FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2016年春夏、朝ドラマ『連続テレビ小説「とと姉ちゃん」』

kage

2016/10/01 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★4月4日スタート 

NHK総合 月曜~土曜 午前8:00~午前8:15

 連続テレビ小説「とと姉ちゃん」

Arika注目1h父親代わりに一家を支え、妹たちを育てた女性の奮闘を描く!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:西田征史/演出:大原拓/演出:岡田健/演出:藤並英樹/演出:松園武大/制作統括:落合将/プロデューサー:盆子原誠

主題歌:宇多田ヒカル「花束を君に」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
小橋常子(高畑充希)
小橋家の長女。11歳の時に亡くした父の代わりに、母と2人の妹を背負って立つ“とと姉ちゃん”。自由に生きられない女性たちの姿を見て、戦後、女性のための実用雑誌「あなたの暮し」を創刊する。

小橋竹蔵(西島秀俊)
常子たち3姉妹の父。仕事も家庭も大切にするよき父親だったが、結核で死去。常子に「ありきたりの毎日を大切にし、家族のことを頼む」と言い残す。

小橋君子(木村多江)
常子たち3姉妹の母。竹蔵との結婚をめぐって、母の滝子と絶縁する。おっとりした性格だが、陰ながら家族を支えようと力を尽くす。

小橋鞠子(相楽樹)
小橋家の次女。豪快な姉・常子とは対照的に、勉強はできるが運動は苦手な真面目な性格。女学校時代に平塚らいてうに傾倒し、後に「あなたの暮し」の創刊スタッフとなる。

小橋美子(杉咲花)
小橋家の末っ子。けんかが絶えない2人の姉の間で、要領よく立ち振る舞う器用な性格。衣装に興味を持ち、後に「あなたの暮し」の衣装面をサポートする。

小橋鉄郎(向井理)
竹蔵の弟で、3姉妹の叔父。性格は竹蔵とは異なり、いい加減。定職に就かず、もうけ話を追い求めて各地を旅する。男手がいなくなった小橋家をふらりと訪ねて、たびたびピンチを救う。

隈井栄太郎(片岡鶴太郎)
君子の実家「青柳商店」の筆頭番頭。生粋の江戸っ子で情に厚い男。君子と3姉妹を気に掛け、陰ながら一家を支える。

青柳滝子(大地真央)
君子の母で常子たちの祖母。深川で江戸時代から続く材木問屋「青柳商店」の女将。浜松での暮らしに困窮した君子を迎え入れるが、考え方の違いから再び絶縁する。孫娘の3姉妹には愛情を持って接する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
高畑充希が演じる父親代わりの“とと姉ちゃん”が昭和を駆け抜ける! 
雑誌「暮しの手帖」を創刊した大橋鎭子をモデルに、女ばかりの一家の長女・小橋常子(高畑充希)が、亡き父・竹蔵(西島秀俊)に代わって母・君子(木村多江)と2人の妹を守ろうと奮闘しながら、激動の昭和を駆け抜けるストーリー。自由に生きられない女性たちを見てきた常子が、焼け野原となった戦後の東京で家族を養うために、実用雑誌「あなたの暮し」を立ち上げ、復興ままならぬ人々に生活の知恵を与え、高度経済成長期の女性たちに欠かせない雑誌へと成長させていくさまを描く。脚本は、「妖怪人間ベム」(日本テレビ系)、「信長協奏曲」(フジテレビ系)などを手掛けた西田征史が担当する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月16日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
小橋家の長女・常子(高畑充希)は、11歳の時に父・竹蔵(西島秀俊)を病気で亡くし、母・君子(木村多江)と妹の鞠子(相楽樹)、美子(杉咲花)を懸命に養う、父親代わりの“とと(父)姉ちゃん”。持ち前の好奇心と物おじしない性格で、さまざまな人と出会い成長していく。戦前、母や祖母、同級生など、女であるがゆえに自由に生きられない姿を見るうちに、常子は「女性たちの生活に寄り添う仕事がしたい」と考えるようになる。そして、戦争直後、焼け野原の東京で、2人の妹と、志を同じくする天才編集者・花山伊佐次(唐沢寿明)と共に、女性のための実用雑誌「あなたの暮し」を創刊する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【4月1日更新】
■ あらすじ(第1週 4/4~4/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』1930(昭和5年)、静岡。小橋家の長女・常子(内田未来)らは月に一度、家族で出掛けるのが習わしだが、父・竹蔵(西島秀俊)が約束を破る。
『火』すねた次女・鞠子(須田琥珀)と三女・美子(川上凛子)は、竹蔵の取引相手・大迫(ラサール石井)が持ってきた絵に落書きをする。
『水』竹蔵は大迫に謝罪し、汚した絵を買い取る。その竹蔵の優しい言葉を聞き、常子たちはうれしくなる。そんな中、竹蔵が結核で倒れる。
『木』病気を家族に移さぬよう、竹蔵は離れて生活する。父の気持ちを察した常子は、気丈に振る舞う。そんな中、小橋家が正月を迎える。
『金』病状が好転しない中、叔父・鉄郎(向井理)が小橋家に現れる。常子は鉄郎から、竹蔵が毎年家族で行く花見を楽しみにしていると聞く。
『土』花見を終えた夜、興奮して眠れない常子は、竹蔵から声を掛けられ、大切な願いを託される。そしてその数日後、竹蔵は息を引き取る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月13日更新】
■ あらすじ(第2週 4/11~4/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』父親代わりの常子(高畑充希)は、近所の男性陣に負けじと奮闘する。だが、三女の美子(根岸姫奈)は父がいないことを受け入れられない。

『火』美子のために常子は学校に乗り込むが、その行動が裏目に出て、美子はますます仲間外れになる。そんな中、近所で火事が発生する。

『水』叔父の鉄郎(向井理)が小橋家の米を食べ尽くして逃げる。困った常子は米1俵という賞品を目当てに地区の運動会に参加することにする。

『木』運動会当日。二人三脚に出場する常子と次女・鞠子(相楽樹)の息は全く合わない。美子は頼りにならない常子にいら立ちを隠せない。

『金』竹蔵(西島秀俊)の元上司・杉野(田山涼成)が小橋家への援助を打ち切ると告げる。途端に生活が苦しくなる中、美子が風邪で寝込んでしまう。

『土』生活に困った君子(木村多江)に、金持ちの世話にならないかという話が舞い込む。一方、仕事が見つからない常子は、鉄郎の話を思い出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月13日更新】
■ あらすじ(第3週 4/18~4/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』君子(木村多江)は常子(高畑充希)ら娘たちに祖母・滝子(大地真央)の存在を伝え、東京・深川で材木問屋を営む滝子の元で暮らさないかと提案する。
『火』浜松に別れを告げた常子たちは木場の町にやって来る。番頭・隈井(片岡鶴太郎)の案内で座敷に通された常子たちは、初めて滝子と対面する。
『水』常子たちの緊張をよそに滝子は一同を優しく迎え入れる。そんな中、常子は滝子の養子となった店の若旦那・清(大野拓朗)と出会う。
『木』常子は、清が面倒な人物だと気付き始める。だが、その清との会話でヒントを得た常子は、君子を助けるために、滝子の部屋へと向かう。
『金』君子の働き口を見つけようとする常子は、滝子の仕事に同行する。常子の観察力に感心した滝子は、常子に対する思いを君子に伝える。
『土』滝子は常子を清の嫁にして店を継がせたいと考える。だが、自分の考えを押し付ける母に君子は反発し、常子らを連れて再び家を出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月27日更新】
■ あらすじ(第4週 4/25~4/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』君子(木村多江)と滝子(大地真央)が対立し、一家は近所の仕出屋「森田屋」に居候する。常子(高畑充希)らは働きながら編入試験に向け勉強する。
『火』弁当配達の帰り、常子は植物の実験をする帝大生の星野(坂口健太郎)に出会う。そんなある日、常子たちが弁当の種類を間違えて配達する。
『水』森田屋の信用を守るため、常子らは客を訪ね謝罪して回る。高い弁当を配った客にも謝り、大女将のまつ(秋野暢子)はその心意気を褒める。
『木』編入試験に合格し、常子は鞠子(相楽樹)と女学校に通い始める。だが級友たちは冷たい態度で、綾(阿部純子)に話し掛けるも素っ気ない。
『金』星野の言葉で気が晴れた常子だが、今度は試験中にカンニングを疑われる。落ち込む常子は懸命に働く君子の姿を見て自分を励ます。
『土』常子は綾に勉強を教えてほしいと頼む。事情を知った店の大将・宗吉(ピエール瀧)は、常子を勉強に専念させる。そして再試験の日を迎える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月27日更新】
■ あらすじ(第5週 5/2~5/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』鞠子(相楽樹)の制服が紛失する騒動が起きる。一緒に制服を捜す常子(高畑充希)は、富江(川栄李奈)の部屋の前で見慣れないボタンを拾う。
『火』鞠子の制服を直すため、常子は滝子(大地真央)のミシンを借りる。青柳を継ぐ気はないかと滝子に尋ねられ、常子は自分の将来を意識する。
『水』富江に代わって、宗吉(ピエール瀧)が常子らに土下座する。富江は着てみたかっただけだと言うが、まつ(秋野暢子)らは秘めた思いがあると感じる。
『木』常子は君子(木村多江)と滝子の仲を修復したいと考える。そんな中、星野(坂口健太郎)と再会した常子は、空腹で倒れた彼を森田屋に連れ帰る。
『金』日本初の発見を目指す星野の熱意に打たれた常子たちは、彼が探すキノコに見覚えがあることに気付く。その場所は青柳商店だった。
『土』新発見をして星野は喜ぶが、鞠子らはその植物が既に発見されていたことを新聞で知る。だが、その事実を誰も星野に言い出せない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月11日更新】
■ あらすじ(第6週 5/9~5/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』3カ月過ぎても君子(木村多江)と滝子(大地真央)は険悪なままだった。まつ(秋野暢子)と宗吉(ピエール瀧)もけんかが絶えず、常子(高畑充希)は頭を悩ませる。
『火』常子は、自分たちの学費を援助していたのが滝子だったと知る。それを君子には黙っておくが、隈井(片岡鶴太郎)が酒の勢いで口を滑らせる。
『水』援助を断った君子は、自分だけの力で常子らを養おうと懸命に働く。そんな折、浜松から染工会社社長の杉野(田山涼成)がやって来る。
『木』君子らを和解させるため、竹蔵(西島秀俊)は滝子に手紙を送っていた。父の思いを知った常子は、君子ともう一度話すよう滝子に頼む。
『金』竹蔵の手紙のおかげで自分の間違いに気付いたと滝子は告白。君子と滝子が和解しようとした矢先、美子(根岸姫奈)が川に転落する。
『土』常子は川に飛び込み、溺れる美子を助ける。その後、百人一首をすることになった常子たちは、滝子が君子の名に込めた思いを知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月18日更新】
■ あらすじ(第7週 5/16~5/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』給料の高い就職先を探し始めた常子(高畑充希)。新たな担任教師の東堂(片桐はいり)は常子に自分の気持ちに正直に生きる大切さを教える。
『火』悩む鞠子(相楽樹)を心配し、常子は東堂から借りた雑誌「青鞜」を渡す。鞠子も感銘を受け、2人は何かを始めたいという気持ちになる。
『水』鉄郎(向井理)に感化された常子は、事業を始めようと考える。何が人の興味を引くのか考える常子に、星野(坂口健太郎)はアドバイスを送る。
『木』綾(阿部純子)の母親からヒントを得た常子は練り歯磨きを作り始める。失敗しても諦めない常子を見て、鞠子は手伝うことに決める。
『金』常子たち3姉妹は協力して練り歯磨きを完成させる。鉄郎の提案により、弁当に練り歯磨きを添えると、瞬く間に配達先で評判になる。
『土』練り歯磨きが大量生産されることになる。鉄郎の口上のおかげで面白いように売れるが、常子たちの前に借金の取り立て人が現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月25日更新】
■ あらすじ(第8週 5/23~5/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』練り歯磨きをアルミ製のチューブに入れることを思い付いた常子(高畑充希)は、改良品の存在を隠して、借金取りを出し抜こうと考える。
『火』常子たちは危機を脱するが、歯磨きのチューブが次々と破裂し始める。一方、鞠子(相楽樹)は大学に進学したいと君子(木村多江)に訴える。
『水』鞠子の夢をかなえるため、常子は高収入のタイピストを目指す。東堂(片桐はいり)の応援もあり、常子はできる限りの努力を重ねる。
『木』面接の席で常子の熱意は空回りし、手応えを感じぬまま就職試験が終わる。数日後、落ち込む常子の元に合否を伝えるはがきが届く。
『金』森田屋で常子の就職祝いが開かれる。そして初出勤の日、職場で常子を待っていたのは、一癖も二癖もありそうな職業婦人たちだった。
『土』一向に仕事を与えられない常子は、リーダーの早乙女(真野恵里菜)らに訴える。だが状況は変わらず、常子は別の部署で仕事を探す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月1日更新】
■ あらすじ(第9週 5/30~6/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』星野(坂口健太郎)は常子(高畑充希)を意識し始めるが、常子はそれに気付かない。そんな折、男性社員が常子に仕事を手伝ってくれと頼む。
『火』初めて仕事を任された常子は、一睡もせずに書類をまとめる。タイプライターの使用を禁じられたため、手書きで書類を完成させる。
『水』またも男性の仕事を受けたことで常子は孤立する。早乙女(真野恵里菜)らはそれらの要求をはねのけることで女性の地位を保っていた。
『木』滝子(大地真央)の言葉で吹っ切れた常子は、男性社員からの仕事を快諾。諦めずに手伝えばいつか女性も評価されると早乙女を説得する。
『金』初任給を得た常子は、滝子に一家の大黒柱だと認められる。1年後の1938年、鞠子(相楽樹)は大学に合格し、美子(杉咲花)は女学生になる。
『土』職場で認められた常子は、毎週甘味店で星野と会い、互いの近況を報告し合っていた。だが星野は、常子に自分の思いを伝えられない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月8日更新】
■ あらすじ(第10週 6/6~6/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』常子(高畑充希)は、月に1度家族で出掛けるという家訓を再開させる。だが、年頃を迎え、忙しい鞠子(相楽樹)と美子(杉咲花)は気乗りしない。
『火』お出掛けの待ち合わせ場所に美子が現れず、常子らは心配する。やがて、帰宅した美子のうそが発覚。詰め寄る常子に美子は反論する。
『水』美子は滝子(大地真央)の紹介で洋服店で働くことになる。一方、大量の仕事を抱えた常子は寝坊し、朝食を皆で食べるという家訓を破る。
『木』大阪で働くことになった星野(坂口健太郎)が、常子にプロポーズする。突然の告白に驚いた常子は迷い、自分の人生について改めて考える。
『金』滝子から美子の思いを聞いた常子は、美子に謝罪し、2人は仲直りする。家族の大切さを感じた常子は決意を固め、星野の元に向かう。
『土』プロポーズを断った常子に星野は感謝の言葉を告げる。出発当日、列車に乗った星野は遠くに1人たたずむ常子の姿を窓から見つける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月15日更新】
■ あらすじ(第11週 6/13~6/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』1940年、戦争が長期化し青柳商店と森田屋の経営が悪化。常子(高畑充希)は多田(我妻三輪子)と行ったビアホールで騒動に巻き込まれる。
『火』酔客に絡まれた常子は、お竜(志田未来)という不良少女に窮地を救われる。ところが翌朝、出社した常子は突然解雇を宣告されてしまう。
『水』常子は会社を去る。商店会の寄り合いで照代(平岩紙)が店を畳むと公言。続いて、富江(川栄李奈)の秘密も発覚し、森田屋は大騒動に。
『木』富江は長谷川(浜野謙太)の子を妊娠していた。宗吉(ピエール瀧)が激高する一方、照代は店や娘たちのことを考え、転居をまつ(秋野暢子)に訴える。
『金』富江と長谷川の祝言を終え、森田家は深川から引っ越していく。苦境でも明るく振る舞う彼らに励まされ、常子は再出発を決意する。
『土』滝子(大地真央)の家に身を寄せた常子は、職探しに苦戦する。手詰まりになりかけた時、常子は事務員を募集する出版社の求人を見つける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月22日更新】
■ あらすじ(第12週 6/20~6/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』「甲東出版」に就職した常子(高畑充希)は、谷(山口智充)や五反田(及川光博)に一から雑誌作りを教わり、男女を分け隔てないその姿勢に感動する。
『火』隈井(片岡鶴太郎)に触発され、雑誌で「笑い」の特集を提案した常子は、内務省で働く男性から挿絵を受け取ってくるよう五反田に頼まれる。
『水』「帰れ」と一喝されて憤慨した常子は、花山(唐沢寿明)に賭けを持ち掛ける。常子に一本取られた花山は、挿絵として赤い屋根の家を描く。
『木』常子の考えた特集が検閲にかかり、谷が警察に捕まる。青柳商店では、店の存亡を巡って清(大野拓朗)と滝子(大地真央)が意見を戦わせていた。
『金』1942年。戦争が本格化し、材木商の個人営業が禁止されることに。心配する常子たちをよそに、看板を守りたい滝子の気持ちは揺れる。
『土』晩節を汚す前に身を引きたいと、滝子は青柳商店の看板を下ろす。その姿を見た常子は、母と2人の妹を守るという決意を新たにする。


----------------------------------------------------------------------------------------
【6月29日更新】
■ あらすじ(第13週 6/27~7/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』1944(昭和19)年、戦況の悪化で食糧が不足する。物々交換で農作物を手に入れるため、常子(高畑充希)らは着物を手に農村へと向かうが…。
『火』滝子からもらった玩具を手放し、美子(杉咲花)は常子の胸で泣く。常子は五反田(及川光博)に対し、戦争をたたえる雑誌は作れないと訴える。
『水』会社を貸本屋にするよう常子に助言した五反田は、生きて戻ったら自分たちが心から作りたい雑誌を作ろうと約束して、戦地に旅立つ。
『木』常子が隣組の組長・三宅(有薗芳記)に目を付けられてしまう。家の中を物色した三宅は壁に掛かった家訓を不謹慎だと畳に投げ付ける。
『金』空襲の翌日、お竜(志田未来)と再会した常子は互いに将来を語り合ううち「女性がやりたいことを実現できる雑誌を作りたい」と口にする。
『土』1945(昭和20)年、常子たち一家の疲労は限界に近づいていた。防空壕(ごう)に避難していたある日、家の中から怪しい物音が聞こえる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【7月6日更新】
■ あらすじ(第14週 7/4~7/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』戦後、闇市は食料や職を求める人であふれる。常子(高畑充希)は鉄郎(向井理)から、皆が娯楽に飢えている今、雑誌は必ず売れるとあおられる。
『火』谷(山口智充)や五反田(及川光博)が戦地から戻った。雑誌作りを再開する一方、常子は鉄郎に、自分で作ればもっともうかると言われてしまう。
『水』綾(阿部純子)を訪ね、彼女の惨めな暮らしを目の当たりにした常子は「女性の役に立つ雑誌」を作ろうと決意を固め、会社を退職する。
『木』家族の後押しを受けた常子は、鞠子(相楽樹)と美子(杉咲花)にそれぞれ文章と絵を任せ、おしゃれをテーマにした雑誌作りに取り掛かる。
『金』水田(伊藤淳史)の助力もあり、姉妹で力を合わせて作った雑誌は構想から2カ月でようやく完成。常子たちは早速、本を闇市で売り始める。
『土』類似品が出回り、常子らの雑誌は売れ残る。失敗の原因を探るため、谷たちの元を訪れた常子は、花山(唐沢寿明)を頼るよう助言される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月13日更新】
■ あらすじ(第15週 7/11~7/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』自分たちの雑誌が失敗した理由を探るため、常子(高畑充希)は花山(唐沢寿明)の元を訪ねる。指摘の全てが的確で、常子は深い感銘を受ける。
『火』花山が働く喫茶店を訪ねた常子は、編集者をやめた理由を尋ねるも拒まれる。代わりに店主の関元(寺田農)が花山について語り始める。
『水』常子は花山にペンを握らなくなった理由を聞きたいと迫る。その熱意に花山は心打たれるものの、編集の道には戻らないと誘いを断る。
『木』説得に失敗した常子は落胆する。友人の事業に誘われた花山だが「女の人の役に立つ雑誌を作りたい」という常子の言葉が頭をよぎる。
『金』花山が常子たちの雑誌作りに参加する。彼の駄目出しに従い、一同は作業に取り掛かるが、一番の問題点がまだあると花山は指摘する。
『土』花山の助言を得て完成した雑誌は、大好評を博す。花山の思い描く雑誌を作るため、常子は編集長になってほしいと改めて彼に頼む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月20日更新】
■ あらすじ(第16週 7/18~7/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』終戦から1年たっても国民の生活は貧しかった。闇市の女性たちを見た常子(高畑充希)らは、衣服に関する企画を創刊号で扱おうと考える。
『火』綾(阿部純子)が常子に金を借りに来る。工面した常子が綾の仕事場を訪ねると、彼女はカフェで派手な衣装を着て男性を接客していた。
『水』カフェで働く梢(佐藤仁美)らから常子はヒントを得る。一方の花山(唐沢寿明)は特別な技術が無くても洋服を作ることができる方法を思い付く。
『木』花山が考えた「直線裁ち」という方法を目玉に、常子らは創刊号を作る。綾たちをモデルに写真を載せ、雑誌は完成へと近づいていく。
『金』花山の前書きから抜粋し、常子は雑誌の名前を「あなたの暮し」に決める。同名を出版社の名前とし、雑誌作りが本格的に始動する。
『土』雑誌をさらに売るために、常子は直線裁ちの講座を開くことにするが、花山は気乗りしない。講座当日、常子は意外な光景を目にする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月27日更新】
■ あらすじ(第17週 7/25~7/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』常子(高畑充希)と花山(唐沢寿明)は「住まい」を次号のテーマに決める。そんな折、東堂(片桐はいり)から手紙が届き、常子は彼女の家を訪ねてみる。
『火』常子たちは、ふさぎ込む東堂の夫・泰文(利重剛)と出会う。夫に明るさを取り戻させたいと願う東堂に、常子らは妙案を持ち掛ける。
『水』果物箱を積み重ね、花山は狭い住宅向けの家具を作る。触発された常子は、かつて東堂から教わった工夫を応用してみようと思い付く。
『木』常子たちの雑誌は次第に売れなくなるが、広告を取る案を花山は断固拒否する。悩む常子たちの前に、宗吉(ピエール瀧)と照代(平岩紙)が現れる。
『金』広告を載せようと常子は花山を説得するが、花山は取り付く島もない。悩んだ末に常子は、花山に黙って広告を載せることを決断する。
『土』広告を載せた最新号を見て、花山の表情が変わる。常子は弁解するが、もう君と雑誌は作れないと言い、花山は編集室から出て行く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月3日更新】
■ あらすじ(第18週 8/1~8/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』広告掲載を巡り花山(唐沢寿明)と常子(高畑充希)は決裂、花山は去る。次号の特集会議で美子(杉咲花)は花山の案による小麦粉料理を提案する。
『火』宗吉(ピエール瀧)が作った小麦粉料理は、味はいいが作り方が難しかった。もっと簡単に作れる料理を考えた常子は、ホットケーキを思い付く。
『水』常子は悩んだ末に広告主の要求を断る。次号が最後になるかもしれないと考えた美子は、花山の力を借りるために、谷(山口智充)を訪ねる。
『木』花山は谷の言葉にも耳を貸さない。美子は次号の特集が花山の企画であることを明かし、花山がいなければ雑誌が作れないと説得する。
『金』花山が再び常子の会社に戻る。書きかけの原稿を見た花山は、誰もが同じ料理を作れるように、写真を使って説明しようと提案する。
『土』(※7:45~8:00)常子がますます雑誌作りにのめり込む一方、交際中の鞠子(相楽樹)と水田(伊藤淳史)は結婚に至らない。そんな中、水田が鞠子に求婚する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月10日更新】
■ あらすじ(第19週 8/8~8/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』水田(伊藤淳史)からプロポーズされるも、中途半端なまま仕事を辞める決心がつかない鞠子(相楽樹)は、仕事で成果を出そうと奮闘する。
『火』平塚らいてう(真野響子)に執筆してもらうため、鞠子は交渉を続ける。やっと会えたらいてうは、意外な内容の原稿を提案してくる。
『水』らいてうの原稿を読んだ花山(唐沢寿明)は、鞠子の労をねぎらう。仕事に一区切りついたと感じた鞠子は、水田からのプロポーズを受ける。
『木』鞠子は水田の実家へ結婚のあいさつに。常子(高畑充希)らが待つ中、鞠子は水田の両親・國彦(筧利夫)とむめ(高橋ひとみ)を伴い帰宅する。
『金』水田との結婚式を翌日に控え、鞠子は常子ら家族に、涙ながらに最後のあいさつをする。そして翌日、鞠子と水田の結婚式が始まる。
『土』親類や同僚が見守る中、鞠子と水田の結婚式が進行する。ところが、花山のあいさつが始まると、常子の顔はどんどん青ざめていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月17日更新】
■ あらすじ(第20週 8/15~8/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』1955年。日本は未曽有の好景気を迎え、世間は多くの商品であふれ返っていた。常子(高畑充希)は理想の台所を求めて各家庭を取材する。
『火』粗悪品の傘のせいで服を汚した女の子を見た常子は試験をして商品の優劣を決める企画を発案。まずせっけんを取り上げることにする。
『水』常子は星野(坂口健太郎)と再会し、2人の子どもと暮らしていると聞く。花山(唐沢寿明)はせっけんの商品試験を進めるが思わぬ問題が発生し…。
『木』検査機関の抗議を受けた常子たちは、実名を伏せざるを得なくなる。花山は自分たちで全て試験するべきだと力説し、常子は賛同する。
『金』常子たちは本格的な商品試験を行うため、ビルの1階に実験室を開く。そこで歯ブラシを取り扱い、社員のみで奇妙な試験を繰り返す。
『土』「あなたの暮し」最新号は大好評を得る。だが、商品試験を続ける上でさまざまな問題があると分かり、常子は大きな決断を迫られる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月24日更新】
■ あらすじ(第21週 8/22~8/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』常子(高畑充希)の発案した商品試験が本格的に始まる。トースターの試験が進む中、星野(坂口健太郎)が編集部に電話をかけ、ある提案をする。
『火』星野は忙しくて子どもたちの面倒を見ることができないという。常子は週に一度、子どもたちを任せてもらえないかと星野に申し出る。
『水』常子は星野の子どもの面倒を見るため、彼の家に通うようになっていた。そんな折、常子に美子(杉咲花)から衝撃の事実が告げられる。
『木』トースターの商品試験を特集した最新号は大反響を呼ぶ。だが、小さな電機会社の社長・田中(螢雪次朗)が編集部に怒鳴り込んでくる。
『金』常子は商品試験のせいで田中の会社を苦境に追い込んだと知り、責任を感じる。会社では話せないその悩みを常子は星野に打ち明ける。
『土』常子と花山(唐沢寿明)は商品試験への決意を新たにする。星野の家へ通う最後の日、別れ際に星野から感謝の言葉を掛けられた常子は…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月31日更新】
■ あらすじ(第22週 8/29~9/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』康恵(佐藤仁美)の主婦仲間が集まり、アイロンの商品試験が本格的に始まる。そんな中、常子(高畑充希)は星野(坂口健太郎)一家と偶然、出会う。
『火』星野は亡き妻の思いを知り、心揺れる。数カ月に及ぶ商品試験を終えた常子に青葉(白鳥玉季)から助けを求める電話がかかってくる。
『水』青葉の電話は常子を呼ぶためのうそだった。子どもたちの無事を聞いて安心する常子を見た星野は、彼女への秘めた思いを告白する。
『木』常子は再び星野たちと幸せな時間を過ごし始める。ある日、電器メーカーの社員が現れ、自社製品を酷評しないでと常子らに懇願する。
『金』常子の家に石が投げ込まれる。同じ日に花山(唐沢寿明)の家にも石が投げられたことを聞き、常子らは電器メーカーの仕業ではと疑うが…。
『土』嫌がらせの被害は常子だけでなく「あなたの暮し出版」の社員全体に広がる。そこへ、電器メーカー社長・赤羽根(古田新太)が乗り込み…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月7日更新】
■ あらすじ(第23週 9/5~9/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』常子(高畑充希)は星野(坂口健太郎)たちと動物園に行く約束をする。印刷所に連絡すると、ひそかに原稿を捨てろと指示されたと言われる。
『火』常子たちは原稿を間に合わせ、雑誌は無事発売される。商品試験で最低点をつけられた赤羽根(古田新太)は手段を選ぶなと部下に指示する。
『水』常子たちは次号に向けて動き出す。一方、星野は突然、転勤を告げられる。だが、仕事のことを楽しそうに話す常子に言い出せない。
『木』星野は意を決して転勤を告げられたことを常子に告げる。親として子どもの側にいたいと話す星野に、常子は何も言うことができない。
『金』商品試験は偽装だという衝撃的な見出しが載った週刊誌が発売される。花山(唐沢寿明)は相手にするなと言うが、常子は不安を隠せない。
『土』常子は「あなたの雑誌には影響力がある」と国実(石丸幹二)に言われる。松永(石田法嗣)は情報を週刊誌に漏らしたのは自分だと告白する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月14日更新】
■ あらすじ(第24週 9/12~9/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』商品試験の方法に疑問があるとの記事が出る。読者の声や励ましの手紙に触発された常子(高畑充希)は、公開試験を受けることに決める。
『火』公開試験まであとわずか。常子らの洗濯機の商品試験は佳境を迎える。赤羽根(古田新太)たちは自社製品の売り上げを見て勝利を確信する。
『水』洗濯機の公開試験が始まった。常子たちの素人ならではの視点で実直に一年続けた試験結果が、次第に赤羽根たちを追い詰めていく。
『木』赤羽根は、消費者が欲しがるから安い商品を提供しているだけと主張。そんな赤羽根に、花山(唐沢寿明)は試験中に発見した事実を告げる。
『金』公開試験を終えた常子たちは日常を取り戻す。南(上杉柊平)は美子(杉咲花)に求婚。それを美子は素直に受け入れ、祝いの会が開かれる。
『土』祝いの席に鉄郎(向井理)が現れた。かつて小橋家の米を食べ尽くしたおわびだと米を渡す鉄郎に、君子(木村多江)は助けられてきた礼を言う。


----------------------------------------------------------------------------------------
【9月21日更新】
■ あらすじ(第25週 9/19~9/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』1964年。常子(高畑充希)は大きな一軒家を建て、妹たちの家族と3世帯9人の大所帯で暮らしていた。そんな中、君子(木村多江)が突然倒れる。
『火』常子たちは、医師から君子の病状が重いと告げられる。君子は自宅療養を希望。ある日、中学生になったたまき(蒔田彩珠)が発熱する。
『水』君子は「あと何回、皆と食事ができるのだろうか」と常子に弱音を吐く。そんな中、見舞いにやって来た花山(唐沢寿明)に君子は礼を言う。
『木』君子が亡くなって8年。常子の連載「小さなしあわせ」は人気を博していた。同じ頃、「あなたの暮し出版」に一人の女性が現れる。
『金』たまき(吉本実憂)は常子たちの姿に影響され、「あなたの暮し出版」への就職を決意。最終面接まで残ったたまきは、奇抜な試験に驚く。
『土』たまきは試験に合格。一方、仕事と家庭の両立に悩み退職を願い出た寿美子(趣里)を見て、常子は女性が働き続けられる仕組みを考える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月21日更新】
■ あらすじ(第26週 9/26~10/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終週】
『月』「あなたの暮し」は、誌面でも職場自体も女性が働きやすい環境をつくると常子(高畑充希)は宣言する。花山(唐沢寿明)は一人で広島へ向かう。
『火』花山が倒れたという連絡が入る。常子が急いで病院へ向かうと、花山は戦争を知らない世代のため、当時の記録を残したいと訴える。
『水』常子は花山に自宅で作業するよう命じ、読者から来た戦争体験の手紙を見せる。花山はそれを1冊の本にまとめてはどうかと提案する。
『木』戦争特集号は過去最高の売り上げを記録する。そして1974年冬、花山は常子に口述筆記を依頼。それはまるで遺書のような内容だった。
『金』常子は三枝子(奥貫薫)から、花山が「常子さんに任せておけば安心」と言っていたと聞かされる。常子は初めて褒められたとつぶやく。
『土』長年の功績を認められ、「あなたの暮し」は出版界で権威ある賞を受賞。常子はテレビに出演する。その夜、常子は不思議な夢を見る。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック