2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

2016年秋‐2017年冬、土曜ドラマ『忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~』

kage

2017/02/25 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★9月24日スタート NHK総合 土曜 午後6:10~午後6:45
 忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~

Arika注目1h武井咲主演で描く”忠臣蔵”に隠された恋物語!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:諸田玲子「四十八人目の忠臣」(集英社文庫)/脚本:吉田紀子/演出:伊勢田雅也/演出:清水一彦/演出:黛りんたろう/制作統括:小松昌代/制作統括:山本敏彦

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
勝田きよ(武井咲)
赤穂藩主の妻・阿久利の侍女。身分違いと知りながら、藩士の礒貝十郎左衛門に恋心を寄せる。やがて藩主・浅野内匠頭長矩が殿中で刃傷沙汰を起こしたことで、数奇な運命をたどることになる。

礒貝十郎左衛門(福士誠治)
赤穂藩士。内匠頭に認められる寵臣で忠義者で、吉良邸に討ち入った四十七士の一人。きよと激しい恋に落ちる。

阿久利(田中麗奈)
浅野内匠頭長矩の妻。夫婦仲睦まじく暮らしていたが、殿中で刃傷沙汰を起こした夫と死別してから出家し、瑤泉院と名乗る。

堀部安兵衛(佐藤隆太)
赤穂藩士。吉良邸に討ち入った四十七士の一人。弥兵衛の娘・ほりの夫。高田馬場の決闘で名を上げた。

村松三太夫(中尾明慶)
赤穂藩士。吉良邸に討ち入った四十七士の一人。きよの許婚(いいなずけ)。

堀部弥兵衛(笹野高史)
赤穂藩士。吉良邸に討ち入った四十七士の一人。安兵衛の義父。娘・ほりの婿・安兵衛に家督を譲る。

浅野内匠頭長矩(今井翼)
播磨赤穂藩の藩主。武士の面目を重んじる古風な性格。勅使饗応役に任命され、吉良上野介の指南を受けるが、殿中で刃傷沙汰を起してしまう。

吉良上野介義央(伊武雅刀)
高家旗本。勅使饗応役に任命された浅野内匠頭の指南をする。

大石内蔵助(石丸幹二)
浅野家筆頭家老。主君・内匠頭の敵を討つために、四十七士を率いて吉良邸に討ち入る。

仙桂尼(三田佳子)
無量院の尼。きよの伯母で、先代の浅野家正室に仕えた。長矩と阿久利とも親交がある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
武井咲主演、赤穂浪士を愛した女性の波乱の人生を描く時代劇! 
諸田玲子の小説「四十八人目の忠臣」を原作に、赤穂浪士を愛した女性の波乱の人生を描く、愛のサクセスストーリー。47人の赤穂浪士の討ち入りに参加できなかった48人目の忠臣・勝田きよを武井咲が演じる。武井は常盤御前を演じたNHK大河ドラマ「平清盛」以来の時代劇、そして同局での主演は初となる。きよの初恋相手で四十七士の一人・礒貝十郎左衛門を福士誠治が演じるほか、田中麗奈、今井翼、中尾明慶、佐藤隆太、石丸幹ニ、三田佳子らが共演。脚本は、ドラマ「Dr.コトー診療所」シリーズ(フジテレビ系)などで知られる吉田紀子が担当する。




----------------------------------------------------------------------------------------
【9月24日更新】
■ あらすじ(第1話 9/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
赤穂浪士による吉良邸討ち入り事件の3年前。浅野家奥女中になったばかりのきよ(武井咲)は、殿である内匠頭長矩(今井翼)の前で初めて琴を披露することになった。その傍らで鼓を打つ家臣・礒貝十郎左衛門(福士誠治)は、実はきよの幼なじみだった。そのことに気付いた2人は人目を忍んで会うようになる。殿の重臣である十郎左衛門との身分違いの恋に一度は身を引こうとしながらも、きよはこの恋に懸けることにする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月28日更新】
■ あらすじ(第2話 10/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
十郎左衛門(福士誠治)が国元赤穂から戻ってきた。ところが、人目があるため会うことができず、きよ(武井咲)はもどかしい思いをする。ようやく外出の機会が巡ってきたものの、奥女中の筆頭・仙桂尼(三田佳子)から縁談を切り出され、きよは困惑。相手は同じ浅野家に仕える三太夫(中尾明慶)だった。十郎左衛門はそんなきよに、主君・内匠頭長矩(今井翼)に話して婚儀を許してもらうと告げる。きよは縁談のことを言えず…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月5日更新】
■ あらすじ(第3話 10/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
十郎左衛門(福士誠治)の妻を夢見て縁談を引き延ばしたきよ(武井咲)は、阿久利(田中麗奈)に対して使った方便に胸を痛める。そして、願いを聞き届けてくれた阿久利に心から尽くしたいと思う。一方、十郎左衛門は内匠頭長矩(今井翼)にきよとの婚儀を切り出すことができないでいた。元禄14年、内匠頭は朝廷の使いを接待する勅使供応役を拝命。質素堅実に努める内匠頭は、指南役・吉良上野介(伊武雅刀)の嫌みに耐える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月12日更新】
■ あらすじ(第4話 10/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「内匠頭(今井翼)が城内にて吉良(伊武雅刀)に刃傷」の報は激震をもたらす。内匠頭は即日切腹、浅野家は取りつぶしに。きよ(武井咲)は、内匠頭が命を懸けた刃傷の成否にこだわる阿久利(田中麗奈)に武士の妻たる姿を見る。混乱の中、十郎左衛門(福士誠治)はきよに「何もかも無になった。私のことは忘れてくれ」と告げる。きよは、彼が忠義から死のうとしていると察する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月19日更新】
■ あらすじ(第5話 10/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
内匠頭長矩は泉岳寺に埋葬され、阿久利(田中麗奈)は落飾。吉良におとがめのない片落ちの裁定に怒る阿久利は、きよ(武井咲)に「わらわの耳になってもらいたい」と言い、これからも家臣たちの動向を知らせるよう頼む。泉岳寺では、十郎左衛門(福士誠治)がまげを切り、殿の敵討ちを口走る。きよは自分も同じ使命を受けたから手助けがしたいと申し出るが、拒まれる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月26日更新】
■ あらすじ(第6話 10/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
江戸からの早かごが赤穂に到着し、大石(石丸幹二)たちは内匠頭長矩の刃傷事件を知る。大石や重臣らは、赤穂城を開城するか、抗議の切腹か籠城かと対立する。大石に談判しようと赤穂へ出掛けた十郎左衛門(福士誠治)は業を煮やす。父・元哲(平田満)の元に身を寄せるきよ(武井咲)は、十郎左衛門がもう生きて戻ることはないのではと、命を懸けた忠義を思い知る。元哲は、死の直前まで添い遂げたいというきよの覚悟を察し…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月2日更新】
■ あらすじ(第7話 11/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
吉良(伊武雅刀)の情報を得ようと町人を装う十郎左衛門(福士誠治)。そんな彼のため酒屋を切り盛りするきよ(武井咲)は、2人の関係を兄妹と偽ることに切なさを隠しながらも明るく振る舞う。赤穂では内蔵助(石丸幹二)が開城を決めた。だが、その前に城を出て江戸へ戻った十郎左衛門たち元側近の行動が、安兵衛(佐藤隆太)には許せない。きよは、同じ志を持ちながら力を合わせようとしない江戸の家臣たちをまとめようと動く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月9日更新】
■ あらすじ(第8話 11/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
きよ(武井咲)と十郎左衛門(福士誠治)は身も心も結ばれた。吉良(伊武雅刀)が隠居したとの情報に、敵討ちを急がねばと江戸の浪士の間に緊張が走る。そんな折、きよは見知らぬ男に後をつけられる。道場に駆け込み難を逃れたが十郎左衛門には言えない。ある日、きよとの縁談が先延ばしになったまま刃傷事件で立ち消えになった三太夫(中尾明慶)が、酒屋へやって来る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月16日更新】
■ あらすじ(第9話 11/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
内蔵助(石丸幹二)がついに討ち入りを宣言し、江戸各所に潜んでいる浪士たちの動きも活発になる。その頃、十郎左衛門(福士誠治)は、生死の境をさまよっていた。父・元哲(平田満)の元に戻っていたきよ(武井咲)だが、たまらず十郎左衛門の元へ向かい、懸命に看病する。そんな2人の姿は、きよを思う三太夫(中尾明慶)の目にも夫婦と映るのだった。意識の混濁した中で、十郎左衛門は「吉良を討たねば」という言葉を絞り出す。

※11月26日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月30日更新】
■ あらすじ(第10話 12/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
きよ(武井咲)は、亡き母の名前を借りてさえと名乗り、吉良(伊武雅刀)の奥方・富子(風吹ジュン)付きの女中に。富子は実家・上杉家の下屋敷で暮らしていた。きよは、上杉家の動向と、浪士の誰も知らない吉良の顔を知ろうとするが、吉良はなかなか現れない。そんな中、上杉家当主となった吉良夫妻の長男・綱憲(柿澤勇人)が病に倒れ、富子の元に移されることになるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月7日更新】
■ あらすじ(第11話 12/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
吉良(伊武雅刀)がきよ(武井咲)のいる上杉家下屋敷に来る。赤穂浪士の誰も知らないその顔をきよは確認する。そして、討ち入りと狙いを定めた日、吉良が屋敷にいないとの情報を得る。危機一髪、連絡係の毛利(泉澤祐希)に知らせることが出来たきよは、決行の日が決まったら知らせてほしいと頼む。前日には約束の木に印をつけ知らせると毛利は告げる。富子(風吹ジュン)と共にいる吉良は、噂とは別の顔を見せ、きよを動揺させる。そこには夫婦、親子の姿と苦悩があった。そんな中、きよはついに木に印を見つける。討ち入りは明日。
父が危篤だと偽り、屋敷を抜け出したきよは、約束通り毛利を待った。しかしそこに現れたのは、きよを尾行するあの編み笠の男だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月10日更新】
■ あらすじ(第12話 12/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
討ち入りを前に、十郎左衛門(福士誠治)の母の家で、きよ(武井咲)と十郎左は久しぶりに会う。そこで十郎左は「そなたは生きろ」ときよに告げる。そして、赤穂浪士が立ち寄る堀部家へ駆けつけると、誰もが、きよが上杉家から抜け出してこられたことを驚き、喜んだ。村松三太夫(中尾明慶)も、きよに、残していく弟の事を託して出て行く。そして、十郎左もやってくる。二人の思い出の琴の爪を、自分の代わりにときよは渡す。ついに決行となり、きよは…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月17日更新】
■ あらすじ(第13話 12/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
四十七士が吉良邸の表門と裏門に別れ、整然と突入して行く。きよ(武井咲)も駆けつけた。この目で十郎左衛門(福士誠治)らが本懐遂げる姿を見届けようと、きよとその兄、善左衛門(大東駿介)や條右衛門(皆川猿時)ら討ち入りには加われない者たちが、門の外で耳を澄ます。突然しんと静まり返った次の瞬間、かちどきが上がった。門が開き、出てきた隊列の中に、愛しい十郎左が。点呼のための蜜柑を渡しながら、近寄るきよ。最後の言葉を交わした十郎左は消えていく。そして…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月10日更新】
■ あらすじ(第14話 1/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1703(元禄16)年正月。討ち入りから年が明けても、赤穂浪士の処分は下されなかった。きよ(武井咲)は助命嘆願のつてを求めて動く。そんな時、十郎左衛門(福士誠治)がお預けとなっている細川家の家来・堀内(北見敏之)がきよの元を訪ねてくる。堀内は、十郎左衛門が大石(石丸幹二)らと穏やかに過ごしていること、‘大事なお守り’だという何かを肌身離さず持っていることをきよに伝える。やがて、浪士の処分が決まる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月15日更新】
■ あらすじ(第15話 1/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
 十郎左衛門を見送って2カ月、きよ(武井咲)は人生を考えあぐねていた。浅野家の再興と遠島になった浪士の遺児を救わねばと焦るが、つてもない。そんな時、十郎左衛門の母の死が伝えられ、十郎左衛門の遺品を託される。それはきよが贈った琴の爪だった。一方、細井広沢(吉田栄作)から桜田御殿への女中奉公の話が。浅野家にとっても意義があると言われたきよは…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月20日更新】
■ あらすじ(第16話 1/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
桜田御殿。きよ(武井咲)は次期将軍と目される甲府宰相綱豊(平山浩行)の奥御殿の女中となり、教育係の江島(清水美沙)に厳しく仕込まれる。女中として殿に仕えるつもりのきよは、自分が老中・柳沢に送り込まれた側室候補だとは知るはずもなかった。すぐに殿の閨(ねや)へ呼ばれたきよは、思わず拒否し、帰されてしまう。きよは失態を江島に叱られるが、翌日も呼ばれ…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月29日更新】
■ あらすじ(第17話 2/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
喜世(武井咲)は桜田御殿で綱豊(平山浩行)のお呼びを待つ日々を送る。そんな中、将軍綱吉の娘が死去。綱豊は家宣と名を変え、将軍後継者となる。喜世も側室として古牟(内藤理沙)と共に江戸城西の丸へ。そこには正室・煕子(川原亜矢子)と、その息がかかった側室・須免(野々すみ花)がいた。子を亡くした煕子は、世継ぎ競争の一番乗りは須免にと、喜世を警戒する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月5日更新】
■ あらすじ(第18話 2/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
側室・左京こと喜世(武井咲)は素姓を明かそうとするが、家宣(平山浩行)に口をふさがれる。やがて、将軍綱吉の生母・桂昌院の死去に伴う恩赦で赤穂浪士の遺児は流刑を解かれる。一方、家宣の子を宿したのは右近こと古牟(内藤理沙)だった。煕子(川原亜矢子)は大典侍こと須免(野々すみ花)にも子をと祈る。古牟の子は2カ月もたたずに死に、古牟は病んでいく。今が好機と言う江島(清水美沙)に喜世は反発するが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月18日更新】
■ あらすじ(第19話 2/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
左京こと喜世(武井咲)が懐妊。江島(清水美沙)はかいがいしく世話を焼く。綱吉が死去し、6代将軍となった家宣(平山浩行)は、民を苦しめた「生類憐みの令」を廃止する。大典侍こと須免(野々すみ花)の子・大五郎は初節句を迎える。食欲のない喜世に江島はスイカを勧める。風邪でやはり食欲のなかった大五郎にもスイカが与えられるが、その後、大五郎の容態が悪化する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月18日更新】
■ あらすじ(第20話 2/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
左京こと喜世(武井咲)が産んだ鍋松は元気に成長。家宣(平山浩行)から褒美をと言われた喜世は、浅野家再興を願い出た。6年ぶりに再会した喜世の姿に、父や兄は喜ぶ。生き急ぐように政務に励む家宣は倒れ、病床に喜世と鍋松を呼ぶ。次期将軍は鍋松に決めたと告げる家宣。喜世は幼い鍋松には無理ではと戸惑うが、それが家宣と交わした最後の言葉になった。鍋松は将軍家継となり、喜世は将軍生母の名誉を与えられる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック