FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

2016年春、水曜ドラマ『警視庁捜査一課9係』

kage

2016/06/15 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★4月6日スタート 

テレビ朝日系 水曜 午後9:00~午後9:54

 警視庁捜査一課9係

Arika注目1h群像刑事ドラマが11年目に突入!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:深沢正樹/脚本:岡崎由紀子/脚本:真部千晶/脚本:瀧川晃代/脚本:大川俊道/監督:杉村六郎/監督:新村良二/プロデューサー:松本基弘/プロデューサー:峰島あゆみ/プロデューサー:金丸哲也

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
加納倫太郎(渡瀬恒彦)
警視庁捜査一課9係係長。警部。捜査の指揮を執る立場にありながら神出鬼没で、同僚たちからは「捜査をしない指揮官」と言われている。性格的にもつかみどころがなく、不可解な言動も多いが、それら全てに“理由”があることを周囲は後から気付かされる。

浅輪直樹(井ノ原快彦)
警視庁捜査一課9係刑事。倫太郎とコンビを組む巡査部長。頭脳明晰で運動能力も高く、人一倍、正義感も強い。倫太郎の娘・倫子と交際中。前シリーズではパリに旅立った倫子にプロポーズするため指輪を手に後を追った。

小宮山志保(羽田美智子)
警視庁捜査一課9係刑事。階級は警部補で9係では主任を務める。男勝りの性格で、9係の紅一点という扱われ方をするのを最も嫌っている。幾多の恋を繰り広げてきたが、結局どれも実らず、仕事に生きる覚悟を決めたふしがある。

村瀬健吾(津田寛治)
警視庁捜査一課9係刑事。警部補。ノンキャリアだが自信過剰で、自分の能力はキャリア組を上回っていると信じている。出世のことばかり考えているようだが、実際、何でもそつなくこなし、熱い刑事魂も秘めている。

青柳靖(吹越満)
警視庁捜査一課9係刑事。警部補。富裕層を毛嫌いしている皮肉屋。暴力団員に覚せい剤漬けにされた過去を持つ恋人がいる。その恋人との関係を警察組織がよく思っていないため、刑事という職業に葛藤することがある。

矢沢英明(田口浩正)
警視庁捜査一課9係刑事。巡査部長。青柳の捜査上の相棒。持ち前の広い心で変わり者の青柳を受け止め、巧みにコントロールする。売れっ子の漫画家を妻に持つ。

早瀬川真澄(原沙知絵)
監察医。臨床例を求めて大学の法医学研究室から東京都監察医務院に転職してきた。その転職には近親者の死が関わっているらしいが、真相を知る者はいない。女同志、そして友達がいない者同士、志保とは仲が良い。

石川倫子(中越典子)
倫太郎の一人娘。パティシエ。直樹と交際こそしているが、仕事に没頭して家庭を顧みず、亡き母を苦しめた倫太郎を憎んでいることから、警察官を嫌っている。直樹とは互いの仕事を尊重するあまり、なかなか結婚に行き着かない。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
9係の第11弾に野際陽子が新加入。渡瀬恒彦演じる倫太郎の天敵に!?
“昼あんどん”と呼ばれる係長・加納倫太郎(渡瀬恒彦)や、曲がったことが大嫌いな浅輪直樹(井ノ原快彦)ら警視庁捜査一課9係の個性的な刑事たちが活躍する姿を描く刑事ドラマの第11弾。今回は、よりスケールアップした難事件に9係の面々が挑んでいくほか、セミレギュラーとして野際陽子が新加入し、倫太郎の亡き妻のいとこを演じる。これまでどんな相手と対峙しても動じなかった倫太郎だが、亡き妻のいとこは、倫太郎にとって頭の上がらない存在。そんな2人の関係は、直樹と倫太郎の娘・倫子(中越典子)の恋の行方にも影響を及ぼしていく。


----------------------------------------------------------------------------------------
【3月30日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
指揮官の役割を担う係長でありながら神出鬼没な加納倫太郎(渡瀬恒彦)や、彼の実の娘・倫子(中越典子)と交際する熱血漢・浅輪直樹(加納倫太郎)ら9係のメンバーは、警察官である前に一人の人間として問題や悩みを抱えた面々ばかり。個性が強過ぎる彼らは事件の捜査でも対立するが、共通しているのは全員が熱い正義感の持ち主だということ。一見、バラバラに行動しているように見えるが、犯人逮捕のためにそれぞれが全力を注いでおり、反目し合いながらもさまざまな難事件に立ち向かい、解決に導いていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月1日更新】
■ あらすじ(第1話 4/6放送 ※午後9:00~午後10:54)
----------------------------------------------------------------------------------------
早朝、団地の敷地内で熊の着ぐるみ姿の男が刺殺され、倫太郎(渡瀬恒彦)率いる警視庁捜査一課9係が臨場する。被害者は、1年ほど前に彗星(すいせい)のごとく現れた青年実業家の浜中(坪倉由幸)と判明。団地の自治会長は倫太郎の亡妻のいとこ・静香(野際陽子)だった。やがて、浜中が数年前に世間を騒がせ、こつぜんと姿を消した投資詐欺グループの主犯だった可能性が高まる。1年半前、倫太郎は海外在住だった静香から、その投資詐欺の被害に遭った知人のことで相談を持ち掛けられていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月13日更新】
■ あらすじ(第2話 4/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
妻の律子(白石美帆)と整体サロンを営む荒木田(川岡大次郎)が殺された。捜査に着手した倫太郎(渡瀬恒彦)は現場の施術室に置かれた熱帯魚の水槽が気になる。人気整体師の荒木田だが、事件前に施術を受けた客の理沙(川村ゆきえ)からはセクハラの被害届が出されていた。カルテと現場の状況を照合した青柳(吹越満)は、客の美波(渋谷飛鳥)に注目。やがて、美波と荒木田の意外な関係が明らかになる。(内容変更の場合あり)

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月20日更新】
■ あらすじ(第3話 4/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
9係は、テレビショッピング専門番組にレギュラー出演中のアクセサリー会社の広報部長・由香利(中原果南)が殺された事件を捜査。スタジオ近くの岸壁で発見された遺体の顔には、赤と青のアクリル絵の具がかけられていた。倫太郎(渡瀬恒彦)は、由香利の会社の商品に使われていた石で、光によって色が変わるという「アレキサンドライト」に興味を抱く。捜査を進めると、関係者から由香利の黒い噂が続々と出てくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月27日更新】
■ あらすじ(第4話 4/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ベンチャー企業社長の高見沢(金子昇)が、妻の美咲(篠田麻里子)とレストランで食事の後、駐車場で射殺された。青柳(吹越満)らは、最近、高見沢の周辺を付きまとっていた土橋(須田邦裕)を取り調べる。土橋の話から、高見沢が10年前に振り込め詐欺の首謀者だったことが判明。一方、倫太郎(渡瀬恒彦)らが現場近くで停車していたタクシーの車載カメラを調べると、犯人の姿は写っていなかったが、銃声が記録されていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月4日更新】
■ あらすじ(第5話 5/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ヨガスタジオを主宰するマヤ(白羽ゆり)が服毒死。遺体はヨガのポーズをしていた。自殺かと思われたが、鑑識の猪狩(伊東四朗)の調べにより他殺の可能性が濃厚に。やがて、遺体のポーズは半年前に辞めたインストラクターの蘭子(佐藤康恵)が考案したことが分かる。2人は、このポーズをめぐりトラブルになっていたという。一方、倫太郎(渡瀬恒彦)は、スタジオに飾られた受賞メダルが一つなくなっていると気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月11日更新】
■ あらすじ(第6話 5/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
フラワーアーティストの沙耶(青山倫子)が変死体で見つかる。遺体は彼女の作品のように植物や花に囲まれていた。沙耶の自宅を調べた倫太郎(渡瀬恒彦)は、静香(野際陽子)と沙耶が一緒に写っている写真を見つける。静香に話を聞くと、7年前、沙耶がニューヨークまで会いに来たのだという。一方、志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)は、アシスタントの美紀(中丸シオン)の話から、沙耶に恨みを持つ人物がいたことを知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月18日更新】
■ あらすじ(第7話 5/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
新人カメラマンの松浦(神谷リク)が個展会場で毒殺された。しかし、松浦が直前までいた控室からも、会場にいた写真仲間の藤尾(松澤一之)や公子(棟里佳)、仲間で元恋人でもある百々(原田佳奈)らの持ち物からも毒物は見つからない。倫太郎(渡瀬恒彦)は、松浦の二眼レフカメラの裏ぶたが開いたままで、フィルムがないことに疑問を抱く。やがて、事件後に会場から姿を消した写真仲間の寺崎(土屋佑壱)が捜査線上に浮かぶ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月25日更新】
■ あらすじ(第8話 5/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
妙子(遠藤久美子)が出演したショッピングセンターのイベント会場で発砲事件が発生。青柳(吹越満)らは直前に見掛けた不審な女(上原多香子)の行方を捜していた。同時刻、倫太郎(渡瀬恒彦)ら9係の面々もそれぞれ別件で同じ場所に。志保(羽田美智子)らは拳銃を所持していると思われる国際マフィアの男(葛山信吾)を尾行してきた。一方、倫太郎と直樹(井ノ原快彦)は、かばんに拳銃らしきものを入れた少年(小林颯)を追っていて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月1日更新】
■ あらすじ(第9話 6/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
人気漫画家の秋絵(山下裕子)が自作のアニメ映画のヒットを祝うパーティー会場で転落死。倫太郎(渡瀬恒彦)はアニメの登場人物のコスプレをした秋絵の手袋が片方ないことに不審を抱く。遺体にはスタンガンの傷痕があり、他殺と断定される。捜査が進む中、秋絵の年下の夫・類(古原靖久)と声優・玲奈(森高愛)の不倫が判明。秋絵は、雑誌記者・武田(まいど豊)が偶然撮影した類と玲奈の不倫の証拠写真をもみ消していた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月8日更新】
■ あらすじ(第10話 6/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
2015年3月、一人暮らしの登志子(多岐川裕美)が殺され、程なく、刑務所を出所したばかりの渡部(小野武彦)が逮捕された。倫太郎(渡瀬恒彦)は、その時に渡部が見せた何かを成し遂げたような晴れやかな微笑が忘れられない。渡部は犯行を否定したが、捜査が進めば進むほど犯人は渡部としか考えられなかった。9係の面々は倫太郎の捜査方針に疑念を抱く。それでも引っ掛かる倫太郎は、渡部と登志子の接点を調べるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月15日更新】
■ あらすじ(第11話 6/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
倫太郎(渡瀬恒彦)は警視総監の神田川(里見浩太朗)から入手したばかりの古本を渡される。本の内容と裏表紙に添えられた献辞から、富豪夫人・千寿子(田岡美也子)殺害容疑でおい・寺田(福崎峻介)が逮捕された一件が冤罪だと告発しているようだ。だが、事件は倫太郎ら9係の担当外だ。そんな中、ゴシップ誌ライター・田野倉(奈良坂篤)の転落死の捜査を始めた倫太郎は、この件が千寿子の事件と関係があることに気付く。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック