FC2ブログ
2021 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2021 03

2016年春、金曜ドラマ『金曜8時のドラマ「ドクター調査班~医療事故の闇を暴け~』

kage

2016/06/03 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月22日スタート 

テレビ東京系 金曜 午後8:00~午後8:54

 金曜8時のドラマ「ドクター調査班~医療事故の闇を暴け~

Arika注目1h病院の医療事故の真相を暴く!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:林誠人/演出:白川士/演出:遠藤光貴/演出:山田勇人/プロデューサー:山鹿達也/プロデューサー:阿部真士/プロデューサー:大垣一穂/プロデューサー:角田正子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
華岡慧(谷原章介)
医療事故調査委員会(MAIC)・第7班の班長。医療現場での不正を憎む気持ちは人一倍で、医師を辞めてMAICに転職してきた。潜入先で“違和感”を覚えると、証拠をつかむまで粘り強く調査を続ける。亡き婚約者の6歳の娘と、その祖母との3人暮らし。

岩崎佐和(中越典子)
内科医でMAICのメンバー。心療内科専門医の資格を併せ持ち、読唇術も扱う。豪快かつ明朗な性格で、有事の際にも肝が座っている。

早乙女篤朗(忍成修吾)
病理専門医でMAICのメンバー。東京大学医学部にストレートで入学したが、フランス語の単位が取れずに4年で中退。他大学の医学部に入りなおして医師免許を取得した。ウイルス研究を好み、コンピューターのウイルスまで解析する。悪気なく上から目線の発言をしてしまう。

田渕裕子(藤井美菜)
MAICのメンバーで、普段は弁護士をしている。かわいらしいルックスとは対照的に、冷めた性格と合理的思考の持ち主。暗記力に優れ、見たものを一瞬で写真のように脳裏に焼き付けられる。

鴨志田三次(田山涼成)
MAICに所属する整形外科医。緊迫した場面でもひょうひょうとしており、考えてそうしているのか単に不真面目なのか、メンバーにも分からない。3という数字にやたらと縁がある。

遠山晃代(高畑淳子)
MAICの統括管理官。厚生労働省のエリート官僚にして、MAIC全体を切り盛りする切れ者。常に冷徹な判断を下し、メンバーたちにも容赦ない調査報告を要求。笑顔を見せることがないため、陰で「鉄仮面」と呼ばれている。夫と死別しており、その死に関して華岡と不可解な因縁を持つ。


----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
谷原章介が医療事故の真実に迫るヒューマン医療ミステリーで主演! 
医療事故調査にスポットを当てた完全オリジナル脚本の1話完結型のヒューマン医療ミステリー。架空の組織「医療事故調査委員会(MAIC=通称・マイク)」のメンバーである医師や弁護士たちが、疑惑の病院や医療施設に潜入調査を行い、医療事故の背景に潜む闇を暴く。2015年10月に開始された医療事故の原因究明と再発防止を目的とした「医療事故調査制度」。同作は、その「医療事故調査」にスポットを当て、谷原章介演じる主人公の医療事故調査員・華岡慧の姿を通して、医療事故の背景に潜む医療関係者や患者たちの真実に迫る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月25日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
「医療事故調査委員会」は、医療事故が起きた現場への潜入調査を目的に設置された組織で、英語名「Medical Accident Investigation Committee」の頭文字を取ってMAIC(マイク)と呼ばれている。MAICは医師や弁護士らで構成されており、消化器外科医の華岡慧(谷原章介)もメンバーの1人だ。MAIC第7班の班長を務める華岡は、一癖も二癖もあるメンバーたちと共に“違和感”を覚えた現場を徹底的に調べ上げ、医療事故の背後に潜む闇や関係者の真実を解明していく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月20日更新】
■ あらすじ(第1話 4/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
医療事故の原因究明と再発防止を目的として設立された「医療事故調査委員会(MAIC)」第7班所属の班長・慧(谷原章介)ら調査員たちは、統括管理官・遠山(高畑淳子)の指令で、ある大学付属病院に潜入する。医師・水川(福士誠治)が腎臓がん患者の腹腔(ふくくう)鏡手術を担当したが、術後に腎不全を発症して3人が亡くなったという。一方、遠山は水川の上司である教授の小野寺(西村雅彦)と会い、意味深な言葉を残す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月27日更新】
■ あらすじ(第2話 4/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
慧(谷原章介)たち「医療事故調査委員会(MAIC)」第7班は「外科部長・川越(石丸幹ニ)の手術ミスで死亡患者を出した」と新聞報道された病院に潜入する。スタッフから「独裁者」と呼ばれる川越だが、患者からは「神様」と呼ばれ、彼にしか助けられないがん患者が集まってきていた。そんな中、川越しか手術ができない状態の7歳の肝臓がん患者・瑞穂(川北のん)の容体が急変。だが、川越は業務上過失致死の容疑で逮捕される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月4日更新】
■ あらすじ(第3話 5/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
匿名の投書が届き、慧(谷原章介)らはある病院の内科に潜入。そこには患者の容体が悪化するとなぜか近くにいて、‘死に神ナース’と噂される看護師・黒沢(山本未來)がいた。2カ月前、黒沢は入院患者・古谷(椎名泰三)の急変を発見して担当医・一之瀬(瀬川亮)と救命処置を行ったが、古谷は死亡。入院患者となり調査していた鴨志田(田山涼成)は、黒沢が入院患者・山崎(小宮孝泰)の腕から点滴を引き抜くのを目撃する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月11日更新】
■ あらすじ(第4話 5/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
慧(谷原章介)たちは医療事故で亡くなった患者の家族に依頼され、総合病院に潜入する。病院には、絶対にミスをしない手術の腕を持つといわれる‘スーパードクター’の本田(篠井英介)と大川(竹財輝之助)がいる。しかし、そんな2人が手術を担当した胆管がん患者が回復せず、再手術したが死亡に至っていた。慧と佐和(中越典子)は、医師として病院内で内情を探る。本田と大川は、かつて絶対的な信頼を寄せた師弟関係だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月18日更新】
■ あらすじ(第5話 5/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
医療事故調査委員会(MAIC)7班は、慧(谷原章介)が医師として勤めていた病院を調査する。肝臓がん患者・麻木(沼田爆)の容体が急変し、意識不明に陥ったという。だが、担当医・稲葉(長谷川朝晴)の評判は極めて良好。初めて入院患者として潜入した慧は、よつ葉(平澤宏々路)を引き取ってから夜に家を空けたことがなかったため、家が気になって仕方がない。一方、慧の元へかつての同僚医師・碓井(水上剣星)がやって来る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月25日更新】
■ あらすじ(第6話 5/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
6年前、慧(谷原章介)が勤めていた病院で、管理官・遠山(高畑淳子)の夫・輝一(橋本さとし)が膵臓(すいぞう)がんの手術後に死亡。慧は執刀医だった。遠山はその時の真相を問うが、慧は医療事故調査委員会(MAIC)を辞め、病院長・浅間(津川雅彦)の誘いで元の病院に復職する。MAICの面々は医療ミスを探るため病院に潜入。そんな中、膵臓がんの権威である浅間が、政府要人・鹿賀丸(津嘉山正種)の手術をすることになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月1日更新】
■ あらすじ(第7話 6/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
慧(谷原章介)ら医療事故調査委員会(MAIC)7班のメンバーは、2年前、浅間(津川雅彦)が院長を務める病院で手術を受け、亡くなった七海(柴本幸)の案件を調査する。七海は慧の婚約者で、よつ葉(平澤宏々路)の母親だった。しかし、その手術を執刀した浅間は、元厚生労働大臣の鹿賀丸(津嘉山正種)と会見を開き、MAICと慧を逆告発。解体の危機にひんするMAICだが、管理官・遠山(高畑淳子)はその勝負を受けて立つ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック