FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

2016年秋、木曜ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』

kage

2016/12/22 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★10月13日スタート 

テレビ朝日系 木曜 午後9:00~午後9:54

 ドクターX~外科医・大門未知子~

Arika注目1h米倉涼子演じる天才外科医が天敵・蛭間と再び激突!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:中園ミホ/脚本:林誠人/脚本:寺田敏雄/演出:田村直己/演出:松田秀知/プロデューサー:内山聖子/プロデューサー:大江達樹/プロデューサー:都築歩/プロデューサー:霜田一寿/プロデューサー:池田禎子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
大門未知子(米倉涼子)
フリーランスの外科医。労働時間は厳守で、医師免許が不要な雑用は一切引き受けない。また、権力闘争といったしがらみにも無関心を貫くなど、医学界では異色の存在。医者としての腕は超一流。

神原晶(岸部一徳)
未知子が所属する「神原名医紹介所」の所長。元外科医で、大学病院の内情にも詳しいが、医師免許をはく奪されているなど、謎の多い人物。趣味は麻雀。

黄川田高之(生瀬勝久)
東帝大学病院の内科部長。金沢のクロス医療センターで内科部長を務めていた際に、未知子と出会う。尊大な態度で“御意軍団”を形成し、蛭間に対しても腰ぎんちゃくぶりを発揮。21世紀は薬の時代だと豪語し、外科医を見下している。

蛭間重勝(西田敏行)
東帝大学病院の新しい病院長。一見、温和だが逆らう者はバッサリと切り捨てる冷血漢で、現在のポジションも汚い策略を張り巡らせて、先代を失脚させてかすめ取った。未知子に対して積年の恨みを抱いている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
米倉涼子演じる反骨の天才外科医・大門未知子があの強敵と対峙! 待望の新シリーズ! 
米倉涼子が主演を務める人気シリーズの連続ドラマ第4弾。医学界のしがらみを嫌い、派遣医師として活動する天才外科医・大門未知子(米倉)が、桁違いに高い報酬と引き換えに患者を救っていく医療ドラマ。「私、失敗しないので」という未知子の決めゼリフやクールなヒロイン像が話題を呼び、2014年10月期に放送された第3シリーズでは平均22.9%、最終回では自己最高となる27.4%の高視聴率を獲得した(ビデオリサーチ関東地区調べ)。今回は、未知子が天敵・蛭間重勝(西田敏行)率いる日本の最高峰・東帝大学病院に派遣され、医療の本質を見失って病院の格付けに躍起になる“白い巨塔”に鋭いメスを入れていく。



----------------------------------------------------------------------------------------
【9月28日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
大門未知子(米倉涼子)は、大学病院の医局に属さず、怪しげな「神原名医紹介所」に所属しながら、さまざまな病院を渡り歩くフリーランスの外科医。ある日、未知子は国内最高峰の大学病院として君臨する東帝大学病院に派遣される。同院は、さまざまな隠ぺい行為や医療ミス、派閥闘争などで評判がガタ落ちとなっていた。しかも、新院長の座をかすめ取ったのは、未知子に積年の恨みを抱く策略家・蛭間重勝(西田敏行)で、病院のブランド力を再確立し、強大な権力をわが物にしようともくろんでいた。未知子は、ただの“企業組織”と化した医療の場で横行するパワーゲームに、図らずも巻き込まれていくことになる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月12日更新】
■ あらすじ(第1話 10/13放送 ※午後9:00~午後10:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
米ニューヨークから呼び戻されたフリーの外科医・未知子(米倉涼子)は東帝大学病院で働くことに。未知子を雇ったのは、副院長に就任した東子(泉ピン子)。蛭間(西田敏行)に院長の椅子を奪われた前院長・久保(竜雷太)の妹だった。蛭間は、評価がガタ落ちの病院を立て直すため、外科の世界的権威・北野(滝藤賢一)を米国から招聘(しょうへい)。北野に有名IT企業社長・一木(渡辺大知)の手術をさせ、名声を取り戻すつもりでいた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月19日更新】
■ あらすじ(第2話 10/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
未知子(米倉涼子)は、黄川田(生瀬勝久)が分院にたらい回しにしようとした老患者・二岡(山本圭)を引き留めて診察。多発大腸がんで手術が必要と診断を下すが、二岡は入院を拒んで帰ると主張し、付き添う妻・千代子(星由里子)を困らせる。東子(泉ピン子)は、二岡が幸福度ランキング1位で有名な村の村長だと気付き、彼を引き留める。一方の蛭間(西田敏行)は、スキャンダルが発覚してマスコミから逃れるために検査入院してきた国会議員・金本(西岡徳馬)の扱いに手を焼く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月26日更新】
■ あらすじ(第3話 10/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
西園寺(吉田鋼太郎)の元患者で、不倫相手だった三佐江(松下由樹)がVIP専用の人間ドックコースのために入院してきた。三佐江の血液検査の結果を見た未知子(米倉涼子)は、他のVIPを後回しにして彼女の精密検査を優先。三佐江の体内に、正体不明の巨大な腫瘍らしきものがあることが分かる。開腹してみると、それは西園寺が20年前に手術をした折に体内に置き忘れたガーゼから生じた腫瘍「ガーゼオーマ」だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月2日更新】
■ あらすじ(第4話 11/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
‘美のカリスマ’として有名な四葉姉妹の妹・美音(小林きな子)が肥満治療のため極秘入院。東子(泉ピン子)は、金沢の分院で減量手術の研究をしてきた原(鈴木浩介)を呼び戻す。しかし、手術当日、美音が病室から逃げ出す。未知子(米倉涼子)が、屋上にいた美音を再検査すると、脳下垂体の腫瘍が原因で肥満となる「クッシング症候群」と判明。さらに、未知子は美音の姉・美麗(高岡早紀)が大腸がんを隠していることを見抜く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月9日更新】
■ あらすじ(第5話 11/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
蛭間(西田敏行)の意向で、論文執筆に必要な症例を増やすため、系列病院から難度の高い治療を要する患者が集められる。スタッフは悲鳴を上げるが、未知子(米倉涼子)は一日中手術ができてご機嫌。論文競争で西園寺(吉田鋼太郎)に負けたくない黄川田(生瀬勝久)は、赤井(長谷川朝晴)が世界初だと提案した術式を採用。北野(滝藤賢一)の執刀でその手術は成功し、記者会見が行われるが、赤井の術式が海外論文の盗用と判明する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月16日更新】
■ あらすじ(第6話 11/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
論文盗用問題の責任を問われ、辞職を迫られた蛭間(西田敏行)は、分院から海老名(遠藤憲一)を呼び戻す。海老名も、スターキー教授(イアン・ムーア)が発表した問題の論文の共同執筆者だとでっち上げて、窮地を脱する。さらに、来日中のスターキー教授と海老名が、開心術を用いない世界初の「心房内進展巨大肝細胞瘤切除術」を発表。未知子(米倉涼子)はその術式に疑念を抱く。そんな中、スターキーの部下・シュリンプ(坂元健児)が倒れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月23日更新】
■ あらすじ(第7話 11/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
晶(岸部一徳)は、人気ピアニストの七尾(武田真治)のアシスタントの由香(知英)から、七尾の耳の治療を依頼される。幼い時に病気で聴力を失った七尾は、奇跡のピアニストとして聴衆を魅了していた。由香は、七尾の聴力の回復を信じ治療に前向きだが、当の本人はあまり乗り気ではないようだ。晶は未知子(米倉涼子)の執刀で七尾の手術を引き受けるが、蛭間(西田敏行)の意向で、七尾の担当医は北野(滝藤賢一)になってしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月30日更新】
■ あらすじ(第8話 12/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
国民的大スター・八乙女(小西遼生)が極秘入院。八乙女の入院はトップシークレットだが、未知子(米倉涼子)には興味がない。肝臓がんの八乙女は、複数の腫瘍が広範囲に広がり、放置すれば余命半年の診断。執刀を任された北野(滝藤賢一)は、プロジェクションマッピング技術を使い、切除する箇所を光で色分けする最新システムを手術に導入する予定だ。そんな中、八乙女の入院の情報が漏れ、マスコミが病院に殺到する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月8日更新】
■ あらすじ(第9話 12/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
長年にわたって「東帝大学病院」のライバル関係にあった「慶林大学病院」が、最新の病院ランキングで1位を獲得。「東帝大」の院長・蛭間重勝(西田敏行)は“打倒、慶林”を合言葉に、医師たちに発破をかける。一方、蛭間の妻・華子(藤真利子)率いる「東帝婦人会」と、「慶林大」院長の妻・鮫島律子(高橋ひとみ)率いる「慶林婦人会」の関係もピリピリ・ムード…。「慶林大」に営業をかけようとする神原晶(岸部一徳)に連れられ、両者の親睦会に顔を出した大門未知子(米倉涼子)も、華子と律子の熾烈な嫌味合戦を目の当たりにし、唖然とする。その親睦会の最中に、不測の事態が発生した! 両婦人会の威信をかけた社交ダンス大会で、「慶林婦人会」の代表を務めることになっている九条映美(中山忍)が倒れたのだ。未知子は映美を「東帝大」に救急搬送するが、華子は憎き「慶林大」の外科医夫人を受け入れることに猛反対! すぐさま「慶林大」に追い返そうとするが、なぜか映美は「東帝大」に残って未知子の手術を受けたいと言い…!? 結局、蛭間は「慶林大」に貸しを作る目的で、映美を受け入れることに。ところがその矢先、「東帝大」を震撼させる“恐ろしい事実”が発覚! それでも未知子は自分がオペをすると主張するが、蛭間はなかなか許可を出そうとせず…!?


----------------------------------------------------------------------------------------
【12月15日更新】
■ あらすじ(第10話 12/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ある日、神社を参拝した大門未知子(米倉涼子)は、驚きの光景を目にする。「東帝大学病院」の外科部長・西園寺猛司(吉田鋼太郎)が、どう考えても自分の妻ではない妊婦に、安産のお守りを買ってあげていたのだ! また懲りずに不倫か!?…と訝しがる未知子だが、真相は分からずじまいで…。

まもなく「東帝大」に、中国の大財閥を率いる王超(矢野浩二)の妻・十希子(黒木メイサ)が出産のため入院する。なんと、彼女こそは西園寺と一緒に神社にいた妊婦だった! しかも検査の結果、十希子は心臓疾患を発症しており、このまま妊娠を継続すれば母体の命が危険にさらされることが判明する。西園寺らはうろたえるが、未知子は自分が心臓のオペをすると志願。だが、十希子は毅然とした態度で、「心臓の治療はしなくて結構。私の命よりも子どもの命を優先してください」と言い放つ。

シングルマザーの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)は十希子の思いに理解を示すが、どうしても納得がいかない未知子。副院長の久保東子(泉ピン子)も、真っ先に十希子を治療すべきだと主張する。そんな中、未知子は必死に、十希子も子どもも両方救う術式を模索するが…!?

 しかし、その先には大きな障壁が立ちはだかっていた。なんと非情にも、十希子の前に“さらに残酷な事実”が突き付けられることに! そして…未知子の行く手にもまた、“残酷すぎる事実”が待ち構えていた――。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月22日更新】
■ あらすじ(第11話最終回スペシャル 12/22放送 21:00~)
----------------------------------------------------------------------------------------
局所進行膵がんであることを誰にも打ち明けず、気丈に振る舞っていたフリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)が、ついに倒れてしまった! 同志の博美を何とかしてこの手で救いたい――その一心で、大門未知子(米倉涼子)は執刀医になることを申し出る。ところが、未知子の腕をもってしても、博美のがんは完全切除が不可能な状態…。そのことを重々自覚している博美は、未知子の申し出を断った上で、愛する娘・舞(藤井杏奈)に病気がバレないよう協力してほしいと頼む。

一方、上海で新病院設立計画を進めている中国の財閥王・王超(矢野浩二)は、スーパードクターの北野亨(滝藤賢一)や博美をはじめ、「東帝大学病院」から優秀な医師を引き抜こうと画策。そんな王の紹介で、ある病気を患った次期大統領候補レオナルド・スコップ(チャールズ・グラバー)と、妊娠中の妻ダイアナ(ジェニー・スキッドモア)が「東帝大」に極秘入院する。北野が担当するレオナルドの手術に、まるで興味を示さない未知子。ところが術式を聞いた途端、なぜか乗り気に! 第三助手として手術に参加するが、そこで何を考えているのか、“とんでもない行動”に出て…!?

その直後、未知子は再び博美に、執刀させてほしいと申し出る。「私、失敗しないので」――その言葉に背中を押された博美は、すべてを未知子に託すことに。背水の陣の覚悟で、手術を始める未知子。だが、そんな彼女の手が突如、止まってしまい…!?
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック