FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

(2016春)金曜日にアニメ化された原作&コミック

kage

2016/04/22 (Fri)

さる1

2016年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 (2016春)金曜日にアニメ化された原作&コミック

2016年4月1日(金)
・うしおととら/藤田和日郎
・ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない 総集編/荒木 飛呂彦
・テラフォーマーズ リベンジ/貴家悠、橘賢一


2016年4月15日(金)
・マギ シンドバッドの冒険/原著:大高忍、画:大寺義史
・ビッグオーダー/えすのサカエ


放送前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!







2016年4月1日放送
ジャンル…ファンタジー
 うしおととら/藤田和日郎

うしおととら(1) (少年サンデーコミックス)/藤田和日郎

¥価格不明
Amazon.co.jp

アニメタイトル:うしおととら(第3クール)

最速放送日:2016年4月1日(金)22:30~(TOKYO MX)

■キャスト
畠中祐、小山力也、小松未可子、安野希世乃、藤原啓治、牧野由依、浪川大輔、中村悠一、豊崎愛生、てらそままさき、清水理沙、三木眞一郎、梶裕貴、南里侑香、茅野愛衣、折笠富美子、坂本真綾、水樹奈々、細谷佳正、逢坂良太、高垣彩陽、永澤菜教、花澤香菜、宮野真守、潘めぐみ、飯塚昭三、江川央生、古川登志夫、諏訪部順一、林原めぐみ

■スタッフ・制作会社
原作:藤田和日郎(週刊少年サンデー)、監督:西村聡、シリーズ構成:井上敏樹/藤田和日郎、キャラクターデザイン・総作監:森智子、アクション作監:平山貴章、美術監督:清水友幸、撮影監督:熊澤祐哉、色彩設計:堀川佳典、編集:神宮司由美、音楽:瀬川英史、音響監督:三間雅文、クリエイティブプロデューサー:丸山正雄/三田圭志 、制作会社:MAPPA、studio VOLN

■主題歌
【OP】筋肉少女帯「週替わりの奇跡の神話」
【ED】LUNKHEAD「決戦前夜」

≪あらすじ≫
中学生の少年・蒼月潮は、寺の住職をつとめる父親と二人暮らし。ある日、彼は自宅にある蔵の地下室でとんでもないものと出会ってしまう。それははるか昔、凶悪なバケモノとして民に恐れられ、「獣の槍」によって五百年間も封じ込められていた大妖怪であった! 槍を引き抜いてしまった潮はあわや妖怪に食われかかるが、同時に眠りから目覚めた「獣の槍」の力によって変身し、妖気に群がってきた他の妖怪たちをあっという間に撃破する。槍の威力を恐れて思わず協力してしまった大妖怪は、潮に「とら」と名付けられ、行動を共にすることに。かくして「獣の槍」の伝承者となってしまった少年と、いつか彼を食ってやろうとつけ狙う大妖怪の“うしとら”コンビが誕生したのだった。 そして襲いくる妖怪どもを次々と蹴散らしていく彼らは世界の存亡をかけた壮大な戦いに巻き込まれていく・・

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1、妖怪達との戦いの姿を描く不朽の名作!
1990~1996年に週刊少年サンデー(小学館)で連載され、単行本および文庫版の累計販売部数が3,000万部を突破している藤田和日郎さんによる人気コミック「うしおととら」。時代を感じる絵柄は多少古臭いものの、少年漫画らしい熱さが画面一杯から感じられてぐいぐい引き込まれ、色褪せない面白さがある。 読んでるうちに、そうそう!こんな話あったなーと、懐かしく楽しく読んだ。読み始めると、結構思い出すもんだなーと思って、小学生の頃の記憶力はすごい!と違う所に感心した。 先日の『漫勉』で、驚異のテクニックを見て描いてる方も読んでる方も命がけ、魂を削りながら夢中で読みました。





ジャンル…アクション
 ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない 総集編/荒木 飛呂彦

ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない 総集編 Vol.1 (集英社マンガ総集編.../荒木 飛呂彦

¥980
Amazon.co.jp

アニメタイトル:ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない

最速放送日:2016年4月1日(金)24:30~(TOKYO MX)

■キャスト
小野友樹、梶裕貴、高木渉、櫻井孝宏、小野大輔

■スタッフ・制作会社
原作:荒木飛呂彦(集英社ジャンプ・コミックス刊)、ディレクター:津田尚克、シリーズディレクター:加藤敏幸、チーフ演出:高村雄太、シリーズ構成:小林靖子、キャラクターデザイン:西位輝実、スタンドデザイン・アクション作画監督:三室健太、サブキャラクターデザイン:石本峻一、プロップデザイン:宝谷幸稔、美術設定:青木薫/長澤順子、色彩設計:佐藤裕子、美術監督:吉原俊一郎、撮影監督:山田和弘、編集:廣瀬清志、音響監督:岩浪美和、音楽:菅野祐悟 、制作会社:デイヴィッドプロダクション

■主題歌
【OP】THE DU「Crazy Noisy Bizarre Town」

≪あらすじ≫
エジプトでの宿敵DIOとの死闘から11年後。1999年、空条承太郎は祖父ジョセフ・ジョースターの隠し子、東方仗助に会うため、日本のM県S市、杜王町にやってきた。しかし発見した仗助は承太郎と同じ特殊能力、「スタンド」を持っていた。そして、承太郎の来訪を皮切りにまるで引かれ合うように、新たな「スタンド使い」達が動き始める。「この町には何かがある…」生まれ育った杜王町を守るため、仗助は立ちあがる――。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1舞台はS市杜王町。この男が町を守る…!
ジョジョシリーズ第4部はサスペンス&ホラー!街に潜む犯罪を抑止し、「殺人鬼」を追い詰めろッ! 主人公の髪型w 1巻にして強スタンドの使い手が多いですね、虹村兄改心したのにあんまりだよ、もう少し活躍を観ていたかったキャラ。 虹村家の家族写真のくだりと形兆兄貴の死はいつ読んでも泣ける 。もうこの辺リアルタイムで読んでなかった気もする…由花子とチューしちゃったくだりの相談された仗助のリアクションに愛を感じる( ´∀`)康一と由花子にはちょっと感動した…!(*´ω`*)







ジャンル…SF
 テラフォーマーズ リベンジ/貴家悠、橘賢一

テラフォーマーズ 17 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)/貴家悠

¥価格不明
Amazon.co.jp

アニメタイトル:テラフォーマーズ リベンジ

最速放送日:2016年4月1日(金)25:05~(TOKYO MX)

■キャスト
細谷佳正、木内秀信、伊藤静、石川界人、KENN、小野大輔、たかはし智秋、豊崎愛生、石塚運昇、赤羽根健治、奈良徹、小村哲生、大原さやか、小野友樹、高橋英則、藤原貴弘、ささきのぞみ、石田彰、杉田智和

■スタッフ・制作会社
原作:貴家悠/橘賢一(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)、監督:福田道生、シリーズ構成:荒川稔久、キャラクターデザイン:碇谷敦/相澤伽月、アクション作監:うつのみや理/関崎高明、メカニックデザイン:バーンストーム・デザインラボ、美術監督:春日美波、美術設定:成田偉保、色彩設計:辻田邦夫、3D監督:名倉晋作、撮影監督:加藤伸也、編集:近藤勇二、音響監督:山口貴之、音響効果:小山恭正、音楽:和田貴史 、制作会社:TYOアニメーションズ、ライデンフィルム

■主題歌
【主題歌】聖飢魔II「荒涼たる新世界」、「PLANET/THE HELL」
【ED】Zwei「Red Zone」、Fuki「Strength」、nao「Revolution」

≪あらすじ≫
西暦2620年。火星生まれの致死率100%の病原体、エイリアンエンジンウィルスのワクチン製造のため、異常な進化を遂げた人間大のゴキブリ、通称「テラフォーマー」のサンプルを確保するべく、膝丸燈らは火星へと降り立った。想定外のアクシデント、テラフォーマー達の猛攻を受けながらも何とか生き延びた燈達であったが、任務遂行の裏で人間同士の争いが勃発する…。火星を舞台にした極限のサバイバル、その第2ラウンドが今始まる!

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1未来の火星を舞台に、驚くべく進化を遂げたゴキブリと人類の戦い!
最初テラフォーマーズがヤンジャンで連載され始めた時は『ガンツ』みたいなのが始まったなと思うくらいで全く読んでいませんでしたが、アニメ化されたということで興味を持って読んでみると結構面白い!なるほど、こういう設定なのかとすごいストーリーで伏線がいっぱいで、ドキドキします。テラフォーミングというSF的おもしろさや昆虫を利用したりと物語の世界観、設定が魅力的。とはいえ、ゴキ!想像以上の進化系!そうきたかって感じ。17巻まで読んだけど、超展開を通りすぎて、もはや畳む気のない風呂敷を広げられ、何がどうなってるのか、300字くらいでまとめて欲しい。あっさりと、火星編から地球編に物語が引き継がれるのかと思いきや、まさかまさかの展開。想定外の設定、そして先が読めないストーリー。 3部もまたこれも誰かの陰謀臭的な感じがプンプンしてならない…。





2016年4月15日放送
ジャンル…
 マギ シンドバッドの冒険/原著:大高忍、画:大寺義史

マギ シンドバッドの冒険(1) (少年サンデーコミックス)/小学館

¥価格不明
Amazon.co.jp

アニメタイトル:マギ シンドバッドの冒険

最速放送日:2016年4月15日(金)26:40~(TBS)

■キャスト
小野大輔、杉田智和、石田彰、茅野愛衣、小西克幸、日笠陽子、子安武人、東地宏樹、櫻井孝宏、藤原啓治、藤村歩

■スタッフ・制作会社
原作:大高忍・大寺義史(小学館「裏サンデー」連載)、監督:宮尾佳和、脚本:岸本卓、キャラクターデザイン:佐古宗一郎、音楽:大久保友裕 、制作会社:レイ・デュース

■主題歌
【OP】PENGUIN RESEARCH「スポットライト」
【ED】フジファブリック「ポラリス」

≪あらすじ≫
大人気コミック『マギ』に正当なる前章がここに!!
後に七海の覇王とよばれるシンドバッドを主人公として物語はマギより30年前の時代から始まります。
マギに出てくる様々なキャラクターの若き日がここに!!
全く新しい魔導冒険譚いよいよスタート!!

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1シンドバットの半生とマギに出てくる様々なキャラクターの若き日がここに!!
『マギ』に登場するシンドリア王、シンドバッドの若き日の物語です。(といっても、マギの物語の段階でも、29歳でまだまだ若いんだけど)。『マギ』が比較的コミカルなシーンを交えて展開されるのと異なり、少なくとも1巻目ではかなりシリアスで時に凄惨な場面を伴う点で、気持ちを乗り換えて読んだほうが良いと思います。物語はシンドバッドの誕生から始まり、やがて初めての迷宮を攻略へ…。絵も上手で読みやすく、展開も良いのですが、辛い幼少時代が描かれているので、読んでいてちょっと辛かったです。ただ、明らかに『マギ』の前段にあたるし、重要な登場人物も現れるので、読まずにはいられない作品です。また、これから幾つも迷宮を攻略し、さまざまな冒険を繰り返してゆくことは明らかなので、先の活躍が楽しみです。 読んでてワクワクするというか、人1人ごときが世界を動かそうと本気で思いこむのならやはりこれくらいの理由がなければという説得力のあるお話です。描いているのはアシスタントさんとの事ですが、とても丁寧な出来です。マギ独特の異国情緒溢れるあの雰囲気が完全再現されています。 『マギ』と『マギ~シンドバッドの冒険~』。過去と現在の話が繋がったときマギの真の世界が明らかになることでしょう。『マギ』にくらべ『シンドバッドの冒険』は、より正当派な冒険譚になっております。少年シンドバッドの活躍を是非楽しんでください。





ジャンル…アクション
 ビッグオーダー/えすのサカエ

ビッグオーダー(1)<ビッグオーダー> (角川コミックス・エース)/KADOKAWA / 角川書店

¥価格不明
Amazon.co.jp

アニメタイトル:ビッグオーダー

最速放送日:2016年4月15日(金)25:40~(TOKYO MX)

■キャスト
森田成一、三上枝織、田所あずさ、久野美咲、三咲麻里、鶴岡聡、林勇、立木文彦、原田ひとみ、立花慎之介、新垣樽助、早見沙織、石井真、若本規夫

■スタッフ・制作会社
原作:えすのサカエ、監督:鎌仲史陽、シリーズ構成・脚本:高山カツヒコ、キャラクターデザイン・総作画監督:小島智加、サブキャラクターデザイン:渡辺佳奈子、プロップデザイン・3Dモデリング:江田恵一、美術監督:青山直樹、美術設定:長澤順子、美術:プロダクション・アイ、イメージボードデザイン:上津康義、色彩設定:福谷直樹、撮影監督:武原健二、CGディレクター:河村遼、撮影:スタジオ トゥインクル、編集:伊藤潤一、音響監督:鶴岡陽太、音響効果:倉橋裕宗、音響制作:楽音舎、音楽:Evan Call、音楽制作:ランティス、音楽プロデューサー:斎藤滋/吉江輝成/臼倉竜太郎、プロデューサー:伊藤敦、アニメーションプロデューサー:平松巨規 、制作会社:アスリード

■主題歌
【OP】妖精帝國「DISORDER」
【ED】畑亜貴「毀レ世カイ終ワレ」

≪あらすじ≫
物語の主人公、星宮エイジの通う高校に転校生がやって来た。容姿端麗なその彼女は、紅鈴(くれないりん)という。お近づきになりたい、と願うエイジ。下校して帰宅の途に着くエイジの背後に現れたのは、何とその転校生、紅鈴だった!?

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1世界×俺=展開世界巡る因果!!
10年前、僕が望んだ願いは世界支配だった!?だが願いは無惨にも少年の未来を奪い去ってしまう。それから10年。義理の妹と共に九州にて星宮エイジは暮らしていた。彼らが住む世界は10年前の事件以来姿を変え、人々はオーダーと呼ばれる超能力者を憎む日々を送る。ある日、紅鈴という一人の少女との出逢いからエイジの日常は大きな変化を遂げていく--未来日記の作者が画く新たな超能力バトル! えすのサカエ先生版のジョジョ的な、厨二病的な演出が毎回たまらん。主人公・星宮エイジは、オーダーと呼ばれる特殊能力を幼少の頃から持つ。その特徴はドミネーター。自分のある特定領域までにいるものを自分の意思の支配下に置くというもの。その能力が暴走し、世界は一度破滅した。エイジが願ったことにより、多くの人が死んだ。妹と一緒に生きることができる日々を願っただけであったが、事はうまく行かなかったので、悲劇が起き、エイジは人々の憎しみを浴びることとなる。絵柄も好みだしなかなか面白かったんだけど、ただ巻末の展開はどうなの? 独立国家を作っちゃう奴が自分から支配されるって意味がわからない。次の展開に期待だが、その後エイジどんどん余裕無くなっていくせいで性格も変わっていってる気がするのは気のせいだろうか……?




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック