FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2016年春夏、日曜ドラマ『WOWOW開局25周年記念 連続ドラマW 沈まぬ太陽』

kage

2016/09/25 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★5月8日スタート 

WOWOWプライム 日曜 午後10:00~午後11:00

 WOWOW開局25周年記念 連続ドラマW 沈まぬ太陽

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:山崎豊子「沈まぬ太陽」(新潮文庫)/脚本:前川洋一/監督:水谷俊之/監督:鈴木浩介

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
恩地元(上川隆也)
国民航空の予算室社員。前任の委員長・八馬の画策により労働組合の委員長を引き受けることに。強い責任感から、空の安全を守るべく労働環境の改善を目指して活動するが、経営陣と対立。海外の僻地の営業所へ左遷される。

恩地りつ子(夏川結衣)
恩地の妻。夫を献身的に支える2児の母。

三井美樹(檀れい)
国民航空の客室乗務員。恩地、行天と共に組合活動に参加する。恩地のことを尊敬している。

八馬忠次(板尾創路)
前任の国民航空の労働組合委員長。労務課長。恩地に次期委員長を押し付け、経営幹部側に回る。

桧山衛(古谷一行)
国民航空の社長。労使交渉で恩地、行天ら労働組合側と対立する。

堂本信介(國村隼)
国民航空の労務担当取締役。元左翼運動の闘士だった過去を買われ、桧山社長から労使交渉を任される。

行天四郎(渡部篤郎)
国民航空の営業部社員。恩地とは大学時代からの友人で、労働組合の副委員長となり共に闘う。しかし、後に出世と引き換えに恩地と決別。現実主義で上昇志向が強い性格。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
上川隆也が20年ぶりに山崎豊子原作ドラマの主人公を熱演! 
「白い巨塔」「華麗なる一族」などで知られる作家・山崎豊子による同名ベストセラー小説を初めてテレビドラマ化。未曽有の航空機墜落事故という悲劇の裏で信念を貫き巨大組織で生きる者たちを、WOWOWドラマW枠史上最大の全20話(第1部・全8話、第2部・全12話)のスケールで描く。主人公・恩地元役を務めるのは、「大地の子」(NHK)以来約20年ぶりの山崎作品への主演となる上川隆也。その同志で、後に袂を分かつことになるライバル・行天四郎を渡部篤郎が演じる。脚本はNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の前川洋一、監督は「連続ドラマW マークスの山」「連続ドラマW 下町ロケット」の水谷俊之、鈴木浩介が担当する。




----------------------------------------------------------------------------------------
【4月27日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
国民航空の労働組合委員長・恩地元(上川隆也)は、同期で副委員長の行天四郎(渡部篤郎)と劣悪な労働環境の改善を目指し経営陣と交渉するが、激しく対立する。それでも空の安全を第一に考え行動し続ける恩地だったが、次第に経営幹部に疎まれ、遂には海外の僻地にある営業所へ左遷されてしまう。一方、現実主義の行天は恩地と決別し、会社上層部に取り入りながらも、自らの理想の会社像を追い求め出世していく。やがて国民航空は、空の安全を軽視し続けた結果、大型旅客機の墜落事故という未曽有の惨劇を引き起こす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月4日更新】
■ あらすじ(第1話 5/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1961年。国民航空に勤める恩地(上川隆也)は、先輩の八馬(板尾創路)から、労働組合の委員長を押し付けられる。不本意ながらも、同期で副委員長の行天(渡部篤郎)に背中を押された恩地は、労働環境改善を目指して立ち上がり、社長・桧山(古谷一行)と激しく対立。一歩も譲らない恩地率いる労組に対抗するため、会社側は切り札として取締役・堂本(國村隼)に労使交渉を任せる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月11日更新】
■ あらすじ(第2話 5/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
人員不足による過重労働が引き起こした整備士・中川(徳重聡)の事故死。恩地(上川隆也)はこのような事態が続けば‘空の安全’が脅かされ、大事故につながると危惧する。しかし、冷酷な取締役・堂本(國村隼)を相手に、団体交渉は一向に妥結の糸口が見つからない。追い詰められた恩地や行天(渡部篤郎)らは、ついに国民航空始まって以来のストライキ権を行使することになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月18日更新】
■ あらすじ(第3話 5/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
恩地(上川隆也)たちが決死の覚悟で挑んだストライキにより、労働環境は劇的に改善され、沢泉(小泉孝太郎)が組合の委員長を引き継ぐ。しかし、常務に昇格した堂本(國村隼)の画策で、恩地はパキスタン・カラチへの転勤を命じられる。報復人事と憤る組合員たちが抗議のビラをまく中、恩地は社長・桧山(古谷一行)に直談判。一方、行天(渡部篤郎)は堂本の懐柔策に心が揺れ動く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月25日更新】
■ あらすじ(第4話 5/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
恩地(上川隆也)は社長・桧山(古谷一行)との約束を信じ、パキスタン・カラチに赴任。しかし、これまでの組合活動を理由に、駐在員たちから白い目で見られる。日本から呼び寄せたりつ子(夏川結衣)や子どもたちも、慣れない異国での生活に困惑する。さらに、恩地は美樹(檀れい)から、行天(渡部篤郎)が、出世コースである米ロサンゼルス支店への栄転が決まったと知らされる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月1日更新】
■ あらすじ(第5話 6/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
恩地(上川隆也)はパキスタンから就航を控えたイラン・テヘランへ飛ばされる。社長・桧山(古谷一行)との約束は守られず不本意な異動だったが、反骨精神を持つ支店長・島津(永島敏行)は信頼できる人物だった。そんな中、自分の帰国を待ち望んでいた母・将江(田島令子)が死去し、恩地は日本へ。一方、行天(渡部篤郎)もある任務を帯び米ロサンゼルスから極秘帰国していた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月8日更新】
■ あらすじ(第6話 6/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
イラン・テヘランにとどまる恩地(上川隆也)は、行天(渡部篤郎)が米ロサンゼルスでの事故処理対応を評価され、本社秘書課長に昇進したと知る。一方、沢泉(小泉孝太郎)ら国航労組の組合員たちは閑職に追いやられていた。そんな中、テヘラン入りした人事部長・清水(伊藤洋三郎)から、今後組合に関わらないことを条件に帰国を打診された恩地は、仲間を思い即座に断ってしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月15日更新】
■ あらすじ(第7話 6/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
会社の懐柔策に屈せず、信念を貫いた恩地(上川隆也)を待っていたのは、へき地・アフリカへの左遷だった。ハンティングで憂さを晴らし酒量も増えた恩地に、3年ぶりに会ったりつ子(夏川結衣)と子どもたちは戸惑いを隠せない。コーヒー農園主夫人で在留邦人に顔の広い燿子(草刈民代)は、自らを孤独に追い込む恩地を何かと気遣う。一方、出世の道を突き進む行天(渡部篤郎)の元に深夜、国民航空機の墜落事故発生の一報が入る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月22日更新】
■ あらすじ(第8話 6/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
国民航空機の事故が相次ぎ、恩地(上川隆也)も得意先の安否確認に奔走する。事故原因は全て人為的なミスだった。しかし、行天(渡部篤郎)はじめ経営幹部は、多くの犠牲者を出したにもかかわらず、責任を取らない。一方、ケニア政府との就航交渉が打ち切られた上、そのまま営業所にとどまるよう命じられた恩地の怒りは頂点に達する。そんな折、国民航空の安全問題が国会で追及されることになり、事態が大きく動き始める。

※7月3日の放送はお休みです。


----------------------------------------------------------------------------------------
【7月6日更新】
■ あらすじ(第9話 7/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1985年、国民航空創立35周年記念パーティーが盛大に開催されていた。社長の堂本(國村隼)や行天(渡部篤郎)らが、政財界の大物たちを出迎える中、会場には約10年ぶりにへき地勤務から帰国した恩地(上川隆也)の姿もあった。その最中、国民航空の羽田発大阪行き524人乗りジャンボ機が、レーダーから消えたという一報が飛び込む。そして、恩地ら救援隊が現地へと向かう途中、墜落現場が群馬・上野村の山中だと判明する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月13日更新】
■ あらすじ(第10話 7/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
墜落事故から数日が経過。現地の体育館には棺がずらりと並び、「お世話係」の恩地(上川隆也)は、身元確認をする遺族の悲嘆を目の当たりにする。社長・堂本(國村隼)は未曽有の大事故を起こした責任を免れ得ず、不本意ながら辞意を表明。行天(渡部篤郎)は愛人で客室乗務員の亜紀子(長谷川京子)に、自分は常務昇格を狙うと告げる。そんな中、ボイスレコーダーが見つかり…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月20日更新】
■ あらすじ(第11話 7/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大阪の遺族との補償交渉を任された恩地(上川隆也)は、夫を亡くした夏子(戸田菜穂)を訪ねる。昼間から飲酒するほど自暴自棄になっている夏子は、姑と補償金のことでもめていた。恩地は遺族の苦しみに寄り添おうとするが、補償のプロと異名を取る遺族係・古溝(池田成志)と意見が対立する。一方、社長・堂本(國村隼)は弔問先の遺族の家で「誠意がない」と怒りを買う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月27日更新】
■ あらすじ(第12話 7/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
事故から数カ月。国民航空は恩地(上川隆也)ら遺族係が見守る中、「身元不明ご遺体出棺式」を執り行う。初めて一堂に会した遺族たちは互いに慰め合い、芳美(麻生祐未)の提案によって遺族会が発足した。一方、総理・利根川(平幹二朗)と影の参謀・龍崎(橋爪功)は、信頼を失墜させた国民航空の建て直しのため、関西紡績会長の国見(長塚京三)にトップ就任を要請する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月3日更新】
■ あらすじ(第13話 8/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
恩地(上川隆也)が大阪の遺族との補償交渉を続ける中、総理・利根川(平幹二朗)の招聘(しょうへい)に応じて会長に就任した国見(長塚京三)の下、国民航空の新体制が始まった。労働組合の統合が急務と考える国見は、分裂前の組合委員長だった恩地を東京に呼び、面会する。一方、取締役の行天(渡部篤郎)は、国見から退社を言い渡された元社長・堂本(國村隼)を見限り、新首脳陣の社長・海野(佐野史郎)と副社長・三成(升毅)に近づく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月10日更新】
■ あらすじ(第14話 8/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
恩地(上川隆也)は、会長・国見(長塚京三)に抜てきされ、会長室所属となる。社長・海野(佐野史郎)は恩地の起用に異を唱えるが、国見は外す気はないと突っぱねる。一方、労働組合統合を急ぐ国見に対し、新生労組側の八馬(板尾創路)、岩合(陣内孝則)、轟(高嶋政伸)らは抵抗の姿勢を示していた。そんな中、行天(渡部篤郎)は、副社長・三成(升毅)の推薦を受けて常務取締役に就任し、愛人・亜紀子(長谷川京子)と祝杯を挙げる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月17日更新】
■ あらすじ(第15話 8/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
国民航空の生協の不正を調べる恩地(上川隆也)に、利権を握る国航開発社長・岩合(陣内孝則)と同会長・八馬(板尾創路)から圧力がかかる。調査続行を命じた会長の国見(長塚京三)は、支店長会議のため米ニューヨークへ飛び、国航開発が経営する現地ホテルの聞きしに勝る豪華さに一抹の不安を覚える。一方、恩地は関係者から聞き取りをし、生協理事長・畑(袴田吉彦)、新生労組OBの轟(高嶋政伸)らの不正の実態をつかむ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月24日更新】
■ あらすじ(第16話 8/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
行天(渡部篤郎)の策略で、国見(長塚京三)の新体制批判のスクープ記事が新聞に掲載された。それでも総理・利根川(平幹二朗)は国見の支援を続けるが、陰の参謀・龍崎(橋爪功)は組織を混乱させてまで恩地(上川隆也)を重用する方針に不安を感じる。一方、生協の調査を続けていた恩地は、旅行代理店への特別販売促進費を利用した収賄という新たな不正を発見。新生労組OBで営業本部長の常務・田丸(ダンカン)の存在が浮上する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月21日更新】
■ あらすじ(第17話 9/4放送 ※午後10:00~午後10:55)
----------------------------------------------------------------------------------------
行天(渡部篤郎)は路線拡大のため、運輸官僚の石黒(石丸幹二)にホステス・雪絵(佐々木希)をあてがい、逢瀬(おうせ)の場をも提供する。一方、国見(長塚京三)は監査役・和光(平田満)から国航開発のホテルに関する深刻な不正を指摘され、恩地(上川隆也)を現地米ニューヨークに派遣。その特命を知った社長・海野(佐野史郎)と副社長・三成(升毅)は不正が明るみに出れば責任を問われることになると、行天を現地に向かわせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月7日更新】
■ あらすじ(第18話 9/11放送 ※午後10:00~午後10:55)
----------------------------------------------------------------------------------------
米ニューヨークで国航開発が経営するホテルについて調査した恩地(上川隆也)は、国見(長塚京三)に乱脈経営の実態を報告。一方、国見のやり方を危惧する社長・海野(佐野史郎)は、陰の総理と呼ばれる副総理・竹丸(本田博太郎)を頼り、事態は政界をも巻き込んでいく。そんな中、渦中にある国航開発の会長・八馬(板尾創路)、社長・岩合(陣内孝則)は、行天(渡部篤郎)を使って国見と恩地に対する批判記事を雑誌に掲載させる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月14日更新】
■ あらすじ(第19話 9/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
国見(長塚京三)と恩地(上川隆也)は監査役・和光(平田満)から、国民航空の存続をも危ぶむドル先物予約に関する報告を受ける。背後には副総理・竹丸(本田博太郎)、日本産業銀行会長・池坊(西岡徳馬)の存在があった。そして、総理・利根川(平幹二朗)、元総理・永田(伊武雅刀)、竹丸ら政治家の利権争いに絡み、事態は恩地たちの計り知れない方向に進んでいく。そんな中、裏金づくりを任されていた細井(温水洋一)が自殺する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月21日更新】
■ あらすじ(第20話 9/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
国民航空のドル先物予約問題は、異例の閣議決定で幕引きに。総理・利根川(平幹二朗)の背信に憤る国見(長塚京三)は、辞任を申し出るが、龍崎(橋爪功)の策謀にはまってしまう。国見会長体制が終わりを迎え、恩地(上川隆也)の突き止めた不正の数々が闇に葬られる中、東京地検特捜部には自殺した細井(温水洋一)の裏金づくりの証拠が届く。組織と闘い続けた恩地と、頂点に立つことで改革を目指した行天(渡部篤郎)の運命は…。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック