FC2ブログ
2020 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 11

(夏だ!熱い!青春”部活”小説文庫/心を夢中にさせる文化部系)世界でいちばん長い写真/誉田哲也(著)

kage

2016/07/12 (Tue)

青春部活

今真っ只中にいる人も、卒業した人も、学生時代で密度の濃い時間を過ごしたのは部活ではないだろうか。

そして、多くの作家もまた、そんな愛おしい時間を小説にしている。

夏の青い空の下、振り返ってみたくなる青春部活小説をセレクト。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


心を夢中にさせる文化部系・写真部

 世界でいちばん長い写真/誉田哲也(著)

世界でいちばん長い写真 (光文社文庫)/光文社

¥596
Amazon.co.jp



Arikaアイコン(小)1 こんな卒業記念素敵ですよね。
祖父の古道具屋でカメラを見つけた日から何かが変わる。

中学3年生の宏伸は写真部。人気者だった親友の洋輔が転校してから、宏伸の毎日はいまひとつ楽しくなくて、特にやりたいことも見つからない。クラブ活動の写真部でも、部長からしかられてばかり。そんなある日、祖父の古道具屋で、大砲みたいにごつい不思議なカメラに出合う。世界一長い写真が撮れる「グレート・マミヤ」。その日から、宏伸の日常がきらめき始める。このカメラにはまった宏伸が提案した卒業イベントとは? ワクワクして胸にジンとくる「一生に、一度きりの、感動―――」を主人公と一緒に体験しよう。好きなこと、得意なこと、自分に出来ることを見つけるのって難しいけど、少しずつ成長していく宏伸が良かった。「何をやろうか迷ったら、考えてみりゃいいんだよ。誰を喜ばしたいか。その、喜ばしたい人の顔が浮かべば、それが正解だよ。やってみる価値、アリだと思うよ。あたしは。」 最後のあっちゃんの言葉、心に刻んでおきたい言葉になりました。 現像された世界でいちばん長い写真を見たくて仕方ない!私も混ざりたいくらいだ!
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック