大のヒーロー・大岩が、部下たちと共に難事件を解決していくさまがスリリングに描かれる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【3月16日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
大岩純一(内藤剛志)は、約400人の精鋭集団・警視庁捜査一課を束ねるリーダー。東京都内で起きたすべての凶悪事件の現場に臨場し、各捜査本部の指揮に当たるため多忙を極めており、平均睡眠時間は3時間ほどしかない。獅子奮迅の活躍を見せる大岩だが、何か特殊な能力があるわけではなく、自ら率先し、決してあきらめず、真摯に捜査に当たる硬骨漢で、ゆえに周囲からも厚い信頼を得ている。都内では日々、重大な事件が発生するが、大岩は平井真琴(斉藤由貴)、小山田大介(金田明夫)、天笠一馬(鈴木裕樹)ら個性的な捜査員を信じ、彼らと共に事件解決に向けて奮闘していく。


----------------------------------------------------------------------------------------
【4月13日更新】
■ あらすじ(第1話 4/14放送 ※午後8:00~午後9:54)
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁捜査一課長の大岩(内藤剛志)は、東京で発生する凶悪事件の捜査を全て指揮する。ある日、運河沿いに遺棄された3遺体が見つかる。3人は、指名手配中の強盗犯・伊坂(内野智)とブティックの社長・康代(山口香緒里)、不動産会社社長の綾子(大寶智子)で、接点は不明。大岩は綾子が5年前の未解決殺人事件の被害者の妻だと気付く。やがて、3人をレンタカーで運び遺棄したのは会社員・田代(石橋保)と判明する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月20日更新】
■ あらすじ(第2話 4/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大岩(内藤剛志)らは女性の刺殺体発見の知らせを受け、高尾山に急行。しかし、捜査員が到着すると遺体は消えていた。落ちていた身分証から、遺体は食品商社社長の芳美(石橋けい)と思われたが、直後に芳美の遺体が新宿の自室で見つかったと連絡が入る。大岩らが新宿に向かう中、琴美(斉藤由貴)は高尾山で見掛けた不審な女を追跡。女は芳美の会社の社員・菜実子(矢田亜希子)で、自分が殺したかもしれないと自供するが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月27日更新】
■ あらすじ(第3話 4/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
バイクの転倒事故で、乗っていた男が死亡。現場に約3千万円分の1万円札が散乱する。大岩(内藤剛志)は、死んだ男の携帯電話に残されていた少女の写真や所持していたメモから、誘拐事件が進行中だと判断し、極秘捜査を命じる。真琴(斉藤由貴)が現場で見掛け尾行した女性が、少女の母・由梨(大路恵美)だった。1万円札から検出された指紋から、前科のある滝沢(林泰文)が浮上。その滝沢の留守宅で女性の遺体が見つかる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月4日更新】
■ あらすじ(第4話 5/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大岩(内藤剛志)は、宝飾店に勤務する高井(池内万作)の家で男の他殺体が見つかった事件の捜査を指揮。高井一家が潮干狩りから帰宅すると、見知らぬ男が死んでいたという。遺体は窃盗の前科があり出所したばかりの白木(松田賢二)だった。状況から共犯者と高井家に侵入し、仲間割れした可能性が高い。真琴(斉藤由貴)は、犯人が高井の妻・美佐(遊井亮子)の宝石箱にあった高価な指輪に手をつけていないことに疑問を抱く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月11日更新】
■ あらすじ(第5話 5/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大岩(内藤剛志)は、空から遺体が降ってきたと通報があった荒川沿いの現場に駆け付ける。状況から、トラックの荷台の上に載っていた遺体が振り落とされたと思われた。遺体は、人気ファッションブランドの社長兼デザイナーの玲香(舟木幸)と判明。真琴(斉藤由貴)は、玲香が時代遅れのワンピースを身に着けていたことに違和感を抱く。ワンピースをリフォームした店を突き止めた真琴は、店長の由紀子(中山忍)から話を聞く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月18日更新】
■ あらすじ(第6話 5/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
七色に光る他殺体が発見され、大岩(内藤剛志)らは捜査を開始。遺体にはネイルアートのラメが振り掛けられていた。前科のある元ネイリストの三津子(大家由祐子)が容疑者として浮上。一方、ひったくり事件が発生し、犯人が落とした手袋から三津子のDNAが検出される。真琴(斉藤由貴)がひったくりの被害者・敏子(福井裕子)の次男の妻・恵利香(若村麻由美)を調べると、彼女もネイリストで三津子の元仕事仲間と分かる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月25日更新】
■ あらすじ(第7話 5/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
資産家の屋敷(坂口進也)が殺された。捜査が進む中、屋敷家の家政婦が容疑者として浮上。彼女は偽名を使用しており、その正体は半年前に夫を保険金目当てに殺した疑いで世間を騒がせた波留美(洞口依子)と分かる。そんな中、波留美が人を殺したと出頭してきた。しかし、波留美が殺したと明かしたのはフリーライターの多田野(湯江健幸)だった。大岩(内藤剛志)は二つの事件に関連があるとにらみ合同捜査を指示する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月1日更新】
■ あらすじ(第8話 6/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
江戸川橋近辺で刺殺体が見つかり、大岩(内藤剛志)らが臨場。殺された猪狩(吉野正弘)の所持品からは100万円の札束と、宛名に「門田」と書かれた結婚式の招待状が見つかる。真琴(斉藤由貴)が結婚式場に行ってみると、門田のテーブルの招待客が全員、新婦・桜(石川梨華)の父・田嶋(渡辺徹)が派遣会社に依頼して揃えた代理出席の客と分かる。田嶋は猪狩とは面識がないと話すが、100万円は田嶋が渡したものと判明する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月8日更新】
■ あらすじ(第9話 6/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
連続放火殺人の容疑で任意の事情聴取を受けていた安西(山崎画大)が警察からの帰り道で殺された。犯人は前科のある北村(児玉貴志)。大岩(内藤剛志)は、この事件と連続放火殺人事件との合同捜査本部を設置。しかし、安西と北村の接点が見つからない。そんな中、捜査員に追われた北村が、逃走中に心筋梗塞の発作を起こし倒れる。彼が運ばれたのは、安西の妻・加奈子(紺野まひる)が心臓外科医として働く病院だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月15日更新】
■ あらすじ(第10話 6/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ファッションブランド社長・雅美(千咲としえ)が殺された。真琴(斉藤由貴)は事件の証拠らしきものがインターネットオークションに出品されていると気付く。大岩(内藤剛志)らは出品者が‘五右衛門’と知り驚く。五右衛門は企業の極秘資料を盗み、恐喝や売買に利用する窃盗犯だが、半年前急に動きを止め、死亡説が流れていた。落札者に成り済ました真琴の前に現れた五右衛門は、アクセサリー職人の美和子(笛木優子)で…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月22日更新】
■ あらすじ(第11話 6/23放送 ※午後8:00~午後9:48)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
大物国会議員・貴子(山下容莉枝)のスキャンダル記事を書いた週刊誌記者・香苗(古川りか)が白昼、街中で拉致され、3時間後、刺殺体で見つかる。現場にいた香苗の同僚・聡美(清水美沙)は、大岩(内藤剛志)がかつて担当した事件の関係者だった。20年前、聡美の母親・光代(ジュディ・オング)が娘に付きまとうストーカーを殺した事件だ。そんな中、香苗が匿名で、聡美を中傷するメールを発信していたことが分かる。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック