FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

2016年秋、日曜ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』

kage

2016/12/18 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★10月16日スタート 

TBS系 日曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:14)

 IQ246~華麗なる事件簿~

Arika注目1h織田裕二が貴族の末裔を熱演!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:泉澤陽子/脚本:栗本志津香/脚本:原涼子/演出:木村ひさし/演出:坪井敏雄/演出:韓哲/プロデューサー:植田博樹

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
法門寺沙羅駆(織田裕二)
貴族の末裔・法門寺家の89代目当主。長男のみに代々IQ246の異能が遺伝し、800年近く、時の権力者から北鎌倉に存在を封じられてきた。その能力を生かし、自らが解くに値する事件を求めてさすらう。

和藤奏子(土屋太鳳)
沙羅駆を警護する警視庁の刑事。正義感が強く、人の役に立ちたくて警察官になり、捜査一課に配属されたものの、なぜか法門寺家当主の護衛任務を命じられる。仕事も恋も、思い込んだら一直線の猪突猛進タイプ。

賢正(ディーン・フジオカ)
法門寺家に代々仕える執事。アスリート並みの運動能力を持つ武芸の達人。謙虚な人格者で沙羅駆をうまく扱うことができる。時に事件解決のヒントになる発言をすることもある。

森本朋美(中谷美紀)
法医学専門医監察医。沙羅駆の推理能力に魅了されファンとなるが、毎回冷たくあしらわれる。検視が終わると死体に死化粧を施す。一見とても地味な、変わったところがある女性。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
織田裕二がIQ246の超遺伝頭脳で難事件を解決する異色キャラに挑戦! 
貴族の末裔(まつえい)で学問・知識を追求してきた法門寺家の89代目当主・沙羅駆(しゃらく)が、難事件を華麗に解決する本格ミステリードラマ。IQ246という超遺伝頭脳を持ち、自らが解くに値する“美しい事件”を求めてさすらう主人公の沙羅駆を、TBS系連続ドラマで主演を務めるのは9年ぶりとなる織田裕二が演じる。沙羅駆の護衛を突然任される刑事・和藤奏子を土屋太鳳、法門寺家に仕える執事・賢正をディーン・フジオカ、変わり者の法医学専門医監察医・森本朋美を中谷美紀が演じるなど、多彩で魅力的な顔ぶれが脇を固める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月28日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁の刑事・和藤奏子(土屋太鳳)は、ある日突然捜査一課に配属され、北鎌倉にある貴族の末裔(まつえい)であり法門寺家の当主・沙羅駆(織田裕二)の護衛を命じられる。配属された者は1カ月以内に辞職するといううわさや、なぜ北鎌倉なのかと疑問を抱く奏子。そして、法門寺家では代々長男のみにIQ246という異能が遺伝し、時の権力者からその存在を隠されてきたことを知る。また、法門寺家には代々の当主に仕える執事が存在することにも驚く。そんな矢先、自らが解くに値する“美しい事件”を求めて暇を持て余していた沙羅駆は、家を抜け出し、偶然にも事件に出くわす。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月12日更新】
■ あらすじ(第1話 10/16放送 ※午後9:00~午後10:14)
----------------------------------------------------------------------------------------
沙羅駆(織田裕二)は北鎌倉の名家・法門寺家の89代目当主。IQ246の天才だが、日々退屈を持て余していた。一方、警視庁の刑事・奏子(土屋太鳳)は突然捜査一課に配属となり、沙羅駆の護衛に任命される。法門寺家を訪れた奏子を、執事・賢正(ディーン・フジオカ)が出迎える中、こっそり家をタクシーで抜け出した沙羅駆は、殺人事件の現場に遭遇。沙羅駆は、被害者を見ただけでその身元や犯人像を言い当てるも、無賃乗車で連行される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月19日更新】
■ あらすじ(第2話 10/23放送 ※午後9:00~午後10:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
子どもを虐待死させた容疑者たちが次々と自殺を遂げ、漫画に登場する「キルリスト」が実在するのではという噂が広がる。そのリストに名前を書かれた悪人は、悪魔により自殺に追い込まれるというものだ。一方、沙羅駆(織田裕二)は一連の事件を殺人事件と断定し、奏子(土屋太鳳)たちを巻き込んで調べを開始。そんな中、キルリストで殺してほしい人物を投票するサイトが登場し、そこで1位になった男が遺体で見つかる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月26日更新】
■ あらすじ(第3話 10/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
賢正(ディーン・フジオカ)は、高校時代の同級生でカリスマ主婦モデルの美晴(観月ありさ)と再会。近いうちに食事をしようと約束して別れる。そんな中、不動産会社を経営する美晴の夫・隆文(高木渉)が自宅書斎で刺殺される。犯人らしき男・下村(岡田浩暉)も花瓶で頭部を強打され現場で死亡していた。警察は2人がもみ合いの末に相打ちになったと推測。一方、現場にやって来た沙羅駆(織田裕二)は外から家の中を見る怪しい人物に気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月2日更新】
■ あらすじ(第4話 11/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大学病院の医師・土門(金田明夫)が自宅の高層マンションで殺される。この‘天空の密室殺人’の現場を勝手に見に来た沙羅駆(織田裕二)は、面白い事件に出くわしたと上機嫌だ。沙羅駆は、土門の部屋で見つけたCDから有名ピアニスト・由里(国仲涼子)に着目。由里は患者として土門と1年前から接触があった。土門は女性患者と言い争っている姿を何度か目撃されていたが、それを聞いた由里は自分ではないと否定する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月9日更新】
■ あらすじ(第5話 11/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
沙羅駆(織田裕二)は、執事・賢丈(寺島進)の勧めにより、賢正(ディーン・フジオカ)らと共に、とある美術館のプレオープニングパーティーに出席。オープニングセレモニーの最中、ショーの出し物を担当する人気アーティストコンビの一人・番田(矢本悠馬)が、会場の上部から突然転落して死亡する。番田の相方・千代能(成宮寛貴)が来場者にあいさつをしている際の出来事だった。沙羅駆は現場の状況から幾つか不審な点に気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月16日更新】
■ あらすじ(第6話 11/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
沙羅駆(織田裕二)、奏子(土屋太鳳)らは東京都内の地下道で殺された弁当工場従業員・鈴木(今野浩喜)のアパートを訪問。彼の年収では買うのが難しい高価な限定フィギュア6体と、証券会社の株購入予定の資料およびその担当者・亮次(和田聰宏)の名刺を見つける。ところが、その亮次が自宅で死亡。警察が事故死と判断する中、沙羅駆は、突然羽振りがよくなった亮次の兄で、売れない画家・壮一(平岳大)に疑いの目を向ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月23日更新】
■ あらすじ(第7話 11/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
沙羅駆(織田裕二)は、一連の事件の黒幕で法医学専門医監察医に成り済ましていたマリアT(中谷美紀)と接触するが、取り逃がす。沙羅駆はマリアTのパソコンに残されていたメッセージを解読し、次の犯罪が起きると思われるテレビ局のスタジオへ。一方、警察に「女優の美園麗子(山口紗弥加)を殺した」という電話が入る。警察が現場へ向かうと、そこには麗子ではなく、女優・あやめ(佐野ひなこ)の他殺体が横たわっていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月30日更新】
■ あらすじ(第8話 12/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
奏子(土屋太鳳)のパソコンがハッキングされ、沙羅駆(織田裕二)に関する調査報告書が流出。沙羅駆の存在が一躍世間に知れ渡る。そんな中、爆発が起きた一軒家からフリーライターの九鬼(小島康志)が刺殺体で見つかり、物証などから沙羅駆に殺人容疑が。捜査の指揮を執る警視庁捜査一課管理官・牛田(稲垣吾郎)は、沙羅駆が九鬼殺しだけではなく、マリアT(中谷美紀)の関わる一連の殺人事件の真の首謀者ではないかと疑っていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月7日更新】
■ あらすじ(第9話 12/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
奏子(土屋太鳳)の活躍により、殺人事件の容疑が晴れた沙羅駆(織田裕二)は無事に北鎌倉の屋敷に戻るが、戻った矢先、沙羅駆たちのもとに刑務所に拘留されているマリア・T(中谷美紀)が服毒自殺を謀り、搬送先の病院で息を引き取ったとの連絡が入る。すると時を同じくして御前会議のメンバーの黒木(上杉祥三)が法門寺家に来訪。対面した沙羅駆は黒木から政財界のある要人が手術で極秘入院することになった為、秘密裡に警護の指揮を執って欲しいと要請される。賢丈(寺島進)は黒木の要請を引き受けるよう沙羅駆を促がすが、沙羅駆はマリア・Tの件を解くことが優先だと、黒木の申し出を即座に拒否する。

その後、沙羅駆は奏子と賢正(ディーン・フジオカ)を伴い、法医解剖室へマリア・Tの遺体を確認に訪れる。遺体と対面した沙羅駆はマリア・Tの遺体を一目見た途端、あることに気付く。そして、マリア・Tが自分たちを監視していると察した沙羅駆が解剖室の監視カメラに呼びかけると案の定、解剖室のパソコンにマリア・Tが姿を現し、「あなたの大切なものが、私の手の中にある」との意味深な言葉を残して消えてしまう。マリア・Tの挑発に憤る賢正。と、そんな賢正に賢丈が車にはねられ病院へ搬送されたとの連絡が入り、沙羅駆ら3人は病院へと急行する。沙羅駆たちが見守る中、賢丈の手術が始まるのだが、その矢先、病院内の電気が停電。沙羅駆は病院の電源が何者かによってハッキングされ、オペ中の賢丈の命はもちろん、病院の患者全員の命がマリア・Tに掌握されてしまったと悟る。と、そんな沙羅駆に、警視総監の棚田(篠井英介)から沙羅駆が警護の指揮を依頼されていた要人つまり御前様(井上真樹夫)が入院する病院の電源がハッキングされてしまった為、沙羅駆に病院へ来て欲しいとの連絡が入る。
奇しくも御前様が入院した病院とは賢丈と同じ病院であった……。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月14日更新】
■ あらすじ(第10話 12/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終話】
マリア・T(中谷美紀)の策略で警察からマリア・Tの仲間と見なされてしまった沙羅駆(織田裕二)は奏子(土屋太鳳)や賢正(ディーン・フジオカ)と共にアジトから逃げ出したマリア・Tを追いかけようとするが、その矢先に警視総監の棚田(篠井英介)が発動した“沙羅駆射殺許可命令”によって現れた機動隊に取り囲まれてしまう。
問答無用で追い詰めてくる機動隊員たちを賢正が何とかやり込め、沙羅駆たち3人は取り囲んでいた機動隊からの脱出を図る。だが3人が車に乗り込もうとしたところ、物陰で沙羅駆の命を狙っていた警察のスナイパーに気がついた奏子が沙羅駆を庇い、撃たれてしまう。腹部に被弾し倒れる奏子の姿を前に、スナイパーへ激しく憤る沙羅駆。賢正はそんな沙羅駆に奏子の治療をすることが先決だといさめ、二人は奏子を連れて病院へと駆け込むのだが……。

一方、政財界では御前会議あてにマリア・Tから「日本中の電気の中枢をハッキングした」との脅迫状が届き、御前様(井上真樹夫)や御前会議の幹部・黒木(上杉祥三)が一刻も早くマリア・Tの行方を突き止めるよう棚田を急き立てる。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック