FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

(マンガで読み解く「女の一生」3⃣)「ベルサイユのばら」池田理代子

kage

2016/07/03 (Sun)

マンガ読むとく「女の人生」


女の一生にとっての大きな要素を4キーワード設定。

それらの様相を巧みに描き出す、いま注目のマンガ家をご紹介。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


3⃣生活のためだけに働いているわけじゃない
賃金以上の「何か」を求めて働く女たち。

そこにある贅沢と喜びと、そして厳しさを描く。



少女漫画の歴史に燦然と輝くバラ…池田理代子

説明不要、少女漫画の歴史に燦然と輝く池田理代子。

東京教育大学(現・筑波大)哲学科在学中より劇画を描き始め、

『ベルサイユのばら』は社会現象ともいえる大ヒットとなり、今もなお国際的な人気を博する。

代表作にして、アニメもミュージカルも記録的大ヒットした80年代少女漫画屈指の名作。

巻き毛ドレスお花目には星!!少女マンガの王道にして、大河ドラマ的コミックの金字塔。

『オルフェウスの窓』で日本漫画家協会優秀賞受賞。

また2009年に、フランス政府よりレジオン・ドヌール勲章を贈られる。

1999年東京音楽大学声楽科を卒業、現在はソプラノ歌手、ミュージカル、コンサート、ディナーショウなどでも活躍中。




 ベルサイユのばら(1~12巻)/池田理代子(著)

ベルサイユのばら (1) (マーガレットコミックス (106))/池田 理代子

¥443
Amazon.co.jp

ベルサイユのばら (2) (マーガレット・コミックス (108))/池田 理代子

¥443
Amazon.co.jp

ベルサイユのばら (3) (マーガレット・コミックス (116))/池田 理代子

¥443
Amazon.co.jp

ベルサイユのばら (4) (マーガレット・コミックス (124))/池田 理代子

¥443
Amazon.co.jp

ベルサイユのばら (5) (マーガレット・コミックス (131))/池田 理代子

¥443
Amazon.co.jp

ベルサイユのばら (6) (マーガレットコミックス (137))/池田 理代子

¥443
Amazon.co.jp

ベルサイユのばら (7) (マーガレット・コミックス (142))/池田 理代子

¥443
Amazon.co.jp

ベルサイユのばら (8) (マーガレット・コミックス (145))/池田 理代子

¥443
Amazon.co.jp

ベルサイユのばら (9) (マーガレットコミックス (148))/池田 理代子

¥443
Amazon.co.jp

ベルサイユのばら (10) (マーガレット・コミックス (151))/池田 理代子

¥443
Amazon.co.jp

ベルサイユのばら 11 (マーガレットコミックス)/池田 理代子

¥713
Amazon.co.jp

ベルサイユのばら 12 (マーガレットコミックス)/池田 理代子

¥745
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1説明不要、少女漫画の歴史に燦然と輝く池田理代子の代表作!!
『ベルサイユのばら』は1972年に週刊マーガレットで連載開始以来、40年余にわたって愛読されるロングセラー。フランス革命を背景に展開される人間ドラマは、マリー・アントワネット、オスカル、フェルゼンの出会いから始まった! 説明不要、少女漫画の歴史に燦然と輝く池田理代子の代表作にして、アニメもミュージカルも記録的大ヒットした80年代少女漫画屈指の名作。さすがに 絵柄は古いけど、なんとも表現できない華やかさがあり、1巻から盛り沢山な内容!曲がった事が大嫌いなアントワネットの葛藤が胸に迫る。デュ・バリー夫人とのやり合いは、アントワネットを応援しながらもハラハラ。アントワネットには大人の不条理に負けて欲しくなかったけど、祖国と母の為に涙を飲んだ姿は素敵だと思う。最初は高みの見物をしているようなオスカルが少しずつアントワネットに真の忠誠心を見出していきます。巻き毛ドレスお花目には星!!少女マンガの王道にして、大河ドラマ的コミックの金字塔です。あと、わりと悪女のデュ・バリー夫人とジャンヌが好き。いかにもやらかしそ~うな、超いぢわるフェイス☆ しかも毎巻すごい場面で次巻に続く…。男だらけの職場で、男装をして誰よりも懸命に働くオスカルは、仕事においてもジェンダーにおいても刺激的な存在です。40年ぶりの新刊!「ベルサイユのばら11巻」は、「ベルばら」の後日譚を含む新エピソード満載。「ベルばら」の気になっていた「あの人」、その後の行方は・・・・。「アンドレとオスカルと出会う前の子ども時代のお話~革命後」「ジュローデル。子供時代のお話」「フェルゼン。フランス革命後、アントワネットの娘マリーとの再会」「アラン。オスカルの姪ルルーや、アランの妹の元婚約者とのお話」以上の4話です。お話の合間に、ちょっとしたエピソードも満載で、11巻から読んでも楽しいですが、これを契機に、もう一度ぜひ1巻から再読をしてみては如何でしょう。




池田 理代子(いけだ りよこ)

1947年12月18日生まれ。

血液型はAB型。

漫画家・劇画家・声楽家。

大阪府出身、千葉県柏市育ち。渋谷区在住。

☑作品リスト
1967年に『バラ屋敷の少女』でデビュー。

1972年に『週刊マーガレット』にて連載を開始した『ベルサイユのばら』が空前のヒット。石膏デッサンや油絵など本格的な絵の勉強をしながら連載を続けた。執筆のきっかけとなったのは、高校2年生の夏に読んだツヴァイクの『マリー・アントワネット』で彼女の魅力を知り、書きたいと思っていたことにある[3]。多忙のため大学に戻れず、入学から7年で中退を余儀なくされたが、2年間連載された同作品で少女漫画家としての人気は不動のものとなった。1975年からは『オルフェウスの窓』の連載を開始。1980年、同作品で第9回日本漫画家協会賞優秀賞受賞。

☑漫画作品
「ベルサイユのばら」 1972年 - 1973年。宝塚歌劇団による舞台化が大成功。アニメ化・映画化もされ、一種の社会現象を巻き起こした。
「おにいさまへ」… 1974年。NHK BS2でアニメ化された。
「オルフェウスの窓」 1975年 - 1981年。宝塚歌劇団で舞台化され、瀬戸内美八のさよなら公演となった。
「栄光のナポレオン-エロイカ」 1986年 - 1995年。ナポレオン・ボナパルトの栄光と没落を描いた大作。ロザリー、ベルナール、アランなど『ベルサイユのばら』の登場人物達も再登場し、続編的要素を持つ。
「クローディーヌ」…! 1978年。
「蒼い柘榴」
「祖国に愛を」
「沈丁花」
「妖子」
「ふたりぽっち」
「エピタラム」
「ウェディング・ドレス」
「桜京」
「雨あがり」
「真理子」
「私漫画」
「白いエグモント」
「章子のエチュード」
「パラノイア・ズライカ」
「マイ・ダイヤモンド」
「大人の恋愛時間」
「聞かなかった言葉」
「秋の華」
「風の記憶」
「魅女物語」
「ガラスの闇」
「フリージアの朝」
「シジフォスは憩う」
「エピタラム-祝婚歌」
「池田理代子短篇集」
「風を摘むプシケ」(池田理代子&矢島正雄)
「春の雪」(三島由紀夫&池田理代子&宮本えりか) 2006年。
「ファルコンの名騎手」(池田理代子&バーバラ・カートランド)
「愛はワルツにのせて」(池田理代子&バーバラ・カートランド)
「華麗なるロンドンの夜会」(池田理代子&バーバラ・カートランド)
「謎の貴婦人」(池田理代子&バーバラ・カートランド)
「国王とじゃじゃ馬娘」(池田理代子&バーバラ・カートランド)
「女王エリザベス」(池田理代子&宮本えりか)… 1999年。エリザベス1世の伝記を漫画化。元題は『エリザベス 国と結婚した女王』だった。
「愛は永遠に」(池田理代子&珠玉傑)
「ゆれる早春」(池田理代子&珠玉傑)
「生きててよかった!」(池田理代子&珠玉傑)
「女帝エカテリーナ」… 1982年 - 1984年。アンリ・トロワイヤ原作のエカテリーナ2世の伝記の漫画化。
「春日局 けふぞ火宅を」… 1989年。
「聖徳太子」… 1992年 - 1994年。
「天の涯まで」… 1999年。ポーランド分割の悲劇を描いた作品であり、主人公はナポレオンの元帥でもあったユーゼフ・ポニャトフスキ。『女帝エカテリーナ』、『ベルサイユのばら』、『栄光のナポレオン-エロイカ』の3作品の外伝的要素もある。
「ニーベルンクの指輪」… 2000年 - 2001年。リヒャルト・ワーグナー作の同名の楽劇を元にした作品。
「太王四神記」… 2007年9月25日から漫画化した韓国ドラマ『太王四神記』を連載する。
「ベルばらKids」… 2005年10月より朝日新聞土曜日別冊『be』に連載しているベルばらキャラクター達のコミカル四コマ漫画。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック