FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

2016年春夏、土曜ドラマ『朝が来る』

kage

2016/07/30 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★6月4日スタート 

フジテレビ系 土曜 午後11:40~深夜0:35

 朝が来る

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
---------------------------------------------------------------------------------------
原作:辻村深月「朝が来る」(文藝春秋)/脚本:高橋麻紀/演出:古澤健/演出:金子与志一/プロデューサー:松本圭右/プロデューサー:渋谷未来/プロデューサー:井上季子

主題歌:ZAZ「もし私が忘れるようなことがあったら」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
栗原佐都子(安田成美)
夫・清和、6歳になる息子・朝斗と暮らす45歳の主婦。職場の同期だった清和と結婚後、子供がなかなか授からないため不妊治療を始め、2年間の治療の末に断念。その後、特別養子縁組によって朝斗を養子として迎え、幸せな毎日を送っていた。しかしある日、朝斗の生みの親と名乗る謎の女性からの電話を受ける。

謎の女(川島海荷)
栗原家に電話をかけてくる謎の女性。朝斗の実母・片倉ひかりを名乗り、佐都子に「子供を返してくれ」と迫る。

栗原清和(田中直樹)
佐都子の夫。45歳。出版社勤務で、週刊誌の副編集長。不妊の原因が自分だったことが分かり、ショックを受ける。その後、朝斗を養子に迎えて穏やかで幸せな生活を送っていた。

後藤香澄(佐津川愛美)
清和の部下。頭脳明晰で優秀だが、妻子ある男性との不倫を繰り返している。家族というものに対して批判的な感情を抱く。

星野理沙 (滝沢沙織)
栗原家の近所に住む佐都子の友人。朝斗の友達・大空の母親で、第2子を妊娠中。明るく物怖じしない性格で、年上の佐都子にも言いたいことをはっきり言う。佐都子の頼りになる話し相手。

浅見洋子(石田えり)
養子縁組仲介団体「ベビーバトン」の代表。独身。経営難に苦しみつつも、“頼って来る女性たちは自分の家族”との思いで事業を続けている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
辻村深月の傑作を連続ドラマ化。安田成美が16年ぶりに連続ドラマ主演! 
直木賞作家・辻村深月の、本年度「本屋大賞」にノミネートされた感動長編小説をオトナの土ドラ第2弾として連続ドラマ化。男性不妊、特別養子縁組など、現代の日本で一般的になりつつあるがタブー視されがちな問題を、リアリティー重視で描き出す珠玉の人間ドラマ。主演を務めるのは、約16年ぶりの連続ドラマ主演となる安田成美。特別養子縁組によって“母”になった主人公・栗原佐都子を熱演する。そのほか、栗原夫妻が養子に迎えた息子の実母を名乗る謎の女性役に川島海荷が人生初の金髪で挑み、佐都子の夫・清和役に田中直樹が扮する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月25日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
栗原佐都子(安田成美)は、出版社に勤める夫・清和(田中直樹)と6歳になる長男・朝斗と穏やかで満ち足りた日々を送っていた。実は朝斗は実子ではなく、長く苦しい不妊治療の末、一度は子供を諦めた時にひょんなことから知った特別養子縁組によって迎え入れた養子だった。このまま幸せな日々が続いていくと思っていた佐都子だが、朝斗が6歳になったある日、1本の電話がかかって来る。朝斗の実母を名乗るその女性は佐都子に、「私が産んだ子供を返してください」と迫るのだった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月1日更新】
■ あらすじ(第1話 6/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
佐都子(安田成美)は出版社勤務の夫・清和(田中直樹)、6歳の息子で養子の朝斗(林田悠作)の3人家族。ある日、佐都子は朝斗の実母・ひかりを名乗る女性(川島海荷)からの電話で「子どもを返してほしい」と言われ、衝撃を受ける。程なく、佐都子の元に幼稚園から朝斗がいなくなったと連絡が入る。6年前。中学生のひかり(原菜乃華)は特別養子縁組支援団体にやって来た。代表の洋子(石田えり)は妊娠中のひかりを温かく迎える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月8日更新】
■ あらすじ(第2話 6/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
佐都子(安田成美)と清和(田中直樹)は、朝斗(林田悠作)の実母・ひかりを名乗り接近してきた女性(川島海荷)と相対する。あなたは誰なのかと問う清和に対し、女性は自分は朝斗の母親ではないと謝罪し、逃げるようにその場を去っていく。その数日後、佐都子は幼稚園で、朝斗が友達の大空(斎藤汰鷹)を遊具から落としたらしいと聞く。朝斗の「押してない」という言葉を信じた佐都子は大空の母・理沙(滝沢沙織)の元を訪ねる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月15日更新】
■ あらすじ(第3話 6/18放送 ※深夜0:10~深夜1:05 )
----------------------------------------------------------------------------------------
朝斗(林田悠作)の実母・ひかりと名乗る女性(川島海荷)はやはり本人で、警察に追われる身だった。それを知った佐都子(安田成美)は、6年前に顔を合わせていながらひかりと気付かなかった自分を責める。そんな中、佐都子と清和(田中直樹)は、清和の部下・香澄(佐津川愛美)から「家族神話を考える」という企画の取材を受ける。2人は、清和の無精子症のこと、不妊治療を受けたこと、特別養子縁組支援団体を訪ねた経緯を語る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月22日更新】
■ あらすじ(第4話 6/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
佐都子(安田成美)は、朝斗(林田悠作)を連れて広島へ向かう。休日出勤をした清和(田中直樹)は、仕事終わりに香澄(佐津川愛美)とワインバーへ行く。酔った香澄は自身の壮絶な過去を語り、清和は彼女が家族というものを拒絶する理由を知る。広島に着いた佐都子は、特別養子縁組支援団体の施設を訪問。洋子(石田えり)の案内で、ひかり(川島海荷)が暮らした寮や働いていた店などを巡った佐都子は、当時のひかりに思いをはせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月29日更新】
■ あらすじ(第5話 7/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
広島。佐都子(安田成美)が帰京の準備をする中、朝斗(林田悠作)はおもちゃのピアノで「きらきら星」を弾いていた。それを見た洋子(石田えり)は、ひかり(川島海荷)もよくこの曲を弾いていたとつぶやく。佐都子は朝斗の中にひかりの思いが息づいていることを感じ取る。一方、ひかりは定食店を営む朱美(MEGUMI)と出会う。子どものことを考えたら金を盗むようなばかなことはしないと言う朱美に、ひかりは何も言い返せない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月6日更新】
■ あらすじ(第6話 7/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
佐都子(安田成美)は洋子(石田えり)から、特別養子縁組支援団体の説明会で話をしてほしいと頼まれる。だが、清和(田中直樹)が抱えてきた思いを知ったばかりの佐都子はためらう。ひかり(川島海荷)は朱美(MEGUMI)に病死した子がいたと知る。一時は生きることすら面倒になったという朱美の「それでも種をまいて明日を生きるしかない」という言葉にひかりは聞き入る。一方、不倫相手の子を妊娠した香澄(佐津川愛美)は出産を迷う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月13日更新】
■ あらすじ(第7話 7/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
体調を崩した香澄(佐津川愛美)は、佐都子(安田成美)の家で休ませてもらい、家庭の温かさに触れる。だが、自身の妊娠のことに話が及びそうになると心を閉ざす。一方、ひかり(川島海荷)は心を寄せ合う健太(小野塚勇人)が振り込め詐欺に加担していることを突き止める。健太を救うため、ひかりは実家から金を借りようと電話をするが、母・咲子(赤間麻里子)の言葉は冷たかった。ひかりを助けたい佐都子は、咲子を訪ねる。

※7月23日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月27日更新】
■ あらすじ(第8話 7/30放送 ※深夜0:00~深夜0:55)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
罪を償い、もう一度やり直すため、ひかり(川島海荷)と健太(小野塚勇人)は警察への出頭を決める。だが、借金取りの坂上(山田将之)らがそれを阻止。朱美(MEGUMI)はひかりらの解放を願い、坂上に包丁を向ける。一方、洋子(石田えり)と一緒に片倉家を訪れた佐都子(安田成美)は、事件を起こした健太と共にひかりが再び姿を消したと知って驚く。またしても娘を拒絶する咲子(赤間麻里子)に、佐都子らはある事実を告げる。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック