FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

2016年秋、金曜ドラマ『金曜8時のドラマ「石川五右衛門」』

kage

2016/12/02 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月14日スタート 

テレビ東京系 金曜 午後8:00~午後8:54(初回は午後8:00~午後9:48)

 金曜8時のドラマ「石川五右衛門」

Arika注目1h市川海老蔵演じる伝説の大泥棒が豊臣秀吉と激しく対立!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:樹林伸/脚本:渡辺雄介/脚本:森下直/脚本:大原久澄/脚本:山本むつみ/監督:石原興/監督:服部大二/監督:井上昌典

主題歌:上妻宏光「月夜の影~石川五右衛門のテーマ〜」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
石川五右衛門(市川海老蔵)
普段は大道芸人「白波夜左衛門」一座の座頭・夜左衛門として世を忍んでいるが、その正体は時の権力者・豊臣秀吉に逆らう天下の大泥棒。大名や大商人の屋敷に忍び込んでは財宝を盗み出し、貧しい庶民たちに金品を分け与えている。

豊臣秀吉(國村隼)
関白。織田信長の後を継ぎ、大きな権勢を誇るが、徳川、北条などの敵対勢力が不穏な動きを見せ、世継ぎ問題も抱えている。また、五右衛門に騒ぎを起こされていることを警戒し、五右衛門捕縛に躍起になっている。

茶々(比嘉愛未)
浅井長政とお市の方の遺児で、秀吉の側室。秀吉から宝物のように扱われ、何不自由なく暮らしているが、北ノ庄城落城で逃亡中、野盗に襲われたところを助けてくれた若者(五右衛門)のことを忘れられずにいる。

おりつ(田中美里)
戦で行方不明となった夫を探す女性。息子と共に京に出て、苦しい生活を強いられていたところ夜左衛門に出会い、助けられる。

奥山公継(益岡徹)
夜左衛門が身を寄せる道場の道場主。前田玄以に仕える、剣術の達人で兵法家。夜左衛門の正体が五右衛門だとは気付いていない。

前田玄以(榎木孝明)
秀吉の家臣で、京都の民政を担当する所司代の職に就いている。行政官としての評価は高いが、五右衛門一味には振り回されている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
市川海老蔵主演の歌舞伎「石川五右衛門」を映像化した連続時代劇! 
歌舞伎俳優の市川海老蔵が主演を務める連続時代劇。海老蔵の連続ドラマ主演は、市川新之助としてNHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」で務めて以来13年ぶりで、2004年に市川海老蔵を襲名してから初めて。同ドラマは、09年に海老蔵主演で上演され好評を博した新作歌舞伎「石川五右衛門」に潤色を加えて映像化したもの。歌舞伎版と同様、原作・脚本は漫画「金田一少年の事件簿」「神の雫」の原作者として知られる樹林伸が手掛ける。物語では、華麗な手口で盗みを働く石川五右衛門(海老蔵)と時の権力者・豊臣秀吉(國村隼)との対決を主軸に、秀吉の側室・茶々(比嘉愛未)とのロマンスなどをけれん味たっぷりに描いていく。



----------------------------------------------------------------------------------------
【9月28日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
安土桃山時代、豊臣秀吉(國村隼)の治世。関白となった秀吉は思うままに権勢を誇り、その家臣たちは富を独占していた。一方で庶民の生活は困窮し、不満は日増しに高まっていた。そんな庶民の心の支えとなっていたのが「白波夜左衛門」一座。その頭・夜左衛門こそ、天下の大泥棒・石川五右衛門(市川海老蔵)の世を忍ぶ仮の姿だった。夜左衛門から大泥棒へと姿を変えた五右衛門は、秀吉に逆らい、仲間の百助(山田純大)や金蔵(前野朋哉)らと共に、悪事を働く大名や大商人の屋敷に忍び込んでは財宝を奪取。貧しい庶民たちに金品を分け与え、時代に大きなうねりを巻き起こしていく。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月12日更新】
■ あらすじ(第1話 10/14放送 ※午後8:00~午後9:48)
----------------------------------------------------------------------------------------
時は秀吉(國村隼)の治世。関白となった秀吉は権力を思いのままにし、家臣たちは富を独占。その一方で庶民は困窮し、大道芸人・夜左衛門(市川海老蔵)率いる一座の芸が心の慰めだった。実はその夜左衛門こそ、秀吉が追う大泥棒・五右衛門。五右衛門は悪事を働く大名や商人の屋敷から財宝を盗み、貧しい人に分け与える庶民の味方だ。ある日、夜左衛門は貧しい母子・おりつ(田中美里)と五郎市(南岐佐)を一座で働くよう誘う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月19日更新】
■ あらすじ(第2話 10/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
人気力士・岩川(渡辺裕之)が息子・礼三郎(佐藤瑠生亮)と、夜左衛門(市川海老蔵)一座を訪ねてくる。岩川が秀吉(國村隼)の側室・茶々(比嘉愛未)に一目ぼれしたと聞いた百助(山田純大)は、2人をもう一度会わせたいと考える。しかし、勧進相撲中の岩川に「息子を返してほしければ結びの一番に負けろ」と書かれた脅迫状が届く。一方、お忍びで町に来た茶々は男たちが礼三郎を連れ去るのを目撃。彼女も一緒に拉致される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月26日更新】
■ あらすじ(第3話 10/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
油の値が高騰し庶民が苦しむ中、夜左衛門(市川海老蔵)は油問屋・加賀屋(西村和彦)が襲われている現場に遭遇。剣客・榊(棚橋弘至)を機転で退けた夜左衛門は、加賀屋から油の高騰は同業の美濃屋(山田明郷)の買い占めによるものだと聞く。一方、その美濃屋は秀吉(國村隼)に、極上の油を大量に献上していた。夜左衛門こと五右衛門は、油と金銀を盗むため美濃屋に忍び込むが、ある陰謀によるわなが仕掛けられていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月2日更新】
■ あらすじ(第4話 11/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ある夜明け、五右衛門(市川海老蔵)たちは両替商に盗みに入るが、小雀(高月彩良)が歯痛で金銀銭が入った麻袋を落としてしまう。気付かれた五右衛門たちは、何も取らずに去る。翌日、小雀は茶屋で若侍・権八(山本裕典)と出会い、歯痛に効く草の練り薬を渡される。使うと歯の痛みはなくなった。その後、公継(益岡徹)の屋敷に招かれた権八は薬草の道を極めるため国を出たと語るが、五右衛門こと夜左衛門は素性に疑問を持つ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月9日更新】
■ あらすじ(第5話 11/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
五右衛門こと夜左衛門(市川海老蔵)一座の百助(山田純大)は、命の恩人の名主・庄右衛門(竜雷太)と再会。その痩せた姿を心配する。その頃、秀吉(國村隼)は一揆の兆候を知り、検地奉行・次盛(木村祐一)に首謀者を早急に捕らえるよう命じる。三成(丸山智己)は次盛に五右衛門の情報を吹き込む。翌日、一揆をたくらんだとして庄右衛門が補縛される。庄右衛門が斬首刑だと聞いた夜左衛門らは、救出のため刑場へ向かう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月16日更新】
■ あらすじ(第6話 11/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀吉(國村隼)の命令で刀狩りが行われる中、何者かが役人たちを皆殺しにし、刀を強奪する。そばには、五右衛門(市川海老蔵)の仕業だと思われる「五」と書かれた文が残されていた。一方、五右衛門は昔の仲間で伊賀の忍・嵐之助(高橋努)らと再会する。弱みを握られた五右衛門は秀吉の屋敷に忍び込んで、茶々(比嘉愛未)を誘拐することになる。その晩、茶々を連れ去ろうとする五右衛門の前に、剣客・榊(棚橋弘至)が現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月23日更新】
■ あらすじ(第7話 11/25放送 ※午後8:00~午後8:52)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀吉(國村隼)がかつて手放した、日輪が刻まれた銀きせるの行方を捜している中、茶々(比嘉愛未)は五右衛門(市川海老蔵)の銀きせるに日輪が描かれていたことを思い出し、動揺。そんな中、秀吉はふとしたことで五右衛門と夜左衛門のつながりに気付く。一方、奈々(AnJu)の見合いが奥山(益岡徹)の屋敷で行われる。その夜更け、銀きせるの行方をつかんだ家康(林家正蔵)の命で、忍者・半蔵(浜田学)の手下が夜左衛門を襲う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月30日更新】
■ あらすじ(第8話 12/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
夜左衛門(市川海老蔵)は秀吉(國村隼)に銀きせるを差し出し、過去を告白。正体が五右衛門だと知る秀吉との間に緊張が走るが、秀吉が銀きせるを預かることで場は収束する。そんな中、茶々(比嘉愛未)の懐妊が発覚。銀きせるが秀吉の手に渡ったことにいら立つ家康(林家正蔵)は、彼を陥れる計略を思い付く。一方、夜左衛門は五右衛門姿で秀吉に会いに行き、銀きせるを返された後、茶々が身ごもるのは自分の子だと告げるが…。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック