FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

日曜・夏アニメ「アクティヴレイド -機動強襲室第八係-2nd」

kage

2016/09/25 (Sun)

ジャンル:アクション
 アクティヴレイド -機動強襲室第八係-2nd

「アクティヴレイド-機動強襲室第八係」オリジナルサウンドトラック/FlyingDog

¥3,024
Amazon.co.jp

最速放送日:2016年7月10日(日)24:30~(BS日テレ)

■キャスト
島﨑信長、櫻井孝宏、小澤亜李、石上静香、倉田雅世、大川透、鳥海浩輔、大西沙織、花江夏樹、緑川光、大原さやか、相坂優歌、黒沢ともよ、田村ゆかり、田中あいみ、新井里美、速水奨

■スタッフ・制作会社
総監督:谷口悟朗、監督:秋田谷典昭、アニメーションキャラクターデザイン:西田亜沙子、シリーズ構成:荒川稔久、音楽:中川幸太郎、3DCG制作:オレンジ 、制作会社:プロダクションアイムズ

■ 主題歌
【OP】相坂優歌「セルリアンスカッシュ」
【ED】Liko(CV:黒沢ともよ)「Field Trip!!」

■作品解説
第三次流砂現象によりその一部が泥濘に沈んだ東京。復興作業用に作られた、高出力・強化外骨格<ウィルウェア>を使った犯罪の増加に対処すべく、警察庁警備局は、その吉祥寺分室に第五特別公安課第三機動強襲室第八係──通称<ダイハチ>を新設した。様々な法的制約としがらみに縛られながら、知恵と勇気と口八丁で凶悪事件に挑む若者達(一部を除く)! 決裁完了、出動せよ!!

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3正義の味方? いえいえ「ダイ八チ」です。
「アクティヴレイド -機動強襲室第八係-」は、フライングドッグによるオリジナルアニメ。近未来の東京を舞台に、高出力・強化外骨格「ウィルウェア」を駆使して事件を解決していく警察たちを描いたアクション作品で、第1期が2016年1月~3月に放送されたオリジナルアニメの第2期。総監督は「コードギアス反逆のルルーシュ」「ガン×ソード」の谷口悟朗さん、監督は「城下町のダンデライオン」の秋田谷典昭さん、キャラクター原案は「食戟のソーマ」の佐伯俊さん、アニメーションキャラクターデザインは「ラブライブ!」の西田亜沙子さん、シリーズ構成は「キングダム」の荒川稔久さん、アニメーション制作はプロダクションアイムズ。

今回、第2期からの新キャストとして、エミリア・エデルマン役に田村ゆかりさん、鏑木まりも役に田中あいみさん、アビゲイル・マルチネス役に新井里美さん、協会様役に速水奨さんが決定した。放送は、TOKYO MXで7月11日24:30~、サンテレビで7月11日25:00~、KBS京都で7月11日25:30~、テレビ愛知で7月11日27:05~、BS日テレで7月10日24:30








----------------------------------------------------------------------------------------
★放送日:2016年7月10日~2016年9月25日


Arika報告書v
ひとこと感想。
笑いを取るメカたち

1期よりも笑いや勢いがパワーアップ↑↑


----------------------------------------------------------------------------------------
評価:★★★☆ 3.6  
物語:3.6 作画:3.6 声優:3.6 音楽:3.5 キャラ:3.7

----------------------------------------------------------------------------------------
SF警察メカアクションの2期。

1期目の主人公といえるあさみちゃんは大阪の機動強襲室第九係に異動となり出演機会が減りましたが、変わってオスカー2こと黒騎くんが主人公という感じになりました。

2期目も様々なウィルウェアによる犯罪があり、ダイハチ(&第九も)が出動。

今期も活躍の機動強襲指揮車両(鉄道の線路と道路のどちらも走れる)他、大阪カタパルト、東京カタパルト、オスカー2用水中ユニットなどいろいろなメカが楽しませてくれました。

基本は1話完結ですが、全体を通したストーリーもあり、最終回には1期の最初からのネタふりの回収などもあって、とても良いまとめ方だったと思います。

1期目同様にシリアスな事件の中にも笑いあり、アクションあり、かわいい女性キャラありの、肩の凝らない娯楽物といったコミカルな描写を忘れず、大いに笑わせてもらいました。

作画は、かなり崩れが気になる回もありましたが、アクションシーンなどは良く動いていて、全体的には悪くなかったと思います。

やっぱり特撮ヒーローを意識したデザインや演出は多かった気がします。

あとあさみちゃん、部下を投げてぶつけるのはやめましょう(笑)。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック