2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2016年秋‐2017冬、朝ドラマ『連続テレビ小説」べっぴんさん」』

kage

2017/04/01 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月3日スタート 

NHK総合 月曜~土曜 午前8:00~午前8:15

 連続テレビ小説「べっぴんさん」

Arika注目1h子供服作りにまい進するヒロインの一代記!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:渡辺千穂/演出:梛川善郎/演出:新田真三/演出:安達もじり/制作統括:三鬼一希/プロデューサー:堀之内礼二郎

主題歌:Mr.Children「ヒカリノアトリエ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
坂東すみれ(芳根京子)
会社を経営する裕福な坂東家の次女。おっとりしているが、やると決めたら貫く心(しん)の強い性格。太平洋戦争のさなかに結婚・出産するが、戦後は財産を全て失ってしまう。得意の洋裁の腕を生かして子供服作りをしながら、出征から帰らない夫を待つ。

坂東五十八(生瀬勝久)
すみれ、ゆりの父。近江商人の家の次男に生まれる。故郷を離れて大阪で繊維会社「坂東営業部」を設立し、大きな利益を上げる。合理的で新しいものが好きで、「よき相棒を作れ」「初志貫徹」という商売の哲学は、すみれに受け継がれていく。

坂東はな(菅野美穂)
すみれ、ゆりの母。体は弱いが、強い心を持った女性。娘たちの性格を本人以上に理解し、いつも家の中を明るくする。手先が器用で、刺しゅうが得意。

野上潔(高良健吾)
すみれの幼なじみ。「坂東営業部」の番頭役・野上正蔵のひとり息子で、幼いころから豪快で頼れる兄貴的存在。生涯にわたってすみれを支え続ける。

坂東ゆり(蓮佛美沙子)
すみれの姉。成績優秀、運動も得意で、自分の考えをはっきりと言葉にできる強さを持つ。戦争や出産、子育てを経て母性に目覚め、仕事と家庭の両立に苦労するすみれの大きな支えとなっていく。

麻田茂男(市村正親)
神戸の靴店「あさや」の店主で、坂東家出入りの靴職人。腕が良く、実直で顧客からの信頼も厚い。戦後、すみれたちの商売の第一歩を後押しする。

坂東トク子(中村玉緒)
五十八の母ですみれとゆりの祖母。度量が大きく、優しい。跡継ぎである長男に事業を譲り、故郷を離れた次男の五十八に負い目がある。戦中、疎開することになったすみれたちを温かく迎え入れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
芳根京子が生きるために子供服作りを始めるお嬢さま育ちのヒロインに!! 
戦前から戦後の昭和を舞台に、芳根京子が演じるお嬢さま育ちのヒロイン・坂東すみれが、夫が出征から戻らずに財産を没収される中で、生活のために神戸で子供服専門店を立ち上げて強く生きていく姿を描く。神戸でベビー用品店を創業した坂野惇子をモデルに、ドラマ「ファースト・クラス」(フジテレビ系)、映画「さよならみどりちゃん」などを手掛けた渡辺千穂が脚本を書き下ろす。そのほか、生瀬勝久、菅野美穂、高良健吾、蓮佛美沙子、谷村美月、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、土村芳、永山絢斗、名倉潤、市村正親、中村玉緒といった豪華俳優陣が脇を固める。


----------------------------------------------------------------------------------------
【9月28日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
裕福な家庭で育った坂東すみれ(芳根京子)は、会社を経営し商売の哲学を持つ父・五十八(生瀬勝久)、病弱だが明るく優しい母・はな(菅野美穂)、成績優秀で運動も得意な姉・ゆり(蓮佛美沙子)に囲まれて、何不自由なく育つ。19歳でお見合い結婚したすみれは子供を出産するが、太平洋戦争が激化し、疎開生活を余儀なくされてしまう。さらに、戦後には全ての財産を失い、出征から帰らない夫を待ち続ける中、生活のために得意の洋裁の腕を生かして子供服作りを始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月5日更新】
■ あらすじ(第1週 10/3~10/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』1934年、神戸。すみれ(渡邉このみ)は入院中の母・はな(菅野美穂)にあげようと刺しゅうに取り組むが、完成品を見た家族の言葉に傷つく。

『火』刺しゅうが上手になりたいすみれは、屋敷に出入りする靴職人・麻田(市村正親)から、靴も針と糸を使って作られていることを教えられる。

『水』すみれは、靴作りを見せてもらおうと麻田の元を訪れる。だがその帰り、案内してくれた幼なじみの潔(大八木凱斗)とはぐれてしまう。

『木』すみれの外出騒動を知って激怒する父・五十八(生瀬勝久)は、麻田や潔らを責め立てていた。すみれは勇気を振り絞り、父に立ち向かう。

『金』すみれは、1日だけ退院したはなと最後の時間を過ごす。将来を聞かれたすみれは「‘べっぴん’を作れる人になる」と母と約束する。

『土』1942年。戦争の影響で女学生のすみれ(芳根京子)たちも生活の変化を余儀なくされる。すみれは、潔(高良健吾)に召集令状が届いたことを知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月12日更新】
■ あらすじ(第2週 10/10~10/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』五十八(生瀬勝久)はゆり(蓮佛美沙子)に華族の男性を婿に取るよう提案する。ゆりは受け入れられず、潔(高良健吾)に相談。その潔に、召集令状が届く。

『火』五十八は、ゆりの告白を聞いて激怒する。ゆりは外出禁止となってしまい、すみれ(芳根京子)が代わりに潔の気持ちを確認することになる。

『水』すみれは祖母・トク子(中村玉緒)から、五十八とはな(菅野美穂)の苦労話を聞き、家への思いを強くする。そんな中、五十八が縁談を持ち込む。

『木』すみれの結婚相手は幼なじみの紀夫(永山絢斗)だった。結婚式から数カ月たったある日、すみれは紀夫に子どもができたことを告げるが…。

『金』すみれは、戦地に向かうことになった紀夫におなかの子のことを託される。1944年、女の子を出産したすみれは、さくらと名付ける。

『土』戦況が厳しくなり、すみれとゆりは近江にある坂東本家に疎開することに。ある日、五十八から、神戸で大空襲があったと知らされる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月19日更新】
■ あらすじ(第3週 10/17~10/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』近江の坂東本家に疎開していたすみれ(芳根京子)とゆり(蓮佛美沙子)は肩身の狭い生活を送っていた。ある日、2人は家を出て行くよう促される。

『火』神戸に戻ったすみれは紀夫(永山絢斗)を待つことに。戦後、日本経済が大混乱する中、預金も封鎖され、すみれは生活に困窮していく。

『水』すみれは、持ち物を売って生活しようと考える。だが、潔(高良健吾)に、これからは自分で仕事をして生き抜かねばならないと諭される。

『木』すみれは麻田(市村正親)の店で手作りの手芸品を売り始める。そして、客の外国人通訳ジョン(ドン・ジョンソン)の妻に会うことになる。

『金』余裕のない状況下、すみれの手芸品は売れない。諦めようとする彼女を、麻田やゆり、潔とその友人・栄輔(松下優也)らが支えるが…。

『土』外国式のおむつの存在を知ったすみれは、以前、外国人相手に育児の講習会を開いていた看護婦・明美(谷村美月)を思い出し、彼女を捜す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月26日更新】
■ あらすじ(第4週 10/24~10/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』すみれ(芳根京子)は明美(谷村美月)に外国式のおしめの作り方を教えてもらおうとする。ところが、明美は拒否し、生地も手に入らないと言う。

『火』すみれは女学校時代の手芸倶楽部仲間・良子(百田夏菜子)と君枝(土村芳)と再会。君枝の家でミシンを見つけたすみれは2人を商売に誘うが…。

『水』おしめの生地を入手したすみれは明美を説得し作り方を教わる。そして完成品をエイミー(シャーロット・ケイト・フォックス)に売る。

『木』エイミーから新しいドレス作りを依頼されたすみれは、良子と君枝に相談。生地に困り、はな(菅野美穂)の形見のドレスを使うと決める。

『金』ドレスの出来栄えに感激するエイミーを見て、すみれは喜びをかみしめる。後日、すみれの元に、良子と君枝、そして明美が訪ねてくる。

『土』すみれ、良子、君枝、明美は子どもの着心地を一番に考えた「べっぴん」作りを開始。麻田(市村正親)の店の一角に、自分たちの店を開く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月2日更新】
■ あらすじ(第5週 10/31~11/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』すみれ(芳根京子)たち4人は、子ども服の店「ベビーショップあさや」をオープンする。最初の客として現れたのは、五十八(生瀬勝久)だった。

『火』店に派手な格好をした女性客が米兵と入ってくる。拒否反応を示した良子(百田夏菜子)は、その態度を君枝(土村芳)と明美(谷村美月)に注意され…。

『水』テーブルクロスを作る仕事を受けたすみれたちは、店番を良子に任せて出掛ける。店に帰ってきたすみれに、良子は衝撃の告白をする。

『木』店を辞めると言い出した良子の言葉を受け入れるすみれたち。ところが後日、店番をしていた良子の身に起きた出来事を客から聞き…。

『金』大阪・梅田ではゆり(蓮佛美沙子)が闇市の元締め・根本(団時朗)に意見するが鼻であしらわれる。一方、君枝の夫・昭一(平岡祐太)が帰還する。

『土』五十八は、ゆり、潔(高良健吾)らと一緒に根本の元に出向く。初めは相手にされない五十八だったが、彼の言葉は市場の人々の胸を打ち…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月9日更新】
■ あらすじ(第6週 11/7~11/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』すみれ(芳根京子)と明美(谷村美月)は睡眠時間を削りテーブルクロスを縫い続ける。君枝(土村芳)は昭一(平岡祐太)に仕事のことを言い出せない。

『火』すみれたちは完成したテーブルクロスを依頼主に手渡す。居合わせた君枝も依頼主に感謝されるが、その様子を昭一に見られてしまう。

『水』すみれと明美は、入院した君枝の見舞いに行く。すると、彼女の容体は悪化していた。明美は昭一に、人生には希望が必要だと訴える。

『木』すみれと明美は、復帰した君枝と店を続ける。客を増やしたいすみれは、明美の知識を生かして、店でベビー相談室を開こうと思い付く。

『金』良子(百田夏菜子)に会いに行ったすみれは、夫・勝二(田中要次)との関係がうまくいっていないことを知る。すみれは勝二にある提案をする。

『土』店の経営が軌道に乗り始める中、すみれの元を戦地で行方不明の紀夫(永山絢斗)の両親が訪れる。すみれは2人からの提案に衝撃を受ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月16日更新】
■ あらすじ(第7週 11/14~11/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』すみれ(芳根京子)は紀夫(永山絢斗)の両親から「息子は戦死したかもしれない」と言われる。混乱するすみれを、栄輔(松下優也)が励ます。

『火』麻田(市村正親)は商店街の空き店舗にベビーショップを移転したらどうかと提案。店舗を見たすみれたちは、ぜひ挑戦してみたいと思う。

『水』試作品づくりに没頭して夜遅くなったすみれを、栄輔が家まで送っていく。さくら(河上咲桜)は栄輔に、帰らないでとだだをこね…。

『木』さくらは家に泊まることになった栄輔を「お父さん」と呼んでしまう。心揺れる栄輔に潔(高良健吾)は「すみれを好きになるな」と告げる。

『金』すみれは五十八(生瀬勝久)から「紀夫は帰ってこないかもしれない」と言われ、絶望する。そんな中、すみれの元に待ちわびた手紙が届く。

『土』届いた手紙は、生きていた紀夫からものだった。すみれは栄輔に、これまでの感謝の気持ちを伝える。そして、ついに紀夫が帰還する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月23日更新】
■ あらすじ(第8週 11/21~11/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』戦地から帰還した紀夫(永山絢斗)はすみれ(芳根京子)が店を開いていると知って驚く。紀夫は自分が「坂東営業部」を立て直すと宣言するが…。

『火』戦地で過酷な経験をした紀夫は「人を信じるな」とすみれに忠告。まるで別人のようになってしまったその姿はすみれを不安にさせる。

『水』すみれたちの店「キアリス」は新規開店初日から大盛況。店に姿を見せなかった紀夫は、家に来た栄輔(松下優也)に突然つかみかかる。

『木』坂東営業部復活の目玉として、ゆり(蓮佛美沙子)と潔(高良健吾)はファッションショーを計画。五十八(生瀬勝久)の説得で、紀夫は坂東営業部に戻る。

『金』仕事を辞めてほしいという紀夫の言葉にすみれは困惑。栄輔は「自分にとっての店は何なのか」を紀夫に伝えるべきだとすみれに話す。

『土』ファッションショー当日。モデルとして登場したすみれは、店への思い、人を信じることの素晴らしさを観客席の紀夫に語り掛ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月30日更新】
■ あらすじ(第9週 11/28~12/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』ベビーブームの影響で、キアリスは順調に客足を伸ばす。紀夫(永山絢斗)と潔(高良健吾)は、大急百貨店が意外な店に興味を持っていると知る。

『火』キアリスを扱った新聞が出る。「お母さんがお母さんのために」と書かれた記事には独身の明美(谷村美月)の名前だけが載っていなかった。

『水』紀夫の説得もあり、すみれ(芳根京子)は百貨店への出品を決める。だが、これから大量の商品をどこでどう作るかなど問題は山積みだった。

『木』百貨店の担当者と打ち合わせをしたすみれは、服に付けたキアリスのタグを全て取り外し、百貨店の特選マークを付けるように言われる。

『金』百貨店の担当者から量産のため工程をいくつか省略するように言われたすみれは、これまでの話はなかったことにしてくれと反論する。

『土』百貨店の話を断ったすみれに、紀夫は怒りをぶつける。そんな中、百貨店社長・大島(伊武雅刀)がすみれに会えないかと言ってくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月7日更新】
■ あらすじ(第10週 12/5~12/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』大急百貨店への出店を断られたすみれ(芳根京子)は、社長の大島(伊武雅刀)に理由を求める。製品作りの工程を減らすよう求められたことや、売り残り品が処分されることは受け入れられないと説明したすみれに、大島は試しに10日間だけ大急百貨店で委託販売することを提案。夫・紀夫(永山絢斗)たちに引き止められるものの、キアリスを広めるチャンスだと引き受けたすみれたちは、百貨店への出店準備を始める。

『火』期間限定で百貨店へのキアリス出店をきめたすみれ(芳根京子)たちは、友人や知り合いに縫製や接客の手伝いを頼みつつ、百貨店でしか買えない目玉商品を考えた。そんな中、良子(百田夏菜子)の息子・龍一が、お店の情報を手書きしたカードをめちゃくちゃにしてしまう。息子をしっかり叱らない良子を注意する明美(谷村美月)だったが、良子はその言葉に反発し、店内は気まずい空気が…。

『水』すみれ(芳根京子)たちは、百貨店での目玉商品として、かわいいリスの絵を描いたお弁当箱を作ることを決める。百貨店担当者も賛成し、お弁当箱のことを広告に載せるが、そこには予想をはるかに超える数量が記載されていた。素材となるアルマイト製のお弁当箱を必至に買い集めるすみれたちだったが、そんな中、良子(百田夏菜子)が息子の子育てに悩み店に来なくなってしまう。心配したすみれは、店のメンバーにある提案をする…。

『木』すみれ(芳根京子)たちは、ついに期間限定の百貨店でも出店初日を迎える。キアリスに期待する大急はシューケースを2個用意し、周囲の売り場担当から嫉妬されるほど。しかし予想に反して、2日経ってもお客さんが一人も来ない結果に。原因を考えたすみれは、いつも百貨店に来るお客さんは子育ての終わった年配の方が多く、子ども服に興味がないということに気づき、キアリス知ってもらおうとある対策を打つのだった。

『金』百貨店に出店したすみれ(芳根京子)たち。店は目玉商品のアルマイト製の弁当箱の効果もあり、たくさんの客でにぎわっていた。一方、すみれの夫・紀夫(永山絢斗)は、すみれの姉・ゆり(蓮佛美沙子)が企画した洋裁教室の説明会を担当することになり、人前に出るのが苦手な性格のあって慣れない仕事に苦しんでいた。ある日、泥酔状態で帰宅した紀夫が口にした「仕事を変える」という言葉に、すみれは驚き…。

『土』期間限定の百貨店への出店最終日を迎えたすみれ(芳根京子)たちは、目標をはるかに超える売り上げをあげたことを知る。いつも辛口ばかり言っていた夫たちも、妻たちの頑張りを認めたのだった。その後、商店街の店を訪ねてきた大急百貨店の社長・大島(伊武雅刀)は、すみれたちに驚くべき提案をする。一方、会社の新しい企画である裁縫教室の説明会で司会を任せられた夫・紀夫(永山絢斗)は、緊張のあまり客を前に突如倒れてしまい…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月14日更新】
■ あらすじ(第11週 12/12~12/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』すみれ(芳根京子)たちは、キアリスの支店を正式に大急百貨店に出すことを決める。一方、すみれの夫・紀夫(永山絢斗)は、会社の説明会で司会を任されたが、極度の緊張のため仕事中に倒れてしまい、ショックのあまり家で寝込むように。すみれの姉・ゆり(蓮佛美沙子)と義兄の潔(高良健吾)は紀夫を心配するが、同僚の間での信用は地に落ちてしまう。状況を知らないすみれは会社を訪れ…。

『火』すみれ(芳根京子)たちは、縫製や接客を手伝ってくれた仲間たちにも大急へ支店を出すことを伝える。継続的に働けることを喜ぶ女性たち。一方、紀夫(永山絢斗)は、説明会での失敗を恥じ、仮病を使って仕事を休み続けていた。そんな中、すみれの父・五十八(生瀬勝久) から祖父のトク子(中村玉緒) が具合悪いとの知らせが届き、すみれたちは金江を訪ねることに。そこで五十八が紀夫に思いがけない言葉をかける。

『水』キリアス大急支店の開業に向け、今まで以上に打ち合わせや商品づくりに追われる坂東すみれ(芳根京子)。しばらく仕事を休んでいた紀夫(永山絢斗)は、再び苦手な司会業にも挑戦し、懸命に自分を変えようとしていた。そんなある日、長年、家事や育児を手伝っていた喜代(宮田圭子)が腰痛が悪化させ、入院してしまう。紀夫に負担をかけないように、すみれは仕事に加え、家事や育児も全て自分がこなしていくことを決意する。

『木』すみれ(芳根京子)たちは、大急支店の開業前日を迎え、売り場の最終確認を行っていた。仲間たちは売り場を見て満足するが、すみれだけは納得できず、一人残って売り場のレイアウトをやり直すことに。その夜、夫の紀夫(永山絢斗)が家に帰ると、部屋は暗く誰もいない。心配した紀夫は、慌てて商店街の本店や友人たちの家へ捜しにいくが、すみれの姿は見つからない。紀夫は一睡もせずにすみれを待ち続けるが…。

『金』キアリス大急支店の開店初日を迎えたすみれ(芳根京子)たち。店内は大勢のお客さんでにぎわい、初日にして予想以上の売り上げを達成する。しかし前夜の事件の影響で、すみれと紀夫(永山絢斗)の関係はギクシャクしたまま。そんなある日、仕事と家事の両立で忙しい日々を送っていたすみれは、ついに過労で倒れてしまう。久々に休みとったすみれだったが、ある夜、娘のさくらからある質問を問われ、答えられない自分に衝撃を受ける。

『土』すみれ(芳根京子)と夫・紀夫(永山絢斗)の関係はギクシャクしたまま。さらに、娘のさくらが通う保育所のシスターからは、「子供のことをもっとしっかり見てあげてください」と話をされる。仕事で忙しい毎日を送るあまり、夫ことも娘のこともちゃんと見れていない自分に気づいたすみれ。後日、キアリスの仲間の明美(谷村美月)、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)は、すみれからの思いもよらない言葉を聞き…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月21日更新】
■ あらすじ(第12週 12/19~12/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』キアリスを辞めると決めたすみれ(芳根京子)は、着々と仕事の引き際を進めていく。引き止めたい気持ちはあるものの明るく送り出そうと決める明美(谷村美月)、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)ら仲間たち。すみれは、キアリスでの最後の仕事の仕事としてベビー相談室で書き溜めてきたお母さんたちの悩みやその解決法を手帳にまとめたいと提案する。しかし夫たちは貴重な知識をむやみに広げない方がよいと言って反対し…。

『火』すみれ(芳根京子)は、キアリスを辞めて家事や子育てに専念していた。そのころ、キアリスでは君枝(土村芳)が百貨店での打ち合わせに出るようになっていたが、クリスマス商戦に向けて目玉商品を用意するように言われ頭をかかえるのだった。明美(谷村美月)もベビー相談の内容を文章にまとめる作業を任されていたが、文章の表現が堅すぎると指摘されて悩み、すみれに相談に行くのだった。

『水』キアリスを
すみれ(芳根京子)の元に、息を切らした潔(高良健吾)が勢いよく玄関に飛び込んでくる。妻のゆり(蓮佛美沙子)が家出をしてしまったとのこと。すぐに近江の実家にいるとわかるが、ゆりは帰ろうとしない。途方に暮れる潔は靴屋の浅田(市村正親)を訪ねる。また、子供たちのための新しい刺しゅうのサービスのアイデアが浮かんだすみれはキアリスを訪れる。すみれの存在の大きさを改めて痛感する仲間だった。

『木』坂東すみれ(芳根京子)は、夫の紀夫(永山絢斗)とともに娘のさくらの友達のためのクリスマスプレゼント作りに取り組む。久しぶりにゆったりとした時間を過ごすすみれたちだったが、キアリスではクリスマス商戦用の目玉商品作りに追われていた。紀夫と勝ニ(田中要次)、昭一(平岡祐太)ら夫たちは、キアリスの経理処理を手伝っていたが、仕事の片手間では手に負えないほどの量に音を上げ、専従の経理担当が必要と訴えるが…。

『金』近江の実家に泊まっていた潔(高良健吾) 。夜中にふと目を覚まして縁側に出ると、そこにいたのは亡くなった父・正蔵(名倉潤)だった。久しぶりに親子水入らずで会話をする二人。夢から冷めた潔は、妻のゆり(蓮佛美沙子)と再び向き合う。一方、すみれ(芳根京子)との将来を考えていた紀夫(永山絢斗)は、ある重大な決意を伝えるため、すみれの父・五十八(生瀬勝久) を訪ねるのだった。

『土』店のクリスマスパーティーで、紀夫はすみれたちの前で、あることを宣言し驚かせる。その夜、サンタクロース姿の麻田(市村正親)の歌が商店街に響き渡る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月25日更新】
■ あらすじ(第13週 12/26~12/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』すみれ(芳根京子)たちは、大島(伊武雅刀)からの提案を受けて店を株式会社にする。融資の話をしに銀行員が店を訪れるが、すみれたちは女学生のような振る舞いが抜けない。経理として正式に店に入った紀夫(永山絢斗)は、毎日、朝礼を実施することや、互いを名字で呼び合うことを決め、店の雰囲気を変えようと意気込む。

『火』すみれたちは堅苦しい朝礼を毎日行うようになっていた。ある日、ゆり(蓮沸美沙子)からの相談を受けたすみれは、妊娠中の女性がさまざまなものをそろえる苦労をなくしたいと思う。そして、子ども用の食器を作ろうと工場と話を進めるが、話を聞いていなかった紀夫は激怒する。

『水』すみれたちは、子ども用の食器を大量に発注。皆は売れると信じていたが、紀夫だけはリスクを心配し、店の社長となった麻田(市村正親)や潔(高良健吾)に相談。ようやく話を進めることを認める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月1日更新】
■ あらすじ(第14週 1/4~1/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『水』すみれ(芳根京子)は紀夫(永山絢斗)やさくら(粟野咲莉)と一緒に近江の坂東家で正月を過ごす。おめでたい元日になるはずが、五十八(生瀬勝久)と潔(高良健吾)は会社の経営方針を巡って意見が合わず、討論になる。

『木』すみれは、重い空気が漂う近江の実家で過ごしていた。五十八と長太郎(本田博太郎)は朝から酒を飲み、口げんかを始める。声を荒らげて二人を叱ったトク子(中村玉緒)は、無理がたたって倒れてしまう。

『金』すみれたちは新年早々から、店を子ども用品の総合店にするための準備を進める。ベビーベッドなどを仕入れるため、米国のメーカーと英語で取引ができる担当者が必要になり、すみれは大学で英語を熱心に学んでいたゆり(蓮佛美沙子)に相談する。

『土』すみれは、米国のメーカー担当者との商談で傷ついた明美(谷村美月)に掛ける言葉が見つからない。すみれはゆりを訪ね、明美に英語を教えてほしいと頼む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月8日更新】
■ あらすじ(第15週 1/9~1/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』すみれ(芳根京子)は麻田(市村正親)に、さくら(粟野咲莉)の靴を作ってもらえないかと頼む。そんなある日、店の商品の偽物が出回っているという情報が入る。

『火』麻田に一度は靴作りを断られたすみれは、最後まで作ってもらえるよう頭を下げる。一方、明美(谷村美月)は、偽物商品を作る玉井(土平ドンペイ)の元を訪れる。

『水』すみれたちの会社は、全国的に知れ渡るまでに成長した。さくらと君枝(土村芳)の息子・健太郎(古川雄輝)は、高校受験を控えていたが…。

『木』良子(百田夏菜子)の息子・龍一(森永悠希)は、さくらと健太郎をジャズ喫茶に連れて行く。そこでさくらは、ドラマーの二郎(林遣都)と出会う。

『金』すみれは入社試験のことで頭がいっぱいになっていた。そんなある日、さくらが「具合が悪い」と言って学校を休み、家を抜け出す。

『土』すみれは入社試験の結果について、会社の仲間と夜遅くまで話し合いを続けていた。一方、さくらは、五月(久保田紗友)に連れられ、ナイトクラブに来ていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月15日更新】
■ あらすじ(第16週 1/16~1/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』すみれ(芳根京子)は、繁華街でさくら(井頭愛海)らしき姿を見掛ける。さくらがナイトクラブに行っていたと知った紀夫(永山絢斗)とすみれは、激しく怒る。

『火』さくらを心配するすみれは、今後は朝食だけでも家族そろって食べようと決める。一方、すみれたちの会社では、お祝いギフト用の詰め合わせ商品を作ることになる。

『水』大島(伊武雅刀)から、百貨店の展示の担当を依頼されたすみれたちは、テーマをどうするか悩んでいた。紀夫は新入社員の西城(永瀬匡)を居酒屋に連れて行く。

『木』さくらの誕生日の朝、すみれは「夜は一緒にお祝いしよう」とさくらに声を掛けるが、さくらは、その提案を拒絶する。ジャズ喫茶を訪れたさくらは、二郎(林遣都)らに誕生日を祝福してもらう。

『金』さくらを心配してナイトクラブを訪れたすみれは、さくらを強引に家に連れて帰ろうとする。さくらの態度にいら立ったすみれは、思わず手を上げてしまう。

『土』家出をしたさくらがゆり(蓮佛美沙子)の家にいると知り、すみれは胸をなで下ろす。さくらを迎えに行ったすみれだが、話もできないまま、ゆりに帰されてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月22日更新】
■ あらすじ(第17週 1/23~1/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』すみれ(芳根京子)は任されていた百貨店での展示のテーマを「女の一生」に決め、明美(谷村美月)、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)と準備を進めていく。

『火』すみれたちの元に、売り場担当の悦子(滝裕可里)が娘・弥生(白石優愛)と自分の婚約者を連れて来る。その相手を見た一同は驚く。

『水』潔(高良健吾)は洋服店「エイス」の社長となった栄輔(松下優也)と再会し家に連れて帰る。10年ぶりに栄輔の姿を目にしたゆり(蓮佛美沙子)は…。

『木』すみれは展示の構想をあれこれと練る。そんな彼女に栄輔は、家出してゆりの家にいるさくら(井頭愛海)についてある話を持ち掛ける。

『金』すみれは、ジャズ喫茶のママ・すず(江波杏子)の言葉をヒントに、人生にはいろいろな生き方があることを展示で表現しようと思い付く。

『土』展示の制作を通じて自らの思いを固めたすみれはさくらに会いに行く。心を閉ざすさくらに、すみれは自分の気持ちを必死で伝える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月29日更新】
■ あらすじ(第18週 1/30~2/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』さくら(井頭愛海)は家出を続けていた。ある日、すず(江波杏子)のジャズ喫茶・ヨーソローで働いていた五月(久保田紗友)が突然姿を消す。

『火』すみれ(芳根京子)は五十八(生瀬勝久)と、乳児用肌着の素材となるメリヤスを作る工場を訪問。工場は既に他の経営者への売却が決まっていた。

『水』すみれたちは新しく仕入れるメリヤス生地を探し始めるが、質の良いものが見つからない。五十八はさくらを連れて大急百貨店を訪れる。

『木』紀夫(永山絢斗)は、家出中のさくらがヨーソローで働いていると知り、慌てて店に向かう。紀夫の姿を見て物陰に隠れるさくらだったが…。

『金』すみれは五月を大急で見つける。彼女の妊娠を知ったすみれは自宅に住まわせることにし、事情をすずに話すためにヨーソローを訪れる。

『土』すみれと紀夫は、さくらが勝手に東京へ行こうとしていることを知る。ヨーソローでさくらを見つけたすみれは、必死で思いを伝える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月5日更新】
■ あらすじ(第19週 2/6~2/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』二郎(林遣都)はヨーソローですみれ(芳根京子)に促されたさくら(井頭愛海)から、姿を消した恋人・五月(久保田紗友)の妊娠を伝えられる。

『火』すみれやゆり(蓮佛美沙子)たちは、五十八(生瀬勝久)が倒れたと聞き、近江へ。寝込む五十八は、夢の中で亡きはな(菅野美穂)と久々に語り合う。

『水』五十八からの言葉を受け、さくらは幼なじみの健太郎(古川雄輝)、龍一(森永悠希)と一緒にキアリスでアルバイトをすることになる。

『木』さくらは妊娠中の五月を助けるため、ある提案をする。潔(高良健吾)は、栄輔(松下優也)から業務提携の話を持ち掛けられ、悩んでいた。

『金』五月はキアリスで働くことに。すみれたちは一人での子育てを決意したものの不安な五月を力づける。ある日、キアリスに二郎が来る。

『土』二郎と家族になった五月は、元気な男の子を出産する。幸せに包まれるすみれたちだったが、そこに、近江の坂東家から知らせが届く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月11日更新】
■ あらすじ(第20週 2/13~2/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』高校3年生になったさくら(井頭愛海)と健太郎(古川雄輝)は大学進学を目指す。大学生の龍一(森永悠希)は自分の将来を模索していた。

『火』すみれ(芳根京子)は、坂東家に長年仕えてきた忠一郎(曽我廼家文童)と喜代(宮田圭子)が「2人で旅に出よう」と話し込むのを耳にする。

『水』すみれたちは、武(中島広稀)の結婚相手を見つけようとする。だが、武の心の中には、いまだに明美(谷村美月)への思いがくすぶっていた。

『木』明美の思いを知った武はすみれたちの仲介で縁談を進めることを決意。一方、健太郎は東京の大学に行きたいと考えるが言い出せない。

『金』さくらと健太郎は、大学受験の願書提出の時期を迎える。健太郎は、関西の大学への進学を望む家族に自分の本当の思いを打ち明ける。

『土』すみれ、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)は、将来に向かって旅立っていく子どもたちに手作りの服を贈ることに。そして、大送別会が始まる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月18日更新】
■ あらすじ(第21週 2/20~2/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』1969年、キアリスは創業20周年記念パーティーを開く。海外留学中のさくら(井頭愛海)と健太郎(古川雄輝)は、ある決意で帰国する。

『火』新入社員採用面接を実施したすみれ(芳根京子)は、候補者の中にさくらと健太郎の姿を見つけ驚く。すみれたちは2人の採用に反対するが…。

『水』身内であるさくらたちの採用に悩むすみれだが、潔(高良健吾)の助言もあり、2人に採用試験を受けさせ、実力を見て決めることにする。

『木』すみれと君枝(土村芳)は、試験で優秀な成績を収めたさくらと健太郎の入社を受け入れる。やがて、大阪で日本万国博覧会が開幕する。

『金』さくらと健太郎はキアリスで新人研修を受ける。すみれは新人たちに、新しい商品開発のための審議会に参加するチャンスを与える。

『土』すみれや紀夫(永山絢斗)たちは商品審議会を開く。参加することになっていたさくらは開始時間に遅刻した上、何の準備もできていなかった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月18日更新】
■ あらすじ(第22週 2/27~3/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』さくら(井頭愛海)は念願のデザイン部に配属され、意気込む。だが、提案した服のデザインをすみれ(芳根京子)たちに却下され、思い悩む。

『火』さくらと健太郎(古川雄輝)は若手社員を集め、2週間限定の仮店舗を営業することになる。すみれたちは、不安を覚えながらも見守る。

『水』大阪万博でのショーを演出する栄輔(松下優也)は、子ども用の衣装の提供をキアリスに依頼。突然訪れた大仕事に、すみれたちは奮起する。

『木』すみれたちは万博のショーに向けた子ども服の制作に取り掛かる。数ミリ単位で直しをするこだわりに、さくらたちは疑問を抱くが…。

『金』次の商品審議会への参加をすみれに快諾されたさくら。「キアリスらしさ」が理解できず悩むさくらは、すみれの話からヒントを得る。

『土』さくらと健太郎の突然の結婚宣言を受けた親たちは驚く。紀夫(永山絢斗)と君枝(土村芳)は「早過ぎる」と言い、すぐには受け入れられない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月18日更新】
■ あらすじ(第23週 3/6~3/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』さくら(井頭愛海)と健太郎(古川雄輝)の結婚を両家は受け入れようとする。しかし、一人息子と一人娘の結婚とあって、家の継承問題でこじれてしまう。

『火』紀夫(永山絢斗)は父・五郎(堀内正美)を家に招き、自分を坂東家に婿に出した時の気持ちを聞く。後日、すみれ(芳根京子)と紀夫は、さくらが村田家に入ることを許す。

『水』さくらと健太郎が結婚して3年がたち、さくらは子どもを身ごもる。健太郎はすみれたちの会社の開発宣伝部長に昇進する。

『木』会社を急成長させたいと奔走する健太郎に、すみれは、焦らず、もっと時間をかけるべきだと諭す。しばらくして、さくらが女の子を出産する。

『金』すみれは、自分たちの店が変わってしまったと嘆く女性客の声を耳にする。一方、孫を溺愛する君枝(土村芳)を不満に思うさくらが健太郎に相談するうちに、夫婦仲にも亀裂が入る。

『土』オイルショックによって日本経済が大混乱に陥る。すみれや紀夫は、会社の経営拡大について慎重になるべきだと訴える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月12日更新】
■ あらすじ(第24週 3/13~3/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』紀夫(永山絢斗)は、栄輔(松下優也)の会社倒産のニュースを受けて、経営方針に慎重になる。しかし、健太郎(古川雄輝)はそれに反対する。

『火』すみれ(芳根京子)たちは、店の客や次世代の社員のため、映画製作に取り掛かり、その監督を紀夫が担当する。

『水』プロカメラマン・亀田(上地雄輔)の助けもあり、映画の撮影が始まる。気乗りしないまま手伝うことになった栄輔だが、段取りの良さで力を発揮していく。

『木』すみれたちの物づくりの原点を目の当たりにした健太郎は、会社の拡大を急ぐ自分に疑問を抱く。一方、潔(高良健吾)は新たな紳士服ブランドをつくる。

『金』潔から着こなし講座を依頼された栄輔は、人前で話すことをためらう。だが、ゆり(蓮佛美沙子)に説得され、引き受けることを決める。

『土』映画の上映会が開かれ、子育てに必要な知識が紹介されていると大好評を得る。そして、潔がある重要なニュースを伝えるために会社を訪ねてくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月19日更新】
■ あらすじ(第25週 3/20~3/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』すみれ(芳根京子)らは子どもの物が何でも揃う「ワンダーランド」の実現に向け動きだすが、昭一(平岡祐太)の銀行から融資を断られる。

『火』資金繰りに悩む中、古門(西岡徳馬)から資金提供の申し出がある。すみれらは、古門が栄輔(松下優也)の会社倒産の元凶となった人物だけに思い悩む。

『水』すみれらは自分たちの思いが次世代の社員たちに受け継がれていると確信し、第一線を退こうと考える。紀夫(永山絢斗)も社長引退を決意する。

『木』栄輔はすみれらが引退することを知る。そして、明美(谷村美月)に長年抱いていた思いを告白すると、彼女から思いもよらない提案が飛び出す。

『金』美幸(星野真里)という女性が娘を連れて訪ねてくる。美幸が持参した包みを開くと、すみれたちが28年前に作ったワンピースが出てくる。

『土』美幸の件をきっかけに、すみれたちは会社に「お直し部」を発足。全国各地から届いた洋服のお直しをする仕事に携わることになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月26日更新】
■ あらすじ(第26週 3/27~4/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終週】
『月』1984年。すみれ(芳根京子)は月に1回のペースで「キアリス」に出勤していた。春休みに入り、11歳の藍(渡邉このみ)がすみれの家を訪れる。

『火』すみれや明美(谷村美月)らは、米国からの手紙の中に出てきた「エイミー」という名前にはっとする。紀夫(永山絢斗)は藍にカメラを贈るが…。

『水』藍が数日間も塾に行っていないことが分かり、すみれや紀夫たちは心配する。すみれは、夜になっても家に帰ってこない藍の無事を祈る。

『木』行方不明だった藍が家に戻ってくる。どこにいたのかと問われても何も答えない藍に、すみれは自身の子どもの頃のことを語り始める。

『金』栄輔(松下優也)がすみれたち4人に病院での検査結果を伝えに来る。その一方で、4人は藍のために再び‘べっぴん’作りに取り掛かる。

『土』キアリスが創業35周年を迎える。社員と家族は「レリビィ」に集まって盛大なパーティーを開く。そしてその席で驚きの発表がある。

関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック