FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

土曜・春アニメ「ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン(スペシャル・エディシヨン版)」

kage

2016/06/25 (Sat)

ジャンル:アクション
 ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン(スペシャル・エディシヨン版)

【Amazon.co.jp限定】ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン 1 起 (初回生産限.../キングレコード

¥9,504
Amazon.co.jp

最速放送日:2016年4月2日(土)25:00~(TOKYO MX)

■キャスト
森川智之、速水奨、斎藤千和、雨宮天、種田梨沙、津嘉山正種、玄田哲章、ゴブリン

■スタッフ・制作会社
原作:「ニンジャスレイヤー」(発行元:株式会社KADOKAWA エンターブレイン)、著者:ブラッドレー・ボンド/フィリップ・N・モーゼズ、翻訳:本兌有/杉ライカ、キャラクター原案:わらいなく、シリーズディレクター・シリーズ構成:雨宮哲、脚本:佐藤裕、キャラクターデザイン:今石洋之/芳垣祐介/saitom/稲戸せれれ/信じろ、美術監督:勝田聡/李暎宰、色彩設計:長尾朱美、撮影監督:柏木健太郎、ラジオプレイ・アニマティクスエディター:土田栄司、音楽:大沢伸一/藤澤健至、音楽制作:スターチャイルドレコード、音響監督:郷文裕貴、音響制作:grooove、アニメーション制作:TRIGGER

■ 主題歌
【第1話ED】the pillows「Locomotion, more! more!」

■作品解説
ニンジャ抗争で妻子を殺されたサラリマン、フジキド・ケンジ。彼自身も死の淵にあったそのとき、謎のニンジャソウルが憑依。一命をとりとめたフジキドは「ニンジャスレイヤー」――ニンジャを殺す者となり、復讐の戦いに身を投じる。近未来都市ネオサイタマを舞台に、ニンジャスレイヤーvsニンジャの死闘が始まった。マッポーの世に救いは無いのか? 走れ、ニンジャスレイヤー、走れ!








----------------------------------------------------------------------------------------
★放送日:2016年4月2日~2016年6月25日


Arika報告書v
ひとこと感想。
ネオサイタマ。

そこはニンジャはびこるマッポーの地


----------------------------------------------------------------------------------------
評価:★★★☆ 3・2  
物語:3.2 作画:2.8 声優:3.5 音楽:3.3 キャラ:3.3

----------------------------------------------------------------------------------------

何とも形容しがたいが、外人さんが忍者と日本からイメージした独特の世界観をぶつけたような作品。

日本人ではこの世界観は想像できない(笑)。

いやおかしいだろにしかならない。

作品の特徴としてアクションシーンは影絵のような人形を動かす表現にしている。

斬新ととるか手抜きととるか・・・(まぁ普通に首が飛んでいくシーンなんかはこの形ならあまり気にならないかな)。

話は単純に主人公の復讐劇を中心に進んでいく。

個人的には声優さんも割と渋いチョイスで好きだし、キャラの目の表情なんかは中々良い。

名シーンを上げると、ヤモト=サンとシルバーカラス=サン回がたまらなかった。

最終回のラオモト=サンとの最終決戦も好きだが、何と言っても1話の視聴者をあっといわせる表現技法、ワザマエ!

無駄な尺稼ぎも作品の魅力なので、出来云々より忍者の世界を楽しむべし。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック