2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

2016年秋、水曜ドラマ『相棒 season15』

kage

2017/03/22 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★10月12日スタート 

テレビ朝日系 水曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後8:00~午後9:54)

 相棒 season15

Arika注目1h水谷豊と”4代目相棒”反町隆史が再タックで怪事件の捜査に乗り出す!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:輿水泰弘/監督:橋本一

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
杉下右京(水谷豊)
警視庁特命係の警部。優れた洞察力と記憶力による名推理で事件の謎を解明する。かつては刑事部捜査二課の刑事として数多くの事件を解決していたが、重箱の隅をつつくような捜査で上層部が公にしたくない事件の犯人まで追い詰めてしまい、特命係という閑職に追いやられた。

冠城亘(反町隆史)
法務省キャリア官僚で警視庁に出向していたが、正式に警視庁所属に。頭脳明晰だが、ひょうひょうとしていてつかみどころがない。

月本幸子(鈴木杏樹)
小料理屋「花の里」の女将。過去に交際していたヤクザの男を拳銃で撃ち、右京に逮捕された。出所後、右京の薦めで女将に。右京のことを信頼している。

日下部彌彦(榎木孝明)
法務省のキャリア官僚。前の事務次官が急死したため、急きょつなぎとして法務事務次官に起用された。検事の資格がないため、波風も覚悟の上で、自らの信念に従って行動を取る。元部下の亘にも目を掛けている。

甲斐峯秋(石坂浩二)
警察庁長官官房付。右京の捜査手腕を認めており友好的だが、警察組織の利益のためならどんな手段でも使う冷徹な一面がある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
水谷豊が天才警部に扮する人気シリーズ。反町隆史演じる相棒・亘が警視庁に!! 
警視庁の窓際部署「特命係」に所属する天才警部・杉下右京(水谷豊)が、相棒と共に難事件に挑む人気刑事ドラマシリーズの第15弾。前作では、反町隆史扮する法務省のキャリア官僚・冠城亘がシリーズ史上初の警察官ではない相棒となり、明晰な頭脳とコミカルな一面を披露して右京と新鮮なコンビネーションを生み出した。右京&亘コンビで迎える2シーズン目からは、所属を改めた亘が新たな立場で特命係に戻ってくる。亘は右京の真の相棒となれるのか、視聴者の予測を超えた展開が期待される。



----------------------------------------------------------------------------------------
【9月28日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
人を呪い殺したという女性が警視庁に出頭してくる。殺害したという相手は、3日前に確かに用水路で溺死を遂げていたが、現場検証の結果、事故死と断定されていた。女性は自分を罰してほしいと真剣に訴えるが、現行法では彼女を逮捕することも罰を与えることもできない。この奇妙な訴えに興味を抱いた杉下右京(水谷豊)は、警察学校での研修を終えた冠城亘(反町隆史)と共に捜査に乗りだす。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月12日更新】
■ あらすじ(第1話 10/12放送 ※午後8:00~午後10:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁の一員となった亘(反町隆史)は、希望した捜査部署ではなく、美彌子(仲間由紀恵)が課長を務める広報課に配属される。一方の右京(水谷豊)は、初恵(小野ゆり子)という女性が人を呪い殺したと自首してきたと耳にする。初恵が殺したと主張するジムインストラクターは、警察に事故死と断定されていた。初恵は会いにきた右京に、他にも2人呪い殺したと告白。興味を抱いた右京は、3件の事件を改めて調べ始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月19日更新】
■ あらすじ(第2話 10/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
右京(水谷豊)と亘(反町隆史)はそれぞれ別の人物から、1年前に失踪した男性・工藤を捜してほしいと頼まれる。依頼人の羽賀(音尾琢真)と桜子(大谷みつほ)はシガーバーで工藤と出会い、彼の自家製シガーのとりことなって毎週会っていたという。そんな中、1年前の傷害致死事件の容疑者・野中の遺体が山中で見つかる。現場にリトルシガーの吸い殻が落ちていたと聞いた右京らは、野中と工藤が同一人物だったのではないかと疑う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月26日更新】
■ あらすじ(第3話 10/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
亘(反町隆史)は捜査一課に加わり、アパートで住人の山本(十貫寺梅軒)が殺された事件を捜査。資料を見た右京(水谷豊)は仏壇に置かれていた名刺が気になり、独自に捜査を始める。名刺の主は保険会社の営業マン・谷中(石井正則)だった。山本が谷中を保険金の受取人にしていたと分かり、伊丹(川原和久)たちは谷中の犯行を疑う。一方の右京は、10年前に山本の娘を自殺に追い込んだ元ホスト・田島(渋江譲二)の行方を捜す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月2日更新】
■ あらすじ(第4話 11/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
右京(水谷豊)と青木(浅利陽介)は、帰宅途中の路上でひったくりの現場に遭遇。犯人は通行人の平井(風間杜夫)に撃退される。実は平井は詐欺師で、だました男性(武子太郎)から金を巻き上げるところだった。騒ぎの中、男性に逃げられた平井も現場から立ち去る。名乗りもせず消えた平井が気になり、周辺で聞き込みを始めた右京と亘(反町隆史)は、平井が相棒の留美子(内田慈)と詐欺のために運営している悩み相談所にたどり着く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月9日更新】
■ あらすじ(第5話 11/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
画家の三上(斉藤陽一郎)が転落死。捜査でオークション会社に行った右京(水谷豊)は、社長の磯田(坂西良太)と社員の貴和子(森尾由美)が、見つかった「ブルーピカソ」について話すのを聞く。その絵は8年前、ピカソの未発見の作品ではと画廊主の古澤(堀内正美)に持ち込まれたが、公式鑑定人の来日直前、偽物にすり替えられ消えていた。無名時代、三上が古澤の世話になったと知った右京は三上の死と絵の関係を疑う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月16日更新】
■ あらすじ(第6話 11/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ある夜、漫画家・夏音(柳生みゆ)は住んでいるアパートの隣の部屋から激しい衝突音と女性の悲鳴を聞く。数日後、夏音はホームセンターの袋にのこぎりなどを入れて持ち歩く男と隣に住む女性がその部屋を出入りするのを見かけ、さらに別の中年男女も出入りしていた。部屋を観察した右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、これが複雑な事件であると確信。謎の中年男女の所在とともに、夏音の身元についても調べる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月23日更新】
■ あらすじ(第7話 11/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
亘(反町隆史)は、誘拐事件で息子を殺された美奈子(安達祐実)を車で自宅まで送ることに。息子と二人暮らしだったはずの美奈子が、部屋で誰かと話す声を聞き、亘は不審に思い身元の調査を始める。一方、右京(水谷豊)は、誘拐されたもう1人の少年の両親に要求された身代金の受け渡し場所として指示されたコインロッカーの近くで、気になるマンションを見つけ、犯人が逃走経路として準備した場所ではないかとにらむ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月30日更新】
■ あらすじ(第8話 11/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
亘(反町隆史)は同期の検事・映子(鶴田真由)が担当する裁判を傍聴。この事件の捜査に携わった亘は、証人の紗季(志保)の証言に疑問を抱く。聞き込みの時と異なる証言をしたからだ。2カ月程前、駐ロシア特命全権大使に内定していた外務省官僚の棚橋(窪園純一)が殺され、紗季の証言で部下の中嶋(松下哲)が容疑者に。検察は監視カメラの映像を証拠としていた。亘は事件に興味を持った右京(水谷豊)と捜査を始めるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月7日更新】
■ あらすじ(第9話 12/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
産廃場で光田(樋渡真司)という男性の撲殺死体が発見された。光田は組対五課長・角田(山西惇)の中学時代の同級生で、20年前に家族のもとから姿を消して以来、ずっと消息が分からなかったらしい。角田によると、光田の妻は当時の恩師・小林(柴田次郎)の娘で、病床に伏してこん睡状態の恩師のために、一刻も早く情報がほしいという。角田の思いを汲んで捜査に乗り出した右京(水谷豊)は、産廃場の近所の住民から、光田が現場監督の仁藤(相島一之)という男から暴力を受け、金をせびり取られていたという情報を得る。いっぽう、角田から除け者扱いされていた亘(反町隆史)は独自の調査で、光田と仁藤の繋がりを掴む。34年前、光田は近所の工場火災の写真で賞を取ったのだが、その火事は保険金目当ての自演放火で、仁藤は放火犯として逮捕された工場主の息子だという。結果として光田の写真が、仁藤の家族を破滅させるきっかけを作ったのだった。その後、角田が仁藤に、「あとぴん」というあだ名で呼ばれていた恩師の小林がこん睡状態にあると告げると、仁藤はあっさり光田殺しを自供する。しかし、右京は、真犯人は別にいると感じていた。

角田の同級生は、なぜ、誰に殺されたのか?
犯行を自供した男の真意とは…!?
角田を翻弄する時を超えた難解な事件に、特命係が立ち上がる!!


----------------------------------------------------------------------------------------
【12月14日更新】
■ あらすじ(第10話元日スペシャル 2017/1/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
特命係が閉鎖! 右京と亘は郊外の駐在所に左遷!?
隠蔽された警察官連続失踪事件の闇に切り込む!


右京(水谷豊)と亘(反町隆史)に、郊外のベッドタウン黒水(くろうず)町の駐在所への臨時異動辞令が下った。黒水は問題がある警察官の左遷先と噂される署だった。その夜、都内では警視総監の四方田(永島敏行)を囲む会合が開かれていた。それは、都内の浄化作戦で成果を上げた四方田のためのパーティーで、会場には副総監の衣笠(大杉漣)や峯秋(石坂浩二)の姿もあった。また、前科のある人間を積極的に受け入れ、寂れかけた町を再生させるプロジェクトに取り組んでいる黒水町の町長・和合(八嶋智人)も列席していた。その会場に、四方田宛の差出人不明電報が届く。そこにはラテン語らしき文章と子供が描いたようなシロクマの絵が記されていたのだが、それを見た四方田はなぜか動揺して…!?

 翌日、黒水署に到着した右京と亘は、前任者が交代になった理由が気になり、調べ始める。すると、駐在所に住み込んでいた2人の警察官のほか、黒水署の有本(森岡豊)という刑事も行方不明になっていることが判明。右京と亘は失踪現場となった団地の住民から話を聞くが、収穫はゼロ。しかし、有本が最後に乗っていたパトカーから血液反応が検出され、2人は何らかの事件が起きたことを確信する。そこに、若月詠子(伊藤歩)という女性ジャーナリストが現れる。黒水署の警察官連続失踪事件を追っているという彼女は、警察内部ですら統制されている機密情報をなぜか持っていた。

その後、広報課長の美彌子(仲間由紀恵)に取材の矛先を向けた詠子だったが、「ノーコメント」と突っぱねられる。しかし、それも含めて自分のニュース番組で警察官の不可解な失踪事件を報じてしまう。いっぽう、黒水町で捜査を続けていた右京は、ひょんなことから町長の和合と知り合う。和合いわく、町の再生に大切なのは志を持った“人”だというが、警察内部には「前科者を優遇するとは何事だ」と、今の政策を快く思っていない人間もいるという。その話が出た矢先、右京と亘に、なぜか四方田警視総監から捜査をやめるよう圧力がかかる。そんな中、四方田の指示を受け、黒水町で暮らす元受刑者・槙野(平岡拓真)を見張っていた刑事が遺体で発見される。現場には、四方田に届いた電報と同じフレーズ「私は獣として帰還する」というラテン語が書かれていた。この事件により、失踪中の警察官たちも既に殺害されている可能性が高まり、未曾有の事態への緊張が高まっていく…。

失踪事件の裏で暗躍する警視総監。警察官殺害事件とも関係が?
スクープを飛ばす女性ジャーナリストの危険なネタ元とは…!?
特命係の捜査に、美彌子、大河内、さらに伊丹たち捜査一課も協力し、
東京郊外で進行する不気味な事件と権力の巨大な闇を解き明す!

出演:水谷豊 反町隆史 鈴木杏樹 大杉漣 仲間由紀恵 石坂浩二

ゲスト:八嶋智人 伊藤歩 永島敏行 小宮孝泰 平岡拓真 仁村紗和

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月10日更新】
■ あらすじ(第11話 2017/1/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
 路上で刺殺事件が発生。捜査をしようとした右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、刑事部長の内村(片桐竜次)から目撃者に接触しないよう命じられる。目撃者は警察上層部の娘らしい。現場を見た右京は、中学生である目撃者が通学路でもない寂しい夜道をなぜ一人で歩いていたのか気になる。やがて、目撃者の父親が警視庁のナンバー2である副総監・衣笠(大杉漣)と判明。右京らは早速、衣笠の娘・里奈(桜田ひより)に会いに行く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月15日更新】
■ あらすじ(第12話 2017/1/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
右京(水谷豊)は白骨遺体が発見された廃倉庫で、大手米穀販売会社の食品偽装を告発するメモと証拠の米が入った袋を見つける。白骨の身元が前科のある蜂矢(稲健二)と判明。蜂矢が、元受刑者の受け入れ制度があったその米穀販売会社に再就職していたことも分かる。同社社長・多岐川(宮本大誠)は食品偽装を全面的に否定。右京と亘(反町隆史)は、蜂矢の失踪と同時期に刑務所へ逆戻りした元同僚・亀井(笹野高史)に面会に行く。

※1月25日の放送はお休みです

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月29日更新】
■ あらすじ(第13話 2017/2/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
神戸(及川光博)からのメールを受けた亘(反町隆史)は、1年前の人質立てこもり事件を思い出す。傷害事件を起こした犯人が車で逃走し、近くで巡回カードを集める手伝いをしていた右京(水谷豊)が、犯人が立てこもった家を特定したのだ。程なく、逃走車両の持ち主が司法浪人生の真渕(三浦英)と判明。その真渕から、ある企業の常務の妻を連れて来いというメールが入る。だが、彼女は3週間前に駅のホームから転落死していた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月4日更新】
■ あらすじ(第14話 2017/2/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
人質立てこもり事件が起きて半日。犯人は3週間前に転落死した常務夫人・聡美(及川莉乃)を呼べと要求し続けていた。一方、右京(水谷豊)は、聡美のことで話があるという尊(及川光博)と久々の再会を果たす。聡美は監察官・大河内(神保悟志)の知人の娘で、尊は大河内から相談に乗るよう頼まれていた。死の前、聡美は幼い息子を連れて2カ月余り姿を消しており、戻った半月ほど後に、自殺のような転落死を遂げたという。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月11日更新】
■ あらすじ(第15話 2017/2/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が入院した幸子(鈴木杏樹)の見舞いに行くと、そこに伊丹(川原和久)らが現れた。幸子と同室の真奈美(橋本真実)を担当するヘルパーの小松崎(小林且弥)が殺され、伊丹らは彼女を疑っているようだ。右京は、盲目の真奈美が2日前、買物中に転んで入院したと聞き不審を抱く。その日は大雪だったからだ。亘は、証拠品の小松崎の服についた匂いが、真奈美の姉・貴子(池津祥子)の香水と同じだと気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月18日更新】
■ あらすじ(第16話 2017/2/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
連続殺人の罪で拘束中の北(野間口徹)が捜査員の男を殺害し、顔を切り刻んで逃亡。北から犯行をほのめかす連絡を受けていた伊丹(川原和久)宛に業務用の冷蔵庫が届き、中には北がリストアップしていた女性の遺体が入っていた。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、北の手際の良さから共犯者の存在を確信する。さらに、右京たちは美しい女性の顔を切り刻むことに快楽を感じていた北が、男性の顔を刻んだことに違和感を覚える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月26日更新】
■ あらすじ(第17話 2017/3/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
動画クリエーターの中鴨(尾上寛之)がインターネットに上げた動画が話題に。‘ラストワーク’というその動画には、拳銃で脅され泣きながらステーキを食べる男が映っていた。右京(水谷豊)らは動画がフィクションか事件かを見極めるため、中鴨の行方を追う。やがて動画の男がホームレスの大屋(渡辺哲)と分かる。中鴨は続編を次々とアップ。右京は彼がライブ配信に選んだ場所にある秘密が隠されていることに気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月16日更新】
■ あらすじ(第18話 2017/3/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
週刊誌のスキャンダル記事により、広報課長の美彌子(仲間由紀恵)が未婚の母でハーフの娘がいることが発覚。何者かが美彌子のパソコンに侵入してデータを盗み出したと分かり、亘(反町隆史)が疑われる。美彌子は副総監・衣笠(大杉漣)ら警視庁幹部から問い詰められるが、父親の素性を明かさない。右京(水谷豊)は、記事の写真に写るクリスマスツリーが実はロシア式の正月飾りだと気付く。亡命したロシアスパイ・ヤロポロクと美彌子の関係を疑った右京は、美彌子の元上司で未決囚の天野(羽場裕一)に会う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック