FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

2016年春、金曜ドラマ『ドラマ24「ナイトヒーロー NAOTO」』

kage

2016/07/01 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月15日スタート 

テレビ東京ほか 金曜 深夜0:12~深夜0:52

 ドラマ24「ナイトヒーロー NAOTO」

Arika注目1hEXILE NAOTOがヒーローに!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:森ハヤシ/脚本:根本ノンジ/脚本:堀雅人/脚本:池谷雅夫/監督:権野元/監督:工藤里紗/監督:元木隆史/プロデューサー:山鹿達也/プロデューサー:五箇公貴/プロデューサー:濱谷晃一

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
NAOTO(NAOTO)
国民的グループ・EXILEのメンバーで、三代目 J Soul Brothersのリーダー。栞との出会いをきっかけに、悪者を退治するヒーローとして活動し始めるが、正体がばれてしまうとグループに迷惑が掛かるため、パフォーマーとヒーローの立場の間で揺れ動く。

田之上栞(黒島結菜)
悪を成敗することに異常な執念を見せる女子高生。ある出来事をきっかけにNAOTOと知り合う。NAOTOの身体能力の高さに目を付けてヒーローの道へ引きずり込み、奔放な言動で翻弄する。幼くして両親を亡くした過去があり、叔父の裕三と2人暮らしをしている。

田之上裕三(木下ほうか)
栞の叔父で、両親を亡くした栞を引き取り育てている。悪を成敗しようと躍起になる栞を心配しつつも、結局は手助けしてしまう。栞たちの活動の基地となるガレージやヒーロー活動になくてはならない「ジャスティス号」なる車を提供するが、どこか感覚がずれている。

権田薫子(余貴美子)
下世話なネタばかりを扱うニュースサイトの編集長。話題になるネタであれば、どんな手を使ってでもスクープをものにしようとする。突如現れた謎のヒーローの正体を暴こうと奔走し、NAOTOを追い詰めていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
EXILEのNAOTOが連ドラ単独初主演。覆面ヒーローという裏の顏を持つ本人役! 
EXILEのパフォーマーで三代目J Soul Brothersのリーダー・NAOTOが、自身初の連続ドラマ単独主演に挑む。ドラマは「NAOTOにアンダーグラウンドで活動する覆面ヒーローというもう一つの顔があったら」という設定の下に進行。ある出来事がきっかけでヒーローとしての活動を余儀なくされたNAOTOが、犯罪者に泣き寝入りをさせられている社会的弱者を救うため奔走する。NAOTOの日常をリアルに描くため、EXILE TRIBEのメンバーも実名で出演。また、トレーニングの様子やライブの裏側といったドキュメントシーンも登場するなど、虚実が入り交じった物語が展開する不思議な感覚の作品となっている。


----------------------------------------------------------------------------------------
【3月16日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
ある夜、NAOTO(NAOTO)は公園で若者たちから暴行を受けているホームレスを目撃する。助けたいが正体を知られるわけにはいかないと、打ち合わせで使ったLEDマスクを被って駆け寄ったNAOTO。だが相手は3人。太刀打ちできずピンチに陥った時、居合わせた女子高生・田之上栞(黒島結菜)が機転を利かせて若者を追い払う。栞は、そのままNAOTOを叔父の田之上裕三(木下ほうか)が所有するガレージまで連れていき、悪者退治の仲間になってほしいと頼み込む。断りたいが、助けてもらった上に一部始終を目撃していた栞をぞんざいに扱うことができないNAOTOは、しぶしぶヒーローとしての活動を開始する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【4月13日更新】
■ あらすじ(第1話 4/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
EXILEのメンバーかつ「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」のリーダー・NAOTO(NAOTO)はある夜、公園で3人の若者から暴行を受けるホームレスを目撃。マスクで正体を隠し、助けようと駆け寄るが、3人相手にピンチに陥る。その時、居合わせた高校生・栞(黒島結菜)が機転を利かせ暴漢を追い払う。栞はNAOTOを叔父・裕三(木下ほうか)のガレージへ連れていき、悪者退治の仲間になってほしいと訴える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月20日更新】
■ あらすじ(第2話 4/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
栞(黒島結菜)はNAOTO(NAOTO)のヒーロー姿‘ソウルマン’の動画を投稿サイトに勝手にアップする。正体を知られたくないNAOTOは慌てるが、栞は助けを求める人を放っておけないと言う。そんな2人の元に、薬物中毒で亡くなった男子生徒と同じ高校に通うレイナ(古畑星夏)から依頼が。校内で危険ドラッグを売った元同級生・古谷(戸塚純貴)のボスをつぶしてほしいという。だが数日後、古谷が遺体で発見される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月27日更新】
■ あらすじ(第3話 4/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
NAOTO(NAOTO)はテレビ局の帰り際、グラビアアイドル・里奈(中村静香)に会う。彼女は芸能事務所を移籍し、いきなり映画の主演が決まったと喜んでいた。かつて初舞台で共演したNAOTOと里奈は、稽古後に自主練習もした仲だ。渡された宣伝資料を見たNAOTOは、聞いたことのない事務所名に違和感を覚え、栞(黒島結菜)に調べてもらう。すると、社長・飯倉(堀部圭亮)は裏アダルトビデオ界のドンだと判明する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月4日更新】
■ あらすじ(第4話 5/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
NAOTO(NAOTO)がデビュー当時から通う日本料理店の息子・大介(浅利陽介)はホストクラブに勤め、後を継ぐ気はない。同僚・西村(袴田吉彦)に新店への共同出資を持ち掛けられた大介は、両親の店を担保に入れてしまう。その後、大介は管理会社の男性に契約物件の所有権は自分たちにあると言われる。慌てて契約相手・本宮(坂田聡)に電話するが、つながらず…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月11日更新】
■ あらすじ(第5話 5/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
覆面ヒーロー・ソウルマンことNAOTO(NAOTO)の動画サイトに、吉澤(伊藤正之)という男性から、娘・美咲(安藤輪子)を取り戻してほしいという投稿が寄せられる。自己啓発セミナーに参加した美咲は、最高指導者・中津川(近江谷太朗)に洗脳されてしまったという。NAOTOは美咲の奪還を図るが、屈強なボディーガードに阻まれて失敗。そこで栞(黒島結菜)は、叔父・裕三(木下ほうか)をセミナーに送り込む作戦を考える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月18日更新】
■ あらすじ(第6話 5/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
番組で共演した森脇(森脇健児)から打ち上げに誘われたNAOTO(NAOTO)は、促されるまま車に乗り込み、東京近郊の温泉旅館に到着。予想外の宿泊となり温泉に漬かっていると、なぜか裕三(木下ほうか)が現れ、渡された携帯電話からは栞(黒島結菜)の声が。栞は、NAOTOたちがいる旅館に銀行強盗が立てこもっているという。NAOTOはやむなく‘ソウルマン’に変身する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月25日更新】
■ あらすじ(第7話 5/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
NAOTO(NAOTO)は「ソウルマン」のマスクを外すところをジュリアン(田中奏生)という男児に目撃される。NAOTOはジュリアンを家まで送るが、着いたのは怪しげなインターネットカフェだった。戸籍がない彼は学校にも通っていない。母・ユミ(佐津川愛美)は男の暴力から逃げる身で、子どもの出生届を出せば居場所が知られるという。ところが、NAOTOと遊園地へ行った翌日、ジュリアンが誘拐されてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月1日更新】
■ あらすじ(第8話 6/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
NAOTO(NAOTO)は「ソウルマン」のマスクを外すところをジュリアン(田中奏生)という男児に目撃される。NAOTOはジュリアンを家まで送るが、着いたのは怪しげなインターネットカフェだった。戸籍がない彼は学校にも通っていない。母・ユミ(佐津川愛美)は男の暴力から逃げる身で、子どもの出生届を出せば居場所が知られるという。ところが、NAOTOと遊園地へ行った翌日、ジュリアンが誘拐されてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月8日更新】
■ あらすじ(第9話 6/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
NAOTO(NAOTO)は栞(黒島結菜)から、「ソウルマン」そっくりのマスクをした男が催涙スプレーとこん棒を使い‘正義の制裁’を下す動画を見せられる。過剰な暴力を楽しむかのような男に怒るNAOTOは、名誉挽回のため偽物退治に向かう。そのころ、インターネットメディア編集長・薫子(余貴美子)は新聞記者時代のつてで、警察関係者からソウルマンの資料を入手していた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月15日更新】
■ あらすじ(第10話 6/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「ソウルマン」の殺害を予告する動画が栞(黒島結菜)のパソコンに届く。投稿者は「トカゲ」と名乗る裏社会組織だった。栞は単独調査を開始する。栞が殺害予告動画の撮影場所を調べていると、ゴシップサイト編集長の薫子(余貴美子)が現れる。11年前、薫子が新聞記者を辞めるきっかけとなった事件には栞の父親が深く関わっていた。ソウルマンの正体がNAOTO(NAOTO)だとつかんでいる薫子の追及に、栞はしらを切り通す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月22日更新】
■ あらすじ(第11話 6/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「ソウルマンの正体はEXILEのNAOTO」だとする薫子(余貴美子)のゴシップサイトの記事を受け、NAOTO(NAOTO)は報道陣に囲まれる。周囲への迷惑の大きさを感じた彼は、栞(黒島結菜)にもう戦わないと告げる。バーに入ったNAOTOを、薫子が待ち受けていた。新聞記者だった11年前から栞の両親が殺された事件を追う薫子は、栞と裕三(木下ほうか)が犯人をおびき寄せて報復するために、ソウルマンを利用したのだと話す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月29日更新】
■ あらすじ(第12話 7/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
栞(黒島結菜)は父親を惨殺した裏社会組織・トカゲに独りで報復しようとしていた。栞を追うNAOTO(NAOTO)は、EXILEへの影響を恐れて辞める決意を固めるが、トカゲのアジトに乗り込む前に「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」のもう1人のリーダー・直己(小林直己)と会う。直己はNAOTOの異変に気付く。一方、アジトへの潜入を果たした栞は、トカゲのメンバー・足利(村上淳)と対峙(たいじ)する。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック