FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2016年夏、土曜ドラマ『ノンママ白書』

kage

2016/09/24 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★8月13日スタート 

フジテレビ系 土曜 午後11:40~深夜0:35

 ノンママ白書

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:伴一彦/演出:佐藤祐市/演出:松木創/プロデューサー:栗原美和子/プロデューサー:後藤勝利/プロデューサー:山崎淳子

主題歌:Crystal Kay「Lovin' You」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
土井玲子(鈴木保奈美)
中堅広告代理店「ジニア広告」企画制作部勤務。50歳目前の独身、バツイチでノンママ。 入社当時に男女雇用機会均等法が施行されたが、まだ法律ができたてのホヤホヤだったため、女性が男性と肩を並べて働くという現状に苦労した。離婚を機にマンションを購入して一人で暮らしている。

大野愛美(菊池桃子)
「ジニア広告」人事部社員。美人で男にモテる人生を幼いころから歩んできた。コネ入社で能力もないが、若い時は美貌を武器に接待要員として活躍。 危険な恋愛体質で、不倫ばかりを繰り返した結果、いまだに独身。

葉山佳代子(渡辺真起子)
フリールポライター。既婚のノンママ。サブカルチャーを中心に取材・分析をし、いくつもの雑誌連載を持つ。定期的に新書を上梓しているそこそこの売れっ子。夫も同意のもとで子づくりはせず、夫婦の共有財産であるマンションで二人暮らし。

小中荘太(濱田崇裕)
「ジニア広告」企画制作部の部員。独身。28歳のいまどき男子。目立ったことをするよりも、なるべく平均的社員でいようとしているが、裏では上司たちを分析している。土井にとっては、味方か敵かはよく分からない存在。“モンスターワーママ”からの被害に遭ったことで、誰よりも早く土井を信頼し始める。

野村佳奈(内山理名)
「ジニア広告」企画制作部社員で玲子の部下。初出産で産休を取り、職場に復帰。時短を使いながらも、派手で目立つ仕事をゲットしようと奮闘中。「時短で申し訳ない」と言いながらも会社員としての権利は主張する、いわゆる“モンスターワーママ”。

本城司(高橋克典)
「ジニア広告」企画制作部部長。玲子と愛美の同期。男性社会のため玲子よりも出世が早い。バツイチで別れた妻が育てている息子がいる。社内での立ち振る舞いは如才なく、上層部からも部下からも信頼されている。過去に玲子と男女の関係だったことがある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
鈴木保奈美が49歳バツイチ・子無しのキャリアウーマン役で18年ぶりに連ドラ主演! 
ヒロインを務めた大ヒットドラマ「東京ラブストーリー」(同系)から四半世紀、50歳を迎える鈴木保奈美が18年ぶりに連続ドラマの主演を務めるヒューマンドラマ。鈴木が演じるのは、中堅広告代理店に勤務するバツイチで、子供を産まないという選択をして生きる“ノンママ”のキャリアウーマン・土井玲子。マタハラ・逆パワハラ・子無しハラスメントなど現代社会がはらむ問題に加え、上からは抑えられ、下からは突き上げられる四面楚歌の状態の玲子が、仕事に恋にと奮闘する姿が描かれる。そのほか、菊池桃子、渡辺真起子、南沢奈央、濱田崇裕(ジャニーズWEST)、三浦祐太朗、近藤芳正、佐戸井けん太、内山理名、高橋克典らが共演する。



----------------------------------------------------------------------------------------
【8月10日更新】
■ あらすじ(第1話 8/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
広告代理店に勤務する土井(鈴木保奈美)は、49歳バツイチ。未婚の同期・大野(菊池桃子)、既婚のルポライター・葉山(渡辺真起子)とは定期的に酒を飲む仲で、3人とも子どもを産まないという選択をした‘ノンママ’だ。この日も、母親の就労を推進する風潮の中、肩身の狭い自分たちを憂い、愚痴をこぼしていた。そんな中、土井の部長昇進の噂が流れる。同期の本城(高橋克典)は既に管理職だが、土井自身は昇進を諦めていたため、戸惑う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月17日更新】
■ あらすじ(第2話 8/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
本城(高橋克典)から、働く母親の環境づくりを推進するプロジェクトを任された土井(鈴木保奈美)は、その担当に部下の梨々花(南沢奈央)を起用。やる気を見せる彼女に期待を寄せるが、梨々花は同じ部署の吉沢(坂本充広)からの‘パワハラ’被害を人事部に訴える。解決を委ねられた土井は、双方の言い分の違いに頭を悩ませる。一方、土井は、元夫をよく知る吾妻(高橋かおり)からあることを聞き、ショックを受ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月24日更新】
■ あらすじ(第3話 8/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ワーキングマザー(ワーママ)の野村(内山理名)が「ワーママ推進プロジェクト」の一員に。野村は時短勤務で残業拒否、だけど目立つ仕事はしたがる‘モンスターワーママ’で、土井(鈴木保奈美)は頭を悩ませる。さらに、木村(佐戸井けん太)に呼ばれ「土井も女なんだから、女の野村を上手に使え」とセクハラ同然の指示を受ける中、いつものバーに野村がやって来た。野村は、子どもがいない土井を否定するようなことを言う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月31日更新】
■ あらすじ(第4話 9/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
野村(内山理名)のミスで「ワーママ推進プロジェクト」に300万円の損失が出た。木村(佐戸井けん太)から厳重注意を受けて落ち込む土井(鈴木保奈美)を本城(高橋克典)が気遣い、優しくキスをした。かつて男女の関係にあった本城からの予期せぬ行動に、土井の心はざわつく。バーで報告を受けた大野(菊池桃子)と葉山(渡辺真起子)は、互いに今は独身なのだからと土井にアプローチを勧める。そんなある日、土井の元に嫌がらせのメールが届く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月7日更新】
■ あらすじ(第5話 9/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
木村(佐戸井けん太)が土井(鈴木保奈美)に、野村(内山理名)を経理部へ異動させる考えを告げる。複雑な思いを抱きながら土井がバーへ行くと、大野(菊池桃子)と葉山(渡辺真起子)が意外な近況報告を。葉山は離婚を前提に夫と別居するという。大野は婚活で出会った佐藤(近藤芳正)との結婚を考えていると明かすが、同姓の不倫相手・佐藤との間で揺れているようだ。土井らは、バーに現れた不倫相手の佐藤に大野との今後を問いただす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月14日更新】
■ あらすじ(第6話 9/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
野村(内山理名)が「ワーママ推進プロジェクト」に復帰し、若手社員は再び彼女に振り回される。だが、プロジェクトから外れた土井(鈴木保奈美)は、ただ見守るしかない。そんな時、土井は本城(高橋克典)から一緒に独立しないかと誘われる。世界に発信する企画を実現させ、若手クリエーターを育成したいという彼の夢は土井の心に響いた。大野(菊池桃子)と葉山(渡辺真起子)は土井に、その誘いは本城からの求婚ではないのかと投げ掛ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月22日更新】
■ あらすじ(第7話 9/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
大野(菊池桃子)が土井(鈴木保奈美)と葉山(渡辺真起子)をバーに呼び出し、彼女らの前で佐藤(近藤芳正)に不倫の過去を明かし、真剣に交際したいと告白する。そんな大野に背中を押され、土井も本城(高橋克典)との関係をはっきりさせることに。一方、会社では野村(内山理名)の時短就労のしわ寄せからくる過労で月(堀田茜)が倒れ、それを機に他の社員の野村に対する不満が爆発。事態に直面した土井は今までにない感情をあらわにする。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック