FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

2016年秋、日曜ドラマ『キャリア~掟破りの警察署長~』

kage

2016/12/11 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★10月9日スタート 

フジテレビ系 土曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:09)

 キャリア~掟破りの警察署長~

Arika注目1h市民の味方がモットーの新署長が街の事件を解決!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:小山正太/脚本:関えり香/演出:石川淳一/演出:山内大典/プロデューサー:永井麗子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
遠山金志郎(玉木宏)
北町署の署長。キャリアのエリート警察官でありながらも、声を上げることのできない被害者の心に寄り添い、悪を成敗するのがモットー。現場での捜査に際しては、警察署長とは分からないような服装をしているため、正体が気付かれることはない。

南洋三(高嶋政宏)
北町署の刑事課・係長。ノンキャリアで現場第一のベテラン刑事。遠山の方針が気に入らず、反発する。

相川実里(瀧本美織)
北町署刑事課の新人刑事。早く一人前になりたいと思っているが、熱意が空回りしている。遠山と行動を共にすることで、気持ちに変化が起きる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
玉木宏演じるキャリアの警察署長が悪を成敗する“平成版・遠山の金さん”! 
NHK連続テレビ小説「あさが来た」以降、初の連続ドラマ主演となる玉木宏が、気になることがあると自ら街に出て事件を解決してしまう、キャリアの警察署長・遠山金志郎を演じる1話完結のコミカルな刑事ドラマ。遠山と対立するベテラン刑事・南洋三役を高嶋政宏が、遠山と行動を共にする新人刑事・相川実里役を瀧本美織が務める。脚本は「5→9~私に恋したお坊さん~」(同系)などを手掛けた小山正太、演出は「リーガルハイ」シリーズや「デート~恋とはどんなものかしら~」(共に同系)の石川淳一らが担当し、“平成の遠山の金さん”を作り上げる。事件解決後、遠山が身分を明かすお約束のシーンにも注目。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月28日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
北町署の署長となった遠山金志郎(玉木宏)は、着任時の所信表明で、「警察は市民の味方だ」と強調する。しかし、たたき上げのノンキャリアの刑事である南洋三(高嶋政宏)たちは気に食わない様子だ。そんな中で、連続強盗殺人事件が起きた。捜査会議をしている南たちのところにやって来た遠山は、「見過ごせない事件がある」と言う。それは、被害通報件数1位の“落書き”のことだった。南たちに協力を拒否された遠山は、新人刑事の相川実里(瀧本美織)と、落書き犯の行方を追うことに。その落書きには意外なメッセージが隠されていた。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月5日更新】
■ あらすじ(第1話 10/9放送 ※午後9:00~午後10:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
北町署の新米刑事・実里(瀧本美織)が乗ろうとしたバス内でバスジャックが起きていた。乗客にバスから蹴り出された実里は、タクシーで後を追うが、なぜかバスは署に直行。乗客に説得された犯人(相島一之)が自首してくる。実里は自分を蹴った乗客を公務執行妨害で逮捕。ところが、手錠をかけたその乗客は新任の署長・金志郎(玉木宏)だった。刑事の南(高嶋政宏)らは、着任早々落書きの捜査をするよう言い出した金志郎に反発する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月12日更新】
■ あらすじ(第2話 10/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
金志郎(玉木宏)は南(高嶋政宏)と手錠でつながれてしまう。署内見学中の男児・友樹の仕業だ。友樹が鍵を飲み込んでしまったため、金志郎と南はやむなくそのまま業務に当たることに。そんな中、金志郎が女性の悲鳴が聞こえたと通報があった家を突き止めると、そこは友樹の家だった。友樹の父親から母親への家庭内暴力が疑われたが、弁護士の父親は、南が捜査中の殺人事件で容疑者のアリバイを崩す重要な証人でもあり…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月19日更新】
■ あらすじ(第3話 10/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
高齢の城山(柴田義之)がガス中毒で意識不明に。南(高嶋政宏)らは、城山が世話になっていた介護士・百合子(奥菜恵)の犯行を疑う。城山は百合子に遺産を譲ると遺言書を書き直したばかりだった。前日、2人の姿を街中で見掛けていた金志郎(玉木宏)には、百合子の犯行とは思えない。彼女の身の潔白を証明するため、金志郎は施設で仕事を手伝いながら独自に捜査。そんな中、実里(瀧本美織)は百合子に関する黒い噂を耳にする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月26日更新】
■ あらすじ(第4話 10/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
出勤途中、刑事の水口(平山祐介)の頭上に花瓶が落下してきた。刑事課のごみ箱に捨てられた南(高嶋政宏)宛ての脅迫状を見つけた金志郎(玉木宏)は、犯人が間違えて水口を襲ったのではと疑う。水口は南のお古のジャケットを着ていたのだ。しかし、南は脅迫状を無視して、別の捜査を優先。金志郎が脅迫状の送り主の特定を進める中、署に新たな封筒が届く。中には、南の娘・めぐみ(駒井蓮)のスマートフォンが入っていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月2日更新】
■ あらすじ(第5話 11/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
刑事ドラマで人気の俳優・小松平(新納慎也)が北町署で一日署長を務めることになった。ファンの実里(瀧本美織)は、案内役に指名され舞い上がる。金志郎(玉木宏)は、人前と内側で対応が変わる小松平のギャップに戸惑う。そんな中、署内に張られた小松平のポスターが切り裂かれる。おまけに小松平から注文を受けたとピザやそばの出前が続々と署に届く。小松平は身に覚えがないと言い、署員が犯人の捜索を始めるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月9日更新】
■ あらすじ(第6話 11/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
金志郎(玉木宏)が殉職した桜井の息子だと気付いた南(高嶋政宏)は、なおさら金志郎がキャリアになったことが許せない。当時のキャリアの誤った指示が桜井を死に至らしめたからだ。そんな中、金志郎は半田(柳沢慎吾)に泣きつかれ、警察庁長官官房長の娘・佳奈子(山崎静代)と見合いをすることに。金志郎が留守の間、署を訪ねてきた住人の吉野(松尾諭)が、どうしても金志郎に会いたいと、署員を人質にして立てこもる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月16日更新】
■ あらすじ(第7話 11/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
近所でクレーマー行為を続ける主婦グループ4人が、署を訪ねてくる。社宅に住む4人は、郵便受けにごみを入れられたり、駐車場の車を傷つけられたなどと言い立て、被害届を出す。最近、社宅に引っ越してきてグループに加わった朋世(黒谷友香)は南(高嶋政宏)の知り合いだった。被害届を放っておけず捜査に乗り出し、朋世の家に改めて話を聞きに行った金志郎(玉木宏)は、不審者を見たという彼女の証言がうそだと気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月23日更新】
■ あらすじ(第8話 11/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
息子・亮平(高橋光臣)がバイクで事故を起こしたと言って、吾郎(田山涼成)が署に駆け込む。話を聞いた金志郎(玉木宏)は、吾郎が‘オレオレ詐欺’の被害に遭ったことに気付く。管轄内で特殊詐欺が急増していると知った金志郎は、不動産会社からの情報を基に、犯人のアジトと思われる部屋を見つけ出す。部屋は南(高嶋政宏)の自宅の近くだった。金志郎は、ぎっくり腰で自宅療養中の南らと、アジトの張り込みを続ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月30日更新】
■ あらすじ(第9話 12/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
金志郎(玉木宏)の父親・周平(宇梶剛士)が殉職した25年前の事件について、新たな事実が判明する。当時、警察は自殺した中里(衣笠友裕)を犯人と断定した。しかし、新たな証言で、犯人の首には中里にはない特徴的なあざがあったと分かる。南(高嶋政宏)は独自に捜査を始める。一方、元恋人・岡崎(中村倫也)のストーカー行為に悩む沙織(黒川芽以)が署に相談に来るが、被害が出ていないため松本(白洲迅)らは対応しない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月7日更新】
■ あらすじ(第10話 12/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
25年前、金志郎(玉木宏)の父・桜井周平(宇梶剛士)を射殺した真犯人を追っていた南(髙嶋政宏)が拳銃で撃たれ、意識不明のまま病院に収容される。南を撃ったのは、元副総監の息子・桐島真司(中村俊介)だった。

一方、真相を確かめるべく長下部(近藤正臣)に会いに行った金志郎は、上層部から呼び出される。そこで金志郎は、時効が成立している事件の捜査をさせた上、捜査員が撃たれた今回の事件の責任を問われ、謹慎処分と北町署署長の解任を言い渡される。

金志郎の処分を受け、北町署の署長代理となった秋嶋(東根作寿英)は、半田副署長(柳沢慎吾)や実里(瀧本美織)ら署員たちに、署長官舎から姿を消し、桐島の行方を追っていると思われる金志郎の身柄を拘束するよう命じる。さらに秋嶋は、南を撃った犯人として、拳銃密売でマークされていた柴田という男をすでに逮捕したと皆に告げた。

金志郎は、本庁の刑事たちに追われながらも、単身聞き込み捜査を続けていた。そんな金志郎の前に現れた北町署刑事課のメンバー――松本(白洲迅)、元山(半海一晃)、水口(平山祐介)、花岡(勝矢)は、桐島が犯人であることを証明すべきだと申し出る。しかし金志郎は、父の事件は個人の問題だとして、この件に関わらないよう命じ…。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック