FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

(2016年メディアミックス作品)7月30日に映画公開される原作&コミック

kage

2016/07/30 (Sat)

さる1

2016年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(7月30日全国公開)

7月30日(土)公開
・コープスパーティー Book of Shadows
・ちえりとチェリー  
・夢二~愛のとばしり
 


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!








ジャンル:ホラー
 コープスパーティー Book of Shadows  【7月30日公開】

コープスパーティー Book of Shadows 1 (アライブ)/メディアファクトリー

¥607
Amazon.co.jp

■内容紹介
呪われた学び舎「天神小学校」で起こった、児童四名、連続誘拐・殺害事件。三十年前に封印された骸(むくろ)の祭りが、現代に蘇る! 古ぼけた旧校舎に監禁され生殺与奪の権を握られた生徒たちの運命は……? 廃校監禁ホラー『コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー』から派生した様々な物語を綴ったゲーム『コープスパーティー Book of Shadows』、待望のコミカライズ第1巻!

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1グロあり、ちょいエロ。所々こわっ!!
人気ホラー・ゲーム・シリーズ。序盤は、七星と親友のさやかが天神小学校へ行き、七星がサチコに憑りつかれる辺りまで。さやかが可愛くて良い子だっただけに、こんな事に巻き込んだ罪は重い。そして、再び「あの日」を迎える直美たち。天神小学校で起きた死の運命は変えられない…直美が壊れる前に、世以子や繭たちの存在を取り戻せるのか?前作であるBCのコミカライズより、直美と世以子の百合要素が強かったのは良かった。 可愛い絵柄だけど死体や霊の絵は怖い。ただのホラーではなさそう。原作がゲームとあり、展開に期待。 純粋に画が怖い。とはいえ怖がらせようという場面以外はそうでもないが…。和風ホラーのゾッとする恐怖というよりは、洋風ホラーのグロかったり追いかけられる系の恐ろしさがメインかなあ。




■映画ストーリー
直美(生駒里奈)とあゆみ(前田希美)は、呪いのおまじない“しあわせのサチコさん”のせいで怨霊がはびこる異空間に飛ばされ、多くの仲間を失いながらも何とか生還する。あれから半年、死んだ仲間たちを取り戻すべく、二人は再び天神小学校へ舞い戻る。しかし、そこにいた仲間たちは死の運命にとらわれていた……。

★映画チェック★
ゲームシリーズをはじめ小説やコミックなどを展開し、アイドルグループ乃木坂46の生駒里奈主演で実写映画化したホラーの続編。前作の半年後を舞台に、呪いによって異空間へ飛ばされた仲間たちを取り戻すべく行動を起こしたヒロインたちの姿を活写する。主演の生駒や『ヲ乃ガワ -WONOGAWA-』などの前田希美が前作より続投、石川恋、水石亜飛夢、青木玄徳が新たにキャストに加わる。監督は、前作や『トイレの花子さん 新劇場版』などの山田雅史。決死のサバイバルが見どころ。


■スタッフ
原作: Team GrisGris / 5pb.Games(MAGES.)
脚本監修: 祁答院慎
監督: 山田雅史
脚本: 赤松義正
音楽: 濱本麻央
主題歌: 今井麻美
製作: 余田光隆 / 小玉滋彦
企画: 柳原祥広
プロデューサー: 麻生英輔 / 上野境介 / 平野貴之
撮影: 吉田淳志
照明: 東憲和
録音・効果: 弥栄裕樹
特殊メイク・造形: 千葉美生 / 遠藤斗貴彦
メイク: 松田蓉子
VFXスーパーバイザー: Nicholas Lucas / 鳥居康剛
助監督: 工藤渉
ラインプロデューサー: 大川裕紀
製作年:2016年
製作国:日本
日本公開:2016年7月30日 (シネ・リーブル池袋、立川シネマシティほか)
上映時間:1時間26分
製作:映画「コープスパーティー Book of Shadows」製作委員会
制作プロダクション・配給:キャンター / ツインピークス

■キャスト(役:俳優)
中嶋直美: 生駒里奈
篠崎あゆみ: 前田希美
持田哲志: 池岡亮介
霧崎凍孤: 石川恋
黒崎健介: 水石亜飛夢
岸沼良樹: JUN
篠原世以: 喜多陽子
松浦愛弓
内藤穂之香
篠崎ひのえ: 石森虹花
刻命裕也: 青木玄徳






ジャンル:ファンタジー/ドラマ
 ちえりとチェリー  【7月30日公開】

ちえりとチェリー (角川つばさ文庫)/KADOKAWA/アスキー・メディアワークス

¥734
Amazon.co.jp

■内容紹介
小学六年生のちえりは、お母さんと二人暮らし。亡くなったお父さんのお葬式のときに蔵で見つけたぬいぐるみのチェリーが、幼いころからのちえりの唯一の友だちだった。空想のなかのチェリーは、お父さんのように話してくれたり、遊んだりしてくれる。あるとき、久しぶりにやってきたおばあちゃんの家で、ちえりは不思議な冒険をすることになって…!?ちえりの心の成長を描いた、感動のストーリーです。小学中級から。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1ちえりの心の成長を描いた、感動のストーリー!
映画『ちえりとチェリー』のノベライズ本。ちえりは、ぬいぐるみのチェリーと大の仲良し。空想の中のチェリーは父親のように話したり、遊んだりしてくれる。ある時、おばあちゃんの家でちえりはあるものに出会い……!?ちえりの心の成長を描いた感動の物語。 ちえりになったつもりで想像力を膨らませながら読んだ。ちえりの成長を軸にいつもいっしょだと思えることの心強さ、命のリレー、親子の絆の修復などが描かれていて良かった。臆病なちえりが勇気を出して一歩踏み出すシーンが感動的だった。映画もとても楽しみだ。  




■映画ストーリー
幼少期に父親が他界した小学6年生のちえりは、シングルマザーとして必死に働く母親と二人で生活している。そんな彼女の友達は、父の葬儀の際に偶然入った蔵に置き去りにされていた古ぼけたぬいぐるみのチェリーだけだった。ある日、ちえりはチェリーを連れて久しぶりに法事で父親の実家を訪れ……。

★映画チェック★
ロシアの人気アニメ『チェブラーシカ』を、およそ27年ぶりに復活させた中村誠が監督を務め、少女とぬいぐるみの心温まる交流を描いた人形アニメ。父親を亡くしてしまった小学生の女の子が、新たな一歩を踏み出す姿を丁寧に描写する。キャラクターデザインを手掛けるのは、オリジナルの『チェブラーシカ』に携ったレオニード・シュワルツマン。幼いながらも命のきらめきと向き合い、成長する少女の姿に希望が宿る。


■スタッフ
原作・監督・脚本: 中村誠
脚本: 島田満
キャラクターデザイン: レオニード・シュワルツマン / 伊部由起子
音楽: 大谷幸
主題歌: Salyu
製作年:2015年
製作国:日本
日本公開:2016年7月30日
上映時間:54分
配給:協同組合ジャパン・スローシネマ・ネットワーク
配給協力:マジックアワー
製作:フロンティアワークス

■キャスト(声の出演)
ちえり: 高森奈津美
チェリー: 星野源
万里恵: 尾野真千子
ねずざえもん: 栗田貫一
レディ・エメラルド: 田中敦子
住職: 伊達みきお
大黒様: 富澤たけし
敬子: 和希沙也
勝太: 北川里奈
絵美: 佐武宇綺
節子: 谷育子
犬: 花村さやか






ジャンル:ドラマ
 夢二~愛のとばしり  【7月30日公開】

竹久夢二のすべて/駒草出版

¥1,944
Amazon.co.jp

■内容紹介
孤高の芸術家が、時代を超えて愛され続ける理由。「夢二式美人絵」で知られる画家、竹久夢二。芸術、思想、恋愛、彼の生涯をすべて描き出す、大正ロマンの香り漂う物語。

序章 絵の中の女
第1章 夢みる浮き草
第2章 恋しい人
第3章 運命の行方
第4章 哀しき旅人
終章 一度きりの真実

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1遺された資料をもとに本書で描かれる、夢二の純粋な生き方!
大正ロマンを象徴する画家、竹久夢二。いかにも儚げで物憂げな表情をした女性たちを描いた彼の作品は、“夢二式美人絵”として知られる。また、夢二は数々の女性遍歴で、プレイボーイとしてもその名を馳せてきた人物でもある。しかし、そういった夢二のイメージとは相反して、彼の人生は迷いや苦悩に満ち溢れた孤独の人生でもあった。彼は孤高の画家として誰よりも苦悩し、一人の男として何よりも真実の愛を求めていた。美人画で名を馳せた竹久夢二は、モデルとなった妻たまきと息子と3人で暮らしていた。しかしある日、運命の女性・彦乃と出会ってしまい、家庭を顧みず彦乃との愛に溺れていく。夫婦生活は崩壊し、たまきは激しい嫉妬の炎を燃やしていくが…。文章が拙い。の、割に濡れ場はやけに情熱的で携帯小説っぽいなーと感じてしまった。竹久夢二に興味のある人なら楽しめるとは思う。 要はロマンティストが過ぎるダメ男の一生だね……。




■映画ストーリー
大正時代。画家の竹久夢二(駿河太郎)は絵画の店を経営しつつ、自身の美人画のモデルとなった妻のたまき(黒谷友香)と息子と生活していた。夢二は、現実的な日常と芸術家としての自分との間で葛藤を抱えていた。ある日、彦乃(小宮有紗)と出会い、夢中になっていく。

★映画チェック★
明治時代から大正時代にかけて多くの美人画を描いた画家・竹久夢二と3人の女性との愛を通して、人間・夢二の本質に迫るドラマ。画家として人気を博した夢二が経験した、美人画のモデルにもなった妻たまきとの愛憎と別れ、彦乃との逃避行と死、最後のミューズとなったお葉との出会いを描く。監督は、『不良少年 3,000人の総番(アタマ)』などの宮野ケイジ。夢二は、テレビドラマ「半沢直樹」などの駿河太郎が演じる。夢二の愛の軌跡と、大正ロマンの世界観を味わえる。


■スタッフ
監督・脚本: 宮野ケイジ
メインテーマ曲: mayo
原作: 野村桔梗
絵画指導: 小野日佐子
題字: 久木田宏延
製作: 難波規精 / 瀬沼勝彦 / 嶋田豪 / 井上弘治
プロデューサー・製作: 関顕嗣
ラインプロデューサー: 山地昇
助監督: 佐々木利男
撮影監督: 中澤正行
照明: 野村久数
録音: 伊藤裕規
美術: 中谷暢宏
衣装: 川崎健二
メイク: 天野良美
編集: 渋谷陽一
スチール: 大崎正浩
音楽: 菅大祐
製作年:2015年
製作国:日本
日本公開:2016年7月30日 (シネ・リーブル池袋ほか)
上映時間:1時間44分
特別協力:港屋大平直輝 / 金沢竹久夢二美術館 / セフティライフ / 大阪エンタテインメントデザイン専門学校
着物協賛:J企画
制作・配給:ストームピクチャーズ
配給協力:ベストブレーン

■キャスト
夢二: 駿河太郎
彦乃: 小宮有紗
彦乃の父: 加藤雅也
たまき: 黒谷友香
高見こころ
長尾美希
山口賢人
里美要次郎
楊原京子
窪塚俊介
吉村実子


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック