FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2016年春、金曜ドラマ『BS時代劇 立花登青春手控え』

kage

2016/07/01 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★5月13日スタート 

NHK BSプレミアム 金曜 午後8:00~午後8:45

 BS時代劇 立花登青春手控え

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:藤沢周平「獄医立花登手控え」(講談社文庫)/脚本:古田求/脚本:田村惠/演出:山下智彦/演出:服部大二/演出:真鍋斎/演出:前原康貴/制作統括:真鍋斎/制作統括:原林麻奈/制作統括:原克子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
立花登(溝端淳平)
小伝馬町の見習い牢医者。町医者になるべく、叔父で開業医の玄庵の家に居候している。「根っからの悪人はいない」という信条のもと、囚人たちにも誠心誠意診療にあたる。

ちえ(平祐奈)
玄庵の娘で、登のいとこ。登に思いを寄せている。

松江(宮崎美子)
玄庵の妻で、登の叔母。言葉はきついが、登の良き理解者となる。

藤吉(石黒賢)
江戸の岡っ引き。事件のことについて、登に相談をすることも。

小牧玄庵(古谷一行)
登の叔父で、公儀の御用を務める江戸の開業医。幼少期は神童といわれたが、江戸での評判は良くない。押し付ける形で登を牢医にする。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
藤沢周平原作の名作“監獄もの”時代劇を、溝端淳平主演でリメイク! 
時代小説の名手・藤沢周平の原作を、昭和57年に中井貴一主演でドラマ化した時代劇「立花登青春手控え」(NHK)をリメイク。藤沢作品のみならず、数あるテレビ時代劇の中でも異色の“監獄もの”として注目を集めた伝説の時代劇が、1話完結型の青春物語としてよみがえる。主人公の立花登を演じるのは、本作で時代劇初挑戦となる溝端淳平。共演者には平祐奈、宮崎美子、高畑裕太、マキタスポーツ、正名僕蔵、波岡一喜、鷲尾真知子、石黒賢、古谷一行ら個性的なキャストが脇を固める。



----------------------------------------------------------------------------------------
【5月11日更新】
■ あらすじ(第1話 5/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
医者を志す青年・登(溝端淳平)は、江戸で町医者をしている叔父・玄庵(古谷一行)を頼って秋田から出てきた。そして、玄庵の世話で小伝馬町の牢(ろう)医者の職を得る。ある夜、囚人の勝蔵(瀬川亮)が腹痛に苦しんでいるとの知らせを受けた登は、意を決して牢の中へ。だが、病というのはうそだと明かした勝蔵は登に、伊四郎(山中聡)という男から十両を受け取り、それを深川のおみつ(水崎綾女)に渡してほしいと頼み込む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月18日更新】
■ あらすじ(第2話 5/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
登(溝端淳平)が牢(ろう)屋敷で夜の見回りをするたび、吉兵衛(河相我聞)という囚人が無実を強く訴えてくる。話を聞くと、自分は人をあやめたが、それははめられたのだという。さらに、吉兵衛は盲目の娘・おみよ(荒川ちか)のことが気掛かりでならないと話す。情に厚い登はおみよの長屋を訪ねる。そこは「善人長屋」と呼ばれるほど気立てのいい住人たちが暮らしているとのことだったが、やがて長屋の裏が見え始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月25日更新】
■ あらすじ(第3話 5/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
登(溝端淳平)は女牢(ろう)の中に知った顔を見つける。女はおしの(前田亜季)といい、登は江戸に出てきたばかりのころ玄庵(古谷一行)の代わりに、彼女の亭主・時次郎(山根和馬)を診たことがあった。おしのは乱暴者の時次郎をかいがいしく世話していた。時次郎の診察を重ねる中、おしのとは互いにひかれるものを感じた登。亭主を殺したおしのを、登は複雑な思いで気に掛ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月1日更新】
■ あらすじ(第4話 6/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
牢(ろう)屋敷の中で小沼(伊庭剛)という御家人が、差し入れの毒まんじゅうを食べて死にかける。不審に思った登(溝端淳平)は、藤吉(石黒賢)らと事情を探る。毒まんじゅうを差し入れた小沼の妻・登和(マイコ)は、かつて恋仲だった浪人・井崎(比留間由哲)に唆されていた。登たちは、井崎のたくらみの背後に、小沼に汚職の罪をかぶせ殺そうとする黒幕の存在を突き止める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月8日更新】
■ あらすじ(第5話 6/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
重病の老囚人・捨蔵(寺田農)が登(溝端淳平)に、娘のおちか(野村佑香)を捜してほしいと頼む。だが、おちかは娘ではなく、捨蔵と悪党の守宮の助(温水洋一)が関わった強盗事件の目撃者だった。登の後をつけた守宮の助はおちかを狙うが、間一髪で登が救う。捨蔵は登を利用して守宮の助におちかの居場所を教えたのか、おちかを守ろうとしたのか、登には真意が分からない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月15日更新】
■ あらすじ(第6話 6/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
登(溝端淳平)は叔母の松江(宮崎美子)から相談を受ける。娘のちえ(平祐奈)が男と夜遊びをし、酒を飲んで帰ってくるというのだ。松江はその男と一度会ってほしいと登に言う。一方、牢(ろう)屋敷では、盗みの罪で捕まった鶴吉(林泰文)が、連日の拷問にも相棒の名を明かさない。鶴吉は相棒に女房のおなか(星野真里)を殺されることを恐れていた。おなかを守ってくれと登に依頼した鶴吉だったが、牢内で何者かに殺されてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月22日更新】
■ あらすじ(第7話 6/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
登(溝端淳平)が牢(ろう)屋敷に行くと、知り合いの鋳物屋・平助(徳井優)が捕まっていた。平助は普段から手癖が悪く、何度か牢に入れられている。今回は、落ちた財布を猫ばばして捕まったのだ。平助には出来のいい娘・おしん(大後寿々花)がおり、彼女は清吉(山口翔悟)との祝言を控えていた。そのおしんが乱暴される事件が起きる。その後、立ち直ったかに見えたおしんだったが、ある日、清吉を刺して牢に入ってくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月29日更新】
■ あらすじ(第8話 7/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
小牧家の一人娘・ちえ(平祐奈)は奔放な性格で、その夜も母の松江(宮崎美子)を悩ませていた。夜遊びをしてまだ帰ってこないのだ。そんな折、登(溝端淳平)の前に現れた男が、ちえを誘拐したと告げ、牢内にいるある囚人に牢破りのための鋸(のこ)をひそかに渡せと登を脅す。いったんは断った登だが、岡っ引きの藤吉(石黒賢)の助言により、悪党たちをおびき出すために要求に応えるふりをする。そして、登はちえの奪還に向かう。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック