FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

(2016年メディアミックス作品)6月火曜日・夏ドラマ化される原作&コミック「OLですが、キャバ嬢はじめました/ふれなばおちん」

kage

2016/06/21 (Tue)

さる1

2016年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■6月火曜日・夏ドラマ化される原作&コミック

【6月21日(火)放送スタート!】
・OLですが、キャバ嬢はじめました/鏡なな子(著)

【6月28日(火)放送スタート!】
・ふれなばおちん/小田ゆうあ(著)

ドラマを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!





【6月21日(火)放送】
 OLですが、キャバ嬢はじめました/鏡なな子(著)

OLですが、キャバ嬢はじめました (コミックエッセイの森)/イースト・プレス

¥1,080
Amazon.co.jp

■ドラマタイトル:「OLですが、キャバ嬢はじめました」

■放送日:6月21日スタート TBSほか 火曜 深夜1:28~深夜1:58 

■原作/原案…原作:鏡なな子「OLですが、キャバ嬢はじめました」(イーストプレス)

■スタッフ
脚本:山咲藍/監督:小川弾/プロデューサー:大澤剛/プロデューサー:丸山博雄/プロデューサー:深迫康之/プロデューサー:藤田大輔/プロデューサー:星友里恵/プロデューサー:近藤あゆみ/プロデューサー:宮田 幸太郎

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
小泉菜奈子(倉持明日香)
広告代理店勤務の25歳。キャバクラ「クラブ プロポーション」で平日の夜だけ働き、貯金をしようとする。次第に、「稼げるキャバ嬢になることは、女に磨きをかけることだ」と気付く。

カズミ(筧美和子)
「クラブ プロポーション」のキャバ嬢。菜奈子の1週間前に入店した新人。勝手の分からない菜奈子にいろいろとアドバイスする。

メグミ(奥仲麻琴)
「クラブ プロポーション」のキャバ嬢。売り上げナンバー5で“神セブン”の一人。なぜか菜奈子にいろいろと絡んでくる怖い存在。

姫乃(石川梨華)
「クラブ プロポーション」のナンバーワンのキャバ嬢。端麗な容姿だけでなく、ツンデレ具合も完璧。

織田(福士誠治)
「クラブ プロポーション」の店長。キャバクラでの勝手が分からない菜奈子に接客の基本だけを教え、初日から現場に放り込む。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介…元AKB48の倉持明日香がドラマ初主演! 地味なOLがキャバクラで働き女を磨く 
----------------------------------------------------------------------------------------
鏡なな子による同名の漫画エッセーを原作に、昼間はOL、夜はキャバクラ嬢として働く主人公・小泉菜奈子を、元AKB48の倉持明日香が演じる。広告代理店勤務のちょっと地味なOL・菜奈子が、貯金目的で平日の夜だけキャバクラで働き始め、上司の来店、女同士の争いなどを乗り越えながら、「一人前の稼げるキャバ嬢になることは、すなわち女に磨きをかけることである」と気付き、大人の女性として成長していくストーリー。キャバクラの店長・織田役に福士誠治、店でナンバーワンのキャバ嬢・姫乃役にモーニング娘。OGの石川梨華 、菜奈子にアドバイスをくれるキャバ嬢・カズミ役を筧美和子が演じる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
≪原作内容紹介≫
礼儀、気配り、会話力。
強く優しく賢い女への道!
昼はOL、夜はキャバ嬢の、二重お仕事コミックエッセイ

いつも金欠状態のなな子、時給のいいキャバクラに飛びこんでみたけれど……
彼氏にも会社にも内緒で、これから一体どうなるの!?


プラダを着た悪魔のキャバ嬢版?って感じ!
Arikaアイコン(小)1キャバ嬢コミックエッセイなので、ノルマ・罰金・キャスト同士の関係・嫌な客と、「簡単に稼げる仕事じゃないよ」というのをリアルに描いているので、これからキャバクラに勤めようと考えている女性たちには事前に読んみては。実際に働いていると普通のあるあるだから特別楽しめないけれど、主人公の奮闘に初心を思い出せた部分はありました。礼儀や気配りに関しては、普通の会社で学ぶ事が出来る事もあるし、作者の気づきの場がキャバだったというだけで「女子力アップ出来る場所!」っていうアピールには残念! ただ、キャバ嬢デビューして、接客やファッションなんかの成長が描かれ「プラダを着た悪魔」のキャバ嬢版って感じでキラキラ光っていく姿がとってもよかったし、周りとのやり取りも本当にありそうで面白かったです。ただ、簡単な仕事でお金もらって遊んで、という偏見の多いキャバ嬢が本当はとても大変で社会勉強になるというのは本当だと思います。しっかりした頭のいい子でなければどんな仕事も務まらないですよね。経済的に厳しい時代において、夜の仕事をせざる負えないケースは増えておりいかに理解を示すかが重要になってきているので読んで損なしの1冊です。 一方で店に行く男性も読んでいくと世界をより理解できるようになると思います。





【6月28日(火)放送】
 ふれなばおちん/小田ゆうあ(著)

ふれなばおちん 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

■ドラマタイトル:「プレミアムよるドラマ ふれなばおちん」

■放送日:6月28日スタート NHK BSプレミアム 火曜 午後11:15~午後11:45 

■原作/原案…原作:小田ゆうあ「ふれなばおちん」(集英社クリエイティブ)

■スタッフ
脚本:安達奈緒子/演出:三木康一郎/制作統括:磯智明/制作統括:石田麻衣

■主題歌:kōkua「黒い靴」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
上条夏(長谷川京子)
社宅に住む40歳の主婦。2児の母。家族のために生きてきて身なりを構わなくなったことを、中学生の長女・優美香に嫌がられている。階下に越してきた若い男性・佐伯が、次第に気になる存在となる。

佐伯龍(成田凌)
義行と同じ部署で派遣社員として働く、28歳の独身男性。役者志望で、劇団に所属している。

小牧莉絵(戸田菜穂)
夏と同じ社宅に住む友人。夫と子供を捨て、年下の恋人と駆け落ちした。夏とは子供同士が同級生で仲が良かったため、以前はよく話をしていた。

上条義行(鶴見辰吾)
夏の夫。夏を女として見ていない。部下である佐伯に「妻を誘惑してほしい」と冗談で言う。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介…長谷川京子が家族への愛情と年下男性への恋心の狭間で苦悩する主婦役を熱演
----------------------------------------------------------------------------------------
「斉藤さん」などで知られる漫画家・小田ゆうあによる同名漫画を連続ドラマ化。“ふれなばおちん”とは、触れられただけで恋に落ちてしまう、危うい心情にいる女性を表現した言葉。日常生活の中で潤いやときめきを忘れた主婦たちが、恋に落ちていく、危うくも切ない心情をリアルに描く。夫以外の男性と恋に落ちる主人公・上条夏を演じるのは長谷川京子。夏が心を寄せる年下の男性・佐伯龍に成田凌、夏の夫・義行に鶴見辰吾、夏の相談相手で、家族を捨て不倫に走る主婦・小牧莉絵に戸田菜穂が扮する。脚本は「リッチマン、プアウーマン」「失恋ショコラティエ」(ともにフジテレビ系)などの安達奈緒子が手掛ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
≪原作内容紹介≫
結婚××年。家族のために生きてきました。それで幸せ、それが幸せ、と思っていたけれど、最近娘が、もっとキレイなお母さんでいてよ、なんてことを言いだした。母だけじゃ、いけないのでしょうか─。

すっかり女を忘れた主婦ってリアルなテーマで、何故だか読んでて心がざわつく(笑)
Arikaアイコン(小)1結婚して女を捨てている主婦の話。見た目を気にしなくなった夏。家族がいて、みんなが幸せならそれでいいと思っている。けど、そんな夏を恥ずかしいと思う娘、同僚の奥さんを見てから、夏を疑問視し出す旦那。この旦那の考えもすごいけど。誘惑の話にのる部下佐伯も胡散臭すぎる。。母として妻としてでは無い、女としての自分になった時、恋するのは旦那じゃダメなんだね。てか旦那が酷過ぎて殺意を覚えるw 主人公・夏の雑さは確かにアレだけど、嫁を誘惑するように頼む旦那ってどうなのよ……。 夫は妻に対して、母だけじゃだめで、妻だけじゃだめで、じゃあ女になって恋をしようと思えば家族に責められる。娘は母親には綺麗でいてもらいたいけど、家庭的であって欲しい、父親以外の男性と話してるのは見たくない。もしこのお父さんの企みがバレたら娘の怒りは父親にも向きそうだよね。思春期の子育て真っ最中の主婦の身なりの構わなさに対する娘と息子、同級生の男子との反応の違い…面白い。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック