FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2016年秋、日曜ドラマ『日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW ヒポクラテスの誓い』

kage

2016/10/30 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★10月2日スタート 

WOWOWプライム 日曜 午後10:00~午後11:00

 日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW ヒポクラテスの誓い

Arika注目1h北川景子が解剖に隠された闇をあぶりだす!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:中山七里「ヒポクラテスの誓い」(祥伝社文庫)/脚本:篠崎絵里子/監督:内方輝/プロデューサー:青木泰憲/プロデューサー:堤口敬太/プロデューサー:河角直樹

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
栂野真琴(北川景子)
浦和医大の研修医。内科医を志望しているが、法医学教室での研修を命じられる。真逆の考えを持つ教授の光崎に反発するが、法医解剖を学ぶ中で次第に気持ちが変化していく。

光崎藤次郎(柴田恭兵)
浦和医大法医学教室の教授。偏屈な性格だが解剖の腕は超一流で、法医学の権威。ある疑念の下、解剖を繰り返す。

古手川和也(尾上松也)
埼玉県警捜査一課の刑事。真実追求のために、規則を無視してでも光崎に解剖を依頼する。

津久場公人(古谷一行)
浦和医大の内科教授。患者第一の人情家。だが、その裏にはある思惑がある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
北川景子が法医学ミステリーで主演。人間の生死に関わる人々の葛藤や苦悩とは?! 
中山七里による法医学ミステリー小説を連続ドラマ化。WOWOW連続ドラマ初出演となる北川景子の主演で、主人公の研修医・栂野真琴が法医学を学ぶ中で、生死に関わる人々の葛藤や苦悩を目の当たりにし、成長していくさまを描く。真琴を振り回す天才法医学教授・光崎藤次郎に柴田恭兵、光崎の腕を信頼する熱血刑事・古手川和也に尾上松也、真琴が尊敬する内科教授・津久場公人に古谷一行が扮する。「あえて映像化が困難になるような描写を心掛けた」と作者がコメントするほど難易度の高い作品を、NHK連続テレビ小説「まれ」などを手掛けた脚本家・篠崎絵里子、「連続ドラマW 石の繭」を演出した内方輝が映像化する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【9月29日更新】
■ あらすじ(第1話 10/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
研修医の真琴(北川景子)は尊敬する内科教授・津久場(古谷一行)に勧められ、法医学教授・光崎(柴田恭兵)の下で研修を受けることに。そんな中、小学生の凪沙(石上ひなの)が「父親が起こした自動車事故で死亡した女性を解剖してほしい」と電話してくる。埼玉県警の刑事・古手川(尾上松也)は、父の無実を信じる凪沙のため、光崎に解剖を依頼。しかし、被害者遺族の感情を無視するかのように解剖を強行する光崎に真琴は反感を抱く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月5日更新】
■ あらすじ(第2話 10/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
真琴(北川景子)は、強引に解剖を行う光崎(柴田恭兵)に不信感を抱く。そんな中、東京都内でボートレース中に選手の真山(塚田知紀)が死亡。刑事・古手川(尾上松也)によると、中央監察医務院が行政解剖し、操縦ミスによる事故と処理されたが、妻の公美(荻野友里)が‘殺人’だと訴えているという。その検案書を見た光崎は、解剖をやり直すと宣言。真琴は公美に話を聞く一方で、津久場(古谷一行)に光崎の暴走について相談する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月12日更新】
■ あらすじ(第3話 10/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
救急搬送された真琴(北川景子)の親友・裕子(佐藤めぐみ)が死亡。肺炎を患い、退院後も自宅療養中だった裕子の急変に、真琴は言葉もない。一方、そのカルテを見た光崎(柴田恭兵)は病理解剖の必要を確信。真琴は猛反発するが、古手川(尾上松也)と話し、裕子のためにも真実を明らかにしようという思いに至る。そこで裕子の母・寿美礼(大塚良重)を訪ね、説得を試みるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月19日更新】
■ あらすじ(第4話 10/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
光崎(柴田恭兵)が解剖した3人の遺体は、浦和医大病院に入院し、梶原(相島一之)が主治医という共通点が。医療ミスを疑う真琴(北川景子)は梶原を問い詰める。否定した梶原は、津久場(古谷一行)と医学部長・坂元(金田明夫)の元へ。一方、真琴も3人に共通する血栓について津久場に疑問をぶつける。一方、光崎はカルテを調べ、古手川(尾上松也)も梶原に揺さぶりを掛ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月26日更新】
■ あらすじ(第5話 10/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
急変した紗雪(内田未来)の症状から、セチルミンの誤投与を疑う真琴(北川景子)は、主治医が自殺した梶原(相島一之)ではなく津久場(古谷一行)だと知りショックを受ける。そんな真琴に、津久場は誤投与を認めず「腹膜炎」で押し通す。弱気になった真琴は、古手川(尾上松也)に励まされ、証拠をつかむべく秘密裏に血液検査を依頼。結果は予想した通りで、救うには緊急手術しかない。一方、光崎(柴田恭兵)も津久場に手術を迫るが…。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック