FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

今すぐ書店へGO!読み応えたっぷりな”夏の文庫フェア”2016…集英社文庫フェア(読んでおきたいベストセラーツアー×4)

kage

2016/07/31 (Sun)

夏の文庫フェア2016夏1

★6月23日(木)~9月30日(金)
文庫フェア



英社文庫『ナツイチ2016』。

2016年のテーマ「世界をつくろう」

自分の”世界”をつくるためにはつきもの。

そこで8タイプの読書の旅が楽しめる作品を選びました。

いろんなタイプのを、ナツイチ作品でお楽しみください。



■今年の特典


しおりにもなる”ぱっちんバンド”

「世界をつくろうナツイチ」と書かれたオビが巻かれた文庫を1冊、書店店頭で買うと、その場で、ナツイチ限定ぱっちんバンドが1つもらえます。

※店頭でなくなり次第終了となります。


田辺誠一さん描き下ろしイラストバージョンが4種類、

人気イラストレーター・山田詩子さん描き下ろしイラストバージョンが4種類の計8種類。

手首につけて楽しむのはもちろん、伸ばした状態で「本のしおり」としても使えますし(読んでいる最中は手首に巻いておけばなくす心配がありません!)、バッグの持ち手の部分につけても可愛いです!

ぜひ、8種類集めて読書のおともに、いろいろと楽しんでください!


■フェアのジャンル項目


「勇気がもらえる旅へ」
「優しさの旅へ」
「自分探しの旅へ」
「冒険の旅へ」
「知の旅へ」
「笑いの旅へ」
「青春の旅へ」
「考える旅へ」


・・・・の8ジャンル。


2016/06/26 に公開
中条あやみ×田辺誠一 主演
ナツイチ2016 スペシャルムービー「世界変わるぜ」本編映像

■アイコンの説明


(恋)…他人の恋を体験しよう。
(涙)…涙なくしては読めません。
(笑)…とにかく笑いたい人へ。
(躍)…読めばワクワク心が躍る!
(謎)…途中でやめられない!
(哀)…哀しみは心の栄養素。
(爽)…夏は爽やかな小説です。
(驚)…驚きのどんでん返し!




ナツイチ旅行社おススメ・ツアー④
読んでおきたいベストセラーツアー♪×4

面白いから、売れている!

50万部以上の大ベストセラー作品ばかりをご紹介。

最高のエンターテインメントに浸る旅をどうぞ。

読み逃していたらもったいない!



START↓


1⃣ 54万部突破!


中堅メーカーを舞台に繰り広げられる迫真の物語。

企業小説の名手が放つ最新ヒット作!

勇気がもらえる旅へ (躍)(謎)(驚)
 七つの会議/池井戸 潤(著)

七つの会議 (集英社文庫)/集英社

¥864
Amazon.co.jp

その会社には、秘密があった。
会社は罪に満ちている。


きっかけはパワハラだった!
エリート課長を社内委員会に訴えたのは、歳上の部下。
だが会社からは不可解な人事が下る。ふたりの間に何があったのか。
会社で何が起きているのか。
大掛かりな会社の秘密が徐々に明らかに・・・・・・。
日本の今をあぶり出す、衝撃のクライム・ノベル。

…‥‥‥…★
Arikaアイコン(小)1池井戸さんらしい社会人バトルもの。社会人同士のバトルを繰り広げ、登場人物の会社内の政治・立ち振る舞いをリアルに描写している。皆それぞれに立場があって責任があって、その時の選択がどんな結果を招くか、モラルの範囲内であればそれはどんな形であれ正解になるのかもしれない。しかし一線を超えたとき、その選択は泥沼の中に自らを陥れる。登場人物たちが親兄弟にどんな影響を受けどんな環境で育ってきたか、それぞれの生い立ちは少なからず誰にも共感できる人物がいるのではないだろうか。だからこそ、会社にとっての自分の存在とは? 自分にとっての会社とは? 働く事の意味とは? 1章1章読み終える度に自問自答している自分がいる。でも最後はスカッとする結末です。主要人物の原島課長、八角係長と個性的なキャラクターは池井戸作品ならではある。読み始めには絶対に想像もしなかった人のことを最後には「すげえ人だな」と思うようになるそんな一冊。

この本の世界を作る1行
「追い込まれたとき、ひとが変わる。自分を守るために嘘も吐く。あんただって、プレッシャーに負けて不正を許容した。」 







2⃣ 57万部突破!


小学生からお年寄りまで誰をも笑いの渦に巻き込む、パワー満載の爆笑エッセイの金字塔!

笑いの旅へ (涙)(笑)(驚)
 もものかんづめ/さくら ももこ(著)

もものかんづめ (集英社文庫)/集英社

¥421
Amazon.co.jp

読めば心のコリもほぐれる笑いのツボ満載!

“睡眠学習枕”のトホホなエピソードや露出狂との遭遇さえも、淡々とした語り口でジワジワくる笑いに転換してしまう筆力!
アニメでおなじみの父ヒロシや母・姉も登場する、250万部超のベストセラーエッセイ。
哲学者・土屋賢二氏との「巻末お楽しみ対談」で二度笑い間違いなし!

…‥‥‥…★
Arikaアイコン(小)1短大時代に体験した、存在意味不明な食品売り場でのアルバイト。たった2ヶ月間のOL時代に遭遇した恐怖の歓迎会。さくらももこの原点を語る大ベストセラーの文庫化! ちびまる子ちゃんの活字バージョンだと言えば分かりやすいだろうか、くすりと笑える肩の力を抜いて読めるエッセイ。「睡眠学習枕」と「メルヘン翁」の話がツボだった。睡眠学習枕は当時3万以上した寝ている間に学習できる枕? 単語を吹き込む前に父・ヒロシが吹き込んだ「う○こちんちん」って…それを聞く親子の姿を想像したら涙が出る。メルヘン翁も祖父の大往生の最後は老衰でみんなに何故か笑われつつ見送られるっていいなあ・・・。十代で水虫の話や乙女心のポエムを晒してみたり、肩の力を抜いて読める。そしてもう一つ著者がお嫁に行く時のお父さんのお話がちょっとうるっときてしまいました。やっぱり子供は親にとってはずっと子供で、でもいつか親の元を離れていく•••切ないですね。 結婚して姓が変わるのは、水が雪になるようなものなのか。万年雪になりたいって、素敵だな・・・。 さくらももこさんのエッセイは声を上げての爆笑とはいかないけど、肩をふるわせ『クックックッ』と何故か笑ってしまう。脳が疲れたときや、嫌なことがあった日など頭の中をからっぽにしたい、ひたすらバカげたことで笑いたいときには重宝。悩んでいることがバカバカしくなります。巻末の土屋賢二教授との“お楽しみ対談”もまた然り。このお二人、何だかとっても似た者同士な気がする。

この本の世界を作る1行
私は枕のパワーだけで暗記を達成できたと見せかけるために、家族に隠れて単語を百回ずつ練習した。







3⃣ 99万部突破!


刑事とホテルウーマンが新たなヒーロー&ヒロインとして誕生。

新シリーズの幕開け!

勇気がもらえる旅へ (謎)(驚)
 マスカレード・ホテル/東野 圭吾(著)

マスカレード・ホテル (集英社文庫)/集英社

¥821
Amazon.co.jp

ホテルには、さまざまな仮面を被った人間がやってくる――。

連続殺人事件の次の犯行場所として予告されたのは、高級ホテル。
特命を受けホテルマンに扮した敏腕刑事の新田とベテランホテルウーマン山岸のコンビが、プロ同士の意地とプライドを衝突させながら、見えない容疑者に迫っていく。
超一級のサスペンスミステリー。

…‥‥‥…★
Arikaアイコン(小)1都内で起きた不可解な連続殺人事件。次の犯行現場としてあるホテルが浮上、ターゲットも容疑者も不明のまま、警察は潜入捜査を決定する。東野圭吾の最高に華麗な長編ミステリ!読み始めたら止まらない。刑事とホテルマンがどちらも気が強くて、喧嘩一歩手前の掛け合いが面白い。そして段々と互いを認めあっていく感じも良い。終盤も盛り上がるし、オチもナイス。 東野さん、幅広く書かれていますが、こういうのが好きです。立場、観点の違いにより反発する男女が次第にお互いを認め合うという王道を踏まえつつ、こんなお客様が居た、というようなさりげない伏線を用いた、後半の怒濤の逆転に次ぐ逆転を経ての解決シーン。前半は丁寧にエピソードを拾っている感じで、対する後半のスピード感は爽快でした。 またホテルマン・山岸も警察官・新田もそれぞれの仕事に誇りを持っていてすごく良い。プロの仕事とは何かを、ホテルマンと刑事を通して魅せられました。キャラが立ってて読みやすいし、後半はドキドキした。でも自分の知らないところで誰かに恨まれているなんて怖いね。潜入捜査を通じて通常交わることのないホテル従業員と刑事の異色のコンビが、殺人事件の捜査を彩る東野圭吾の新シリーズ。次々に明らかになる登場人物たちの仮面で隠した素顔。見たくないものほど見たくなる。ホテルに来る宿泊客とのやり取りから事件解決へのヒントを見つけていく展開がすごい!特にイチャモンをつけてくる(元)塾講師の電話の使い方はよく思いついたな〜と脱帽です。

この本の世界を作る1行
「お客様は神様ばかりではありません。悪魔も混じっています。それを見極めるのも私たちの仕事なんです」







4⃣ 123万部突破!


きっと誰もが涙する……。

狂おしいほどに愛おしく、年上のあの人を思う10代の純愛。

優しさの旅へ  ★第6回小説すばる新人賞受賞作!!(恋)(涙)
 天使の卵-エンジェルス・エッグ/村山 由佳(著)

天使の卵―エンジェルス・エッグ (集英社文庫)/集英社

¥421
Amazon.co.jp

息苦しくなるほどせつない恋心。
人を愛することで知る優しさ。


予備校の手続きに向かう電車で訪れた運命の出会い。
桜のようにはかなげで美しいその人は、高校時代のガールフレンド・夏姫の姉だった。
大人への入り口で揺れる19歳の歩太は、春妃への純粋な想いを募らせていく。その行きつく先は・・・・・・。
直木賞作家の大ベストセラーとなったデビュー作。

…‥‥‥…★
Arikaアイコン(小)1そのひとの横顔はあまりにも清冽で、凛としていた―。19歳の予備校生の“僕”は、8歳年上の女医にひと目惚れ。日ごとに想いは募るばかり…。人を本気で好きになるって世界がカラフルになるよね。 でもそれが消えたらモノトーンになるよね。 ってくらい王道の恋愛小説。こういう王道の純愛ストーリーって最高すぎる。なんの捻りもないっていったらあれだけど、小さな、ありきたりな、それでもそれぞれが精一杯生きてるような…。そんな『人』に焦点を当ててそのとるに足らない一人の人生だとしても色々な波があって幸せがあって、胸が痛くなるような後悔があって、嫉妬があって、色々抱えながらも自分が欲しいもの、二人で築いていきたい未来。年の差という、一歩踏み出す時に障害としてしまう感情も、不安も、ホントに綺麗に描かれてている。運命ってなんだろう。人生にこれほどの悲しみがあるのだろうかというほどに次々と歩太に追い打ちをかける。 純粋で濃厚な愛情はとても美しく、読んでいて胸が苦しくなった。 しかし、春妃の死という衝撃的な展開によってこんなにも悲しい物語になってしまうなんて。 歩太には幸せになってほしかった。 だからこそラストは張り裂ける想いで読みきってほしい…。たった1年。されど1年。 桜の儚さ、鮮やかさを、所々に見た気がした。 運命的な出会いを果たし、年上の女性に恋する歩太。妹の恋する相手と知りながら、歩太の優しさに触れていき、心許す春妃。年上だけど、その儚さ、か弱さが可愛らしかったんだろうなぁ。よくある恋愛小説の展開と同じで先は読めるものの、発表されてから30年が立った、今読んでも瑞々しい純愛小説。デビュー作だからこそ出る味っていうのがあって、そういう意味では私はどの作家でも処女作というのは大抵好んでいる。その中でせつなさと、甘さと、尊さと儚さを見せつけられて、どうにも参ったなとしか言いようがない。惹かれていくその言いようのない様をまざまざと見せつけられて、眩しくて目を逸らしたくもなるけど、正直なところ素直な心の動きが羨ましいんだと思う。「何かを得るためには、たぶん、別の何かをうしなわなければならないのだ」とあった。本当にその通りだと思う。 「ひとりの人間が死んでいくたびごとに、ひとつの世界が滅んでゆく」まっすぐに心に沁みた。様々な濃い経験をした歩太の今後の生き方が気になる人は『天使の梯子』『天使の柩』を読んでください。 あの頃受けたやるせなさが再び蘇った。 切ないなぁ。 毎日大切にしよう。

この本の世界を作る1行
それほどに、そのひとの横顔はあまりにも清冽で、あたりをはらうような凛としたたたずまいに満ちていたのだ。 

 

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック