FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

2016年春、土曜ドラマ『トットてれび』

kage

2016/06/18 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★4月30日スタート 

NHK総合 毎週土曜 午後8:15~午後8:45

 トットてれび

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:黒柳徹子「トットひとり」「トットチャンネル」/脚本:中園ミホ/演出:井上剛/演出:川上剛/演出:津田温子/制作統括:加賀田透/プロデューサー:訓覇圭/プロデューサー:高橋練

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
黒柳徹子(満島ひかり)
新聞広告で見つけたNHKの専属テレビ俳優の求人に応募し、第1号として採用される。草創期からテレビと共に歩む。

渥美清(中村獅童)
駆け出しのコメディアン。後にバラエティーショー「夢であいましょう」で黒柳と共演し、大ヒットする。

向田邦子(ミムラ)
映画誌の編集者。黒ずくめの格好を好む。後に脚本家となり、徹子と深く関わる。

森繁久彌(吉田鋼太郎)
映画界の大スター。後に「徹子の部屋」の第1回ゲストとなり、放送中に大ハプニングを起こす。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
満島ひかりが黒柳徹子に扮し、草創期からテレビと共に歩んだ軌跡を追う! 
黒柳徹子のエッセー「トットひとり」「トットチャンネル」をドラマ化。黒柳役に満島ひかりが扮し、テレビ草創期から「徹子の部屋」(テレビ朝日系)、「ザ・ベストテン」(TBS系)の時代まで、テレビと共に歩み続けた黒柳の姿を追いながら、森繁久彌、渥美清、坂本九、向田邦子らとの交流や友情を描く。また、黒柳自身も未来から現れた百歳の徹子としてドラマの中に登場するほか、森繁を吉田鋼太郎、渥美を中村獅童、向田をミムラが演じる。語りは、黒柳が愛するパンダの姿を借りて小泉今日子が務める。





----------------------------------------------------------------------------------------
【3月23日更新】
■ あらすじ(第1話 4/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1953年。徹子(満島ひかり)は、NHKがテレビ放送開始にあたり専属俳優を募集していると知り、受験する。試験では失敗ばかりするがなぜか合格した徹子は、ラジオやテレビの番組にエキストラとして出演。しかし、目立ち過ぎてディレクターの伊集院(濱田岳)に叱られ、「個性が邪魔だ」と言われる。そんな折、新しい放送劇のオーディションを受けた徹子に、審査員を務めていた劇作家・飯沢(大森南朋)が意外な言葉を掛ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月4日更新】
■ あらすじ(第2話 5/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
徹子(満島ひかり)は、放送が始まったばかりのテレビの現場で、森繁久彌(吉田鋼太郎)や渥美清(中村獅童)と出会う。だが、渥美とは会うたびにけんかをしていた。やがて、カラー放送も始まり、寝る暇もないほど忙しくなった徹子は、ある日、過労のためスタジオで倒れてしまう。そのまま入院となり、渥美と夫婦役を演じるドラマに出られなくなった徹子。病室でテレビを見ていた彼女は、渥美が発したあるせりふにショックを受ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月11日更新】
■ あらすじ(第3話 5/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
徹子(満島ひかり)はバラエティー「夢であいましょう」、ドラマ「若い季節」という二つの生放送番組にレギュラー出演し、共演の渥美清(中村獅童)や坂本九(錦戸亮)と親しくなる。生ドラマはハプニングがつきもので、放送開始後にセットが壊れたり、脚本が遅いため出演者がせりふを覚えていなかったりで大混乱に。伊集院(濱田岳)は「終」と書いたボードを出そうとするが、徹子は持ち前の機転と早口で放送中止を回避しようとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月18日更新】
■ あらすじ(第4話 5/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
NHKを辞めてフリーになった徹子(満島ひかり)は、ますます多忙に。徹子は、親しくなった脚本家・向田邦子(ミムラ)に、一度ゆっくり休みたいと打ち明ける。休養宣言をした徹子に、NHK連続テレビ小説「繭子ひとり」の仕事が舞い込む。青森から上京して家族のために働く女性を演じることになった徹子は、役作りに打ち込む。これで人気を得た徹子だが、伊集院(濱田岳)の説得を振り切って米ニューヨークへ旅立つ。

※5月28日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月1日更新】
■ あらすじ(第5話 6/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
徹子(満島ひかり)は、親しい脚本家・向田邦子(ミムラ)のアパートでたわいない会話をしながら、彼女の手料理を食べる日々を過ごしていた。それは、2人にとって大切な時間だった。時は流れ、邦子は初めて書いた短編小説で直木賞を受賞する。そして、その祝賀パーティーの司会を徹子が務めることになる。邦子は「おばあさんになった徹子さんを書いてみたい」と言う。しかし翌年、邦子は飛行機事故に遭い、亡くなる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月8日更新】
■ あらすじ(第6話 6/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
徹子(満島ひかり)と渥美(中村獅童)は、顔を合わせればけんかを繰り返していた。だが、東京・浅草育ちの渥美が慣れないテレビの世界で悪戦苦闘する姿を見て、徹子は次第に彼に親しみを覚え始める。バラエティー番組「夢であいましょう」で息の合ったコントを演じる2人の仲は噂になり、マスコミにも書きたてられる。やがて、渥美が映画「男はつらいよ」の寅さん役で大スターになってからも2人の交流は変わらなかった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月15日更新】
■ あらすじ(第7話 6/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
徹子(満島ひかり)は自身が司会を務めるトーク番組「徹子の部屋」25周年のゲストに、第1回放送にも出演した森繁久彌(吉田鋼太郎)を招き、思い出を語り合う。徹子の森繁に対する第一印象は「ちょっとエッチなおじさん」。ドラマで共演した森繁は大事なシーンでもせりふを覚えず、大胆なカンニングをして徹子を驚かせた。「徹子の部屋」の収録が進むが森繁はやる気を見せない。見かねた徹子はコマーシャル中に森繁を叱る。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック