FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

2016年秋、月曜ドラマ『カインとアベル』

kage

2016/12/19 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★10月17日スタート 

フジテレビ系 月曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:09)

 カインとアベル

Arika注目1h月9初主演!山田涼介が兄との関係に葛藤
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原案:旧約聖書「創世記」第4章 カインとアベル/脚本:金沢達也/脚本:阿相クミコ/演出:武内英樹/演出:葉山浩樹/プロデューサー:羽鳥健一/プロデューサー:池田拓也

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
高田優(山田涼介)
デベロッパー会社「高田総合地所」の社員。成績優秀な隆一にばかり目を掛ける貴行に対して、自分も認めてもらいたいという思いを持っているが、もはや期待はしておらず、半ば諦めに近い感情を抱いている。

高田隆一(桐谷健太)
文武両道の優の兄。高田総合地所の副社長で、自他共に認める次期社長。父に認められたいという一心で、それに応えて生きてきた。しかし、表には出さないが、いかなる時も完璧でなければならないというプレッシャーと常に戦っている。

矢作梓(倉科カナ)
高田総合地所の社員。天真らんまんで、誰とでも仲良くなってしまう性格。仕事に対する情熱や向上心も持ち合わせている。隆一の目的達成のためには労を惜しまない仕事ぶりに、尊敬の念を抱いている。

高田貴行(高嶋政伸)
高田総合地所の社長で、優と隆一の父。完璧主義者で、目的達成のためには手段を選ばない。長男の隆一を溺愛するとともに、絶大な信頼を寄せている。一方、次男の優に対しては何も期待していないが、その創造性の豊かさや感受性の高さには、早くから気付いている。しかしそれは、苦手である会社の会長である父と通ずるものがあると感じており、優に苦手意識を持っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
Hey! Say! JUMP・山田涼介が月9初主演。青年の成長を描くヒューマンラブストーリー! 
カインとアベルとは、旧約聖書「創世記」第4章に登場するアダムとイヴの息子たちの名前。神・ヤハウェから寵愛を受ける弟のアベルとそれに嫉妬する兄・カインの物語を原案に、2016年の東京を舞台に移して展開するヒューマンラブストーリーで、Hey! Say! JUMPの山田涼介が月9初主演を飾る。山田演じる主人公のサラリーマン・高田優が、“愛への渇望”“父に認められたい”という呪縛の中でもがきながら、家族や仕事、そして愛する人とのせめぎ合いや葛藤を通じ、“本当に大切なもの”をその手につかもうとする姿が描かれる。



----------------------------------------------------------------------------------------
【9月28日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
高田優(山田涼介)は、デベロッパー会社の社員。優の兄は幼い頃から成績優秀で、父親はそんな兄にひときわ目を掛けてきた。一方で優に対しては無関心だったため、優は「父に認められたい」という思いをずっと抱いている。そんなある日、優は一人の女性と巡り会う。出会いは最悪だったが、徐々に彼女に恋愛感情を抱き始める優。しかし、その女性はある人物の恋人だったと分かる。複雑な恋愛模様、兄と父親に対する葛藤の中で、度重なる危機に直面する優は、一人の男として、そして一人の人間として変貌を遂げるべく歩み始める。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月12日更新】
■ あらすじ(第1話 10/17放送 ※午後9:00~午後10:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
優(山田涼介)は、父の貴行(高嶋政伸)が社長を務める高田総合地所で働く平社員。幼い頃から成績優秀で完璧な兄・隆一(桐谷健太)は副社長を務めていて、隆一にばかり目をかける父に、優は複雑な感情を抱いていた。会社の創立50周年記念パーティーの日、会場に居づらくなり抜け出した優は、梓(倉科カナ)という女性と知り合う。後日、商業施設のコンペのためのプロジェクトチームに隆一の推薦で入った優は、そこで梓と再会する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月19日更新】
■ あらすじ(第2話 10/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
アウトレットモールを設計する有名建築家・神谷(竜雷太)の担当になった優(山田涼介)と梓(倉科カナ)は、設計部の長谷川(小林隆)と神谷の元へ。だが、神谷は要望を一顧だにせず、好きなようにやると宣言。仕方なく辞去した後、長谷川の家に招かれた優らは、彼の家族に好感を抱く。一方、隆一(桐谷健太)は貴行(高嶋政伸)から見合いを迫られていた。数日後、完成した神谷の設計図はコストが掛かり過ぎで、優らは打開策を迫られる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月26日更新】
■ あらすじ(第3話 10/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
隆一(桐谷健太)の恋人が梓(倉科カナ)だと知った優(山田涼介)は、動揺しながらも2人を祝福する。貴行(高嶋政伸)も2人の仲を祝い、隆一が懸案のタイ・バンコクの都市開発を軌道に乗せられれば、次期社長として次の株主総会で推すという。一方、優と梓が携わるアウトレットモール計画では、施工を行うゼネコンの競争入札の準備が進んでいた。そんな中、社に建設地の地元有力者・兵頭(イッセー尾形)が現れ、提案を持ち掛ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月2日更新】
■ あらすじ(第4話 11/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
隆一(桐谷健太)が会社を無断で休み、姿を消した。貴行(高嶋政伸)は、隆一が特命事項で動いていると役員たちにうそをつく。心配する優(山田涼介)は、隆一を捜して梓(倉科カナ)と神奈川・葉山の別荘に行き、彼の服とかばんを見つける。安心した梓は、隆一を傷つけたくないと言い、2人は彼に会わずに帰ることに。一方、優は隆一がタイ・バンコクの都市開発の件で銀行に追加融資を断られ、100億円用意できず苦しんでいたと知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月9日更新】
■ あらすじ(第5話 11/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
梓(倉科カナ)が隆一(桐谷健太)に100億円の出資は優(山田涼介)のおかげだと告げた。それは、隆一だけでなく頑張った優のためでもあったと言われた優の心は浮き立つ。一方、問題を解決したという隆一の言葉を頼もしく聞いた貴行(高嶋政伸)だが、日系ファンド社長・黒沢(竹中直人)の出資を取り付けたのが優だと桃子(南果歩)から聞く。そんな中、優は貴行の指名でリゾート会社社長との会食に列席。隆一は梓との結婚を急ぎ始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月16日更新】
■ あらすじ(第6話 11/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
何か悩んでいる様子の梓(倉科カナ)と、対照的に結婚の準備で充実していると言う隆一(桐谷健太)の姿に戸惑う優(山田涼介)。そんな中、リゾート会社CEOへのプレゼンが2週間後に迫り、梓らプロジェクトメンバーとその準備に奔走する優は、働くことの楽しさを全身で感じる。そして梓も優と一緒に生き生きと働く。そんな2人の姿を目にした隆一は、改めて自分と結婚したら仕事を辞め、高田家に入ってほしいと梓に告げる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月23日更新】
■ あらすじ(第7話 11/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ホテルを共同開発するリゾート会社CEO、スティーブン(リチャード・W)へのプレゼン初日。仲間の思いを背負って臨んだ優(山田涼介)は、梓(倉科カナ)の的確なサポートもあり、無事プレゼンを終える。が、スティーブンは顔色一つ変えず、手応えが得られない。一方、隆一(桐谷健太)はもし優が交渉に成功すれば会社の英雄になると貴行(高嶋政伸)に言われ、複雑な心境に。そんな中、優は梓が隆一との結婚を迷っていると知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月30日更新】
■ あらすじ(第8話 12/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
取締役に就任し、ますます仕事に入れ込む優(山田涼介)。周囲の態度も激変し、隆一(桐谷健太)は焦る。そんな隆一を支えると決意した梓(倉科カナ)は、寿退社の準備を進める。ある日、披露宴の準備で高田家を訪れた梓は、貴行(高嶋政伸)と優の前で仕事を辞めて家庭を守ると明言し、優に明かした迷いを否定。ショックを受けた優は仕事でもいら立ちを募らせ、先輩にまで声を荒げてしまう。一方、隆一は貴行と優の動向が気になり…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月7日更新】
■ あらすじ(第9話 12/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
高田総合地所の役員となった高田優(山田涼介)は兄でもある副社長・隆一(桐谷健太)の不正を暴いて会社から放逐。優の情熱は、ますます仕事へと傾斜していく。

優には、仕事の他にもう1つ手に入れたいものがあった。それは、仕事を通じた信頼感から芽生えた隆一のフィアンセ・矢作梓(倉科カナ)への禁断の思い。役員室に梓を呼び出した優は、隆一との結婚式が中止になったことを理由に仕事を続けてほしいと頼む。しかし、梓はかたくなに退職すると告げる。

仕事も、そして梓をも失ったことにショックを受ける隆一は、別荘に身を隠していた。そこに、梓が訪ねて来るのだが・・・。

一方、隆一が会社から抜けた穴は大きかった。抱えていたプロジェクトが多岐に渡っていたからだ。貴行(高嶋政伸)は頭を悩ませながらこれを役員たちに分配する。もちろん優にも仕事が割り振られたのだが、貴行が手元に残した古いファイルが気になる。貴行は、会長の宗一郎(寺尾聰)が社長の時代から検討されていた巨大プロジェクトだが、リスクが大きすぎると封印され続けた案件だと話す。もちろん、隆一も検討はしたが断念していた。興味を示す優に、貴行は社長命令として、このプロジェクトに手を出すことを禁じる。

仕事における禁断の果実。隆一すら成し得なかったというプロジェクトにひきつけられた優は、黒沢幸助(竹中直人)に、ある事を頼むのだが・・・。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月14日更新】
■ あらすじ(第10話 12/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
高田優(山田涼介)は、贈賄容疑で拘置所に収監されることに。隆一(桐谷健太)が面会に行くも優は応じず、食事にも手をつけようとしない。柴田ひかり(山崎紘菜)が面会に行くと、そこにはやつれた姿の優が。心配するひかりに優はあることを告げる。
隆一は、久しぶりに貴行(高嶋政伸)のもとへ優について相談に行く。貴行は、まだ優に会いに行っていない。マスコミに騒ぎ立てられることを懸念する貴行の真意が隆一には分からない。加えて、貴行は今回の一件の責任のすべてを優に背負わせると告げる。貴行の冷たい姿勢が、やはり隆一には理解できない。しかしそれは高田総合地所を守るため。貴行の苦渋の決断だった。父親としては優の身代わりになってやりたいと本音を漏らす。

そんな中、高田総合地所の株価は、今回の不祥事でじわじわと下落し始めていた。ある程度の下落は予想できるが、下げ止まる気配すら見せようとしない。果たして、会社はどうなってしまうのか?拘留された優、そして隆一、貴行たちは、この最大の危機を乗り越えることができるのか!?


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック