FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(2018年メディアミックス作品)12月28日に映画公開される原作&コミック

kage

2018/12/28 (Fri)

いぬ1

2018年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(12月28日全国公開)

12月28日(金)公開
・こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






ジャンル:病気/障害/介護/ボランティア
 こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話   【12月28日公開】



こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話 (文春文庫)
渡辺 一史 橋本 裕志
文藝春秋 (2018-12-04)
売り上げランキング: 1,801


■内容紹介
ボランティアの現場、そこは「戦場」だった―筋ジストロフィーの鹿野靖明さんと、彼を支える学生や主婦らボランティアの日常を描いた本作には、現代の若者の悩みと介護・福祉をめぐる今日的問題のすべてが凝縮されている。講談社ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞をダブル受賞した名著。

プロローグ 今夜もシカノは眠れない
第1章 ワガママなのも私の生き方―この家は、確かに「戦場」だった
第2章 介助する学生たち―ボランティアには何があるのか1
第3章 私の障害、私の利害―「自立生活」と「障害者運動」
第4章 鎖につながれた犬じゃない―呼吸器をつけた自立生活への挑戦
第5章 人工呼吸器はわれなり―筋ジス医療と人工呼吸療法の最前線
第6章 介助する女性たち―ボランティアには何があるのか2
第7章 夜明け前の介助―人が人と生きることの喜びと悲しみ
エピローグ 燃え尽きたあとに残るもの

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1〈受賞情報〉講談社ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞 
筋ジストロフィーの鹿野さんと彼のボランティア達の物語。筋ジスは徐々に筋肉が衰えていく病気で、鹿野さんも病気が進行し、35歳の時には呼吸筋の衰えから、人口呼吸器を着けて24時間の介助がないと生きていけなくなった。そして彼は施設や親による介助ではなく自立を求めボランティアによる介助を選択する。健常者と障害者の枠を超えた、人間通しのつながりの大切さ。他者と本気でぶつかって自分の限界を知って、初めて自分の中に他者を受け入れられる部分があるか、どうしても譲れないところがないかを知る。ノンフィクションの超大作。

鹿野さんは本当に凄い人。何が凄いって生きることへのバイタリティーが半端ではない。最初は障がい者の一人が前向きに人生を謳歌する話かと思っていましたが、違う!筋ジストロフィーという病気にかかり、35歳からは人工呼吸器がないと生きていけないという状況になっても、病院を抜け出し自立生活をするというのだ。2ヵ月先までのシフトを自分で組み、24時間ボランティアの人がいないと死んでしまう。人の助けがあってこそ生きることができる状況というのは少なからず後ろめたさがあると思うのだが、この人は違う。しかし人工呼吸器から声(!)を出せるなんて知らなかった!この一文だけで希望が見える人もいるのでは。そして夜中にバナナ、お腹すいたら食べたいですよね?全てはそこからですよね。










■映画ストーリー
北海道で医大に通う田中(三浦春馬)は、ボランティア活動を通じて体が不自由な鹿野(大泉洋)と出会う。鹿野は病院を出てボランティアを募り、両親の助けも借りて一風変わった自立生活をスタートさせる。ある日、新人ボランティアの美咲(高畑充希)に恋をした鹿野は、ラブレターの代筆を田中に頼む。ところが美咲は田中の恋人だった。

★映画チェック★
『探偵はBARにいる』シリーズなどの大泉洋を主演に迎え、渡辺一史の著書「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」を映画化したドラマ。幼いころから難病で車椅子生活だった主人公の涙と笑いの日々を映し出す。医大生をドラマ「僕のいた時間」などの三浦春馬が演じ、ヒロインをドラマ「過保護のカホコ」などの高畑充希が好演。『猿ロック』シリーズなどの前田哲が監督を務め、ドラマ「ウォーターボーイズ」シリーズや『映画 ビリギャル』などの橋本裕志が脚本を担当している。

■スタッフ
監督:前田哲
脚本:橋本裕志
音楽:富貴晴美
原作:渡辺一史
主題歌:ポルノグラフィティ
エグゼクティブプロデューサー:吉田繁暁/伊藤響
企画・プロデュース:石塚慶生
プロデューサー:飯沼伸之/寺西史
ラインプロデューサー:阿部智大
撮影:藤澤順一
照明:長田達也
美術:三ツ松けい子
録音:鈴木肇
編集:西潟弘記
衣裳デザイン:小川久美子
ヘアメイク:小沼みどり
装飾:松尾文子
VFX:浅野秀二
音響効果:岡瀬昌彦
記録:松村陽子
医療指導:土畠智幸
介助指導:浅野目祥子
音楽プロデューサー:高石真美
宣伝プロデューサー:櫻糀恵介
制作主任:堤健太
制作担当:木村広志
助監督:茂木克仁
製作国:日本
制作プロダクション:松竹撮影所 東京スタジオ
制作協力:松竹映像センター
製作:「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
製作幹事・配給:松竹
製作幹事:日本テレビ
カラー

■キャスト(役名)
大泉洋(鹿野靖明)
高畑充希(安堂美咲)
三浦春馬(田中久)
萩原聖人(高村大助)
渡辺真起子(前木貴子)
宇野祥平(塚田心平)
韓英恵(泉芳恵)
竜雷太(鹿野清)
綾戸智恵(鹿野光枝)
佐藤浩市(田中猛)
原田美枝子(野原博子)

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック