FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

2016年秋、土曜ドラマ『とげ 小市民 倉永晴之の逆襲』

kage

2016/11/26 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月8日スタート 

フジテレビ系 土曜 午後11:40~深夜0:35

 とげ 小市民 倉永晴之の逆襲

Arika注目1hフジ系初主演!
田辺誠一演じる気弱な公務員が小市民ヒーローへと変身!!!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:山本甲士「とげ」(小学館文庫)/脚本:三國月々子/脚本:大林利江子/脚本:小川眞住枝/監督:本橋圭太/監督:岡嶋純一/プロデューサー:西本淳一/プロデューサー:岩崎文

主題歌:BEGIN「網にも掛からん別れ話」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
倉永晴之(田辺誠一)
わにのくに市役所・市民生活部市民相談室の係長。真面目できちょうめんな性格。3年前に現部署に異動してから、ストレスフルな日々を送っている。友達もおらず、飼っているシルバーアロワナだけが話し相手。妻の裕美と、小学3年生の長男・真也との3人家族。

倉永裕美(西田尚美)
晴之の妻。わにのくに市役所・市民生活部文化会館勤務。もともと上昇志向が高く、できる女を目指していたが、晴之と職場結婚し真也を出産した際に休職。復職後は子育て中心の生活になった。さっぱりした性格とスタイルの良さで、真也のクラスでも人気の美人ママ。

長田孝治(西村和彦)
わにのくに市役所・環境部環境課課長。ボタンウキクサ対策班。統率力のあるリーダータイプで、晴之が唯一尊敬している人物だが、実は現市長を次期選挙で落選させるため、晴之を利用しようとしている。

白銀佳代(木の実ナナ)
常連クレーマー。いつも薄いサングラスをかけており、「赤目」と呼ばれている。晴之の前によく現れるが、その生活ぶりは謎。

常磐栄太(鹿賀丈史)
わにのくに市長。スタンドプレーが得意で、ひらかれた市政をうたい市民には人気があるが、腹黒い一面がある。中央政界進出の野望を持つ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
田辺誠一が世の中の理不尽に立ち向かっていく小市民に! 
市役所勤めのストレスフルな地方公務員を主人公にした、山本甲士による小説「とげ」を連続ドラマ化。市民から寄せられるさまざまなクレームをはじめとし、会社、家族、仕事のストレスで我慢の限界に達しながらも、日々の任務に奮闘する主人公の姿を通して、日常生活の中で誰にでも起こる緊急非常事態を、ユーモアとペーソスを絡めながら描く。市役所の市民相談室勤務、真面目できちょうめんな性格だが、話し相手は飼育している熱帯魚のアロワナだけという主人公・倉永晴之を、フジテレビ系連続ドラマ初主演の田辺誠一が演じる。脇を固めるのは、西田尚美、西村和彦、木の実ナナ、鹿賀丈史という実力派の面々。


----------------------------------------------------------------------------------------
【9月28日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
倉永晴之(田辺誠一)は、妻・裕美(西田尚美)と息子の3人でつつましく暮らす小市民。わにのくに市役所に勤務する地方公務員だが、市民相談室に異動してからの3年間は、ひっきりなしに寄せられる苦情や要求の対応に追われ、胃痛と戦う毎日だ。共に働くメンバーは、見栄っ張りで小心者の上司、気持ちの浮き沈みの激しいアラフォー女子、コミュニケーションを一切取ろうとしないミニスカ厚化粧女子。そんな晴之の唯一の楽しみは、飼育している熱帯魚のアロワナに愚痴りながら飲む発泡酒。そんな中、日々のストレスや常連モンスタークレーマーの登場で、ついに晴之の堪忍袋の緒が切れる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月5日更新】
■ あらすじ(第1話 10/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
晴之(田辺誠一)は「わにのくに市役所」市民相談室の主査。日々、市民の意見や苦情の対応に追われている。ある日、空き地の巨額の管理費が市民団体の標的になった。土地開発公社の住吉(村杉蝉之介)が放置していた問題だが、住吉は晴之に責任転嫁する。その一方で、晴之は自宅でも車のタイヤに穴を開けられるなどの嫌がらせを受けていた。妻・裕美(西田尚美)は市民相談室にいるせいだと言い、異動願を出すよう夫に迫る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月12日更新】
■ あらすじ(第2話 10/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
晴之(田辺誠一)の上司・加納(日野陽仁)が有価証券偽造の容疑で逮捕された。晴之は、逮捕の情報をつかんで市役所内で取材する新聞記者の八嶋(清水伸)と、公園にワニが出没すると訴え証拠写真を持ち込んだ‘常連クレーマー’白銀(木の実ナナ)への対応に追われる。一方、家では、息子の真也(五十嵐陽向)がけがをした。連れて行った病院で虐待疑惑を掛けられてしまった晴之は、裕美(西田尚美)の説明が原因ではと憤慨する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月19日更新】
■ あらすじ(第3話 10/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
池でワニの尾らしきものを見た晴之(田辺誠一)は上司の鳥塚(山口良一)に報告するが、相手にされない。一方、晴之と妻・裕美(西田尚美)が大げんかに。裕美は自身の退職金の半分を傷害事件の示談金に充てると晴之が勝手に決めたと激怒し、晴之は事件の際、裕美が若い男性と一緒にいたことを追及する。翌日、晴之は水草駆除のことで、環境課長の長田(西村和彦)に呼び出される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月26日更新】
■ あらすじ(第4話 10/29放送 ※深夜0:00~深夜0:55)
----------------------------------------------------------------------------------------
市長の常磐(鹿賀丈史)に突き飛ばされてけがをした晴之(田辺誠一)は、帰宅してそのまま就寝する。翌朝、晴之は裕美(西田尚美)が真也(五十嵐陽向)を連れて家を出たと知り、あぜん。裕美に内緒で電話をかけてくれた真也に涙腺が緩む。一方、登庁した晴之は上司の三池(大河内浩)らから、常磐の暴力をなかったことにするよう迫られる。それに応じれば裕美の免職を懲戒から諭旨に切り替えると言われ、晴之はある作戦に出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月2日更新】
■ あらすじ(第5話 11/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
晴之(田辺誠一)はクレーマー・白銀(木の実ナナ)とのワニ騒動の件で警察に事情聴取される。疲れ果てて帰宅すると、裕美(西田尚美)の諭旨免職決定のファクスが市役所から届く。そんな中、総務部長・三池(大河内浩)が、常磐(鹿賀丈史)と晴之の和解の場を設定。高級料亭で常磐と2人だけで会った晴之は、常磐に裕美の再就職と自身の昇進の確約を請いつつ酒をつぐ。だが、酔いが回り雄弁になった常磐に、晴之はあることを仕掛ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月9日更新】
■ あらすじ(第6話 11/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
晴之(田辺誠一)は常磐(鹿賀丈史)からの暴行を告発し、警察は捜査を開始。だが、長田(西村和彦)は、二度目は自作自演ではと晴之に問う。一方、裕美(西田尚美)は自身が再就職できるよう長田らの約束を取り付けた晴之に感謝。そんな時、裕美の傷害事件の相手が急死したとの連絡が入る。常磐が出馬を断念する中、市長選挙が始まる。投票前夜、倉永家に何者かが侵入し晴之らを襲う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月16日更新】
■ あらすじ(第7話 11/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
土地開発公社に出向となった晴之(田辺誠一)は、空き地の管理費問題で以前衝突した住吉(村杉蝉之介)の下で働くことに。ある日、晴之は公共工事で入札談合が行われているのではとの疑念を抱く。帰宅してそれを裕美(西田尚美)に明かすと、事なかれ主義でいるよう説得される。そんな中、談合に気付かれたことを察した住吉は資料を処分し、晴之に対し証拠はないと開き直る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月23日更新】
■ あらすじ(第8話 11/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
市役所を退職した晴之(田辺誠一)は、離婚覚悟で裕美(西田尚美)に市議会議員に立候補したいと相談する。驚く裕美だったが、離婚届を破り、晴之を応援すると告げる。やがて、記者会見を開いた晴之は、熱意がこもった公約としがらみのない選挙活動を宣言。だが、勝算のないその内容に記者たちはあきれる。そんな中、晴之と似たモデル男性を起用している自殺防止ポスターがテレビで流れ、それが晴之の選挙活動を後押しする。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック