FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

2016年秋、日曜ドラマ『レンタル救世主』

kage

2016/12/11 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★10月9日スタート 

日本テレビ系 日曜 午後10:30~午後11:25(初回は午後10:00~午後11:25)

 レンタル救世主

Arika注目1hダメ男がレンタルされて命がけで人助け!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:渡辺雄介/演出:菅原伸太郎/演出:狩山俊輔/演出:鈴木勇馬/プロデューサー:伊藤響/プロデューサー:福井雄太/プロデューサー:難波利昭/プロデューサー:岡宅真由美

主題歌:JUJU feat. 明辺悠五「believe believe」
挿入歌:ジャニーズWEST「one chance」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
明辺悠五(沢村一樹)
超が付くほどのお人好しで、困った人を放っておけない。サラリーマンとして、妻子と共に平穏な人生を歩んでいくはずだったが、その性格が災いしてだまされ、莫大な借金を背負ってしまう。1人で金策に奔走していた時、スカウトされてレンタル救世主となる。

葵伝二郎(藤井流星)
明辺と共に働くレンタル救世主。目立つことが大好きで、“スポットライト症候群”を自称している。気分屋だが、女性の悲鳴だけはどんなに遠くても聞き分け、一目散に駆けつける本能に忠実な男。

百地零子(志田未来)
明辺と葵が、救世主の仕事を通じて出会う謎の少女。金持ちの家柄だが、なぜか家族にも頼らず、しがないアパートで自力で生活している。友人と呼べるような人間もいない。

紀伊ロイ(勝地涼)
レンタル救世主のメカニック担当で、直せないものは何もない腕利き。突然、謎のアイテムを作り出したり、盗聴や追跡などで活躍する。実は町の電気店の長男。

秦野いろは(中村アン)
レンタル救世主で、黒宇の秘書的な立場で働く謎の女性。淡々と残酷なことを言うが、その真意は誰にも分からない。政界や財界などさまざまななところに精通している様子だが、その過去も謎。

明辺紫乃(稲森いずみ)
明辺の妻。元スタイリストで天真らんまんな明るい性格。明辺とはとても仲が良く、心の支えとなっているが、感情の起伏が激しく、時には明辺にとっての一番の泣きどころにもなる。

黒宇寛太(大杉漣)
横浜でレンタル救世主の商売を始めた社長。金にがめつい。独断でレンタル救世主のメンバーを集め、依頼を受けるかどうかの判断も一人で行っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
沢村一樹扮する“雇われ救世主”たちが、悪をくじく痛快エンターテインメント! 
沢村一樹が主演を務める、“雇われ救世主”というユニークな職業を題材にした異色の人間ドラマ。沢村扮する明辺悠五は、期間限定で依頼主のいかなる無理難題もこなしていくという、新機軸のレンタルサービス「レンタル救世主」をやることになる。明辺は、決してヒーローとしてあがめられるような人間ではなく、莫大な借金を抱えて妻子のために命懸けで救世主をさせられる、超絶お人好しな中年男性。ドラマでは、そんな明辺と共に雇われた救世主たちが、悪をくじいていくさまを痛快に描く。目立つことが大好きなレンタル救世主・葵伝二郎役で藤井流星、明辺と伝二郎に初仕事で救出される謎の少女・百地零子役で志田未来が共演する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【9月28日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
飛び抜けてお人好しの中年男性・明辺悠五(沢村一樹)は、その性格が災いしてだまされ、いつの間にか莫大な借金を背負ってしまう。だが、愛する妻や子をその不幸に触れさせるわけにはいかないと、1人で金策に奔走していた。そんなある日、偶然出会った男からスカウトされて「レンタル救世主」という謎のサービスに登録され、誰かを助ける仕事をすることになる。なぜ自分が救世主を名乗らされているのか理解に苦しむ明辺だったが、自らも悲惨な状況下にあるため、さまざまな困難を抱える依頼者に感情移入。やがて明辺は、「助けて」と周りに伝えることのできない依頼者の気持ちを受け止めて、本物の救世主となっていく。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月5日更新】
■ あらすじ(第1話 10/9放送 ※午後10:00~午後11:25)
----------------------------------------------------------------------------------------
お人よし過ぎて知人にだまされ、連帯保証人として多額の借金を背負った上、仕事も失った明辺(沢村一樹)。給与が高額という「レンタル救世主」の面接を受けた明辺は、社長・黒宇(大杉漣)に気に入られ採用される。だが、それは時に命懸けの危険な仕事で、しかも初仕事は誘拐された人質の救出だった。現場で明辺は人質の零子(志田未来)と薫(稲葉友)を発見するが、犯人に捕まってしまう。そこへ同僚・葵(藤井流星)が現れて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月12日更新】
■ あらすじ(第2話 10/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
借金や再就職のことを家族に言えない明辺(沢村一樹)。一方、新たに「救世主」の仲間入りした零子(志田未来)は、葵(藤井流星)らの特技をうらやむ。そんな中、DJのヒロコ(森カンナ)からストーカーのプロデューサー・神保(遠藤章造)の退治依頼が入り、襲ってきた神保をヒロコにふんした葵が返り討ちに。ところが、神保のマンションに潜入していた明辺は警察に捕まって留置場行きになり、紫乃(稲森いずみ)に浮気を疑われる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月19日更新】
■ あらすじ(第3話 10/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
9歳の陽太(田中奏生)が、白い粉の入ったバッグを抱えて夜逃げした父・下川(甲本雅裕)を助けてと依頼に来た。陽太の所持金が485円だったため、黒宇(大杉漣)が追い返すが、明辺(沢村一樹)は心配でならない。そこへ、車椅子の徳田(佐戸井けん太)の横浜観光を300万円で手伝う依頼が入り、仕方なく明辺と零子(志田未来)は徳田が行きたいという「米橋通り」へ。一方、陽太の気持ちが分かるロイ(勝地涼)は彼の相手をする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月26日更新】
■ あらすじ(第4話 10/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
明辺(沢村一樹)の隣人・韮沢(木下隆行)が、ミスワタナベ(千秋)の投資セミナーにはまった妻・清美(櫻井淳子)の洗脳解除を「レンタル救世主」に依頼に来た。顔色を変えた黒宇(大杉蓮)は詐欺だと憤り、セミナーつぶしを宣言。自分が転職して活躍する姿が韮沢を通じ紫乃(稲森いずみ)に伝わればと願う明辺も張り切る。そんな中、セミナー会場に潜入した零子(志田未来)は、清美が幹部として犯罪に加担していることに気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月2日更新】
■ あらすじ(第5話 11/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「24時間以内に猫舌になりたい」という近藤(賀来賢人)がやって来る。15年間弟子としてついたお笑い芸人・レタス(泉谷しげる)が引退を決め、その相方として24時間後に初舞台に立つことになった近藤。だが、熱さが平気な上、熱がる演技も下手で、師匠の熱々おでんを食べるネタを面白くできないという。同情した明辺(沢村一樹)は、絶対に行くと約束した彩芽(莉帝)の授業参観が翌日に控える中、近藤のため奔走する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月9日更新】
■ あらすじ(第6話 11/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ある日ハイジ(福原遥)は‘くっつけさせ屋’をやってほしいと「レンタル救世主」に依頼し、作戦資料を渡す。相手とはインターネットで知り合い、偶然カフェで働いていることを知ったという。葵(藤井流星)は自分で告白しろと言うが、ハイジはネット動画で人気の自分が振られることを恐れていた。明辺(沢村一樹)らが相手を見に行くと、その彼は女装が趣味で恋愛対象が男性の薫(稲葉友)だとわかり、一同はハイジにも言えず悩む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月16日更新】
■ あらすじ(第7話 11/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秦野(中村アン)の高校の同級生である星子(菊地亜美)は、「横浜バーガー村」の移転問題で収賄を報じられている疑惑の市職員。星子は自分の罪を認めた上で「レンタル救世主」にある依頼を持ち込む。それは、高校のチアリーディング部で一緒だった秦野以外の残りの5人とも、逮捕される前に会いたいというもの。ところが、5人全員に断られた明辺(沢村一樹)たちは、その中の1人・愛乃から秦野や星子の思わぬ過去を聞き出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月23日更新】
■ あらすじ(第8話 11/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「レンタル救世主」が大人気になる中、紫乃(稲森いずみ)に離婚を迫られたせいで様子がおかしい明辺(沢村一樹)。彼が退社すると、彩芽(莉帝)が現れて両親の離婚をやめさせてと依頼する。紫乃のカウンセリングをしていた秦野(中村アン)の話から、まだ間に合うと思った一同は依頼を引き受ける。そんな折、千太郎(小出恵介)が現れ、誰でも救世主になれるアプリをリリースするため、「レンタル救世主」は買収すると宣言する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月30日更新】
■ あらすじ(第9話 12/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
千太郎(小出恵介)側に付いた黒宇(大杉漣)の裏切りにより、葵(藤井流星)らは逮捕され「レンタル救世主」は壊滅状態に。明辺(沢村一樹)は逮捕は免れたものの、離婚届を記入して家を出て、一人がんの手術に向かっていた。そんな中、零子(志田未来)が守るオフィスを、明辺に借金を負わせた張本人である柿本(梶原善)が訪ねてくる。余命宣告を受けた柿本は、死ぬ前にやり残した五つのことをやるのを手伝ってほしいと依頼する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月7日更新】
■ あらすじ(第10話 12/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
胃に腫瘍が見つかり、3カ月の余命宣告をされた明辺(沢村一樹)。かれは、秦野(中村アン)を呼び出して、紫乃(稲森いずみ)の様子を尋ねる。秦野によると紫乃は明辺の借金返済のため、彩芽(莉帝)を連れて古いアパートに引っ越したという。自分が死んだら紫乃と彩芽はどうなってしまうのか、明辺は心配でならない。秦野は明辺がレンタル救世主になったときに入った生命保険のことを思い出す。

秦野によると、その保険は明辺が死んだ場合、紫乃に3億円がおりるようになっているという。ただし、保険金がおりるのは、明辺がレンタル救世主の業務中に死んだ場合だけであり、それ以外の原因の死亡では適用されない。明辺がこのままガンで死んだとしたら、紫乃に何も残すことが出来ない。明辺は自分の死を無駄にしないよう、レンタル救世主の仕事を再開しようと決意する。しかし、レンタル救世主の代替アプリ「ヘルプール」が普及し、レンタル救世主への依頼は皆無になっていた。

千太郎(小出恵介)は、市長選に立候補。”プチテロリスト”と名乗る犯罪グループが次々とテロ予告を行い、この街には危機が迫っていた。そんな中、千太郎と黒字(大杉漣)が乗った車の前に、プチテロリストが現る。彼らは千太郎に向かって「これ以上目立つようなら、出る杭は打つ」と脅迫して去っていく。プチテロリストの暗殺予告を受けて、千太郎には100人態勢の警備が付けられることに。 明辺は黒字から、千太郎の警備に加わってほしいと頼まれる。レンタル救世主の仕事ができる絶好のチャンスと考えた明辺は、命を落とす覚悟で千太郎の警備を引き受ける。一方、零子(志田未来)、葵(藤井流星)、ロイ(勝地涼)、秦野は、レンタル救世主のオフィスに集合する。明辺を心配する彼らは、明辺の最後の覚悟に気づき・・・。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック