FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(春を読む文庫・春の幻のような儚げ文庫3/6)咲くや、この花 左近の桜/長野まゆみ(著)

kage

2016/04/22 (Fri)

春を読む文庫2

は植物たちもなんだかうれしそうで……、外に出て自然を眺めるだけで、心が軽くなってくる。

季節は、あっという間に追い越していくから、春を読む文庫で、春を体感しよう。

「春」にお薦めしたい文庫を毎日一冊ずつご紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


ふわり、はらり、ひらひら…。

春の幻のような、どこか儚げ、けれど、心にしっかり何かが残っている。

そんな気持ちにさせてくれる文庫


のような儚げ文庫3/6

 咲くや、この花 左近の桜/長野まゆみ(著)

咲くや、この花 左近の桜 (角川文庫)/角川書店(角川グループパブリッシング)

¥596
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1夢か現実か……、ふれたら、壊れてしまいそうな独創的な世界観。
桜蔵の家は、男が男をともなう宿を営んでいる。かくいう彼にも男を惑わす魅力がある。それがこの世の者なのか、それとも・・・・・。桜蔵に絡みつき、己の欲望を満たそうと試みる妖かしと、汚されてもなお透明感を放つ桜蔵。そんな12編からなる物語は、楽しく幻想的で儚げである。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック