FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2016年夏、木曜ドラマ『遺産相続弁護士 柿崎真一』

kage

2016/09/22 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★7月7日スタート 

日本テレビ系 木曜 午後11:59~深夜0:54

 遺産相続弁護士 柿崎真一

Arika注目1h遺産相続をめぐるトラブルを型破りな方法で解決していく人間模様!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:林誠人/演出:白川士/プロデューサー:中村泰規/プロデューサー:田中雅博

主題歌:出雲咲乃「世界のしかけ」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
柿崎真一(三上博史)
遺産相続案件を専門に扱うワケあり弁護士。金もうけが大好きで、案件解決の手段も型破りなものだが、「遺産に隠された本当の価値」を探り出してきちんと金に換え、そのおこぼれに預かることをポリシーとしている。金を使うのも大好きで、弁護士にも関わらず闇金に多額の借金がある。2度の離婚歴があり、現在は独身。美樹とは付かず離れずの大人の関係だが、ほれてはいない。「安らかにお休みください」が口ぐせ。

丸井華(森川葵)
柿崎法律事務所に勤める新米弁護士。ギリギリの経済状況下で育ったため人一倍、金への執着心が強い。弁護士になったのも金のためで、金のためならボスの柿崎も平気で裏切る。司法試験の問題作成を担当した教授をたらし込み、問題を横流ししてもらって合格したといううわさがある。

水谷美樹(酒井若菜)
セレブを相手にした歯科医院を営んでいる美人歯科医。柿崎のガールフレンドだが、それは患者たちの遺産を手に入れるため。さまざまな資格を有する才女で、歯科医院以外にも多角的な経営をしている。

河原井正(豊原功補)
闇金会社の社長で、とある組織の若頭。社会的弱者には優しく接するが、自社から金を借りている柿崎が成功報酬を手にすると、容赦なく全額回収していく。名字の読み方は「かわらい」だが、柿崎や華からは「かばらい」と呼ばれている。柿崎とは過去に因縁がある様子。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
三上博史がワケありの弁護士役で主演! 遺産相続をテーマにしたヒューマンドラマ! 
三上博史が遺産相続を専門とするワケあり弁護士役で主演を務めるヒューマンドラマ。三上が演じるのは、変わり種の弁護士・柿崎真一。「遺産の価値は“金”」が持論で、相談者から持ち込まれた案件を常識やモラル、規制を超えて決着に導く。その一方で、「故人の財産だけでなく、“思い”を残された人たちへつないでいく」をモットーとするなど、人間くさい一面も持ち合わせている。ドラマでは、そんな柿崎が財産をめぐる骨肉の争いをとんでもない形で解決していくさまを、硬軟織り交ぜて描いていく。共演は森川葵、酒井若菜、豊原功補ほか。


----------------------------------------------------------------------------------------
【6月30日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
横浜のわい雑な町に事務所を構える柿崎真一(三上博史)は、遺産相続案件を専門に扱う弁護士。もともとは刑事事件から企業の顧問弁護士まで務める敏腕だったが、2年前に、とある案件で弁護士法に抵触し一線を退いた。失った信用をなかなか取り戻せずに自転車操業が続いていたある日、セレブ老人の遺産相続問題の相談を受けた柿崎は、法廷に出ることなく多額の報酬を獲得。「これは金になる」と味をしめ、“遺産相続専門弁護士”になる。高齢化社会を迎えたことも相まって、柿崎のもとにはさまざまな遺産トラブルを抱えた依頼人が日々来訪する。柿崎はそれら案件を決して法廷には出ず、とっぴな手段を用いて解決していく。


----------------------------------------------------------------------------------------
【7月6日更新】
■ あらすじ(第1話 7/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
‘遺産の本当の価値’を探り出す遺産相続専門弁護士・柿崎(三上博史)と新米弁護士・華(森川葵)は、資産家の老人・山岸(螢雪次朗)の告別式に潜り込み、山岸の娘・倫子(紫吹淳)とクラブのママ・淳子(奥菜恵)のけんかに遭遇。淳子は山岸が死ぬ6時間前に入籍しており、柿崎に妻としての法定相続分1億5千万円を取りたいと依頼する。淳子を父の妻と認めない倫子は裁判も辞さない構え。柿崎は山岸と淳子の関係を調べ…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月13日更新】
■ あらすじ(第2話 7/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
明日香(西原亜希)という女性から、古生物学者の義父・源蔵(田野良樹)が残したらしい化石を遺産として守ってくれという依頼が柿崎(三上博史)の事務所に舞い込む。その化石は日本文化財研究所所長の遺山(篠井英介)が研究所のものと主張していた。珍しい化石なら億はすると知った柿崎は、ごみだらけの源蔵の家から化石を捜す。一方、源蔵の息子・清彦(岡山天音)は家庭を顧みなかった父を恨み、相続放棄すると言う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月20日更新】
■ あらすじ(第3話 7/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
河原井(豊原功補)はなぜか涙ぐみながら、世話になったというボクシングの金メダリストで消費者金融会社社長・卓(清水紘治)の依頼を柿崎(三上博史)に押し付ける。それは、亡き弟・徹に貸していた4500万円を回収しろというもので、徹の妻・芳子(烏丸せつこ)は約2千万円しかない遺産の一部に手を付けていて、相続放棄もできない状態だ。柿崎は依頼を断るが、やがて芳子と金メダルを巡る兄弟の確執を知ることになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月27日更新】
■ あらすじ(第4話 7/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
柿崎(三上博史)は余命わずかのリサイクル店経営者・富沢(泉谷しげる)から、自分名義の預金と小学校の演奏会を収録したレコード1枚を娘・璃菜(篠原ゆき子)に遺品として届けてほしいと依頼される。ところが、柿崎は誤ってレコードを割ってしまう。一方、璃菜は訪ねてきた柿崎から事情を聞くが、父と関わりたくないの一点張り。なんとかレコードを聴きたい柿崎は、当時同校の音楽教師だったヨーコ(大島蓉子)に会う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月3日更新】
■ あらすじ(第5話 8/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
資産家・霧島の遺言書が公開され、柿崎(三上博史)の依頼人である婚外子・珠美(藤本泉)に別荘が相続されるという。幼い頃に母に捨てられ、父を知らない珠美は、霧島の長女・貞世(町田マリー)が激怒し、次女の清美が無言で見詰める中、相続を決意。だが、そこは有名な幽霊屋敷。珠美から別荘ではなく遺産3億円の3分の1が欲しいと頼まれた柿崎は、幽霊の存在を証明しようとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月10日更新】
■ あらすじ(第6話 8/11放送 ※深夜0:09~深夜1:04)
----------------------------------------------------------------------------------------
いつも柿崎(三上博史)が使っているラブホテルの一室を訪れ、誰もいない部屋で寝入った華(森川葵)。彼女はやって来た柿崎から、大学時代のゼミの教授・桃山(ベンガル)が亡くなり、仕事の依頼が来たと言われる。それは、華の2年後輩のゼミ生・宏子(梶原ひかり)が桃山の子を妊娠しているから、彼の遺産1億円の在りかを探ってほしいというもの。その手掛かりだという桃山のマンションの鍵を見た華は、顔色を変える。

※8月18日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月24日更新】
■ あらすじ(第7話 8/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
柿崎(三上博史)と出会い、1億円の宝くじが当たったと話していた百子(木下美咲)が交通事故で亡くなった。柿崎が葬儀に訪れると、百子の父・島田(中丸新将)と離婚した母・美奈子(銀粉蝶)が、遺産の1億円を巡って対立。柿崎の仕事を知った島田は、不倫をして百子に悪影響を与えた美奈子に遺産が渡らないよう依頼し、華(森川葵)も美奈子からの依頼を受ける。調査を始めた柿崎は、百子の部屋で怪しい紙包みを見つける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月31日更新】
■ あらすじ(第8話 9/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
美樹(酒井若菜)に遺言書の隠し場所を見つけたら遺産5億円を渡すと約束した宗次(渡辺哲)が瀕死(ひんし)の状態に。すると宗次の妻・藤堂(梅沢昌代)は、結納金5億円で娘の留美子(中村ゆり)と結婚してくれと柿崎(三上博史)に申し出る。柿崎は断るが、金に目がくらんだ華(森川葵)と河原井(豊原功補)は勝手に婚姻届を出す。その後、宗次が死亡。さらに、留美子が殺害された可能性が浮上し、その犯人だと疑われた柿崎は逃げる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月7日更新】
■ あらすじ(第9話 9/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
雨の中、子犬を拾った柿崎(三上博史)は追ってきたペットショップ店員・和子(福島マリコ)から誘拐犯だと疑われる。サブローというその子犬の亡き飼い主・謙太(小椋毅)は、弟・康介(山崎樹範)がサブローを死ぬまで飼うことを条件に遺産2億円を相続させる「負担付死因贈与契約」を結んでいた。和子はその監視役であり、契約不履行の場合は代わりに遺産を相続できる立場。柿崎らは和子と康介の騒動に巻き込まれる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月14日更新】
■ あらすじ(第10話 9/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
柿崎(三上博史)は、亡き画家・多村(植木祥平)の妻・孝子(高橋ひとみ)の依頼で、高校時代のタイムカプセルに多村が入れた彼の最初の作品を捜し出す。それはとても下手で、美術商の林田(久ヶ沢徹)もお手上げの代物。そこで柿崎は多村の新作発表会を開けばもうかると林田に持ち掛ける。一方、カプセル開封時に1枚の絵を隠した柿崎は、その絵が多村の‘ゴースト画家’をしていた隆(矢柴俊博)のものだと林田から聞き…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月22日更新】
■ あらすじ(第11話 9/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
作家だった妻・まゆみ(西山繭子)の自殺以来、会っていない娘・みなみ(鈴木梨央)が柿崎(三上博史)の前に現れ、自殺の理由を教えてほしいと迫る。だが、柿崎にごまかされたみなみは、河原井(豊原功補)と華(森川葵)に、母が生前出版した本がフランスでヒットして印税5億円が入ったが、父には渡したくないから代理人になってと依頼する。そんな中、まゆみが書き残した本の続編を狙う泥棒が出没、さらにみなみが誘拐される。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック