FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(春を読む文庫・春を感じる文庫8/10)ぐるぐる七福神/中島たい子(著)

kage

2016/04/17 (Sun)

春を読む文庫2

は植物たちもなんだかうれしそうで……、外に出て自然を眺めるだけで、心が軽くなってくる。

季節は、あっという間に追い越していくから、春を読む文庫で、春を体感しよう。

「春」にお薦めしたい文庫を毎日一冊ずつご紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


を感じる文庫8/10

 ぐるぐる七福神/中島たい子(著)

ぐるぐる七福神 (幻冬舎文庫)/幻冬舎

¥583
Amazon.co.jp


Arikaアイコン(小)1週末に、ひとり七福神めぐりをはじめた女子の縁起物小説。
恋人なし、お金なし、趣味もなし――。派遣社員で人嫌いな主人公・船山のぞみ32歳。少し前に、七福神めぐりをはじめた。きっかけは、死者が出そうになったから。 谷中、武蔵野、日本橋、港、亀戸、浅草。下町情緒あふれる町並みから、寺社の存在を忘れるような近代的な街まで、さまざまな街を足で歩いていくなかで、普段の忙しい生活では気づき得なかった東京の新しい魅力が見えてきて、のぞみの傷つき閉ざされた心も少しずつ変化があらわれる。やがて七福神めぐりのおかげか、生活や人づきあいに変化が出てくるが・・・・。「生きるために、生きてんだな、人間は」、そんな言葉がじわじわくる、こじらせ女子の開運ストーリー。東京の古くて新しい魅力を再発見しつつ、ひとりの女性の再生の軌跡を、爽やかかつユーモアのある筆致で綴る“新感覚プチロード小説。七福神巡りってお正月にするものなんだって初めて知った。御朱印もいつでももらえる訳ではないらしい。七福神めぐり、ちょっと興味が湧いたので来年の正月に七福神巡りしたくなった(笑) 。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック