FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

(2016年メディアミックス作品)9月24日に映画公開される原作&コミック

kage

2016/09/24 (Sat)

さる1

2016年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(9月24日全国公開)

9月24日(土)公開
・ハドソン川の奇跡
・泣き虫ピエロの結婚式



映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!









ジャンル:ドラマ
 ハドソン川の奇跡   【9月24日公開】

機長、究極の決断 (静山社文庫)/静山社

¥905
Amazon.co.jp

■内容紹介
二〇〇九年一月一五日、ニューヨークのラガーディア空港を離陸して上昇中にカナダガンの群れに衝突、両エンジンが破壊されマンハッタン島西側のハドソン川に緊急着水したUSエア1549便の航空事故は、乗員乗客全員が助かったことから「ハドソン川の奇跡」と呼ばれた。エンジン停止から不時着までわずか三分二八秒、機長はこの絶体絶命の危機でどう決断したのか?一人の機長の使命感、人生観、そして完璧な仕事を語る一冊。

ラガーディア空港を離陸(午後三時二四分五四秒~二七分一四秒)
単独飛行
パイロットの日々
エンジン推力喪失(午後三時二七分一五~三〇秒)
家族―パイロットへの基盤
空軍士官学校へ
メイデイ~降下(午後三時二七分三二秒~二八分五秒)
空軍基地勤務での試練
パイロットの宿命と妻、娘たち
航空安全を築いた先人たちの教訓
重力に引き寄せられる機体(午後三時二八分一〇秒~二九分三三秒)
「こちら機長」―軍からエアラインへの転職
パイロットの目覚め
不時着水(午後三時二九分三六秒~三〇分四二秒)
航空機事故対応の岐路
一五五人全員の生還
手紙―事故後に寄せられた人々の声
事故後の余波
新たな飛行進路へ

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 「誠実というのは面倒なときでも正しいことをすることだよ」
離陸直後にバードストライク(鳥衝突)で両エンジンを破損し機能を失った航空機。ハドソン川に着水し乗客乗員全員が無事生還した軌跡の208秒間、著者がエアパイロットになった経緯、そして自身の仕事への情熱が書かれている。自分は決して英雄ではなく”全力を尽くし、訓練の成果を発揮し、正しい決断を下し、決してあきらめず、搭乗者全員の命を尊重し、そして結果は悪くなかった”のだと…。折々に機長が体験した事や感じた事、他の人の事故から何を得るかということを怠らなかった事が、今回の事故においての結果なんだと理解できる。偶然でも奇跡でもなくて、それまでの蓄積。そしてチームワーク。機長だけでなく副操縦士を含めたクルーと乗客の対応も素晴らしい 。普段から、航空機事故について学び、分析していたことと現実の把握が的確だったから冷静に行動して全員無事帰還させられたんだなあと思った。決してあきらめることなく冷静に最善を見つけて行動できる力がすごいと思った。サレンバーガーさんが娘さんの質問で答えた「誠実というのは面倒なときでも正しいことをすることだよ」言葉が心に残りました。映画では、事故後の調査や裁判の部分も描かれているらしい。是非観に行きたいものだ。



■映画ストーリー
2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、いつものように操縦席へ向かう。飛行機は無事に離陸したものの、マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。このまま墜落すれば、乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、ハドソン川への着水だった。

★映画チェック★
俳優としても監督としても著名なクリント・イーストウッド監督と、名優トム・ハンクスがタッグを組んだ人間ドラマ。2009年1月15日、突然の全エンジン停止という危機に見舞われながらも、ハドソン川に不時着して乗客全員が生還した航空機事故のてん末に迫る。『サンキュー・スモーキング』などのアーロン・エッカートらが共演。機長の手記を基に描かれる、奇跡の脱出劇の背後に隠された真実に言葉を失う。


■スタッフ
監督: クリント・イーストウッド
製作: フランク・マーシャル / アリン・スチュワート / ティム・ムーア
脚本: トッド・コマーニキ
原作: チェズレイ・“サリー”・サレンバーガー / ジェフリー・ザスロウ
製作総指揮: キップ・ネルソン / ブルース・バーマン
撮影: トム・スターン
美術: ジェームズ・J・ムラカミ
編集: ブル・マーリー
衣装: デボラ・ホッパー
音楽: クリスチャン・ジェイコブ / ザ・ティアニー・サットン・バンド
英題:SULLY
製作年:2016年
製作国:アメリカ
日本公開:2016年9月24日 (新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか)
上映時間:1時間36分
配給:ワーナー・ブラザース映画

■キャスト(役柄:俳優)
チェスリー・“サリー”・サレンバーガー: トム・ハンクス
ジェフ・スカイルズ: アーロン・エッカート
ローリー・サレンバーガー: ローラ・リニー
:ジェフ・コーバー
:オータム・リーサー
:サム・ハンティントン
:クリス・バウアー
:ジェリー・フェレーラ
:ホルト・マッキャラニー
:マックス・アドラー
:ヴァレリー・マハフェイ







ジャンル:ドラマ
 泣き虫ピエロの結婚式  【9月24日公開】

泣き虫ピエロの結婚式 (文芸書)/リンダパブリッシャーズ

¥640
Amazon.co.jp

■内容紹介
結婚式からわずか五十日で隣からいなくなったあなた。わたしたちの結婚生活は、病院の狭いICUの中でした。残された日が少ないことを知っても、あなたの前では涙をこらえました。あなたには、最後の一瞬まで笑っていてほしかったから。―だってわたし、道化師だもの。日本感動大賞(第4回)大賞作品。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1これは本当にあった壮絶な愛の物語。
ピエロが本当に笑ってほしかったのは最愛の人でした

毎年静岡で開催される「大道芸ワールドカップ」で観てクラウンとなった美由紀さん。自身のうつ病と、婚約者である一衛さんの腎不全による人工透析という障害を乗り越えて、やっと掴んだ結婚生活だったのに、挙式後10日に一衛さんが難病で入院し、結婚生活はわずか50日で幕を閉じます。幸せとは、一緒に過ごした長さではなくてないという思いが、痛いほど伝わりました。どんなに辛い時もではなくて、辛い時こそ無理矢理でも口角を上げて笑顔でいること。それがきっと全ての人の幸せに繋がるということ。愛する夫が亡くなっても前向きに生きる彼女に相手に笑ってもらうためには自分が笑顔にならないといけないんだなと気付かされました。





■映画ストーリー
ピエロの見習いとして、人々を笑顔にしようと切磋(せっさ)琢磨する佳奈美(志田未来)。ある日、彼女は透析患者の陽介(竜星涼)と出会う。重い病を抱えた自身の運命を嘆き、笑顔を忘れ、人と関わることを避けるようになってしまった陽介を少しでも明るい気持ちにしたいと、陽気に振る舞う佳奈美。やがて二人は結婚を誓い、親友の真紀(新木優子)に温かく見守られながら結婚式の準備を進めていくが、陽介が式の前日に倒れてしまう。自分が余命わずかと悟った彼は、佳奈美に別れを告げようとする。

★映画チェック★
第4回日本感動大賞を受賞した望月美由紀によるノンフィクションを実写化したラブストーリー。運命の男性と巡り合って結婚の約束をするものの、彼から余命わずかであることを知らされた女性の姿を追い掛ける。メガホンを取るのは、『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』などの御法川修。『グッドモーニングショー』などの志田未来、『シマウマ』などの竜星涼、『風のたより』などの新木優子らが出演する。大きな試練と相対することで、より愛情を深め、絆を固くする主人公たちの姿に胸を打たれる。


■スタッフ
原作: 望月美由紀
監督: 御法川修
脚本: 田中洋史
主題歌: WHITE JAM
音楽: フジモトヨシタカ
エグゼクティブプロデューサー: 浅野由香 / 中西一雄 / 高木徳昭 / 余田光隆
プロデューサー: 山本晃久 / 八尾香澄
スーパーバイジングプロデューサー: 久保田修
共同プロデューサー: 木幡久美
ラインプロデューサー: 佐藤幹也
宣伝プロデューサー: 西利一郎
撮影: 池田直矢
照明: 加持通明
美術: 松田香代子
録音: 照井康政
衣装: 植田瑠里子
小道具: 武田恭子
ヘアメイク: 清田恵子
助監督: 長尾楽
編集: 山中貴夫
リレコーディングミキサー: 浅梨なおこ
音響効果: 勝亦さくら
製作年:2016年
製作国:日本
日本公開:2016年9月24日 (シネマート新宿ほか)
上映時間:1時間28分
製作:「泣き虫ピエロの結婚式」製作委員会
配給:スールキートス

■キャスト(役柄:俳優)
芹澤佳奈美: 志田未来
秋山陽介: 竜星涼
鈴鹿医師: 高橋洋
芹澤満男: おかやまはじめ
芹澤佳子: 岩橋道子
秋山洸一: 佐藤恒治
秋山玲子: 粟田麗
稲葉真紀: 新木優子
勝俣忍: 螢雪次朗

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック