FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

2016年夏秋、日曜ドラマ『プレミアムドラマ 隠れ菊』

kage

2016/10/23 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★9月4日スタート 

NHK BSプレミアム 日曜 午後10:00~午後10:50

 プレミアムドラマ 隠れ菊

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:連城三紀彦「隠れ菊」/脚本:国井桂/演出:伊藤匡史/演出:麻生学/演出:桑島憲司/制作統括:土屋勝裕/制作統括:玉江唯/プロデューサー:諸喜田由巳

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
上島通子(観月ありさ)
静岡・浜名湖の湖畔にある料亭「花ずみ」に嫁いだ主婦。女将だった姑のキクにより料亭に関する一切から遠ざけられていたため、17年間子育てと家事しかしてこなかった。キクの死後、夫・旬平の愛人を名乗る多衣の出現により離婚を迫られるが、交換条件として、「花ずみ」の女将になるという提案を旬平に持ち掛ける。

矢萩多衣(緒川たまき)
通子の夫・旬平の愛人。金沢の造り酒屋「笹流酒造」の社長。旬平の署名入りの離婚届を持参し、通子の前に現れる。

上島旬平(前川泰之)
通子の夫。愛人である多衣とともに通子に離婚を迫る。経営していた「花ずみ」が多額の負債を抱えて倒産し無職となるが、通子が女将を務める新生「花ずみ」の板前として雇われる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
観月ありさ主演で連城三紀彦の傑作小説をドラマ化。若女将の波乱に満ちた日々を描く! 
連城三紀彦の傑作小説「隠れ菊」を連続ドラマ化。静岡・浜名湖畔にある昭和初期から続く料亭「花ずみ」の女将となった、一人の女性の波乱に満ちた人生を描く。突然の離婚通告、料亭の倒産に多額の負債、そして夫の愛人との奇妙な駆け引き。次々と降りかかる困難を切り抜けていくうちに、驚くほどの“強さ”を発揮する主人公・上島通子を演じるのは、同作が25年連続の連ドラ主演で、結婚後初となる観月ありさ。後に通子に雇われる立場となる夫・旬平を前川泰之、旬平の不倫相手で通子に離婚を突き付ける愛人・矢萩多衣を緒川たまきが務める。



----------------------------------------------------------------------------------------
【9月4日更新】
■ あらすじ(第1話 9/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
静岡・浜名湖畔にたたずむ料亭「花ずみ」の板長・旬平(前川泰之)と結婚した通子(観月ありさ)は、姑で女将のキク(松原智恵子)により料亭からは遠ざけられ、専業主婦として暮らしている。そのキクが急逝して以降、家を空けることが多くなった旬平から電話があり、通子は「取引先の酒蔵の社長が金沢からやって来るから浜松を案内してくれ」と言われる。待ち合わせ場所で声を掛けてきたのは多衣(緒川たまき)という和装の女性だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月7日更新】
■ あらすじ(第2話 9/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
通子(観月ありさ)は、旬平(前川泰之)の離婚の願いに応じる代わりに「‘花ずみ’の女将として働く」と宣言。だが、花ずみは倒産前夜の状況だった。子どもと3人で実家に身を寄せた通子は、ある日、離婚した旬平の元を訪れる。花ずみの倒産で多額の借金を背負い、板前の職まで失った彼の姿を見た通子はあることを思い付き、金沢に多衣(緒川たまき)を訪ねる。一方、通子の窮状を知った笠井(筒井道隆)も何かと協力を申し出て…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月14日更新】
■ あらすじ(第3話 9/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
通子(観月ありさ)は「花ずみ」の名を継いだ小料理屋を浜松市街に開店させた。旬平(前川泰之)を板長に雇い、旧「花ずみ」の仲居頭だった千秋(渡辺典子)を仲居に据えての出発だった。ある日、旧「花ずみ」の板長だった前田(木下ほうか)が嫌がらせに乗り込んでくる。今、彼は全国展開しているライバル店の老舗「勝浪」の板長だ。そこに居合わせた男性(不破万作)が「飲食代は払えない代わりに」と言って奇妙な行動に出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月22日更新】
■ あらすじ(第4話 9/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
高名な日本画家・六扇(不破万作)が店に残した書が評判を呼ぶ中、旬平(前川泰之)の父の愛人だった鶴代(烏丸せつこ)がやって来て、キク(松原智恵子)の着物を着ていた通子(観月ありさ)にしょうゆを浴びせる騒動が起きる。通子に助け舟を出したのは、ちょうど店を訪れていた多衣(緒川たまき)だった。一筋縄ではいかない客たちに鍛えられ、通子は女将として少しずつ成長していく。そんなある日、キクと因縁のある野沢(寺田農)が現れて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月28日更新】
■ あらすじ(第5話 10/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
通子(観月ありさ)は先代の女将・キク(松原智恵子)と因縁のある野沢(寺田農)の依頼を受け、千食ものしらす寿司弁当を用意することになった。「花ずみ」のキャパシティを超えたその注文に応えるべく、通子は元夫・旬平(前川泰之)の新たな妻となった多衣(緒川たまき)に店の手伝いを頼むことにする。だが、順調に準備が進んでいたところに、ライバル店「勝浪」に移ったはずの千秋(渡辺典子)が血まみれになった状態でなだれ込んでくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月5日更新】
■ あらすじ(第6話 10/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
通子(観月ありさ)は、旬平(前川泰之)と多衣(緒川たまき)の背中を押して結婚させたつもりだったが、実は2人が半年以上前にひそかに入籍を済ませていたことを知る。「なぜ本当のことを言ってくれなかったのか」と問う通子に、多衣は意外な事実を告白する。改めて「花ずみ」を会社として設立することにした通子は、元の店を本店として旬平と多衣に任せる。そして自分は買い取った「勝浪」を花ずみ新店とし、切り盛りしていたが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月12日更新】
■ あらすじ(第7話 10/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
旬平(前川泰之)が去って2年、通子(観月ありさ)と多衣(緒川たまき)は「花ずみ」の2店舗を軌道に乗せていた。だが、そんな多衣にも新たな変化が訪れていた。若い板前・耕平(石田卓也)との子どもを身ごもった多衣は、旬平との離婚届を残して一人、花ずみから去ってしまう。一人になった通子の元に、ある日、笠井(筒井道隆)が贈賄事件で逮捕されたとのニュースが届く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月19日更新】
■ あらすじ(第8話 10/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
笠井(筒井道隆)との関係を面白おかしく報じられた通子(観月ありさ)は経営危機に直面。通子の窮状を知り、旬平(前川泰之)が「花ずみ」に戻ってくる。だが、通子に借金返済は無理だと判断した「勝浪」の大瀬(榎木孝明)は花ずみ新店を奪い戻し、通子には勝浪の従業員として米ニューヨーク行きを宣告。通子はある決断を下す。そんなある日、旬平は通子をうなぎ店に誘う。そこにはかつて花ずみに飾られていた絵があり…。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック