FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

〈教えて!コミックエッセイ〉子宮の中の人たち リアルタイム妊娠まんが/EMI

kage

2016/06/15 (Wed)

〈教えて!コミックエッセイ〉
マンガエッセイa

お気楽に読めるようでいて、意外とあれこれ学ぶことも多いコミックエッセイ!

リアルだからこそ面白い、多種多様で実用的な人生のカタログです。



アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


ライフイベントはネタになる!
結婚・妊娠・育児

 子宮の中の人たち リアルタイム妊娠まんが/EMI

子宮の中の人たち リアルタイム妊娠まんが/KADOKAWA/エンターブレイン

¥1,080
Amazon.co.jp





Arikaアイコン(小)1月間1000万PV!
ネットで話題の漫画「子宮の中の人たち」待望の書籍化!

妊娠を知った瞬間、これまで子どもに一切興味がなかった作者EMIは衝撃を受ける。そしてBlogやTwitterにその日々をマンガで綴り始め、新たな生活が夫婦におとずれていく――。作者EMIの妊娠した嬉しい気持ち、身体や体調の変化に気持ちが付いていかない素直な心境、不安が強くなったり、妊娠っていう独特の変化に戸惑ったり、パートナーとのケンカ、EMIの家出など、10ヵ月の間に起こった夫婦の出来事をライブ感覚でBlogで描いている。これまで紹介した妊娠、出産のエッセイ漫画の中でも本作は異色。そして傑作!体内を会社にたとえ、小さい中の人たちが胎児を作り出し、出産に向けて奮闘するという空想の世界のエンタテインメント「子宮の中の人たち」という発想が、面白さと、各種、細胞etcの働きにクスッと笑わされる。ただし、あくまで空想の世界のエンタテインメントなので、妊娠指南書を求める人にはオススメしない。しかし初めて妊娠を迎えた夫婦への入門書としては最適である。「妊娠は病気じゃない」とされてはいるが、体にとっては明らかに非常事態であることは間違いだろう。月一の生理しか仕事のない勝ち組だった中の人たちが胎児の建築、出産準備で怒濤の激務、ブラック企業の一員に変化するのが涙なくして読めない。もちろん笑いすぎの涙だが、中の人達の働きっぷりに、笑いながらも受精して1人の人間となるまで、よくぞ頑張って送り出してくれたと感謝したくなる。マンガなので気楽に、笑いながらも妊娠・出産の大変さ。電車やバスの中、もし妊婦さんや子連れの人に遭遇したら思いやりを持った行動を取ろうと思った。 妊娠をするということがどれだけとてつもない大事件が身体の中で起きているのか、それを面白おかしく描いている作者EMIの感性は素晴らしいと思いました。




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック