FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2016年春、日曜ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』

kage

2016/06/19 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★4月17日スタートTBS系 

日曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:19)

 99.9-刑事専門弁護士-

Arika注目1h松本潤が型破りな若手弁護士役に挑戦!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:宇田学/演出:木村ひさし/演出:金子文紀/演出:岡本伸吾/プロデューサー:瀬戸口克陽/プロデューサー:佐野亜裕美

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
深山大翔(松本潤)
弁護士。お金にならない刑事事件ばかりを扱い、有罪判決が確実視される案件でも、わずかな可能性にかけ、事実をとことん追究する。斑目法律事務所の刑事事件専門ルームにヘッドハンティングされる。

佐田篤弘(香川照之)
斑目法律事務所の弁護士。東大法学部出身。手段を選ばず勝訴にこだわる民事事件のプロ。以前検事だったこともあり、期せずして新たに設置された刑事事件専門ルームの室長に就任する。

立花彩乃(榮倉奈々)
斑目法律事務所の弁護士。東大法学部出身。志賀の下で民事事件の経験を積んだが、刑事事件専門ルームに異動。エリートの階段をつまづくことなくのぼってきた優等生。深山のことが気に入らない。

丸川貴久(青木崇高)
東京地方検察庁の検事。大友を師と仰ぐ。法廷では深山と敵対するが、検察が正義を裏切る実情に次第に疑念を抱く。

志賀誠(藤本隆宏)
斑目法律事務所の企業法務担当弁護士。プライドが高いが人望が薄い。刑事事件専門ルームの室長となった佐田をライバル視している。

大友修一(奥田瑛二)
東京地方検察庁の検事正。有罪率100%を誇る次期検事総長候補。検事時代の佐田の上司だった。

斑目春彦(岸部一徳)
斑目法律事務所を日本4大法律事務所の一つに数えられるまでに成長させたやり手弁護士で所長。刑事事件の弁護で名を馳せた深山をヘッドハンティングする。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松本潤が型破りな弁護士役に挑戦! 刑事専門弁護士を描くエンターテインメント作! 
タイトルにある“99.9”とは、日本の刑事事件で起訴された際に有罪判決が下る確率のこと。これは世界一の有罪率で、日本の司法制度の高い信頼性の証明でもあり、起訴された時点でほぼ有罪が確定することを示している。そんな中、日本の司法に風穴を開けるべく、残りの0.1%にかけて事実を追及していく刑事専門弁護士・深山大翔を、日曜劇場初主演となる松本潤が演じる。初の弁護士役に挑戦する松本は「僕も弁護士役を演じられる年齢になったのだなと実感しました。今回の作品は新たなチャレンジになると思っています」と意欲を見せている。


----------------------------------------------------------------------------------------
【3月16日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
お金にならない刑事事件ばかりを引き受ける貧乏弁護士の深山大翔(松本潤)は、国内屈指の大手・斑目法律事務所からヘッドハンティングされ、社会貢献のために立ち上げた刑事事件専門ルームのメンバーとなる。しかし、民事のプロとしてならし、渋々室長に就任した佐田篤弘(香川照之)は、刑事事件に全く興味がない様子。さらに、斑目の命により、これまでの業務と全く違う刑事事件専門ルームに入ることになった立花彩乃(榮倉奈々)が深山の同僚に。そんなメンバーのもとへ殺人事件の弁護依頼が舞い込み、深山は事件を丁寧に検証し、ある可能性に気が付く。ただし、その可能性を探るためには、佐田の力がどうしても必要だった。


----------------------------------------------------------------------------------------
【4月13日更新】
■ あらすじ(第1話 4/17放送 ※午後9:00~午後10:19)
----------------------------------------------------------------------------------------
深山(松本潤)は金にならない刑事事件ばかりを引き受ける弁護士。ある日、深山は斑目(岸部一徳)率いる大手法律事務所にヘッドハンティングされ、パラリーガル・明石(片桐仁)と共に所内に新設された刑事事件専門チームに移籍する。そこには、刑事事件に興味がなく民事のやり手だったが室長となった佐田(香川照之)や、渋々異動してきた彩乃(榮倉奈々)ら2人の弁護士がいた。そんな彼らに、殺人事件の弁護依頼が舞い込む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月20日更新】
■ あらすじ(第2話 4/24放送 ※午後9:00~午後10:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
深山(松本潤)たちは殺人で起訴された山下(風間俊介)と面会。山下はダイニングバーで騒いでいた木内(岡山天音)という男を注意して恨みを買い、もみ合いの末に相手のナイフを奪って刺殺してしまったという。佐田(香川照之)は山下の主張する「正当防衛」の立証に挑むが、深山は彼の証言に不審な点を感じ、彩乃(榮倉奈々)らと独自に捜査を進める。そんな中、事務所には、佐田が担当していた大口のクライアントが現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月27日更新】
■ あらすじ(第3話 5/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
会社員・果歩(山下リオ)が会社の金庫から現金1千万円を盗んだ容疑で起訴された。本人は無罪を主張しており、末期がんを患う果歩の母・冴子(麻生祐未)が、深山(松本潤)らに弁護を依頼する。この事件は、担当を希望した彩乃(榮倉奈々)が主任を務めることに。佐田(香川照之)は深山にサポート役を命じる。だが、過去の経緯から冴子に不信感を抱く果歩が「あんな女に助けてもらいたくない」と言い、彩乃らの弁護を拒否する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月4日更新】
■ あらすじ(第4話 5/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
会社員・菊池(板尾創路)が、元同僚・井原(ハマカワフミエ)への強制わいせつの容疑で逮捕された。意欲満々の佐田(香川照之)は、深山(松本潤)たちに無罪の証拠を急いで見つけろと指示を出す。実は、菊池は自然エネルギーの分野における世界的な研究者で、佐田は大きなビジネスになると踏んでいたのだ。そんな中、菊池の会社の社長・鵜堂(升毅)が斑目(岸部一徳)と佐田の前に現れ、今回の事件を示談で収めるよう依頼する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月11日更新】
■ あらすじ(第5話 5/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
検察官・丸川(青木崇高)は検事正・大友(奥田瑛二)から、1998年の資産家令嬢殺人事件の資料に目を通しておくよう命じられる。現在、弁護団から再審請求が出されており、大友はそれを阻止したがっていた。一方、深山(松本潤)と彩乃(榮倉奈々)は、三枝(平田満)という男性を暴行した容疑で逮捕された谷繁(千葉雄大)と接見。ところがその席で、谷繁が「あいつが殺したんだ」とつぶやいて倒れ、そのまま意識不明の重体に陥る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月18日更新】
■ あらすじ(第6話 5/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
18年前、検察官だった佐田(香川照之)は資産家令嬢殺人事件の目撃証言をした三枝(平田満)の調書を作成。それが、谷繁(千葉雄大)の父を殺害した可能性が高い三枝が無罪だという根拠とされた。責任を感じる佐田は元上司・十条(中丸新将)に当時の捜査状況を尋ねるが、かわされる。一方、深山(松本潤)は三枝の証言がうそだったという決定的な証拠を発見。ところが、大友(奥田瑛二)が丸川(青木崇高)にある指示を出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月25日更新】
■ あらすじ(第7話 5/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
深山(松本潤)らは、大手携帯ゲーム会社社長・河村(大和田伸也)を殺害した容疑で逮捕された、同社専務取締役・西岡(嶋田久作)の弁護を引き受ける。西岡は身に覚えがないと無罪を主張しているが、現場に残された凶器の花瓶の破片から彼の指紋が検出されていた。弁護の依頼人は、河村の息子で副社長の英樹(高嶋政伸)。英樹は裁判が長引くと会社のイメージダウンにつながるため、西村に罪を認めてほしいと訴える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月1日更新】
■ あらすじ(第8話 6/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
深山(松本潤)に殺人容疑が掛かる。依頼人だった鈴木(林泰文)は深山と会食中、深山が持参した調味料を口にした直後に倒れ、死亡。深山のパソコンには、鈴木の皿や体内から検出されたものと同じ毒物の購入履歴があった。弁護をする佐田(香川照之)と彩乃(榮倉奈々)は接見のため深山の元へ。ところが、後日来てほしいと言って2人を追い返した深山は、担当検事・三浦(野間口徹)らを巻き込み、事件時の防犯カメラの映像を検証する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月8日更新】
■ あらすじ(第9話 6/12放送 ※午後9:00~午後10:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
鉄道会社会長・善之助が自宅で絞殺された。斑目(岸部一徳)の指示で現場入りした深山(松本潤)や佐田(香川照之)らに対し、三男・隆三(庄野崎謙)の妻・皐月(国仲涼子)が犯行を告白。皐月は脳梗塞を患った善之助を6年間、1人で介護してきたが、横暴さに耐えきれず、犯行に及んだという。皐月の証言に疑問を感じた深山は、長男・功一(平岳大)ら家族一人一人個別に話を聞き、全員の証言に奇妙な一致を見いだす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月15日更新】
■ あらすじ(第10話 6/19放送 ※午後9:00~午後10:14)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
深山(松本潤)らは東京都内で起きた連続殺人事件の容疑者男性・石川の弁護を引き受ける。石川は丸川(青木崇高)の厳しい取り調べに負けて犯行を認めてしまったと言い、無罪を主張する。佐田(香川照之)は石川のアリバイを立証する作戦に出る。一方、深山は殺害状況に違和感を覚え、独自に調査を開始。静岡で起きた殺人事件に注目する。そんな中、石川のアリバイが判明。動揺する丸川に、大友(奥田瑛二)はある命令を下す。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック