FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

2016年春、日曜ドラマ『プレミアムドラマ 奇跡の人』

kage

2016/06/12 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★4月24日スタート 

NHK BSプレミアム 日曜 午後10:00~午後10:50

 プレミアムドラマ 奇跡の人

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:岡田惠和/演出:狩山俊輔/制作統括:後藤高久/制作統括:河野英裕/プロデューサー:大倉寛子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
亀持一択(峯田和伸)
うだつの上がらない無職でお金もないダメ男。山形出身。自分にできることを見つけるよう祖母に言われ、東京に追い出されるが、何もできない日々を過ごしていた。シングルマザーの花に一目ぼれしたことから、その娘の海に新しい世界を見せてあげようと奮闘する。

鶴里花(麻生久美子)
生花市場で働く男勝りなシングルマザー。幼いころに両親を立て続けに亡くし、強く生きることを心に誓う。定時制高校で出会った正志と結婚し娘の海を産むが、海には目と耳に障害のあることが発覚し、正志は失踪。さまざまな困難に直面している。

鶴里海(住田萌乃)
花の一人娘。目と耳に障害を抱えている。

馬場三太(勝地涼)
一択の親友。自称・詩人だが才能がないため、9年近く何も書いていない。

都倉風子(宮本信子)
一択が住むアパートの大家。一択の無謀な恋を見守る。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
感動の実話「奇跡の人」を岡田惠和が大胆アレンジ。主演は銀杏BOYZの峯田和伸! 
脚本家・岡田惠和が、重度のハンデキャップを克服したヘレン・ケラーと、彼女に光を与えた“奇跡の人”サリバン先生の物語をモチーフに描く笑いと涙の感動ドラマ。舞台を現代の日本、サリバン先生役を男性に変更して、ラブストーリーを軸に展開する。サリバン先生的ポジションとなる主人公の亀持一択を演じるのは、ロックバンド・銀杏BOYZの峯田和伸。一択が恋するシングルマザーの鶴里花には麻生久美子、花の娘で目と耳に障害のある海には連続テレビ小説「「マッサン」(NHK)で主人公の長女・エマの幼少期を演じた住田萌乃、3人を温かく見守るアパートの大家・都倉風子には宮本信子が扮する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【4月20日更新】
■ あらすじ(第1話 4/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
一択(峯田和伸)は毎日怠惰な生活を送る‘ダメ男’。ある日、一択は偶然出会った花(麻生久美子)という女性に恋をする。目と耳が不自由な娘・海(住田萌乃)を女手一つで育てる花は住む部屋を探していたが、見つからずに困っていた。一択は自分のアパートの大家・風子(宮本信子)に会い、花親子に部屋を貸してほしいと頼み込む。空き部屋がないため、風子から「君が出ていきなさい」と言われた一択は、驚いたものの、笑顔で快諾する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月27日更新】
■ あらすじ(第2話 5/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
一択(峯田和伸)は、花(麻生久美子)が昼に働いている間、海(住田萌乃)の世話をすることになった。海に広い世界を感じさせてやりたいと散歩に連れ出した一択だが、街中で騒動を起こし、風子(宮本信子)に警察まで迎えに来てもらう羽目になる。次に一択は、スプーンの使い方を知らない海に、使い方を教えようと考える。早速、アパートの中庭で始めてみるが、海は頑として受け付けない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月4日更新】
■ あらすじ(第3話 5/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
海(住田萌乃)は一択(峯田和伸)のおかげで少しだけスプーンを使えるようになった。それを見た花(麻生久美子)は、一択に負けたような気がしてショックを受ける。一択は調子に乗って花への恋心を告白する。だが、怒りとも悲しみとも分からない感情がこみ上げてきた花は、一択を拒絶する。そんな時、行方をくらませていた花の夫・正志(山内圭哉)が突然現れる。花は正志をうれしそうに出迎えるが、正志は思わぬ言葉を切り出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月11日更新】
■ あらすじ(第4話 5/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
一択(峯田和伸)が海(住田萌乃)を連れて家出をした。花(麻生久美子)は風子(宮本信子)らから、どうせ金がなくてすぐに帰ると励まされる。しかし、アパートの八袋(光石研)が一択に金を貸したことが発覚し、花は居ても立ってもいられなくなる。一方、一択は山形の実家へ。だが、ばあちゃん(白石加代子)に怒られるのが嫌で家に入ることができない。そこへなぜか正志(山内圭哉)が現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月18日更新】
■ あらすじ(第5話 5/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
一択(峯田和伸)は海(住田萌乃)に指文字で物の名前を教えているが、それは単なる自己満足だと福地(浅香航大)から指摘され落ち込む。一方、正志(山内圭哉)の祖母・咲(喜多道枝)が退院したら田舎に帰ると言いだし、花(麻生久美子)はショックを受ける。退院の日、花はレンタカーの運転を一択に頼み、咲を海沿いの故郷まで送ることに。だが海岸に近づくと車内に不穏な空気が流れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月25日更新】
■ あらすじ(第6話 5/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
花(麻生久美子)も一択(峯田和伸)のやり方をまねて、海(住田萌乃)に手話を使って物の名前を教えるようになり、一択と花・海親子の関係は良好になった。そんなある日、海に同い年くらいの少年・太(上野蒼真)という友達ができる。太に興味を持つ海を見た一択は、自分が海から不要と言われたような気がして面白くない。だが、花はそれ以上に不機嫌で、一択に八つ当たりをし始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月1日更新】
■ あらすじ(第7話 6/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
花(麻生久美子)からプロポーズされた一択(峯田和伸)は、自分に自信が持てないとその申し出を断った。そんな一択の前に正志(山内圭哉)が現れ、花との離婚届をめぐって再び決闘をすることに。一択は腕に覚えがある八袋(光石研)から猛特訓を受けるが、結局は正志にボコボコに殴られて負けてしまう。そして、倒れた一択に海(住田萌乃)の手が触れたとき、思いもよらない奇跡が起きる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月8日更新】
■ あらすじ(第8話 6/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
ついに一択(峯田和伸)が花(麻生久美子)と結婚することになった。海(住田萌乃)の閉ざされた世界が広がっていると感じる一択は、海を学校に通わせることを提案する。それから2年、海に大きな変化はないが、一択や花たちは穏やかな毎日に幸せを感じていた。そのころ、学校周辺では不審者が出るとの情報が。警戒する一択が捕まえたのは、正志(山内圭哉)だった。これで一件落着かと思ったその時、海が事件に巻き込まれてしまう。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック