FC2ブログ
2020 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 12

2016年春、日曜ドラマ『ゆとりですがなにか』

kage

2016/06/19 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★4月17日スタート 

日本テレビ系 日曜 午後10:30~午後11:25

 ゆとりですがなにか

Arika注目1h「ゆとり第一世代」と括られる
アラサー男子3人が、理不尽な世の中に立ち向かう姿を描く!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:宮藤官九郎/演出:水田伸生/演出:相沢淳/演出:鈴木勇馬/プロデューサー:伊藤響/プロデューサー:枝見洋子/プロデューサー:茂山佳則

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
坂間正和(岡田将生)
1987年東京生まれ29歳。入社7年目のごく一般的なサラリーマン。食品メーカー「みんみんホールディングス」の企画開発部、営業、工場担当などを転々とし、この春、系列の居酒屋チェーンへの出向を命じられた。春先に父が他界したが、実家の造り酒屋は兄が継ぐ予定。

山路一豊(松坂桃李)
1987年福島生まれ29歳。杉並区阿佐ヶ谷南小学校の教師で4年2組の担任。生徒たちからは「ヤマジー」と呼ばれている。「ゆとり先生」となめられクラスの学力が低下し、保護者たちからクレームを受けている。

道上まりぶ(柳楽優弥)
1987年東京生まれ29歳。エリート一家で育ち、成績優秀、スポーツ万能で「東大以外は大学じゃない」と豪語していたが、大学受験に失敗。現在は年上の嫁と生まれたばかりの娘と共に六畳一間で暮らし、生活に追われながらもいまだに東大合格を目指している。夜は繁華街で客引きをする。

宮下茜(安藤サクラ)
正和の同僚で同期(29歳)。順調に出世し、4月からエリアマネージャーとして杉並・世田谷地区を任されている。

山岸ひろむ(太賀)
正和の会社の後輩(23歳)。超マイペースで超合理主義な入社2年目の“どっぷりゆとり世代”。

麻生厳(吉田鋼太郎)
バブル期に大成功した実業家(55歳)で、妻は元女優だったが数年前に離婚。会社経営からも手を引き、20歳年下の女性と再婚した。現在は派遣サービス「レンタルおじさん」に登録し、悩める若者の相談に乗っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥が共演! 宮藤官九郎脚本で“ゆとり世代”の奮闘を描く! 
岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥が豪華共演を果たし、コメディーの名手・宮藤官九郎が脚本を手掛ける社会派ドラマ。2002年に行われた教育改正の影響でゆとり教育を受けたことにより、「野心も競争意識も協調性もない」と社会でひとくくりにされた“ゆとり世代”が、仕事、家族、恋に迷いながら奮闘する姿を描く。ストーリーは、「ゆとり第1世代」と揶揄(やゆ)される、1987年生まれのアラサー男子を軸に展開。30歳を目前に人生の岐路を迎えた彼らが、あがきながらも懸命に生きていく姿を浮き彫りにする。演出は「Dr.倫太郎」「Woman」(ともに同系)などを手掛けた水田伸生が担当する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【3月16日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
食品メーカーで働くごく一般的なサラリーマンで、この春から系列の居酒屋チェーンへの出向を命じられた坂間正和(岡田将生)、保護者たちからのクレーム対応で疲れ果てている小学校教師・山路一豊(松坂桃李)、妻子持ちで生活に追われながらも東大合格を目指して11浪中の道上まりぶ(柳楽優弥)。彼らは「ゆとり第1世代」と社会でくくられる29歳のアラサー男子。「みんな違って、みんなすてき」と教えられて育ったが、気付けば優勝劣敗の競争社会に投げ出されていた彼らは、“ゆとりなんてない”毎日を必死で生きながら、世の中の理不尽に立ち向かっていく。


----------------------------------------------------------------------------------------
【4月13日更新】
■ あらすじ(第1話 4/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
‘ゆとり第一世代’といわれる1987年生まれの正和(岡田将生)は、本社から系列の居酒屋に出向する前日、‘レンタルおじさん’の麻生(吉田鋼太郎)に後輩に関する愚痴をぶちまける。そして、居合わせた麻生の常連で小学校教師の山路(松坂桃李)とも言葉を交わす。翌日、正和が働く店に、山路が教育実習生・悦子(吉岡里帆)らとやって来た。閉店の後、正和は山路と飲みに行くが、風俗店の客引き・まりぶ(柳楽優弥)が声を掛けてくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月20日更新】
■ あらすじ(第2話 4/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
正和(岡田将生)が初めて説教した本社時代の部下・山岸(太賀)が会社を辞めると宣言し、連絡が取れなくなる。折しも、駅で人身事故が発生し、正和は嫌な予感に襲われる。一方、山路(松坂桃李)は、自分たちから大金を巻き上げた客引き・まりぶ(柳楽優弥)が、‘レンタルおじさん’の麻生(吉田鋼太郎)といるのを目撃。正和と共に麻生を呼び出し、まりぶの素性を聞き出す。そんな中、正和は山岸の件で、謹慎処分を言い渡されてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月27日更新】
■ あらすじ(第3話 5/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
正和(岡田将生)は山岸(太賀)から、パワハラで訴えられる。先方の弁護士は、訴訟は費用が掛かるからと和解を勧めるが、正和は納得がいかない。一方、山路(松坂桃李)はクラスの児童のいじめの件で、教育実習生・悦子(吉岡里帆)に意見し、関係がぎくしゃくしてしまう。そんな山路に出くわした茜(安藤サクラ)が、悦子のような女性の扱い方をアドバイス。また、正和は悩んだ末に始末書を書き、上司の早川(手塚とおる)に預ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月4日更新】
■ あらすじ(第4話 5/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
職員室に突如、静磨(北村匠海)が怒鳴り込んで来て、山路(松坂桃李)を出せとすごむ。静磨が悦子(吉岡里帆)の交際相手で、大学の後輩と分かり、山路は言葉を失う。一方、正和(岡田将生)と茜(安藤サクラ)が結婚するという噂が広まる。言いふらしているのは山岸(太賀)だ。公私を分けたい茜から仲のいい友達で押し通そうと言われた正和の心境は複雑だ。そんな中、ゆとり(島崎遥香)がまりぶ(柳楽優弥)に会いに行き、ある申し出をする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月11日更新】
■ あらすじ(第5話 5/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
正和(岡田将生)は、ゆとり(島崎遥香)がまりぶ(柳楽優弥)のガールズバーでアルバイトしているのを突き止める。しかし、2人に直接問いただすことができず、麻生(吉田鋼太郎)に相談する。山路(松坂桃李)は茜(安藤サクラ)と何でも話せる友人に。そんな彼に、悦子(吉岡里帆)から着信がある。一方、旅行代理店の2次試験に受かったゆとりから頼み事をされたまりぶは、ある条件を出す。そんな中、正和は茜に栄転の話があることを知って…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月18日更新】
■ あらすじ(第6話 5/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
深夜、まりぶ(柳楽優弥)を部屋に訪ねた正和(岡田将生)は、ゆとり(島崎遥香)と別れるよう迫る。一方、正和は山岸(太賀)から、野上(でんでん)の店の仕入れの件で思わぬ報告を受け、さらに茜(安藤サクラ)からは一緒に旅行した‘友達’の名前を聞いてあぜんとする。山路(松坂桃李)は学習障害がある大悟(田中奏生)の扱いをめぐりストレスを感じていた。しかし、その母・奈々江(石橋けい)の応対、さらに奈々江の職業を知って好感を抱く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月25日更新】
■ あらすじ(第7話 5/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
野上(でんでん)の店の仕出し弁当で食中毒が発生。正和(岡田将生)は連絡が取れない山岸(太賀)に代わり、早川(手塚とおる)と共に店へと急ぐ。原因は店側にあったが、早川はあえて矢面に立つ方針を打ち出し、正和はその発想に驚く。そんな中、茜(安藤サクラ)が上京した父・重蔵(辻萬長)を店に連れてきた。茜は別れたことを告げておらず、正和も話を合わせるしかない。一方、「父の日参観」を控えた山路(松坂桃李)にも悩みが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月1日更新】
■ あらすじ(第8話 6/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
正和(岡田将生)が家族に将来設計を話すと、宗貴(高橋洋)とみどり(青木さやか)夫婦も意外な計画を明かし、和代(中田喜子)は息子たちの勝手な言い分に立腹する。その一方で、正和は茜(安藤サクラ)の後を受け、エリアマネジャーとして仕事に励んでいた。そして、まりぶ(柳楽優弥)は心機一転、植木職人の見習として働いている。そんな中、麻生(吉田鋼太郎)が山路(松坂桃李)に、まりぶとゆとり(島崎遥香)の関係をうっかり話してしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月8日更新】
■ あらすじ(第9話 6/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
書類上、まだ風俗店の経営者だったまりぶ(柳楽優弥)が、恐喝未遂と脅迫の罪で逮捕されてしまう。そのころ、まりぶと暮らすユカ(瑛蓮)は入国管理局の職員を振り切り、赤ん坊を抱いて逃げ出していた。心配する正和(岡田将生)と山路(松坂桃李)は、麻生(吉田鋼太郎)がまりぶの異母兄・政伸(平山浩行)に弁護を依頼したと知る。ところが、まりぶは接見した政伸を拒絶し、乱闘になる。一方、茜(安藤サクラ)が正和の実家に引っ越してくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月15日更新】
■ あらすじ(第10話 6/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
結婚式の1週間前。正和(岡田将生)は茜(安藤サクラ)から衝撃的な告白をされぼうぜん。悩んだ揚げ句、早川(手塚とおる)を訪ねたものの、割り切れぬ思いが残る。そのころ、茜はことの経緯を山路(松坂桃李)に明かしていた。一方、ユカ(瑛蓮)と子どもが戻らず、一人暮らしのまりぶ(柳楽優弥)は、本格的に受験勉強に取り組むことに。そして、山路は「性教育」の授業に臨む。迎えた挙式当日、正和は誰もが予想しなかった行動に出る。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック